FC2ブログ

2位チームの猛攻に耐え切っての勝ち点1は貴重である! アウェイG大阪戦レビュー

2020年J1リーグ第30節、アウェイG大阪戦は1-1のドローでした!

アウェイG大阪戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

まずはお詫びですm(_ _)m

第29節のホーム仙台戦レビューと第30節アウェイG大阪戦のプレビューをなんやかんやと忙しくてアップすることができませんでした。すいませんでしたm(_ _)m

プレビューはアップできませんでしたが、ルーチンのお昼ごはんのカツ丼はしっかりと食べました。

試合当日、北九州市に用事があったので福岡への帰り道の福津市の「とんかつ勝吉」さんでいただきました。

カツ丼

この試合では2種登録の相良選手がJ1初スタメンを飾った試合でしたが、その相良選手が前半11分にいきなりプロ初ゴールの偉業を達成します!!

相手DFに身体を寄せられても倒れずに泥臭くプレーを継続したことは称賛に値すると思います(^0^)/

そして、相良選手へのラストパスの浮き球をゴール前に出した樋口選手も称賛に値するアイデアプレーだったと思います(^0^)v

前半のうちにあと2回カウンターから「左でフリーの相良君に出せぇ~っ!」と叫んだ場面がありましたが、そううまくはいきませんでした。

たらればですが、その2回のシーンの1回でも相良選手に渡ったときの彼のプレーが観たかったな~と思います。

前半の半ば過ぎからG大阪のロングボールとサイド攻撃を受け続けましたが、そこに猛然と立ちはだかったのはGK朴一圭選手です!!

朴一圭選手がいなければ、後半早々にも試合が決したのではないかと思うほどにシュートストップをしてくれました!!

後半の最後に再度盛り返して惜しいチャンスも作りましたが、勝ち越しのゴールネットを揺らすことはできませんでした。

相手ゴールに迫る直前でのボールロストやパスのズレは、どうしても起こってしまうものです。それならばあとは攻撃する選手たちがどのようにしてシュートまでいくかの共通認識を持って、何度も何度も繰り返すしかないのではないかと個人的には思っています。

攻撃1回目で上手くいくかもしれない。
10回やっても上手くいかないかもしれない。でも11回目で上手くいくかもしれない。
ポイントはゴール前での攻撃の再現性と落ち着きなのです!!

逆転を許さなかったことで勝ち点1をアウェイで獲れたことは実は大きなことです!

15位の横浜FCとの勝ち点差を1広げることができた!
16位の湘南、17位の清水との勝ち点差をキープできた!

残留争いを勝ち抜くためには、勝ち点1の積み重ねが非常に大切なことを私たちは身に染みて知っています。

鳥栖は30試合を終えて勝ち点30の14位ですが、順位表を見て驚愕の事実を見つけてしまいました。

新しい画像
※画像はSportsnaviより

試合数は鳥栖が1試合多いのですが、大分との勝敗数や得失点を比較するとちょっと愕然としてしまいました。

    勝ち点  勝  分  負  得点  失点  得失点
鳥栖  30    6  12  12   31   38    ▲7
大分  37    10  7  12   30   38    ▲8

大分より鳥栖の方が得点は1点多い、失点は一緒、しかし勝ちは4つ少ない(>_<)

若いチーム故の勝負どころでの脆さなのか?
試合運びのまずさなのか?

いずれにしても戦いながら修正していき、勝ち切る力をもっともっとつけていくしかないのです!!

泣いても笑っても、2020年度シーズンは残り4試合です。
ならば、私はすべて笑って選手の後押しをしたいと思います(^0^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



よい守備からよい攻撃、そして力まないシュートシーンをたくさん作ろう! ホーム仙台戦プレビュー

2020年J1リーグ第29節、ミッドウィークのホーム仙台戦です。

ホーム仙台戦告知

※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

アウェイ3連戦を2勝1分の勝ち点7の好成績で乗り切った鳥栖がホームに戻って来ます(^-^)/

7戦負けなしに記録を伸ばしていますが、ここ10試合の鳥栖の成績を振り返ってみると・・・

●●●△△△△〇△〇 2勝5分3敗 勝ち点11 得点10 失点10 です。

あの4連敗から立て直したものです!

引き分けも多いのですが、シーズン終盤での勝ち点1の大切さをここ数年私たちは骨身にしみて実感していますので、決して悪くない結果だと思っています。

しかも、朴一圭選手が合流し、エドゥアルド選手が先発復帰を果たした11月3日ホーム名古屋戦以降は、

△〇△〇 2勝2分 勝ち点8 得点6 失点2 です。

失点数を減らし、勝ち切ることができるようになってきてことは大きな変化だと思います!!

しかし、仙台にはここ3試合で5得点の長澤選手がいます((((;゚Д゚)))))))

長澤選手を抑えることはもちろんですが、サイドからの良いクロスをゴール前に入れさせない守備も必要だと思います。
両SBと両SHのいいポジショニングでのしつこい守備も期待したいところです!!

仕事が終わったら急ぎ駅前不動産スタジアムに向かう予定ですが、駅スタ到着は前半終了間際ぐらいでしょうか(;д;)

それまではみなさんに後押しを託しますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


鳥栖らしい戦いで終盤の反撃に耐えてアウェイで勝ち点3! アウェイ柏戦レビュー

2020年J1リーグ第28節、アウェイ柏戦は2-1で勝利を収めました!!

アウェイ柏戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

まずは、新型コロナウイルス感染から試合ができるまでになってピッチに戻って来た柏レイソルの選手、スタッフのみなさんに心からのリスペクトを送ります。

試合当日は仕事だったので、情報を遮断して帰宅後にDAZNで後押しするつもりでしたが、やっぱり試合経過が気になって、ちょこちょこスマホで試合経過をのぞき見してしまいましたσ(^_^;)

試合当日の験担ぎのお昼ごはんのカツ丼も食べたので「今日も勝利を!」の気持ちでした。

カツ丼

仕事を16時で終えて、帰宅途中の地下鉄の中からDAZN後押しをスタートします。

DAZNを立ち上げた時点ですでに1点先制をしていました٩(^‿^)۶

後から確認すると、ゴール前でボールを奪った樋口選手からのクロスに林選手がダイレクトボレーで合せて先制をしたものでした!!

そして、中野選手から原川選手へのスペースに出したボールがつながり、早いクロスに本田選手が合わせますが、相手DFに当たって跳ね返ったところを再度反転して押し込んで2点目です!!

しかし、柏の選手が一斉にハンドをアピールしました(‐o‐)
自分も手に当たったかと思ったのですぐに松尾主審を見ました。
松尾主審が「違う、違う」というジェスチャーをして、ゴールが決まったポーズをしたのを確認して、ホッと胸をなで下ろしたのを覚えています(^-^)v

後半残り15分の柏の怒涛の攻撃を耐え凌いで2-1で勝ち切りました!!!

柏に1点は返されたものの勝ち切って、アウェイで勝ち点3を得たことに大きな意味があります!!

この試合で私が感じたことは、
1、朴一圭選手の守備範囲の広さとエドゥワルド選手の守備の安定が鳥栖の無敗を支えている。
2、小屋松選手のチャンス構築数は特筆すべき! あとはもう少しのアイデアと運ですσ(^_^;)
3、中野選手の落ち着いた守備とここぞの時の前への飛び出しはとても17歳とは思えない。

一つだけ言うならば、解説の福田さんも言っていましたが、ゴール前のスピードをうまくコントロールすることで決定力を上げるともう少し楽な試合運びができるのかな~と思います。

そして、アウェイ戦での勝利の後のお約束になりつつあるサポーターとの記念写真です!

記念写真
※画像はサガン鳥栖公式Twitterより

この画像に写っていたゲーフラで知り合いのK君がどこにいるか分かりました٩(^‿^)۶

この勝利で勝ち点を29に伸ばし、横浜FCを抜いて14位に上がりました!!

J1順位表
※画像はSportsnaviより

鳥栖のリーグ戦の残り試合はあと6試合です。

13位の神戸はリーグ戦をすでに33試合消化しており、勝ち点差も7点なのでここを追い越すことが今シーズンの目標だと私は勝手に思っています。

残り6試合を良い形で締めくくれるように頑張って後押ししていきたいと思っています( ̄^ ̄)ゞ

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


攻撃の積極性と守備の粘り強さの両方を! アウェイ柏戦プレビュー

2020年J1リーグ第28節、アウェイ柏戦です。

20201121141453a1b.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

選手、スタッフのコロナウイルス感染によって試合ができなかった柏は久々の試合になります。

柏にとって、試合ができる喜び、全体練習ができなかった不安、それぞれの想いを抱えての試合になります。

しかし、鳥栖としては受けてしまうのではなく、自分たちのポゼッションサッカーを貫くことが大切なことになります。

柏とのアウェイは、不思議と相性がいいと私は感じています。昨年、一昨年と日立台では負けていません!

この試合のポイントは、
1、攻撃時に消極的になることなく、積極的に攻め上がることに気をつけて欲しいこと!
2、ボールを奪われた時にネガトラの意識を高く持って自ら取り返しに走って欲しいということ!

大きく言うとこの2つです(^ ^)v

前節のアウェイ札幌戦からユニフォームの胸スポンサー(木村情報技術様)が付きましたが、今日の試合から更に背中スポンサー(双日商業開発様)、腰スポンサー(関家具様)、パンツ後ろスポンサー(双日商業開発様)が付いて、ユニフォームの広告がすべて埋まりました(^ ^)/

202011211418183ff.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

新しいスポンサー様とともに喜び合うためにぜひ勝利を目指して欲しいと思います!!

試合当日のルーチンであるお昼ごはんのカツ丼も食べました(^^)v

本日は土曜日ですが、残念ながら終日仕事です。試合情報を遮断して、帰宅後にDAZNで後押しをしたいと思います!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


若いチーム故にプレーの余裕のなさが弱点になっている。 アウェイ札幌戦レビュー

2020年J1リーグ第27節、アウェイ札幌戦は、耐えて粘ってポストに助けられての1-1のドローでした。

アウェイ札幌戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

2017年12月2日のアウェイ札幌ドームから勝てていない相手にアウェイで引き分けて勝ち点1を持って帰れることをプラスに捉えたいと思います。

プレビューでは先制点の重要性を書きました。
そして、希望通りに後半10分にCKの連続攻撃からチアゴアウベス選手の2試合連続ゴールで先制点を奪うことができました!!

先制点のすぐ後に追加点を奪うべく一気呵成に攻め立てますが、小屋松選手のシュートが福森選手の広げていた左腕に当たって転がり、左ポストに当たって惜しくもゴールにならないシーンもありました。

故意ではないハンドは取られないというルール変更のことは知っていましたが、ペナルティエリアで守備側が手を広げて守っていても故意でなければ(手を動かさなければ)ハンドを取られないならば、守備側は手を広げて守っていた方が断然プラスだということだと感じました。

今でも多くのDFがペナルティエリアではハンドをしないように手を後ろに組んで守備をしているように思います。

これからはペナルティエリア内でも手を広げたまま動かさないで守備をした方がいいことになりますよね! (ルールに詳しい人、ぜひ教えてください)

その後の札幌の2枚替えでピッチに入った天敵ジェイ選手に同点弾を喫してしまいました(>_<)

その後、後半23分に豊田選手、林選手を投入しましたが、リンクマンにならないといけない本田選手、樋口選手、石井選手がリンクマンになれず、前線までボールを運ぶことができずにチャンスをまったく作れない状態になってしまいます。

終盤は札幌の猛攻を耐え凌ぐ一方でしたが、札幌の決定力の無さにも助けられて1-1のドローでタイムアップを迎えました!!

この試合の率直な感想は、
1、札幌の強いプレスにアタフタしたプレー、特に味方へのバックパスのミスが多過ぎた。
2、苦手意識なのかパスに攻撃性、積極性が見られず、ココだ!というタイミングでパスが前にいかなかった。

鳥栖は若いチームというプラスの面はありますが、若さ故の経験不足という点ではマイナスに作用します。

この試合では強いプレスをかけられた時の一つ一つのプレーの余裕のなさが明らかに目立ってしまいました。

プレスをかけられても余裕を持って相手を往なすプレーができるようになって欲しいと願います!!

それが今の鳥栖に求められる次のプレースタイルだと思います。

6試合負けなしになりましたが、勝ち切る試合をもっと観たいのがサポーターの心情でしょう。

次節もアウェイの試合が続きます。
アウェイ柏戦も面白い試合になることでしょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


しっかりした守備から組み立てて、先制点を奪おう! アウェイ札幌戦プレビュー

2020年J1リーグ第27節、アウェイ札幌戦です。

202011141143506a1.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

ここ数年の対戦成績で分が悪い札幌戦です。

今シーズンも初戦のルヴァン杯2月16日は0-3の敗戦。9月12日に延期された第12節も0-2の敗戦(>_<)

この対戦成績に札幌のみなさんが油断してくれれば、今シーズン戦ったときの鳥栖と同じだと思ってくれれば、十分に勝機が拓けます!!

鳥栖のサポーター・ファンのみなさんはご存知だと思いますが、初戦の時の鳥栖とは違います!

ましてや大幅にターンオーバーした9月12日の第12節の鳥栖ともまったく違います!!

外国籍選手の個の力と福森選手の左足のイメージが強い札幌ですが、組織的に戦う力も持っていますので、しっかりとした守備から組み立てたいものです。

仙台戦で魅せた素早いカウンターも有効ですので、「緩急剛柔」の戦い方で勝ち点を手繰り寄せられればいいと思います。

そして、何より大切なことは、先制点を奪ってリードした時間帯を長く試合を有利に進めることです!!

自宅からのDAZNでの後押しですが、上の順位を目指すための上手い試合展開を期待します(^ ^)/

最後に、11月12日に新しい胸スポンサーとして地元の「木村情報技術」様が手を挙げてくださいました。
本当にありがとうございました。

202011141158498fe.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

残り8試合ですが、新しい胸スポンサーを纏って、サガン鳥栖の快進撃が始まればいいなと思っています(^ ^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


10試合振りの勝利は次へのステップである! アウェイ仙台戦レビュー

2020年J1リーグ第11節、アウェイ仙台戦は3ー0で勝利しました!!

アウェイ仙台戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

チアゴアウベス選手の今季初ゴールに本田選手のJ1初ゴール&2発目をこの目で観ることができて幸せな仙台遠征でした(^ ^)v
願わくば豊田選手、林選手のゴールも観たかったのですが、それは次節以降のお楽しみということで・・・σ(^_^;)

試合当日は、朝7時30分にレプユニ姿で自宅を妻と二人で出発して、バス→地下鉄(福岡)→飛行機→電車→地下鉄(仙台)と乗り継いで、仙台のホーム「ユアテックスタジアム」にやって来ました!

ユアテックスタジアム

何度訪れてもこのスタジアムは素晴らしいスタジアムだと実感します(^ ^)/

試合は、前半6分にチアゴアウベス選手の「悪魔左足」で先制!
その後もチャンスは作れど、決めきれずに1ー0で前半終了。

後半早々に小屋松選手からのパスをチアゴアウベス選手がワンタッチの見事なサイドチェンジ!
左を駆け上がっていた本田選手にボールが渡り、ドリブル&カットインからゴール右隅に正確なパスを出すような感じでゴールを決めました!!

ビジター席では「風智、イケ〜!」という声援が「よっしゃ〜!」「やった〜!」という大歓声に変わる瞬間をみんなで共有することができました(^ ^)v

本田選手の初ゴールと初ポクチンをしっかりとこの目に焼き付けました(≧∇≦)

その後、豊田選手の潰れから本田選手が3点目を奪って、危なげなく勝利を手繰り寄せました!!

選手挨拶

そして、この試合で目を見張ったシーンが5つありました!!
1、チアゴアウベス選手が大畑選手のところまで戻って守備をしていた!
2、松岡選手がゴール前への積極的に飛び出してヘディングシュートをしていた!
3、小屋松選手がサイドに蓋をする守備に磨きをかけていた!
4、エドゥアルド選手が関口選手の裏抜けをすべて止めていた!
5、大畑選手の守備がとても19歳とは思えなかった!

しかし、一番気になったのは、仙台の攻守の連携のバラバラ感でした。
ボールがつながるためのポジショニングや仲間を助けるための動きを突き詰めていって欲しいと思います。

ビジター席がここまで一体感に包まれた試合は私たち夫妻では初めてだと思います\(//∇//)\

降格はありませんが、残り8試合は来期につながる戦いにして欲しいと思います!!

最後に梁勇基選手のユアスタ凱旋について記します。

試合終了後に昨シーズンまで16年に渡って慣れ親しんだベガルタ仙台のホームスタジアムのピッチに梁勇基選手が挨拶のために出て来ました。

通常はゴール裏への挨拶だけが多いのですが、梁勇基選手はぐるっと一周スタジアムを巡りました。

スタンドに向けて、手を振り、拍手をし、いろいろな場所で立ち止まって深々と頭を下げる姿とその姿に大拍手で応える仙台サポーター。

スタジアム運営スタッフも梁勇基選手のチャントを流して盛り上げます!

その光景を拍手で見守る鳥栖サポーターもスタジアムの一部になっていました。

一周回り終わった最後のコーナーポストのところで、すべての仙台サポーターに向けてもう一度深々と頭を下げる梁勇基選手に私は胸が熱くなりました。

とても素晴らしい光景を心に刻んで、秋が深まるユアテックスタジアムを後にしました。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


思い切りの良さと冷静さの戦いを! アウェイ仙台戦プレビュー

2020年J1リーグ第11節、アウェイ仙台戦です。

2020110812531695a.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

本来は8月19日に開催されるはずの試合でしたが、サガン鳥栖のコロナウイルス感染の影響で延期されていたものです。

やっとJリーグも元に戻りつつあると嬉しく思っていましたが、全国的にもJリーグの中でもコロナウイルス感染が再拡大を始めており、一人一人の感染予防がまた必要になってきています。

そんな中ですが、アウェイ仙台戦へ妻と一緒に参戦をします(^ ^)v

20201108130218e57.jpeg


このブログも福岡空港から仙台空港に飛ぶJALの機内で書いていますσ(^_^;)

ベガルタ仙台の本拠地「ユアテックスタジアム」は、私の好きなスタジアムのベスト3に入るほどよいスタジアムです!

20201108162539dc4.jpeg


対戦相手の仙台はなかなか結果が出ずに苦しんでいますが、決して悪い戦いをしているようには見えません。

そのことは鳥栖にも同じことが言えると思っています。

この試合は、お互いのプライドをかけた戦いになると思います!

ビルドアップでゴール前までボールを運んだ後のシュートまでのイメージの共有と実際にシュートを打つことが大切です!

この点は名古屋戦以降の4日間で修正ができていると信じています!!

仙台のGKスウォビィク選手は非常に優秀なGKです。

だからこそ何度も何度も繰り返しゴールを奪う動きをみんなで繰り返して、必ず仙台のゴールマウスをこじ開けて欲しいと思います(^ ^)/

まだ、連絡をしていませんが昨年末に関東に引っ越して行った鳥栖サポのK君も仙台戦に参戦と聞いています。

再会できればいいなと思っています。
お土産買って来るのを忘れたけど…^_^

試合当日のお昼ごはんをカツ丼から牛タンに変えて、仙台戦を楽しみながら後押ししたいと思います。

20201108130459ffe.jpeg


17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


加入即スタメンの朴一圭選手のスーパーセーブ連発の凄さ! ホーム名古屋戦レビュー

2020年J1リーグ第26節、ホーム名古屋戦は0-0のスコアレスドローでした。

ホーム名古屋戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

この試合からついにアルコールも解禁になりました(^0^)/

アウェイの名古屋サポのみなさんもたくさん駅スタに来られて、都市広場の賑わいが少しづつですが戻って来たことが嬉しいですね!

しかも、12時過ぎには鳥栖駅に「鬼滅の刃」とのコラボの蒸気機関車がやって来るとあって、虹の橋にはスマホ片手の老若男女で賑わっていました。

鳥栖駅に入って来た蒸気機関車を多くの人は「無限列車」と呼んでいましたが、子どもの頃から鉄道ファンだった私は「8620」(ハチロクニーマル)とやっぱり呼んでしまうのでしたヽ(´∀`)ノ

スタメンにエドゥアルド選手が戻って来て守備が安定しました!!

そして、朴一圭選手の即スタメン&スーパーセーブ連発に心を鷲づかみにされましたヽ(≧∀≦)ノ
改めて、朴一圭選手、ようこそサガン鳥栖へ!!

試合は、守備の固い名古屋相手に何とももどかしい展開だったと私個人は感じました。

ここはみんなで乗り越えていくしかないのですが、シュートまでのイメージの共有とゴールを奪い取ることにもっともっとこだわって欲しいと思います!!

これで4試合連続のドローとなりましたが、別の言い方をすれば4試合連続で負けていないということになります。

11月8日(日)はアウェイ仙台戦ですが、GoToトラベルキャンパーンをうまく使って妻と一緒にユアスタに後押しに行って来ます!!

守備の安定とゴールシーンを期待したいと思います(^0^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


ゴール前の落ち着きと精度を上げていけ! ホーム名古屋戦プレビュー

2020年J1リーグ第26節、ホーム名古屋戦です。

20201103094516bc9.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

これまで毎週2試合あったことを考えると9日振りの試合がかなり久しぶりの試合のように感じますσ(^_^;)

この9日間の期間にこれまでの連戦の疲れをリフレッシュできて、ホーム名古屋戦への対策もしっかりできたと思います(^ ^)v

特にゴール前でのプレーのアイデアと落ち着きと精度がどう変化するのか楽しみです(^ ^)/

ここ3試合引き分けが続いています。

しかし、先行されても終盤に追いつく粘りも魅せています!!

ホーム名古屋戦は、
①前後半の試合の入り方と終わらせ方、
②両サイドの攻守の切り替えスピード、
③ゴール前での落ち着きと精度、
この3つがカギになると思っています!!

順位関係なくガチンコでやり合って勝ち点3を引き寄せて欲しいと願っています!

いつもより早い13時の試合開始です。
知り合いのスタグル「あげてんかぁ」の大将から声もかかっていますので、早めに鳥栖に向かいましょう(^ ^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村