FC2ブログ

2位チームの猛攻に耐え切っての勝ち点1は貴重である! アウェイG大阪戦レビュー

2020年J1リーグ第30節、アウェイG大阪戦は1-1のドローでした!

アウェイG大阪戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

まずはお詫びですm(_ _)m

第29節のホーム仙台戦レビューと第30節アウェイG大阪戦のプレビューをなんやかんやと忙しくてアップすることができませんでした。すいませんでしたm(_ _)m

プレビューはアップできませんでしたが、ルーチンのお昼ごはんのカツ丼はしっかりと食べました。

試合当日、北九州市に用事があったので福岡への帰り道の福津市の「とんかつ勝吉」さんでいただきました。

カツ丼

この試合では2種登録の相良選手がJ1初スタメンを飾った試合でしたが、その相良選手が前半11分にいきなりプロ初ゴールの偉業を達成します!!

相手DFに身体を寄せられても倒れずに泥臭くプレーを継続したことは称賛に値すると思います(^0^)/

そして、相良選手へのラストパスの浮き球をゴール前に出した樋口選手も称賛に値するアイデアプレーだったと思います(^0^)v

前半のうちにあと2回カウンターから「左でフリーの相良君に出せぇ~っ!」と叫んだ場面がありましたが、そううまくはいきませんでした。

たらればですが、その2回のシーンの1回でも相良選手に渡ったときの彼のプレーが観たかったな~と思います。

前半の半ば過ぎからG大阪のロングボールとサイド攻撃を受け続けましたが、そこに猛然と立ちはだかったのはGK朴一圭選手です!!

朴一圭選手がいなければ、後半早々にも試合が決したのではないかと思うほどにシュートストップをしてくれました!!

後半の最後に再度盛り返して惜しいチャンスも作りましたが、勝ち越しのゴールネットを揺らすことはできませんでした。

相手ゴールに迫る直前でのボールロストやパスのズレは、どうしても起こってしまうものです。それならばあとは攻撃する選手たちがどのようにしてシュートまでいくかの共通認識を持って、何度も何度も繰り返すしかないのではないかと個人的には思っています。

攻撃1回目で上手くいくかもしれない。
10回やっても上手くいかないかもしれない。でも11回目で上手くいくかもしれない。
ポイントはゴール前での攻撃の再現性と落ち着きなのです!!

逆転を許さなかったことで勝ち点1をアウェイで獲れたことは実は大きなことです!

15位の横浜FCとの勝ち点差を1広げることができた!
16位の湘南、17位の清水との勝ち点差をキープできた!

残留争いを勝ち抜くためには、勝ち点1の積み重ねが非常に大切なことを私たちは身に染みて知っています。

鳥栖は30試合を終えて勝ち点30の14位ですが、順位表を見て驚愕の事実を見つけてしまいました。

新しい画像
※画像はSportsnaviより

試合数は鳥栖が1試合多いのですが、大分との勝敗数や得失点を比較するとちょっと愕然としてしまいました。

    勝ち点  勝  分  負  得点  失点  得失点
鳥栖  30    6  12  12   31   38    ▲7
大分  37    10  7  12   30   38    ▲8

大分より鳥栖の方が得点は1点多い、失点は一緒、しかし勝ちは4つ少ない(>_<)

若いチーム故の勝負どころでの脆さなのか?
試合運びのまずさなのか?

いずれにしても戦いながら修正していき、勝ち切る力をもっともっとつけていくしかないのです!!

泣いても笑っても、2020年度シーズンは残り4試合です。
ならば、私はすべて笑って選手の後押しをしたいと思います(^0^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村