FC2ブログ

最後まで走り切り、試合を絶対に諦めないサガン鳥栖について(2014年編)

私が考えるサガン鳥栖の魅力の一つである「最後まで走り切り、試合を絶対に諦めない」を考えるブログのその3です。

後半35分(試合残り時間10分)以降の得点について振り返るシリーズの2014年版になります。

2014年と言えば、個人的にはACLに一番近づいた年ではなかったかと思っています!

第33節終了時に3位だった2012年の方がACLに近かっただろ!というツッコミは・・・、甘んじて受けますヽ( ̄д ̄;)ノ

それでは2014年の後半35分以降の得点一覧をご覧ください。

2014年後半35分以降の得点

2012年に9試合、2013年に10試合、そして2014年には13試合にまで後半35分以降の得点をあげた試合は増えて来ました(^0^)/

サガン鳥栖の魅力が年々増えていくことは、後押しをしているサポーターの自分としては何よりも嬉しいことです(^0^)v

4月26日の第9節、アウェイの名古屋戦は、獲っては獲られのシーソーゲームでしたが、決着をつけたのは新加入谷口選手の終了間際のヘッドでした!!

11月2日の第31節、ベアスタの神戸戦は、当時、神戸だった石津選手(現福岡)に後半31分に決められて厳しい戦いでしたが、後半42分の豊田選手の芸術ヘッドと後半49分のファーサイドからのまたしても豊田選手の劇的ゴールで勝ちを手繰り寄せました!!

そして、何と言っても2014年の年一の試合はこれでしょう!!
11月29日の第33節、ベアスタの浦和戦です!
菊地選手がレッドカードでPKを与えて1点を奪われて、さらに数的不利に陥ります。
しかし、絶対に試合を諦めなサガン鳥栖の真骨頂が最後の最後に結実します!

CKのチャンスにGK林選手も上がって来ます!
藤田選手が蹴ったボールは、途中出場の小林選手のヘッドから浦和ゴール右隅に突き刺さります!!
狂喜乱舞する鳥栖ゴール裏に対して、シ~ンと静まり返った浦和ゴール裏。
勝利した試合ではありませんが、浦和を首位から引きずり下ろした試合として私の記憶に深く刻まれている試合です(^0^)/

この頃からサガン鳥栖は、「西の悪魔」「ドリームクラッシャー」と呼ばれるようになりました!!

2014年の後半35分以降の得点をあげた試合は、13試合に増えました(*≧∪≦)
リーグ戦34試合で38.2%(3試合に1試合以上)というかなり高い率を誇っています!

そして、ホームゲームではなんと17試合で9試合もあるのです! 
率にして驚異の52.9%(2試合に1試合以上)が後半35分以降に得点をあげているのです!!
この年はサガン鳥栖の歴史の中で1、2位を争うシーズンだったのではないかと思っています(^0^)v

年間で19勝をあげる戦いを魅せた2014年のサガン鳥栖!!

私の中の2014年を超えるシーズンが、次にいつ来るのかを心待ちにしています\(//∇//)\

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村