FC2ブログ

ノビノビ・ハツラツはできた、勝利への「ズル賢さ」が足りなかったかな〜! ルヴァン杯アウェイ神戸戦レビュー

2018年ルヴァン杯第6節、アウェイ神戸戦は、試合終了直前のワンプレーで追いつかれての1-1のドローでした。

ルヴァン杯神戸戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

試合終了の笛は、神戸のハーフナー・マイク選手の同点ゴールが決まった直後に吹かれました。

最後にピッチに立っていたサガン鳥栖の11人はいい勉強になったのではないかと思います(*`へ´*)

ノビノビ・ハツラツな試合はまぁ~できたと思います。
しかし、勝利を手繰り寄せるための「ズル賢さ」がちょっと足りなかったかな〜と私は感じました。

「ズル賢い」という言葉は悪い意味に使われがちですが、今回私が使った「ズル賢い」とは相手チームから見たときにそのように思われることを意味すると理解してください。

つまり、相手チームのサポーターからヤジやブーイングをどれだけ受けようとも勝つためのボールキープ、DFラインでのボール回し、GKへのバックパス、スペースへの大きなクリア、そして不用意なFKを与えないことなどのクロージングのための力がまだまだ今日のサガン鳥栖には足りなかった部分だと私には感じました(>_<)

最後にピッチに立っていた11人の中で「今日は絶対に勝ち切るぞ!」「そのためにこういうプレーをあと○分間徹底しろ!」と激を飛ばし続ける選手がいなかったのではないかと危惧しています。

気持ちを束ねて激を飛ばす選手が今日の試合にいたのならゴメンナサイ。
でも、私にはスカパーの映像からそのような空気は伝わって来ませんでした。

一生懸命だったとは思いますが、最後の最後の勝ち切るためのアクセントが欲しかったな〜と・・・。

例えば、鹿島アントラーズの小笠原選手がいたら、あのAT4分間のプレーを許さないだろうと思います。(個人の感想です)

ある意味サッカーのルールの中で「何が何でも試合に勝つ」という厳しさがもっともっと必要なのかもしれません!!

その意味では、
「今日の悔しさを絶対に忘れない!」
「勝つために求められる「ズル賢さ」をもっともっと磨け!」


この悔しさをバネに「20日の東京戦では、勝つためのイメージ共有をもっともっとシビアにチーム全体で持たなくてはならないでしょう!!」

そして、石に噛り付いてでも東京に勝つ!!
それ以外の選択肢をチームも私も持ち合わせておりません!!

我々は必ず蘇らなければならないのですから!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村