FC2ブログ

2018年の参戦した試合の振り返り、その4 長いトンネルは抜けたが我慢はまだ続く。

2018年の参戦した試合を順番に振り返る企画のその4です!

W杯ロシア大会の中断期間に入る直前の4試合です。
連敗を「7」で止めて反転攻勢に入りたいと願っていた時期でしたが、FW陣のケガからの復帰が今一つの状況で苦しい台所事情は変わっていませんでした。
残念ながらルヴァン杯はまたもや予選敗退となってしましましたが、「W杯の中断期間に立て直しを図ってリーグ戦に集中だ!」との気持ちが自分の中では強かったように思います。


第13節(5/6) ホーム清水戦 3-1 14,103人
『サガン鳥栖ファミリーが一丸となって勝ち取った勝利を次につなげよう! ホーム清水戦レビュー』
GWの最終日にスタジアムがピンクに染まる「レディースデイ」と銘打った試合で、長い長いトンネルをようやく抜けて久々の勝利をファミリー一丸となって勝ち取ることができました(^0^)/
原川選手、小野選手、アン・ヨンウ選手の得点を復活したハードワークで乗り切りました!! 熱い男の小野選手の2枚目のイエローはご愛敬ということで・・・。この日は知り合いのお子さんをベアスタに連れて行きましたが、勝利を見せられてよかったなぁという試合でした(^0^)v


ルヴァン杯第5節(5/9) ホーム長崎戦 2-1 5,401人
『石井君がさらに鳥栖の勢いを増してくれた! ルヴァン杯ホーム長崎戦レビュー』
またまたミッドウィークのナイトゲームです。この試合は何といっても2種登録の石井選手のハツラツプレーとゴールです!!
カップ戦と言っても7連敗のトンネルを抜けて、さらに勢いを増すためにどうしても勝利が欲しい試合だったので、チームが少しづつ上向きになっているように感じたものでした。


第14節(5/13) アウェイ浦和戦 0-0 40,137人
『浦和の選手とサポに埼スタで地団駄を踏ませた試合! アウェイ浦和戦レビュー』
攻め続ける浦和を鳥栖の分厚い身体を張った守備で最後までゴールを割らせなかった試合でした。
この試合の感想を私はブログでこう表現していました。「埼玉スタジアムに1度行ったことがある私は、あそこで浦和が押しに押しまくっているのに試合に勝てなかったということのサポからの大ブーイングは、裏返せば相手チームへの拍手喝采に相当することを知っていますo(^▽^)o  柏木選手の抗議にも似たあの家本主審への説明を求める行為も、裏を返せば鳥栖に勝てなかったことの悔しさから来るものです。この試合は、浦和の選手とサポに地団駄を踏ませた試合として私には記憶されることとなりました!!!」
思い返せばこの時の勝ち点1が、何とか残留できたことにつながっていると改めて思っています(*´v`)


第15節(5/20) ホーム東京戦 0-0 12,163人
『権田様々だった試合! これからの2ヶ月は「虎視眈々」かな!! ホーム東京戦レビュー』
「鳥栖の守護神」権田選手とフィッカデンティ前監督にとっては古巣対決となるFC東京戦でした。
前節の浦和戦に続いてのスコアレスでしたがクリーンシート達成でした!! 何と言っても権田選手のビッグセーブに何度も助けられた試合だったと思います。逆に東京サポはビッグチャンスをことごとく権田選手に防がれたことに苛立ちを感じた試合だったと思います。


ここから約2ヶ月のW杯中断期間に入ります。
長い長いトンネルをようやく抜けたとはいえ、リーグ戦の順位は15試合終わって、3勝4分8敗で勝ち点13の17位と低迷していることに変わりはありません。
しかし、私はこんな言葉をブログに残して中断期間を迎えていました。

「楽観」はしていませんが、それ以上に「悲観」は全くしていません!!!

そして、W杯の中断期間にスペインからあの「神の子」が本当にやって来るとは、この時は夢想にもしていませんでした。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村