FC2ブログ

勝ち点1を前向きに捉え、札幌戦に向けて準備しよう! アウェイ柏戦レビュー

2018年J1第27節、アウェイ柏戦は1-1のドローでした。

柏戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

もちろん勝ち点3を奪えれば一番良かったのですが、DAZNで試合を後押ししていた私の率直な感想は「昨日の試合は鳥栖の試合ではなかった」です。

そのことは権田選手が試合後に「悪い意味でサガン鳥栖らしさが出た」と表現したことに通じます。

私はこの試合をプレビューで「ガチンコのシックスポイントゲーム」と書きました。
それは柏にとっても同様で、しかもホームゲームということを考えると、ショックの大きさは柏の方がはるかに大きいと思います。

昨日の試合を柏サイドで振り返ると「勝ち点2を落とした試合だった!」にきっとなっているはずです。

柏にそう思わせる試合にした立役者は、間違いなく鳥栖の守護神GK権田選手のおかげだと思います!!

しかし、権田選手はこうもコメントしています。
「順位も近い対戦だったので、準備でミスをしてはいけなかった。試合の前半はこれまで1週間の準備が表れると思っているので、今週は準備不足と思わざるを得ない。」

チーム一丸となって残留争いから抜け出そうという権田選手の強い意志が表れたコメントだと私は頼もしく感じました。

そしてもう一人の選手のコメントにも注目しました。
後半7分に同点弾をヘッドでゴール左隅に叩き込んだ金崎選手のコメントです。

「自分がゴールしたことよりもチームが勝てなかったことが残念ですし、もっとできると思うので本当に悔しいです。今日は、自分たちの戦い方ができていなかったです。運動量や球際の激しさなどホームでできていることがしっかりできれば、アウェイでも結果が残せると思います。」

権田選手も金崎選手も「勝利への執念」を感じます。

サッカーは状況や相手チームに応じて戦い方を変えながら戦うスポーツですが、「勝利への執念」はチーム全体として常に持ち続けながら残り7試合を戦って欲しいと思います。

しかし、間違って受け取られないように付け加えますが、「勝利への執念」とは勝つために玉砕覚悟のいってこい前のめりサッカーをすることではありません。
試合の経過に応じては、勝ち点1を必ず取りに行くサッカーをチーム全体ですることも必要なことです。

その意味で言えば、昨日のアウェイ柏戦は決して痛み分けではなく、柏の勝ち点2を奪い残留争いから一歩抜け出すことを許さなかったゲームということになります!!

いよいよ残り試合はあと7つです!!
A 札幌戦
H 湘南戦 シックスポイントゲーム
A 仙台戦
H 長崎戦 シックスポイントゲーム
A 神戸戦 
H 横浜戦 シックスポイントゲーム
A 鹿島戦

ここからはチームも選手もスタッフもサポもファンも気持ちを込めた総力戦になります(^0^)/

残留争いのチームとの直接対決であるシックスポイントゲームも3試合あります!!
しかも有難いことにシックスポイントゲームはすべてホームで戦えます!!

最終勝ち点41点を目標勝ち点と考えている私にとって、7試合で4勝または3勝2分が目標となります!!

次のアウェイ札幌戦に向けていい結果が出るように選手もサポもファンもしっかりと準備を整えましょう!
12月1日のアウェイ鹿島戦まで、サガン鳥栖ファミリー一丸となって戦い抜きましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村