FC2ブログ

悔しい敗戦。自らに課題を課せ!

今日の先発メンバーでFC東京とガチンコ勝負をしたことに一つの意気込みを感じましたが、力負けしてしまったというのが実際ですかね〜(>_<)

仕事後の飲み会の中でチョコチョコスカパーオンデマンドで観ていたので確かなことは言えませんが、なかなかチャンスを活かすことができなかったように思います。相手より走る、捨て身の飛び込み、しつこい守備、シュート意識、泥臭く勝つための要素がまだまだ足りなかったんだな〜という思いです。
特にゴール前のアイディアがもっと欲しかったと思います。

ナビスコ杯は4試合終わって1勝1分2敗の勝ち点4のままです。残り2試合連勝しないと予選突破は厳しいでしょう。ならば2連勝を後押しするしかないですね!!

悔しいですが、これがサブメンバーの現在の実力です。戦った選手たちはもっと悔しいはず! ならば次はやってやれ!! そのための更なる厳しい練習を自分に課せ、戦う気持ちを持ってないと次の栄光はないぞ!
悔しさを胸に更に厳しい課題を自分に課して、妥協は絶対にするな!

すべては鳥栖のために!!



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ナビスコ、負けましたぁ~

負けましたぁ~。どんなメンバーに為ろうとプロトして負は負け。

局所的には、いい部分もありましたが、気づく部分も多くて…。
やはり、もっとシュートを撃たないと…バイタルでもった時に、大事にシュートしようとしすぎる。だから、得点の匂いがして来ない。
次のFC東京戦、きっちり借りは返すv-218

お疲れ様でした。

東風さん、現地での応援お疲れ様でした。

せめて1点でもと思っていましたが、相手があることなのでそう簡単にはいきませんね。
敵陣のゴール付近までボールを運ぶシーンは何度かありましたが、シュートまでいけませんでした。

若手メンバーは試合経験を糧に更に成長して欲しいと思います。残りのナビスコ杯2試合もこのメンバーで個人的にはいいのではないかと思っています。

No title

問題は次戦、柏戦ですね。
こちら主力は、1wお休み。相手はACL激戦のあと2日・・・。

とにかく敵は、テクニックは抜群、攻撃の多彩さは相当なもの。
守備陣はフル回転に為るでしょう。相手の守備もなかなか堅い。

サガン鳥栖の今の実力を問う一戦です。リスペクトはしても、果敢に華麗に挑戦ス!v-242

重要な一戦

東風さん、こんにちは。

J1リーグ第7節の柏戦はまさに今後を占う重要な一戦になりますね!

森下監督がよく言う「よい守備からのよい攻撃」を体現してもらえるようにベアスタで後押しをしたいと思います。

ゴールをこじ開けろ!

、同感です。
アイデアはゴール前での余裕・落着きから…。その意味で、今回のメンバーには「余裕がなかった」。其れが”経験”とも言えるでしょうけど…。力任せに壁の中央にブツかっては叩き返される、その繰返しにしか見えませんでした(笑)。

ゴールとは正面から押しても、まず開かない門のごとし。硬・軟織交ぜて、押してダメなら引いてでもコジ明けねばならぬモノ。
サイドに基点造るとか、左右に素早く振ってDFギャップを造るとか…。逆サイドは空いてるけど見えてない。
ゆっくりと相手の”予想通りの繋ぎ”をやってては、到底崩せない!
相手の”意表をどうやって突くか?”が勝負。 下げずに果敢に前へ、ワンタッチパス・一枚飛ばしての早いパス展開。 シュートチャンスは、十分でなくても強引にでもノートラップで撃て(!)、それを枠へ飛ばす技術を習得せい。 これらがまず不可欠でしょう!
シュートを撃たずして「ゴールは生まれない」のだ!!

2列目の選手の得点を!

・・・さん、おはようございます。
返信が遅れましてすいません。

繋ごうとするサッカーは、サガン鳥栖は得意ではないですね。敵陣のバイタルエリア内での工夫=落ち浮き度合いという図式はまさにそうだと思います。

しかもその回数が増えれば、ゴールの確率は上がります。昨年の豊田選手のシュートに対するゴール数はJ1リーグでかなり上位だったように記憶しています。

豊田選手のファンには申し訳ないですが、鳥栖の課題は2列目の選手達の得点数を上げることが最大に求められていると思います。

柏戦は、金民友選手、池田選手、水沼選手、途中出場でも早坂選手、白星東選手の得点を期待しています。

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村