FC2ブログ

得点力はキープを失点は減らして上位進出を狙おう!

代表ウィークで31日(土)までサガン鳥栖の試合はありません。

試合がないこの期間にリーグ戦第4節までを簡単に振り返ってみたいと思います。

振り返ると言ってもサッカー素人でデータ分析力も乏しい私ですので、強引な仮説には目をつむってくださいm(_ _)m

サガン鳥栖の超板や5chの掲示板を開幕戦から眺めていると次の2つのことが私には気になりました。

①FWの決定力のなさ
②連続失点

掲示板を賑わしたこの2点について自分なりに考えて(振り返って)みたいと思います。

★「FWの決定力のなさ」について★
鳥栖のFWの決定力がないから・・・という声がありますが、私はまったくそう思いません!!

まず、当たり前のことですが、サッカーはFWがゴールを決めた数を競うスポーツではありませんので、誰が得点を決めてもいいのです( ̄^ ̄)ゞ

そして、現在の鳥栖の攻撃は「リスク管理」と「バランス」を重視して行われていますので、そこは理解をしておかないといけない部分だと思います。
2012~2014年の鳥栖のサッカーから変化していることを認識することから始まります。

リーグ戦の得失点についてのデータをご覧ください。
得点失点

鳥栖のリーグ戦での得点は5点で、18チーム中実は5位タイです!!

上から5番目ですから低い数字どころかむしろ得点が取れているチームの部類に入ると思います(^0^)/

5得点にどれだけFWが絡んでいるかも見てみましょう。
鳥栖だけ見ても分かりにくいので4チームある5得点のチームの得点者のデータを作ってみました。
5得点チームFW率

FWの選手の得点に占める割合は60%です。
他のチームと比べて決して低い数値ではありません!!

むしろ、DFもMFも得点に絡んでいる鳥栖は、相手チームからすればやっかいな存在ではないかと思います。

キム・ミンヒョク選手が、今年の目標に「5得点」と掲げていたことも鳥栖のサッカーの変化に他なりません!!


★「連続失点」について★
5得点と得点は奪えていますが、失点も多いと言うのはリーグ戦では致命傷になりかねません。
しかも、無失点試合からかなり遠ざかっていることについて考えてみます。

無失点試合の最後はいったいいつだったのか?
無失点試合

実は昨年の9月30日のホーム鹿島戦まで遡ることになります(>_<)

無失点試合は、相手もあることですのでシステム、メンタル、勢い、自信すべてが掛け合されなければできないものだと思います。

まずは、無失点勝利を早くに手繰り寄せて、大きな自信と勢いをつけることです!!
きっかけを掴めれば大きく変われると私は信じています(^0^)v

最後に得失点差とリーグ戦の順位についてのデータを見てみましょう!!
得失点順位表

現時点では、リーグ戦の得失点差の順位がほぼそのままリーグ戦の順位になっています。
2、3位の広島と清水の順番が逆になっているだけです。

結論は、
①得点力はFWにこだわらず、チームとしてのチャンス構築率のアップと決定力にこだわる。
②得失点差の順位がリーグ戦の順位に直結するので、失点を減らす戦いを自信を持って実践する。


17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

得失点差、確かに。この前、サガン鳥栖の試合(鹿島戦)が終わり、川崎戦をダゾーンで見たらどんな体勢でもゴールの枠をとらえてました。で、その実況者が相手名古屋のGKの外国人選手のコメントを紹介してましたが、『J2の頃と違ってJ1は枠内に入れてくる』だそうで、うち(サガン鳥栖)もどんな角度、体勢からも枠内に入れるシュート練習をして欲しいと思います(してるかもしれませんが)。何か結構枠内に入らない回数が多い気がしますので(厳しい意見ですいません)。あとやっぱりクリーンシートが見たいです。次節よろしくです(監督、選手のみなさん)。

たかりんさん、コメントありがとうございます。

シュートを打てるチャンスをたくさん作ることがまず大事で、次にちゃんとシュートで終わることでしょうか?

決定率の高さは個人の技量になってくるのでそこは選手たちに切磋琢磨してもらいましょう!

週末の名古屋戦でいい流れを掴みたいですね!
プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村