FC2ブログ

悔しいけど、この勝ち点1を最後に活かせるように戦い続けよう! ホーム大分戦レビュー

2019年J1リーグ第21節、ホーム大分戦は土壇場で追いついての2ー2のドローでした。

ホーム大分戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

勝ち点1を得て、最下位を脱しましたがモヤモヤ感が残る自分がいます。

その理由は2つです。

1つ目は前半の3つあった決定機を決め切る運と力がまだ鳥栖にはないのか〜というモヤモヤ感(>_<)
2つ目は鳥栖にとっては不利に働いた微妙なオフサイドではない判定のモヤモヤ感です(>_<)

しかし、オォーッと唸ったいいプレーも随所にありました!!

大分対策で前目でプレーした福田選手が、中盤のスペースに走り込んでボールをもらって攻撃につなげるプレーを数回魅せてくれたこと。

前半に惜しくも金崎選手のシュートはGKの真正面でしたが、久々にシュートまでいく素早いカウンター攻撃を仕掛けたこと。

途中出場の金森選手が、下がってきてボールへのチャージを怠らずに積極的に守備をする選手だと理解できたこと。

そして、後半の飲水タイムに駅スタに響き渡ったマイノリティは圧巻でした(^ ^)v

みんなで勝利を掴むんだという気持ちで駅スタが一つにまとまった瞬間だと感じました!!

同点に追いついたシーンも鳥栖らしくないゴール前での落ち着いたパスワークでしたσ(^_^;)
①金森選手が高木選手に右にパスを出すしかないような頭脳的な方向からのチャージ。
②高木選手の鈴木選手への緩めのパスにクエンカ選手が素早く反応して身体を前に入れてボール奪取。
③クエンカ選手がペナルティエリアに進入するタイミングで金森選手がスッとパスをもらえる位置に移動。
④クエンカ選手のパスをピタッとトラップした金森選手の足元の巧さ。
⑤シュートではなく、最善を考えて金崎選手の「たけし〜」に反応して金森選手はパスを選択。
⑥金森選手からのパスを金崎選手がこれまたピタッとトラップして、空いていたゴール右隅に左足でシュート。
⑦鈴木選手と三竿選手が懸命に飛びつくもボールはゴールネットを揺らして同点!

本当は勝ち点3を奪うために「もう1点」と思いましたが、残念ながらタイムアップで2ー2のドローでした(T_T)

大分戦はサイドの攻防だとプレビューで書きましたが、まさにその通りになったと思います。
素人の私にはなかなか分かりませんが、両サイドの攻撃力と両サイドの守備力を両立させることはやはり難しいのでしょうか?

大分のサイド攻撃をなかなか抑え込むことができず、チャンスを作られたことをうまく修正できれば、次は大分に一泡吹かせることができると思います。
楽しみは次に取っておきましょうヽ(´∀`)ノ

さて、本日のDAZNのJリーグジャッジリプレイ#21で2つ目のモヤモヤがスッキリと晴れました!!

番組では藤本選手がオフサイドポジションだったかどうか白黒ハッキリはつけませんでした。
しかし、藤本選手がオフサイドポジションだったと仮定したらどうだったかを検討しました。

その仮定での検討は、藤本選手はプレーに関与してオフサイドだったと結論づけました。

新しい画像
※画像はDAZNのJリーグジャッジリプレイ#21より切り取ったものを再利用させていただきました。

芝のラインをきちんとたどっていくと私のモヤモヤが晴れる結論にたどり着きました!!

しかし、この後に小林選手はゴールラインを超えるように走っていますので、審判団の視力と動体視力では判断は無理だと思いました!!

テクノロジーを駆使してようやく分かるレベルですから・・・

線審と主審はその視力と動体視力とポジショニングを頼りにその場で白黒つけないといけない訳ですから・・・大変な職業です。
まぁ、今回も鳥栖には不利なオフサイドなしの判定になってしまいましたが・・・。

判定は覆らないことは分かっていますが、自分なりに結論は出たので2つ目のモヤモヤは晴れました。

さぁ、次のアウェイC大阪戦では必ず勝ち点3を積み上げて上昇のキッカケを掴みましょう!!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村