FC2ブログ

若いチーム故にプレーの余裕のなさが弱点になっている。 アウェイ札幌戦レビュー

2020年J1リーグ第27節、アウェイ札幌戦は、耐えて粘ってポストに助けられての1-1のドローでした。

アウェイ札幌戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

2017年12月2日のアウェイ札幌ドームから勝てていない相手にアウェイで引き分けて勝ち点1を持って帰れることをプラスに捉えたいと思います。

プレビューでは先制点の重要性を書きました。
そして、希望通りに後半10分にCKの連続攻撃からチアゴアウベス選手の2試合連続ゴールで先制点を奪うことができました!!

先制点のすぐ後に追加点を奪うべく一気呵成に攻め立てますが、小屋松選手のシュートが福森選手の広げていた左腕に当たって転がり、左ポストに当たって惜しくもゴールにならないシーンもありました。

故意ではないハンドは取られないというルール変更のことは知っていましたが、ペナルティエリアで守備側が手を広げて守っていても故意でなければ(手を動かさなければ)ハンドを取られないならば、守備側は手を広げて守っていた方が断然プラスだということだと感じました。

今でも多くのDFがペナルティエリアではハンドをしないように手を後ろに組んで守備をしているように思います。

これからはペナルティエリア内でも手を広げたまま動かさないで守備をした方がいいことになりますよね! (ルールに詳しい人、ぜひ教えてください)

その後の札幌の2枚替えでピッチに入った天敵ジェイ選手に同点弾を喫してしまいました(>_<)

その後、後半23分に豊田選手、林選手を投入しましたが、リンクマンにならないといけない本田選手、樋口選手、石井選手がリンクマンになれず、前線までボールを運ぶことができずにチャンスをまったく作れない状態になってしまいます。

終盤は札幌の猛攻を耐え凌ぐ一方でしたが、札幌の決定力の無さにも助けられて1-1のドローでタイムアップを迎えました!!

この試合の率直な感想は、
1、札幌の強いプレスにアタフタしたプレー、特に味方へのバックパスのミスが多過ぎた。
2、苦手意識なのかパスに攻撃性、積極性が見られず、ココだ!というタイミングでパスが前にいかなかった。

鳥栖は若いチームというプラスの面はありますが、若さ故の経験不足という点ではマイナスに作用します。

この試合では強いプレスをかけられた時の一つ一つのプレーの余裕のなさが明らかに目立ってしまいました。

プレスをかけられても余裕を持って相手を往なすプレーができるようになって欲しいと願います!!

それが今の鳥栖に求められる次のプレースタイルだと思います。

6試合負けなしになりましたが、勝ち切る試合をもっと観たいのがサポーターの心情でしょう。

次節もアウェイの試合が続きます。
アウェイ柏戦も面白い試合になることでしょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村