FC2ブログ

良くないなりにも耐え切って勝ち取った貴重な勝ち点3! アウェイ湘南戦レビュー

2021年J1リーグ第1節、アウェイ湘南戦は1-0のウノゼロ勝利でした!!

アウェイ湘南戦結果
画像はFlashScoreのHPより

鳥栖の開幕戦勝利は、5年振りということなので少し振り返ってみました。
2020年 アウェイ川崎戦 0-0
2019年 ホーム名古屋戦 0-4
2018年 ホーム神戸戦 1-1(得点:田川)
2017年 ホーム柏戦 1-3(得点:原川)
2016年 ホーム福岡戦 2-1(得点:豊田、岡田)

そうか、あの5年前の九州ダービーの開幕勝利が最後だったんですね~。

ここ2年間は開幕からの未勝利に悩まされてきましたので、開幕勝利は手放しで嬉しいということです(^0^)v

鳥栖としては2年連続のVARによる恩恵ですが、とにもかくにも勝ち点3をGetできたことがすべてに優先します!!

多くの人が驚いたと思いますが、フォーメーションは4-4-2でもなく、4-3-3でもない、3-5-2のミラーゲームを仕掛けてきました。

金明輝監督はオプションの一つとインタビューで答えていましたが、試合の展開を観る限り、慣れないフォーメーションのためにビルドアップがうまくいかなかったように感じました(>_<)

また、FWの山下選手がロングボールのターゲットになっていましたが、そのままキープしてゴールに向かうのか? 前を向いた周りを活かしてゴールに向かうのか? この点が曖昧でうまく連携できてないシーンが散見されました。

試合は予想通りに攻守の入れ替わりが速く、球際も激しい試合となりました。

湘南の攻撃は次から次に人が飛び出して来て迫力がありました。
ゴール前の石原(直)選手がボールを収めてみんなが上がってくる時間を作れるところが特に脅威でした。

強い風下だった前半の時間帯を耐え切ったことが結果的に大きかったと思います!

唯一の得点は林選手のPKでしたが、そのPK獲得は飯野選手のペナルティエリアへのトップスピードの進入によってもたらされたものでした!

新加入の飯野選手、仙頭選手、ファン・ソッコ選手、酒井選手、田代選手、島川選手の更なる鳥栖へのフィットと活躍を期待せずにはいられません。

試合はそのまま虎の子の1点を守り切り、開幕戦で勝ち点3を得ました!!
良くないなりにも勝利を手繰り寄せることができたことは大きな財産だと思います(^0^)/

ここから5月末まで超過密日程となりますが、しっかりと後押しをして勝ち点を一つでも上積みできるようにしていきたいと思います。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村