He is not what he was!(広島は昔の広島ならず!) 心して戦おう! アウェイ広島戦プレビュー

2017年J1リーグ第19節、鬼門エディオンスタジアムでのアウェイ広島戦です。

広島戦告知
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

タイトルにも使わせてもらいましたが、「He is not what he was!」(彼は昔の彼ならず!)

そう、中断期間を経て、ヤン・ヨンソン監督が就任し、パトリック選手、ネイサン・バーンズ選手、丹羽選手が加入した広島は、第18節までの2勝5分11敗の広島と一緒だと思ったら大間違いの大火傷を負ってしまうチームだと理解して、心した戦い方をしないといけないと思います。

なので敢えて、(広島は昔の広島ならず!)というタイトルにしました。

いつものように18節までの鳥栖と広島の攻撃力データを見てみましょう!!
データは、いつもお世話になっている「Football LAB」様より参考にさせていただきました。

攻撃力比較データ

順位が11位と17位なので最初の勝敗についてはこうなると思いますが、驚いたのは広島の攻撃力データです。

シュート J1リーグ2位
枠内シュート J1リーグ9位
クロス J1リーグ2位
30mライン進入回数 J1リーグ4位
ボール支配率 J1リーグ3位

攻撃力は鳥栖を十分に凌駕する程だと思います。

では何が問題だったのか?

ゴール 14位 ←ここに尽きます。
攻撃回数 18位 ←なんとJ1リーグ最下位です。

シュートや枠内シュートが多い分、ゴールが奪えていないと決定力の問題が大きいということでしょう。

絶対的な決定力を持つストライカーの不在が、広島に大きなマイナスの影響を及ぼしたということになると個人的には思います。

パトリック選手とネイサン・バーンズ選手がすぐに広島にフィットするかどうかも大きなポイントになるでしょう。
しかし、クロスがJリーグ2位となるとパトリック選手は後々必ず活きてくると思います。

鳥栖もエディオンスタジアムでまだ勝利がありません。
しかし、そのマイナスの歴史にピリオドを打つ時が2017年7月30日であると思っています(^0^)/

リーグ戦の連敗は絶対に避けなければいけません。
1桁順位を窺うためには、週末のアウェイ広島戦は天王山の一つです!
広島を上回る勝利への執念をファミリー一丸で魅せてやりましょう!!

そして、サガン鳥栖の後半戦のポイントはズバリ! 
「得点力のアップ」と「守備の我慢」です!!!

「得点力のアップ」では、
趙東建選手の更なるゴールゲット!
イバルボ選手のアタッキングサードでのチャンスメイク!
田川選手の強さとスピードのレベルアップ!
小野選手の継続的な活躍!
アン・ヨンウ選手の鳥栖へのジャストフィット!
プレースキッカーの精度向上! ←お願いします
そして、豊田選手の切なる復活!!

「守備の我慢」では、
中盤3枚の後半まで衰えないクレバーな走力!
対人のしつこさと高さへの対応と心の強さと献身性!
パターンごとの5バックの完成度のアップ!
自信と気持ちを取り戻せ!

何はともあれ、現地で選手たちを後押ししたい気持ちが強く広島に行きます!!

新幹線のチケットOK!
ホテルの予約OK!
Eスタの入場券OK!

あとは勝ち点3点のみ!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR