FC2ブログ

コラム:最後の最後のワンプレー

今、思い出しても不思議な感じである。

Jリーグ2ndステージ第8節のサガン鳥栖対横浜Fマリノスのそうあの後半アディッショナルタイムの最後のワンプレーのことである。

左サイドの奥でボールを受けた鳥栖の藤田選手は、いつものような柔らかいクロスを選択せずに相手守備陣をドリブルで抜くことを選んだ!

そして、見事に相手を抜き去った。

そして、柔らかいクロス…をまたも選択せず、自らニアにシュートを放った!!

しかし、ボールは横浜のGK飯倉選手に無情にも押さえられてしまった。

ピ〜ッ! その瞬間、試合終了の笛が鳴った。

スタジアムからは「あ〜っ」と言うため息混じりの声が聞こえて来た。

脱力してその場に座り込んでしまった私は、一瞬何も考えることができなくなっていた。

ボールを抱いたままゴール前で動けなくなっている飯倉選手を見つめながら、横浜はよく最後まで守り切ったよな〜とようやく思い当たった。

そして、鳥栖のキャプテンである藤田選手は最後の最後に自分で何とかしようという意志と意地を魅せてくれた。

この攻める気持ちは、きっと次に繋がるはずだと今更ながら思う!
藤田選手が自ら示してくれたあの攻める気持ち!

横浜戦での、あの最後の最後のワンプレーに「日本一諦めの悪いチーム」はまだ死んでいなかったんだと回復してきた頭で考えながら、少しだけ微笑んだような気がした。

優しく流れる「虹の橋の向こうへ」を遠くに聴きながら、ゆっくりとその場に立ち上がり、今度は本当に微笑んだ自分を確認できた。

すべては鳥栖のために!!




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かに最後のシーンはいつもの藤田なら
ファーにクロスだったでしょうね。

そしてそれを選択すればもしかしたら追いついたかもしれない。
でも、彼が自分で行く決断をして、それを選択したっていうのは
感慨深いと思いました。

今後相手は、自分で来るのか、クロスなのか
複数の選択を強いられることになります。

きっと藤田のあのプレーはこれから、の彼のプレーや
鳥栖の攻撃にきっと良い影響があると信じています。

代表の影響もあるかもしれないなと思いました。

もっと藤田自身が自分でゲームを決めるような
そんなプレーをもっと観たいです。

きりや君、コメントありがとうございます。

藤田選手の中で何かが変わり始めているのでしょう!
神戸戦とそれ以降のキャプテンに注目&期待大です!

いつも楽しく読ませて頂いてます!

突然のコメントすいません。いつも楽しみに拝見しております。

生まれて20数年間ガンバのホームタウンのすぐ側で自分もサッカーをしていたのでずっとガンバサポでしたが去年の頭に佐賀に転勤になり先輩に誘われて鳥栖の試合を見に行く様になり一気に鳥栖サポになりました。
今ではサッカーに全く興味がなかった会社の後輩引き連れてホーム戦は現地でアウェー戦はスカパーで全試合観戦しております。

マリノス戦の藤田選手の最後のプレー、林選手最後のプレー、負けたくない気持ちが出ていたグッとくるものがありました!
こういう気持ちが次に繋がるはずです!

神戸戦も会社のメンバーとスカパー観戦し精一杯応援し勝利の祝杯をあげたいと思います!

まだ、鳥栖サポ歴は短いですがこれからも宜しくお願い致します。

ありがとうございます!

ひであきさん、コメントありがとうございます。
また、ブログをいつも読んでいただき感謝いたします。

「諦めない気持ち」は大切なサガン鳥栖がサガン鳥栖であるための生命線です。
これに「攻める気持ち」がプラスされれば、また少しづつ強くなっていくと思います。

週末は当初からの予定で神戸戦に参戦します。
鳥栖サポみんなで祝杯ができるように、一生懸命後押しして来ます!

戦術や試合の分析はできませんが、サポ目線で分かりやすい観戦記を書いていきますので、引き続きよろしくお願いいたしますm(_ _)m
プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村