FC2ブログ

サッカー文化を育てるとは対戦相手へのリスペクトである!

「育てる」を考えるシリーズの第3弾です。

今回は、「地域や日本にサッカー文化を根付かせるということ」について考えます。

これまでの「育てる」を考えるテーマの最終回ですが、一番難しく、私一人の力ではどうにもならないテーマでもあります。

私の子どもの頃(昭和40年代)は、プロ野球で巨人がV9を達成して、まさにON全盛時代でした。
カルビーのプロ野球スナックは1袋20円で、友達と競うようにカード集めにおこづかいをつぎ込んでいました(>_<)
福岡県民なのに阪神ファンでした(^0^)/
今はなき平和台球場の外野席にたまに行っては「ホームランうどん」を食べていました(^o^)v

サッカーに触れることは、体育の授業か年末のトヨタ杯の映像を観るぐらいしかなかった時代でした。
元日の天皇杯も子どもの頃はほとんど記憶にありません(>_<)

一つの大きな転機はやはり「Jリーグ」の誕生でしょう!!
メディアにサッカー情報やサッカー選手がたくさん登場するようになりました。

そして、もう一つの大きな転機は、W杯への日本の初出場でしょう!!
フランス大会への道のり、最後のジョホールバルでの中田選手のシュートのこぼれ球をゴールに押し込んだ岡野選手が叫びながらベンチに向かって走ってくる姿は今でも記憶に残っています。

しかし、今日の日本における「サッカー日本代表戦」だけの異様な盛り上がりには、個人的には違和感を持っています。

もちろん「日本代表戦」が盛り上がることは悪いことではありませんが、テレビもニュースもスポーツ紙も一部のサポーターも「お祭り騒ぎ」を無理矢理に「電通」に演出させられているように思えてしまうのです。

サッカービジネスは成立させなければ継続していかないので仕方がない面はあります。
しかし、うまく言葉にできないモヤモヤ感を拭いきれないのが私の本音のところです。

そんな私のこのモヤモヤ感を代弁してくれる素晴らしいCMが昨年放映されました。
堺雅人さんが大臣に扮して答弁するスカパーのCMです。


※動画はスカパーTVCMより

セリフだけを書き抜けばこうなります!

堺雅人「なぜ日本のテレビは、スカパー!入りなのか、わかりますか? 例えば、Jリーグ。J1はもちろん、J2まで全試合放送するんです!」

(誰が見るんですか。)

堺雅人「あなたはわかっていない! 地元のクラブを愛する喜びを、わかっていない! サポーターは毎週末、選手とともに戦っているんです!
そもそも、代表戦だけ盛り上がる様では日本のサッカーの成長なんてありえない!」

(ご託並べんな。)

堺雅人「ご託だと。私は日本のサッカーとテレビの未来の話をしているんだ! 未来の話を!」

実は私はここ4~5年、日本代表戦をそれほど力を入れて観ていませんでした。
むしろ、勝ち切れないことやFIFAランキングが下のチームに善戦されることを「やっぱりね!」と思っていました。

日本代表の中に無理やりにアイドルを作り出し、そのアイドルメンバーを中心に日本代表のサッカーが回っているように放送され、論評されることに嫌気がさしていたからでした。

さて、話を一番最初のテーマに戻します。
「地域や日本にサッカー文化を根付かせるということ」についてです。

2015年の統計によると子どもがなりたい職業男の子第1位は「サッカー選手」です。
私の子ども時代では考えられないことです!

もしかしたら40~50年という長いスパーンで考えたら、広く深くサッカー文化が日本にも根付き出しているのではないかと考えることができます。

当然に行きつ戻りつはあるでしょう!
いや、まだ文化と呼べるほどにはなってないという意見もあるでしょう!

しかし、今や日本にあるJリーグチームはJ1からJ3まで合わせると53チーム!
毎週末ごとに選手とともに戦い! 勝敗に一喜一憂して、負けが続いたら怒るけれど週末には愛するクラブ(チーム)の勝利を信じてまたスタジアムに通ってしまうのです!
スタジアムには、老若男女すべての人たちがいて、ピッチで繰り広げられる地元のクラブ(チーム)とともに戦っています!

そして何よりもJリーグには、「対戦相手のチームとサポーターをリスペクトする文化」が根付いています。
私たちのホームである「ベストアメニティスタジアム」では、毎試合対戦相手のサポーターにリスペクトの意味も込めてスタンディングオベーションをすることが恒例となっています!

「地域や日本にサッカー文化を根付かせること」とは、単に勝ちだけにこだわるのではなく、スタジアムで地元愛をみんなで表現することだったり、対戦相手に対して最大限のリスペクトを払うことであったりが、世の中で当たり前になることではないかと考えます。

サッカー選手になりたいと思う今の子どもたちが大人になる頃には、きっとそのようなサッカー文化が地域に日本に根付いていることと思います(^0^)/

そのためには今を生きている私も含めたすべてのJリーグサポーターが、次の世代にJリーグの良さ・素晴らしさを伝えていく努力を不断に積み上げていくことではないかと思っています。

開幕まであと19日!
今年も安全なスタジアムで熱き戦いが繰り広げられることを願って・・・

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

BBさん、おはようございます!

このCMはほんと痺れますよね…。
「地元のクラブを愛する喜び」とかホンマにサッカーが好きな人にしか作れないセリフでありCMだと思いました。
DAZNとの事を考えると「私は日本のサッカーとテレビの未来の話をしているんだ! 未来の話を!」のセリフはよりグッ…と来ます。

一足お先にウチは今日、シーズンが始まります。
仕事なのでリアルでは観れませんが、なんとかサッカー文化を大阪に根付かせる意味も込めて、吹田スタジアムでは負けられません!

No title

くにきちさん、コメントありがとうございます。

どうなるかまだ見えていないことが多いDAZNです。
試合の見直しが、シーズン中見られるようにしてくれないと個人的には嫌ですが・・・、それ以外の選択肢がないですもんね~。

スポーツバーでの観戦はどうなるんだろう?
頼むで~、DAZNさん!!
プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村