FC2ブログ

最後まで走り切り、試合を絶対に諦めないサガン鳥栖について(2013年編)

私が考えるサガン鳥栖の魅力の一つである「最後まで走り切り、試合を絶対に諦めない」を考えるブログのその2です。

後半35分(試合残り時間10分)以降の得点について振り返るシリーズの2013年版になります。

それでは2013年の後半35分以降の得点一覧をご覧ください。

2013年後半35分以降の得点

14節、15節と2試合連続での終了間際の同点劇と勝ち越し劇は痺れましたね~(^0^)/

7月6日の第14節、アウェイの大宮戦は、足をつりながらも同点ゴールを叩き込んだ池田選手が記憶に残っています。
7月10日の第15節、ベアスタでの甲府戦は、トンネルしてゴールを許してしまった失意の赤星選手を豊田選手が劇的勝ち越しゴールで救った試合でした!

8月28日の第23節、国立のアウェイ東京戦は、2-0とリードしながら後半36分、39分のゴールで同点に追いつかれた直後に水沼選手のクロスに豊田選手が泥臭く飛び込んであの権田選手から勝ち越しゴールを奪った個人的にその年の一番の試合だと思っています。

11月23日の第32節、アウェイの鹿島戦は、金民友祭りだったと覚えています(^0^)v
その日は町内会のバスハイクに妻と参加していましたが、そのバスの中で町内の親睦そっちのけでこの試合をスカパーで観ていて、金民友選手の決勝ゴールの時に妻とハイタッチしたことを覚えています\(//∇//)\

2013年の後半35分以降の得点をあげた試合は、2012年から更に1試合増えて10試合になりました(*≧∪≦)
リーグ戦34試合で29.4%(10試合に約3試合)で私たちは終了間際の感動と歓喜をもらっているのです。

さらに2012年よりもアウェイでの終了間際のゴール数が増えているということは、それだけ地力がついてきたのだと思います!

ホームゲームでやれることをアウェイゲームでもやれる!!

このことは簡単に見えて、実はかなり難易度の高いことだと思っています。

2013年は前半は残留争い、後半は林選手と菊地選手がサガン鳥栖に加わって躍進を果たしたシーズンでした!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村