初の連勝を目指し、相性のいいヤマハで豊田選手の複数ゴールを! アウェイ磐田戦プレビュー

今週日曜日は15時より、2017年J1リーグ第7節、アウェイ磐田戦です!

前節の勝利の女神が微笑んで、鳥栖に勝利をもたらしてくれた新潟戦から1週間です。
ルヴァン杯はお休みだったので、戦術の修正も休養も十分な状態で選手たちは磐田に乗り込めます!

ヤマハスタジアムには抜群の相性を誇るのが豊田選手です!
ヤマハスタジアムでは3試合で4得点を挙げています(^0^)/
明後日には4試合で6得点ぐらいになってくれないかな~と思っています。

鳥栖は今シーズンのアウェイ試合では2分1敗でまだ勝利がありません。
しかし、そろそろアウェイ勝利といきたいところです!!

では、具体的に磐田と鳥栖の今シーズンの戦力を分析してみたいと思います。

まずは鳥栖の得点時間帯と磐田の失点時間帯の分析です。

鳥栖得点磐田失点

鳥栖の得点は、前半残り15分と後半残り15分に3点づつ奪っていて、総得点の66.6%を占めます。
この時間帯が、いわゆる「鳥栖タイム」になるでしょう!!

一方、磐田は前半の失点が1点しかありません。
しかし、後半に5失点を奪われるという後半での失点があまりにも顕著です!

ここに大きなチャンスがあるように感じます

鳥栖失点磐田得点

鳥栖の失点は、磐田と同様に前半は1失点のみですが、後半に7失点を喫しています。

磐田の得点は、前後半の立ち上がり15分です。
逆に鳥栖は、前後半の試合の入り方と後半の守備が崩れなければ、負けることはないと思われます!!

2試合連続3得点の鳥栖の攻撃陣への期待と守備陣の身体を張った奮闘が勝利の方程式でしょう(^o^)v

次に鳥栖の得失点パターンを観てみましょう!
鳥栖得失点データ
※画像はFootball.LABのHPより

やはり、セットプレーからの得点が全得点の55.5%を占めているように、ゴールエリア付近のFKやCKのチャンスは逃さないようにしたいですね!
また、イバルボ選手が獲得したPKが2本ありますので、鎌田選手とイバルボ選手のゴール前での連携による抜け出しには今節も大いに期待したいですね!

一方、セットプレーからの失点も37.5%あります。
磐田には中村選手がいますので、ゴール前での不用意なファールは厳禁です。
また、松浦選手と川又選手の連携にも注意が必要です。

磐田の得失点パターンも観てみましょう!

磐田得失点データ

磐田も中村選手の加入の影響でセットプレーがらみの得点が全得点の66.7%%を占めています。
逆に言うと、セットプレー以外ではほとんど点が取れていないということです。

一方、失点はセットプレーから、クロスから、30m未満のパスから2失点づつとうまく守備が機能していないような数値になっています。そこを上手く突いて早い時間帯に先制点をあげたいものです!

磐田との勝ち点差は僅かに1点差なので、この試合に負ける訳にはいきません(^0^)/
セットプレーがらみの先制点と中盤の連係からの追加点を奪って、いまだ勝利がないヤマハスタジアムで勝利の雄たけびをあげましょう!!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR