FC2ブログ

今さらですが、仙台への珍道中とベガッ太君の秘密

今さらですが、勝利に沸いたアウェイ仙台戦に行くまでの珍道中とユアテックスタジアムで絡んでくれたベガッ太君について書いておきたいと思います。

まず、福岡から仙台への道のりが、一般の人なら考えないようなルートを辿りました。
GW中は飛行機のホテルパックも高い(>_<) 何とかホテルパックよりも安く仙台に行く方法はないかと考えてたどり着いたルートでした!

1、福岡空港からスカイマークの最終便で茨城空港まで 一人9,800円
2、茨城空港から連絡バスで水戸駅南口まで 一人1,030円
3、水戸駅前のビジネルホテル素泊まり 一人2,500円
4、水戸駅から水戸線、東北本線経由で仙台駅までの乗車券 一人5,620円
5、宇都宮駅から仙台駅までの新幹線自由席特急券 一人3,470円
6、仙台駅から泉中央駅までの地下鉄往復 一人600円
7、仙台駅から多賀城駅までの往復乗車券 一人474円
8、多賀城駅近のビジネルホテル素泊まり 一人4,000円
9、仙台駅から仙台空港駅までの乗車券 一人648円
10、仙台空港から全日空で福岡空港まで 一人18,400円

安く行くためによくぞ考え出したプランだったと思います。

茨城空港から水戸駅南口までの連絡バスは21時過ぎに乗りましたが、水戸市内に入るまで本当に灯りがなくσ(^_^;) 真っ暗な中を走ります。ちょっとした驚きでした。



また、水戸はラーメン王国らしく、泊まったホテルにラーメン屋さんマップまで準備してある力の入れようでした。これも他県民からすれば驚きでした。



翌朝、水戸駅から仙台駅を目指すために水戸線の小山駅行き電車に乗ったのですが、ここで嫁から「携帯がない!」と衝撃の告白!
発車まであと5分。ホテルに忘れたかもしれないとのこと、しかしホテルに取りに戻る時間はない!
「しょうがない一本遅らそう」との決断を下し、改札口で事情を話して外に出してもらうことに。
ホテルに電話をかけて探してもらうとやっぱり部屋に忘れていました。
まぁ、見つかってよかった! トラブルも旅の思い出だ! と気を取り直して水戸駅から小山駅を1時間遅れで目指します。



列車ダイヤは特に新幹線は、だいたい発車時刻は毎時間同じことが多いので、1時間遅れでユアテックスタジアムに着くはずと思い小旅行を続けます。

お昼ご飯を仙台で食べる時間がなくなったので、宇都宮駅から新幹線に乗り換える時に鶏めしと餃子弁当を買いました。久々の駅弁も旅情があってイイもんです(^ ^)v

予想通りに1時間遅れ、つまり試合開始ギリギリにユアテックスタジアムのアウェイゴール裏席にすべり込みました。

試合はご存知の通り、2ー0で勝利しました(^o^)/

試合後に、ベガルタ仙台のマスコットのベガッ太君が鳥栖のゴール裏に挨拶に来てくれました。

試合に敗れてちょっと悔しそうなベガッ太君です。



しかし、私たちにとあるサインを盛んに見せてきます。誰のサインかまったくわかりません。
確かに、ベガッ太君へとサインには書いてあります。しかも、ベガッ太君はサインの主が自分の彼女だと盛んにアピールしてきます。

あまりに誰だかわからない私たちに業を煮やしたベガッ太君は、サインの主を、なぜ持って歩いてるのかわかりませんがホワイトボードに書いて教えてくれました。
そして、サインの主はあの人でした!



「浅香 唯(あさか ゆい)」

私と同年代かスケバン刑事フリークの人しか知らないアイドルの名前を思い出させてくれたベガッ太君!
しかも、ベガッ太君が持っているバッグには、浅香唯の缶バッジまで付いていました。その缶バッジを大事そうに磨いて、私たちにアピールしてくれました。

私たちとのやり取りが気に入ったのか、バッグの中からベガッ太君ボールを取り出して、なぜか私に投げてくれました。

私の近くでやり取りを聞いていた小学6年生ぐらいの女の子がいたので、記念にベガッ太君ボールをあげました。ブログに載せるからと断って、ベガッ太君ボールだけ写させてもらいました。



夫婦でアウェイ参戦をするとなぜか勝率がいいんですよね〜(^o^)v

今年もお金を貯めて多くのアウェイに行くようにします!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村