FC2ブログ

サガン鳥栖U-15、U-18の兄弟優勝に輝く未来を感じた!

コロナ禍でいろいろと大変だった2020年も今日が大晦日です。

その大変だった2020年の終盤にサガン鳥栖の輝く未来を想起させる大きな出来事がありました(^0^)/

年末のこの時期に多くの鳥栖サポのみなさんが、高円宮杯全日本U-15サッカー選手権大会(12月12日~28日)と日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会(12月25日~30日)を掲示板やTwitter、Live配信で食い入るように後押ししました!

12月28日にサガン鳥栖U-15は、鹿島アントラーズつくばジュニアユースと決勝を戦い、延長後半に先田選手が決勝点を奪って、2-1で3年振り2度目の優勝を勝ち取りました!!

U-15優勝
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

12月30日にサガン鳥栖U-18は、FC東京U-18と決勝を戦い、試合終了間際の田中禅選手の勝ち越しゴールでそのまま逃げ切り、昨年のリベンジを果たし、初優勝を成し遂げました!!

U-18優勝
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

特に素晴らしいと思えたシーンは、サガン鳥栖U-18が優勝を決めたすぐ後にピッチにうずくまるFC東京U-18の選手に、主将の兒玉選手が声掛けを行っているシーンです。

対戦相手チームの選手にノーサイドの精神で健闘を称える姿は、ユースの育成がサッカーの技術や技量を教えるだけでなく、人間としての成長も含まれていることを実感するシーンでした!!

U-15にもU-18にも言えることですが、1回戦から楽な試合は1試合もありませんでした(゚д゚)

それでもしぶとく戦い、したたかに勝ち切る力を私たちが後押しするサガン鳥栖のユース世代は、しっかりと身に付けているのだということを確認できた二つの大会だったと思います(^-^)v

そして、トップチームの2021年の陣容も少しづつ明らかになってきました(^0^)/

GK 守田、板橋、金珉浩、朴一圭
DF 大畑、松本☆、今掛☆
MF 小屋松、本田、樋口、松岡、酒井☆、島川☆、相良☆
FW 林、石井、山下☆、兒玉☆

まだまだ契約更新があるでしょう。
新規加入もまだあるでしょう。
もしかすると鳥栖を離れる選手もいるでしょう。

選手の毎年の入れ替わりは、サッカークラブの常ですヽ(`ω´*)ノ彡☆

サガン鳥栖というチームは毎年カタチを変えながらこれからも前に進んでいきます!!
その挑戦をいつも後押しするのがサポーターである私の役目だと思っています!!

その想いは2021年になってもきっと1ミリも変わりません( ̄^ ̄)ゞ

サガン鳥栖に関わるすべての人々が2020年より少しでも良い2021年になりますように\(^o^)/

・・・と、ブログを書いている間に鹿児島ユナイテッドFCから和田凌選手(25)が完全移籍加入の発表がありました!
和田選手、ともに戦い、成長していきましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



恒例の順位予想の答え合わせをしました(>_<) 2020年版

2020年J1リーグのサガン鳥栖の戦いが終了して1週間が経ちました。

まだ、天皇杯のベスト4(川崎、G大阪、徳島、秋田)とルヴァン杯決勝(東京、柏)の6チームが残っていますが、多くのチームの2020年は終了しました。

と言うことで・・・、毎年恒例の順位予想の答え合わせをしてみたいと思いますヽ(´∀`)ノ

ちなみに、2020年1月21日にアップした順位予想のブログはコチラです!
『今シーズンのJ1リーグの順位予想です!!』

2019年の予想が大惨敗だったのですが、2020年はどうだったでしょう?

それでは結果をどうぞ!!
2020年順位予想結果

今年も1、2位の外しっぷりが凄まじいですヽ(`ω´*)ノ彡☆

ドンピシャが2チーム
1つズレが2チーム
2つズレが6チーム
3つズレが2チーム
許容範囲はこの辺まででしょうか(*^_^*)

サガン鳥栖の順位をドンピシャで当てたことが嬉しいですね\(^o^)/
G大阪と名古屋の評価があまりにも低く過ぎました。誠に申し訳ありませんでしたm(_ _)m

18チームの順位と順位予想の誤差はトータル64でした!
昨年は誤差のトータルが94でしたから、大きく改善したと言えるでしょうσ(^_^;)


このブログをのんびり書いている間に本田選手と板橋選手の契約更新が公式で発表されました!!

これから悲喜こもごもの更新と加入と移籍の季節になります。

サポーターとしては、豊田選手の10年目更新の言葉を胸に静かに待つのみです!!

「一緒に戦った功労選手に敬意を。これから共に戦う選手に歓声を。」

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


2度追いついてのドロー、私は笑って今シーズンを終えることができました! ホーム大分戦レビュー

2020年J1リーグ第34節、ホーム大分戦は2-2のドローでした。

ホーム大分戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

プレビューに書いたように最終戦はみんなで笑って終われたのか?

私の答えは『十分に笑って終われた試合だった!』です。

2度も先行された試合をドローに持ち込む力が十分に付きました!
最後まで今年目指したサガン鳥栖サッカーを貫いて戦うことができました!
小林選手、岩下選手の最後の雄姿をこの目に焼き付けることができました!
そして、少し前からわかっていたことですが「中野伸哉」というサガン鳥栖の未来を確信できました!

新型コロナウイルスの影響で、2020年シーズンは忘れることのできないシーズンとなりましたが、何とか最終節までたどり着くことができたことも笑って終われた理由の一つだと思います。

試合後の選手、スタッフ、社長の挨拶も岩下選手と小林選手の引退セレモニーも心温まるものでした。

選手挨拶

竹原社長の涙もろさは鳥栖サポーターならば誰もが知っていることですが、今回の挨拶に私は一抹の不安を感じていました。
図らずもその不安は数時間後に「退任の表明」という形で現実のものとなってしまいました。

これから社長交代のための諸々の手続きはあるでしょうが、私が竹原社長に伝えたい言葉は「サガン鳥栖のために本当にありがとうございました」以外にありません!


2020年シーズンの最終的な順位は13位でした!!
7勝15分12敗 勝ち点36 37得点 43失点 得失点差▲6

年間34試合での引き分け数15試合は日本記録更新になりました!

勝利7試合と引き分け15試合を合わせて22試合でサガン鳥栖は負けていないのです!!
なんと、サガン鳥栖の負けない率は64.7%にのぼります!

このことは7位の柏、8位の広島と同じ比率ですので、実はスゴイことなのではないかと思っています(^0^)/

サポーター・ファンのみなさん、長いシーズン本当にお疲れ様でした!!

来シーズンは15試合の引き分けを少しでも勝ちに持っていけるように今のサガン鳥栖サッカーの更なる上積みを!!
私たちが強く強く望めば、間違いなくサガン鳥栖の未来は明るい!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


みんなで笑い合って2020年シーズンを終わろう! ホーム大分戦プレビュー

2020年J1リーグ第34節、最終戦のホーム大分戦です!

20201219122104181.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

仕事を終えて、博多駅から鳥栖駅にJRの快速で向かっています(^ ^)/

今日はプレビューでいろいろ書くことはしません。

選手に感謝、スタッフに感謝、クラブに感謝、スポンサーに感謝、すべての鳥栖サポーター・ファンに感謝。

みんなで笑い合って2020年シーズンを終わろう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


後半の守備の頑張りで産まれたトスタイム! アウェイC大阪戦レビュー

2020年J1リーグ第33節、アウェイC大阪戦は2ー1の劇的勝利でした!

2020121818521561f.png
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

後半のC大阪の攻撃を耐えて凌いでのATにインターセプトからの見事なカウンター一閃でした(^ ^)v

水曜日のナイトゲームだったので、定時で仕事を終わらせて、急いでの帰宅して、スーパードライを片手に妻と二人でDAZNでの後押しでしたσ(^_^;)

前半22分の樋口選手の見事なFKは、年間FKゴールのベスト3に入ってもおかしくない素晴らしい弾道でした!!

しかし、前半44分に宮選手がサイドにつり出されて、折り返しを中で待つ豊川選手に決められて同点にされます。

前半のうちに追いつかれたこと、本田選手と高橋秀人選手の二人を負傷で欠いてしまったこと、厳しいな〜という思いでハーフタイムを過ごしました(>_>)

後半になるとなかなかセカンドボールが拾えなくなり、C大阪に徐々に攻められる展開になりました。

しかし、樋口選手、小屋松選手がサイドの守備で奔走してくれて、ゴール前を固める鳥栖守備陣がC大阪の最後の一本を許しません!!

このみんなの守備のがんばりが、あのATの決勝ゴールに結びついたと言っても過言ではありません٩( 'ω' )و

①森下選手のダッシュからのインターセプト&速いドリブル。
②止められ、倒れても、すぐに起き上がって、スペースに駆け上がって来た松岡選手にパス。
③レンゾロペス選手が斜めの動きで相手DFを一枚引き連れていく。
④左でフリーで呼んでいたチアゴアウベス選手にラストパス。
⑤トラップでいい位置にボールを置いてからのキックフェイントでマテイヨニッチ選手をひらりとかわす。
⑥思わず「そこでそれをやるんかい!」と心の中で叫ぶ(°▽°)/
⑦次の瞬間、ゴールが決まり「よっしゃァ〜!!!」とソファから立ち上がってホントに叫ぶ٩(^‿^)۶

その後、しっかり試合をクローズして、見事にアウェイで勝利を掴みました(^ ^)v

この勝利は、横浜FCに勝ったG大阪の今シーズン2位を確定させるアシストにもなりました。

G大阪の超板でもリアルタイムで「鳥栖、追加点」「鳥栖、ありがとう」などのコメントが並んでいました。

何を隠そう私は、G大阪にはなぜか親近感を抱いているのです(^o^)

さて、いよいよ今シーズンのラストゲームです!

ホームに大分を迎えての最終戦です!!

新型コロナウイルスによるリーグ中断、無観客試合、チームの集団感染、そして債務超過など、大変なシーズンでした。

だからこそ、最後はみんなで笑って終わりたいですね(^ ^)

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


臆することなくサガン鳥栖のサッカーでC大阪に挑もう! アウェイC大阪戦プレビュー

2020年J1リーグ第33節、アウェイC大阪戦です。

アウェイC大阪戦告知
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

今シーズンも残すところあと2試合です(^ ^)
そして今日が最後のアウェイゲームとなります。

スターティングラインナップを確認すると若手主体で試合に臨むことがわかります!!

一見、来年に向けての布石のようにも見えますが、金明輝監督は当然にこのメンバーでC大阪相手に勝ちにいってると感じます。

そして、金森選手と本田選手の前線での積極性が今日の試合のキーポイントになりそうです!!

林選手のゴール前での動きに合わせて、この二人が積極的なアイデアで攻撃に加われば面白い結果が生まれそうな気がしています(^ ^)/

あとはサガン鳥栖がずっと大切にしている
「球際での強さ」と
「連動したハードワーク」と
「相手より一歩速く」と
「最後まで絶対に諦めない気持ち」を
前面に押し出して戦えば、自ずといい結果がついてくると信じます!!

C大阪の良さを組織で消しつつ、耐えるところと攻めるところのバランスを見極めていい試合を期待しています\(^o^)/

今日のお昼ごはんは、いつものカツ丼ではなく、少し奮発してヒレカツ定食にしましたので、その分も勝利に近づいていると思っていますσ(^_^;)

ヒレカツ定食

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

最後まで諦めない鳥栖、川崎のシーズン全チーム勝利を阻む! ホーム川崎戦レビュー

2020年J1リーグ第32節、ホーム川崎戦は1-1のドローでした。

ホーム川崎戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

プレビューで「川崎は確かに強い」と書きましたが、王者川崎に鳥栖は今年チャレンジしてきたサッカーで戦いを挑みました!

サポーターのひいき目かもしれませんが、前半はほぼ互角の戦いができたと思います(^0^)/

しかし、後半12分に谷口選手にお手本のようなヘッドを決められて先制点を許してしまいます。
あの場面では、クロスを上げる脇坂選手に誰も寄せに行っていないことが一番のポイントだったと思います。

先制点を獲られても鳥栖は、自分たちのサッカーを変えることをせず、愚直にボールを前に運びます。
その努力が後半41分についに実を結びます!!!

前節横浜FC戦に続いてレンゾロペス選手が、値千金の同点弾を川崎のゴールに突きさします!!

まさに「後半41分の漢」です\(^o^)/

その後も川崎相手にドン引きすることなく、チャンスがあれば相手のゴールに迫る戦いをみせますが、両者得点が奪えず1-1で終了のホイッスルがなりました。

圧倒的な強さでリーグ優勝を果たした川崎でしたが、唯一川崎に負けなかったチームとしてサガン鳥栖の名前が記録にも記憶にも残ることになりました(^-^)/

このドローで数字の上では今シーズンの15位以上がほぼ確定しました(^0^)v
通常シーズンならば残留が確定したことになります。
とりあえずは、最低限の目標を達成したと思います!

では、どのくらい第1節のアウェイ川崎戦から変わったのかDAZNのハイライトを見比べてみましょう。





動画はDAZNより


最後まで絶対に試合を諦めない姿勢は鳥栖のチームの中に脈々と続いていると私は思っています!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


今こそ我らが「西の悪魔」であることを証明しよう! ホーム川崎戦プレビュー

2020年J1リーグ第32節、ホーム川崎戦です。

ホーム川崎戦告知
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

すでにリーグ優勝を決めている川崎を駅前不動産スタジアムで迎え撃ちます。

今年の川崎は確かに強い!

リーグ最速優勝(4節残しての優勝)
リーグ最多勝ち点更新中
リーグ最多勝利数更新中
リーグ最多得点まであと3点

そして、もう一つの大記録。
1シーズンで全チームからの勝利!

今節の鳥栖に勝利すると達成されてしまう記録になります。

でも、鳥栖は不思議なチームです。

連敗をしていたり、下位に沈んでいるチームには何故か弱く、
優勝争いをしていたり、連勝しているチームには何故か強い!!

昔から、と言ってもJ1に昇格してからですが・・・
鳥栖には「西の悪魔」や「ドリームクラッシャー」という異名があります。

数々のチームの優勝にストップをかけたり、連勝を止めたりしてきました!
しかし、G大阪にだけは何故かサポートになっているんですよね~ |д゚)チラッ

最強の川崎に立ちはだかるには、今年鳥栖が取り組んで来たサッカーを90分間徹底するしかありません!!

鳥栖が大切にしている「球際での強さ」「チームのためのハードワーク」「あと一歩の出足」などなど・・・
松本育夫さんが大事にした「全力に悔いなし」で戦って欲しいと思います。

駅前不動産スタジアムでできる限りの前向きな後押しをしたいと思います(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


後半の修正力でもぎ取った勝ち点1! アウェイ横浜FC戦レビュー

2020年J1リーグ第31節、アウェイ横浜FC戦は1ー1の追いついてのドローでした。

アウェイ横浜FC戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

この試合は、前半と後半では真逆の試合展開となりました。

DF陣からビルドアップしていくためには、ポジショニングと距離感が大切であることがよく分かる試合だったと思います。

前半の嫌な時間帯に先制点を奪われてしまいますが、後半の立ち上がりに横浜FCの追加点を許さなかったことが、最大の勝負の分かれ目になりました。

松岡選手の顔面G線上のクリアは、結果的にチームを救った今日イチのプレーになりましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ

得点シーンの前にも、左の原川選手からゴール前のレンゾロペス選手にクロスが上がりましたが、その時は上手く合いませんでした。

同じような場所からの2度目のクロスをものの見事に修正してきた原川選手の技術に天晴れです!!

後半ATにも惜しいチャンスがありましたが、六反選手のビッグセーブに阻まれてゴールネットを揺らすことはできず、タイムアップで1ー1のドローでした。

アウェイで追いついての勝ち点1を良しとしましょう(^ ^)v

後半からの修正力も良かったと思います!!

今シーズン残り3試合!
ホーム2試合(川崎、大分)、アウェイ1試合(C大阪)。
すべてに笑って後押しをしていきたいと思います(^ ^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


14位と15位の戦い、2得点が勝利へのカギ!! アウェイ横浜FC戦プレビュー

2020年J1リーグ第31節、アウェイ横浜FC戦です。

アウェイ横浜FC戦告知
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

この試合は、夫婦で横浜まで参戦して後押しする予定でした。

「GoToトラベル キャンペーン」を使って飛行機&ホテルパックでチケットも購入していましたが、コロナウイルスの第三波による関東エリアの感染拡大があまりに顕著なので、妻と相談して泣く泣くキャンセル料を払ってキャンセルしました(T_T)

その代わりにDAZNで自宅から一生懸命に後押しをしたいと思います(^ ^)/

対戦相手の横浜FCとは、順位は14位と15位の1つ違い、勝ち点差も2点差と鎬を削っています。

両チームの最近5試合の成績を見てみると・・・
両チームの日程
※画像はFootball LABより

鳥栖 2勝2分1敗 勝ち点8 得点7 失点4
横浜 1勝1分3敗 勝ち点4 得点6 失点9

得点力は両チームともに互角ですが、失点数では横浜FCに厳しい数値がでています。
しかもこの5試合で横浜FCはクリーンシートがありません。

もう一つのデータを見てみましょう。
今シーズンの成績
※画像はFootball LABより

鳥栖はアウェイの試合で平均得点1.1点、平均失点1.4点です。
横浜FCはホームの試合で平均得点1.3点、平均失点2.0点です。

つまり第31節のアウェイ横浜FC戦では、勝利のために2得点以上が鳥栖に求められます!!

できれば先制点に追加点、そして、クリーンシートでお願いしたいものです。

たらればですが、この試合で勝利することができれば、横浜FCとの勝ち点差を5点に広げることができます。
リーグ戦残り3試合で14位以上のフィニッシュの確立が大きく上がることになります(^0^)v

しかし、昔から「強きを挫き、弱きを助ける」サッカーが得意?な鳥栖なので、この試合はしっかりと勝ち切るためのサッカーをアウェイの地でも魅せてもらいたいです!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村