今日のような試合を勝ち切れるようになれば強くなれる! アウェイ磐田戦レビュー

2017年J1リーグ第7節のアウェイ磐田戦は、鬼門ヤマハでの1-2の悔しい逆転負けでした(泣)

磐田戦
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

イヤ~な予感はしていました。
なぜなら、ほとんどすべてのtoto予想がアウェイ鳥栖の勝利予想の「2」になっていたからです。
このようなときは、大方の予想に反して「あちゃ~」という試合をしてしまうことが多いことを体感的に知っているからです。

日曜日の15時からのアウェイ試合だったので、自宅でDAZNを観ながらの後押しでした。

お昼ご飯に勝利祈願のためにカツ丼を食べたのですが、浜勝で食べずにうどん屋さんで食べたのが悪かったのかな~。

カツ丼

新潟戦で勝った時の勝負トランクスを今日もはいたけど、違う方がよかったのかな~。
1stユニを着て後押ししたけど、今日は選手に合わせて2ndユニを着ればよかったかな~。
いろいろと自分がしたことが、サガン鳥栖の勝利を遠ざけたのではないかと疑心暗鬼になってしまします(>_<)

試合を振り返ると、前半から「何でこんなに攻撃の形がつくれないの???」と愚痴が出てしなうほどヒドイゲームだと思っていました。
風下での相手スペースへのロングボール一辺倒、しかもロングボールの精度が低い。
豊田選手とパスの出し手とのタイミングと言うか意識が合わずいいボ-ルが入らない。当然、シュートまで行けない(>_<)

反対に磐田は、ゴール前までボールが運べていましたね~。
ただ、シュートの精度が悪く得点が入らなかっただけでした。

こんなうまくいかない試合でも先制したのは、鳥栖でした!!
しかも、88分にCKから豊田選手が頭で合わせて3試合連続ゴールで先制しました(^o^)/

これで勝ったと正直思いました!
しかし、試合の締め方が今年のサガン鳥栖はうまくありません。

89分にアダイウトン選手、90+4分にムサエフ選手に連続ゴールを奪われて、無念の逆転負けです(泣)

まぁ、試合をDAZNで後押ししていて、圧倒的に磐田の方がいいサッカーをしていました。
勝ちたいという気持ちも磐田の方が断然上回っていたと感じました。
それでもこんな厳しい試合を勝ち切るようになれば、鳥栖はもっと上位争いをできるチームになるだろうと思います。

私は第3節のC大阪戦が今シーズンの最低の試合になって欲しいと願いましたが、今日の試合は、攻撃の形が作れない、走れない、守り切れない、気持ちも見えないというもっとヒドイ試合になってしまいました。

本当にこれが今シーズンの最低の試合だったと言えるような、今後の修正をお願いします。
でも、何をどのように修正すればいいのだろう?
何がかみ合っていないのだろう?

素人の私には悲しいかなわからない・・・。
でも1つは分かる。

もっと泥臭く、もっとがむしゃらに、109km程度の走行距離で勝てるほど鳥栖は上手いチームではない。
やるべきことをもっともっと相手よりもたくさんやって勝つのが鳥栖のサッカーだ!!

2017年シーズン、すでに20%試合が終わりました。
次節のホーム神戸戦からの巻き返しを大いに期待します!!!

でも、気持ちの中では今シーズンは残留争いを覚悟しなければならない敗戦だったと思います。
今年のJ1で15位以上でフィニッシュできる戦いに今からのシフトでも早すぎることはない。

腹を括って戦うぞ!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーん

今日はつらすぎる敗戦でした。
ボランチがコントロールも防波堤にもなれず。
3ボランチをやめたのか、どうなのか
いまいち見えないけど
中央に二人、だとミドル打たれ放題なんですよね。
だから福田高橋小野にしたんでしょうけど
それだと繋げない、

最適解が見つからないまま
まだまだかかりそうですね

いやはや何とも

きりや君、コメントありがとうございます。

20時前ですが、もうふて寝してます(-.-;)

守備の自信がなくなっているのか?
同点に追いつかれる前のヘッドの競り合いは2対1で触っているのになぜ後ろにそらしたの?

ロングボールを放り込んで来るとわかっているのになぜ対応できないの? なぜ跳ね返せないの?

なぜ勝つためのボールの保持やパスワークができないの?

言いたいことはいろいろあるけど、実は根が深いかも・・・。

修正が出来なければ、今年は残留争いになるでしょう?
プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR