終わりなき地方のクラブの挑戦! 地方クラブのサポも戦い!

地方のクラブがJ1の舞台でどのくらい頑張っているのか興味があって、過去のデータを調べてみました。

まず、このブログでは地方のクラブを以下のように定義します。
①関東圏、関西圏、東海圏ではない。
②2016年度営業収入が30億円未満。
この2つの条件を満たすJ1に在籍したことがあるクラブとします。

すると、以下の10チームが該当します。

札幌、仙台、山形、甲府、新潟、松本、徳島、福岡、鳥栖、大分

地方のクラブは、どうしても大企業の数が少なく広告料収入に厳しさが生じます。
また、遠征のための移動の費用と疲労が大きいことも大きなハンディキャップとなります。

選手たちの遠征のための移動費用がかかるということは、そのままダイレクトにサポーターのアウェイ遠征費用もかかるということを意味します!

新しい画像

片道交通費は、クラブのホームスタジアムの最寄り駅から相手クラブのホームスタジアムの最寄り駅までを乗換案内というスマホアプリを使って算出しました。

ホテルパックや割引チケットを使ってもっと安く行くことも可能です。
また、地方のクラブは、アウェイ遠征に確実に宿泊費も追加されます。

川崎って3チームのアウェイに参戦するのにたった片道1820円しか交通費かからないのですね~!
鳥栖がアウェイ3チームに遠征に行く片道交通費でなんと近隣アウェイ3チームに23.6回も行けるんですね。

札幌のアウェイ3チームと比較すると59.2回も行けてしまうんだ~。 そりゃ~、お財布にも楽だよね~(泣)

それだけでもJ1で戦っている、戦っていた地方のクラブは、私の視点では十分に尊敬に値すると思っています!

それでは尊敬に値する10の地方クラブのJ1での成績を比較したいと思います。

成績は1試合平均勝ち点の高い順に並べました。

J1在籍年数

1試合平均勝ち点、勝率、負率の少なさでサガン鳥栖がトップを獲得しています!!

J1在籍年数14年の新潟もさすがだな~という「勝ち点」と「試合数」「勝ち数」です。

J1に残留し続けるためには、1試合平均勝ち点がやはり1点以上ないと厳しいですね〜。

平均勝ち点が1点でリーグ戦34試合で34点!
それでも残留争いのギリギリの勝ち点にしかなりません。

これからも終わりなき地方のクラブの戦いは続きます!!

地方のクラブのサポーターのみなさん、ともにがんばっていきましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


ハイプレスと組織的な守備で相手のパスワークを封じ込めよう! ホーム川崎戦プレビュー

2017年J1リーグ第18節、ホーム川崎戦です。

まず始めに今回の記録的な豪雨に見舞われた福岡・大分の被災地域の皆様にお見舞い申し上げます。
ありきたりの言葉しか思いつきませんが、一日も早く元の生活が戻りますようにお祈り申し上げます。

ベアスタでも豪雨義援金を募ると発表されていますので、少しでも力になりたいと思います。

さて、今日からいよいよリーグ戦も後半に突入します!

折り返しの試合は、強豪の川崎をホームに迎えての一戦です!!

川崎戦
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

川崎は、水曜日に浦和戦を終えて中2日での試合ですが、勝って勢いに乗ってベアスタに乗り込んで来るでしょうから、鳥栖の方が体力的に有利だとかは一切関係ないと思います。

小林選手、阿部選手をゴール前で自由にさせない。
中村憲剛選手を自由にプレーさせない。

気持ちのこもったハイプレスと連携した守備で川崎の攻撃を防ぐことが一番だと思います。
特に中盤の選手たちには走力を活かして、がんばって欲しいと思います。

攻撃はゴール付近でのアイデアと落ち着きで少ないチャンスを確実にものにして欲しいですね(^o^)v
川崎戦では豊田選手と小野選手のゴールに期待したいと思います(^0^)/

19時での鳥栖の予報は、気温27度、湿度86%、降水確率50%です。
タフな試合になると思いますが、ファン、サポーターの後押しも味方につけて、勝利を目指してファミリー一丸となって戦いましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


17節終了時で10位は2012年と一緒! まだまだこれから! アウェイ甲府戦レビュー2

2017年J1リーグ第17節、アウェイ甲府戦のレビューの続きです。

先発メンバー

サガン鳥栖より下位のヴァンフォーレ甲府にスコアレスドローだったことに、マイナスイメージを持つ必要はまったくないと私は思っています!

お互いチャンスはあったが決めきれずという見方もできますが、現地で後押ししていた私の目には、後半はかなりオープンな展開で、ちょっとしたことで鳥栖にも甲府にも得点が入るような雰囲気でした。

むしろ、甲府の方に得点が入りそうな雰囲気が私にはしていましたので、DF陣が良く守ってくれて、シュートを打たれた時には守護神の権田選手が最後の一線で防ぎ切ってくれたと思っています(^0^)/

まさに権田選手、様様だったと思っています。

勝つことが一番ではありますが、その次に大事なことは「絶対に負けないこと!」だと私は思っています!!

そういう意味では、アウェイ甲府戦は「その次に大事なこと」をしっかり成し遂げたと観ることができます(^o^)v
大きな勝ち点1です!!

ここでJ1に昇格した2012年から2017年(今年)までの17節終了時の成績を振り返ってみましょう。

17節終了時の順位一覧

実は今シーズンは、5位でフィニッシュした2012年と同じ順位、同じ勝ち点という成績なのです!

後半戦の戦い方が、すごく大事になってきます!!
そのために「勝てそうな試合は絶対に落とさないこと!」と「絶対に負けないこと!」の2つが重要になってきます。

サポーターとして、観客数を増やす努力をすることとミステルと選手たちを信じて後押しをすることに全力を注ぐだけです!

アウェイ甲府戦で唯一残念だったことは、ゴールが決まった時に歌う「ティンバー」をこれまでは「オオオ、オッオー、オオオッオー」とオーの部分しか歌っていなかったので、今回はしっかりと歌詞の部分も覚えて歌ってやろうと思っていたことが、次節以降に持ち越しになってしまったことぐらいです(>_<)

試合終了後は、宿泊先のホテルの近くの「ひろ」というお店でささやかな反省会?を嫁と二人でしました。
そこで食べたアスパラの天ぷらは美味しかった~!!

アスパラの天ぷら

翌日は、9時には甲府を離れて、嫁と二人で夕方の飛行機の時間まで横浜に行って観光を楽しみました(^0^)/

非常にベタですが、元町をそぞろ歩いて、港が見える丘公園から横浜ベイブリッジを眺め、中華街でランチを食べて、山下公園で氷川丸を観る。

横浜ベイブリッジ

中華街ランチ

絵に描いたような定番の横浜を楽しんで、福岡への帰路に着きました。

最後に甲府の宿泊先のホテルから見えた登山が解禁になったばかりの日本一の山「富士山」を眺めて、もっとサガン鳥栖が上位に行けますようにと祈って、今回のアウェイ参戦はおしまいです。

ホテルからの富士山

後半戦スタートのホーム川崎戦もファミリー一丸となってチャレンジャーとして戦っていきましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スコアレスドローも5戦負けなし! 自宅からアウェイ参戦の心意気で! アウェイ甲府戦レビュー1

2017年J1リーグ第17節、アウェイ甲府戦は0ー0のスコアレスドローでした。

甲府戦
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

アウェイ初勝利は、7月30日のアウェイ広島戦以降に持ち越しです。
「まぁ、楽しみが少し先に伸びたと考えればいいか」ぐらいの心持ちでいることにしましょうσ(^_^;)

甲府戦は、今シーズン初めてのアウェイ参戦でした(^o^)/

当然に福岡から甲府に行くまでも立派なアウェイ参戦の一部ですので、自宅を出発する時からレプユニ着用です!

今回は、甲府にたどり着くまでの珍道中から話を始めます(^ ^)v

スカイマークで羽田空港まで飛ぶために福岡空港に到着すると嫁がある集団を見つけます。

嫁 「あの人たちスポーツ選手じゃない? サッカー選手かも・・・」
私 「スポーツをやってる人みたいだけど、サッカーじゃないやろ~。」

確かにアディダスの白いお揃いのポロシャツ姿ではありました。

売店でペットボトルのお茶を買って、1番ゲートに向かうその時に、もう一度アディダスのポロシャツ集団とすれ違いました。
「あっ、宮阪選手や!!」

私 「昨日、松本山雅は九州で試合してない?」
嫁 スマホをチェックして「山口と試合している。」
私 「さっきの集団は松本山雅の選手たちだ!」
嫁 「ほら~、サッカー選手じゃないとって言ったでしょ。」

しかし、さすがにサガン鳥栖のレプユニを着た私が「宮阪選手、握手してください」とは言えないよな~σ(^_^;)

羽田空港について、次に目指したのは新宿です!
中央線の特急「スーパーあずさ」に乗るためですが、その前に新宿-甲府間の指定席回数券を金券ショップで購入するためと試合前のルーティンであるゲン担ぎのカツ丼を食べるためでした。

まず、新宿メトロ地下食堂街にある「笹陣」さんで試合前のルーティンであるカツ丼を食べました。

笹陣のカツ丼

次に指定席回数券です!
新宿-甲府間を特急の指定席に乗ると4130円かかりますが、金券ショップの指定席回数券を買うと2730円で済みます。
なんと1400円もお得です(^0^)/
夫婦で新宿-甲府を往復した今回は、1400円×4で5600円もお得になりました!
甲府での夫婦の飲み代ぐらいにはなりました(^ ^)v
新宿から甲府に行くことがあるときは、ぜひ指定席回数券をご利用ください!!

スーパーあずさ

甲府駅に着くと、鳥栖駅と同じようなアウェイサポを歓迎するポスターとフラッグが貼ってありました。
やはり歓迎されると嬉しいものですね!

甲府駅歓迎弾幕

一旦宿泊先のホテルにチェックインして、今回の戦いの場「中銀スタジアム」にシャトルバスで向かいます。
今回も往復の割引チケットを買って甲府駅前から中銀スタジアムを目指します!!

往復チケット

割引チケットは、甲府のマスコットのヴァン君とフォーレちゃんが描かれています。

さて、中銀スタジアムに着いて、アウェイゴール裏の席も確保して、スタグルへと向かいます。
とりモツ煮は昨年食べたので、今年は何か違うものと思っていましたが、食指が動くようなものはなく・・・、結局、ビールとヴァン君焼き、オム焼きそばに落ち着きました。

リユースカップとヴァン君焼

このビールのカップ代に100円かかる仕組みになっていますが、リユースするようになっていて、最後にカップ回収所に持って行けば、100円返してくれる仕組みになっています。
すごくいい環境への取り組みだと思います!!

しかし多くは望みませんが、甲府さんもう少しスタグルにも力をお願いしますm(_ _)m

甲府戦では、新しく田川選手のチャントが披露されました。
みんなが知っているメロディーに乗せて「たがわ」の繰り返しなので覚えやすいと思います。

そのメロディーとは、「キネマの天地」
「たがわ、たがわ、たがわ、たがわ、たがわ~、たがわ~!」
ねっ、覚えやすいでしょ!?

さぁ、お腹も満たされて、田川選手のチャントも覚えて、いよいよ試合開始です!!

中銀スタジアム1

しかし、かなり長くなりましたので試合とその後の珍道中はレビュー2で書きたいと思います。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


リーグ戦初の連勝を目指し、ファミリー一丸となって戦おう! アウェイ甲府戦プレビュー

2017年J1リーグ第17節、アウェイ甲府戦です。

甲府戦宣伝
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

このアウェイ甲府戦は、早い時期から嫁と参戦しようと話し合って計画を立てていました(^o^)/

なぜかと言うと、昨年の最終戦で甲府に行った時に、甲府市民のみなさんがとても温かく私たち鳥栖サポ夫婦を迎えてくれたことが、もう一度甲府に行きたいと思った一番の理由です(^ ^)v

昨年の最終戦の甲府戦のブログがこちらです。
「リーグ最終戦を勝利で締めくくる! 甲府J1残留おめでとう! アウェイ甲府戦レビュー」

しかし、いくらアウェイサポに優しい甲府でも試合は別物です!

リーグ戦前半の大切な折り返しの試合になります!
○鎌田選手、イバルボ選手が抜けたポジションに新しい風を吹かせることができるか!!
○2017年リーグ戦で初の連勝を成し遂げることができるか!!
○リーグ後半戦に向けて新生サガン鳥栖としていい形で突入していく足がかりにできるか!!
本当に本当に大切な試合になりそうです(^0^)v

だからこそ現地で後押しできる幸せを存分に発揮していきたいと思います(^o^)/~~

サッカーダイジェストWEBによるとこのようなスタメン予想になっています。
最初から4-4-2のシステムでいくのでしょうか?

予想スタメン
※画像はサッカーダイジェストWEBより

まずはしっかり組織的守備から組み立てて、いい攻撃につなげていくことが大事だと思います!

そして、ゴール前に豊田選手と趙東建選手という高さと強さがある選手が並んでいますので、SHからのいいクロスが有効だと思います。
また、小野選手、原川選手がドリブルで一枚はがしてグラウンダーのクロスも面白い展開だと思います!!
高橋選手、福田選手はセカンドボールの回収にその力を最大限に発揮してもらいたいです!!

日曜日の夕方の試合ですが、サガン鳥栖ファミリーが一丸となって勝利を奪い取りにいきましょう(^0^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR