FC2ブログ

沖縄・読谷村キャンプ見学に行って来ました! その1

今日から2月に入りました(^0^)
「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。」 
昔の人は時の流れをウィットに富んだ表現で言い表したものです。

そして、今年はルヴァン杯から公式戦がスタートします。あと、16日後です!!

そんな2020年新生サガン鳥栖をこの目で観たくて、1月25日と26日に沖縄・読谷村キャンプに行って来ました!

早めに飛行機を予約して準備万端だったのですが、ご存知の通り1月25日はキャンプのオフ日という「あちゃ~」状態でした。

しかし、そのオフ日にいろいろな出会いが待っていたのでした!!

2日間の沖縄観光&出会いと読谷村キャンプ見学を2回に分けてレポートしたいと思います。

まずは、25日の沖縄観光といろいろな出会いについてです。

25日にキャンプがオフ日だと知った時から、読谷村や名護市での観光に予定を切り替えていました(^0^)v

最初に訪れた場所は、ネットで調べた読谷村都屋漁港の「ジンベイザメ見学ツアー」でした。

予約をしていた見学ツアーよりも1時間半ほど早く都屋漁港に到着しましたが、この早い到着に「幸運」が待っていました!
漁港の前をブラブラしていると向こうから見たことのある人が歩いて来ます。

「高橋選手、こんにちは」と声をかけた私たち夫婦に「こんにちは」と気さくに応じてくれたのは、高橋秀人選手でしたヽ(≧∀≦)ノ

「ここの海鮮丼が美味しいと聞いてやって来ました」と話してくれた高橋秀人選手。
オフを満喫しているにも関わらず写真撮影にも快く応じてくれた高橋秀人選手、本当にありがとうございましたm(_ _)m
高秀先生

高橋秀人選手と別れて、読谷漁協が企画している「ジンベイザメ見学ツアー」に参加しました。

読谷漁協で設置している定置網に年に4~5匹ほどジンベイザメがかかるそうです。
そのうちのオス1匹とメス1匹が都屋漁港の沖合いで観光用に飼育されています。
ジンベイザメ

「ジンベイザメ見学ツアー」から戻って来て、お楽しみの海人食堂で昼食です!

食堂のテラスに出ると何と高橋秀人選手がまだ居るではありませんか!?
しかも、もう一人選手が増えている!!

テラスに出て高橋秀人選手に「先ほどはどうも」と挨拶すると・・・
「うちの期待の新人です! 二桁獲るそうです!」と林大地選手を紹介してもらいました。

食後にもう一度、写真撮影をお願いしてお二人とは海人食堂で別れました。
林大地選手

この出会いで妻は今年のレプユニの背番号を「16」にすると決めたようです\(//∇//)\

その後、名護市の先にある古宇利島までのんびりドライブをしました。
エメラルドグリーンの海を眺めながらのドライブは沖縄でしか味合うことのできないに貴重な体験でした!!
古宇利島

25日は明日の朝からのキャンプ見学に備えて、読谷村の「むら咲むら」というホテルに宿泊しました!
琉球時代を思い起こさせるような風情のあるホテルで、泊まった部屋も110号室「山城家」という沖縄由来の苗字になっていました。
次回の沖縄旅行でもぜひ泊まりたい素敵なホテルでした。
むら咲むら

ホテル近くのスーパーに買い出しに行くと梁勇基選手とマネージャーの清藤さんに会いました。

梁勇基選手に「ようこそ、鳥栖へ! 頑張ってください。」と声かけすると「ありがとうございます」と丁寧に応えてくれました。

夕食後、「むら咲むら」の中で行われていたランタンフェスティバルを楽しんで、慌ただしかった沖縄の一日がゆっくりと更けていったのでしたσ(^_^;)
20200201174905b52.jpeg


26日のキャンプ見学とその他は次の更新でまたレポートします。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR