FC2ブログ

最後まで走り切り、試合を絶対に諦めないサガン鳥栖について(2018年編)

私が考えるサガン鳥栖の魅力の一つである「最後まで走り切り、試合を絶対に諦めない」を考えるブログのその7です。

後半35分(試合残り時間10分)以降の得点について振り返るシリーズの2018年版になります。

この年は第6節(アウェイC大阪戦)から第12節(ホーム札幌戦)まで7連敗を喫すると言う本当に厳しいシーズンでしたが、残り5試合で監督を引き継いだ金明輝監督が3勝2分の勝ち点11を積み上げて何とか残留を果たした年でした!!

では、2018年の後半35分以降の得点一覧をご覧ください。

2018年後半35分以降の得点

この年にJ1に昇格して来た長崎のホーム「トラスタ」に乗り込んだ3月3日の雨の中の第2節の戦いは、前半で0-2とリードされる苦しい展開も、後半に高秀先生と鄭昇玄選手のゴールで追いつき何とか痛み分け、トラスタでJ1の先輩の意地をみせた試合でした!!

しかも、アウェイでありながら試合前の応援合戦で圧倒的なホーム感を魅せたことはサガン鳥栖サポとして鳥肌ものでした(^0^)/

3月31日の第5節、ベアスタの名古屋戦は後半29分から3点を奪って試合をひっくり返したこの年一番の試合だったと思います。
後半48分に右足でゴールを決めた田川選手が「やったー」と叫びながらベンチに走って来る姿は今も心の1ページに刻まれています(^0^)v

8月26日の第24節、ベアスタのG大阪戦はF・トーレス選手にリーグ戦初ゴールが生まれた試合でした。
この時のアシストは天皇杯に続いてまたまた福田選手でした!!

F・トーレス選手、金崎選手、安在選手の3名から「こっちに来いよ!」という風に呼ばれて、F・トーレス選手に飛びついた福田選手が印象的でした!!


※動画はJリーグ公式HPより

2018年は、10勝11分13敗の勝ち点41、得失点差▲5の14位でのフィニッシュでした。
この年はJ1リーグ2位タイの失点34点で残留を果たしたシーズンだったと個人的に思っています。

異論はないと思いますが、この年のMVPは間違いなく守護神の権田選手でしょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



ドリパスの全額寄付と3ケ月振りに戻って来たレプユニ(^0^)v

ドリパスホルダーの妻と私にサガン・ドリームスから案内文が届きました。

実はサガン鳥栖超板でも話題になっていましたが、6月9日の夕方に私宛にサガン・ドリームスから電話がかかって来て、ドリパスの購入額についてどのような考えを持っているかの事前リサーチがありました。

私たち夫婦は子どもたちも独立しており、自分たちの暮らしが成り立てばいい状況なので、「ドリパスは全額寄付をするつもりだ」とお答えしました。

サガン・ドリームスの社員の方に「どのようにして寄付すればいいか?」と質問すると、「月末までに案内文をお送りします。そこでWEBと店頭での手続き方法をご案内します。」と答えてもらい案内文が届くのを待っていました。

ドリームスからの案内
ドリームスからの案内2

届いた案内文を読むと全額寄付の私たち夫婦のような方には、
1、トップチームvsユースのトレーニングマッチ観戦権利
2、トップチームのスタジアム練習見学権利
3、2021年度新年会参加権利
4、オリジナルマスク、オリジナルピンバッジ、オリジナルカーマグネット
5、B自由席メイン9pt分の交換商品
6、入場可能になった場合の優先購入権利(大人1000円)
7、寄付金控除による所得税減税の適用

まずは7月4日(土)のリーグ戦再開ですが、政府の感染防止の方針に従ってのスタジアム観戦が一日も早くできるようになることを願っています。

そして、スタジアム観戦ができるようになったときの必須アイテムであるレプユニが3ケ月振りに手元に戻って来ました!!

スタジアムで受け取り予定だったためにレプユニはサガン・ドリームスに預けっぱなしになっていました。
しかし、オフィシャルHPで案内があった通りに6月20日(土)に駅前不動産スタジアムにレプユニを取りに行って来ました。
「ブラックモンブラン」と「ミルクック」の圧着が完了してようやくレプユニが戻ってきました(^0^)/

レプユニ完了

ついでに6月20日の駅前不動産スタジアムに「レノファ山口」のバスも停まっていましたので、きっと非公開のトレーニングマッチがあったと思います。

レプユニが戻って来たのでようやく「砂段ティーノ」の撮影もできます!
妻と一緒に撮影して画像を送りましょう!!

再開まであと13日♪(/・ω・)/ ♪
さぁ、テンションを徐々に上げていきましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


さぁ、新しい冒険の始まりだ!!

6月15日に再開後のJ1リーグ戦33試合の組み合わせと一部の会場と開始時間が発表されました(^0^)/

組み合わせを見た瞬間に頭をよぎった言葉はコレでした!

『さぁ、新しい冒険の始まりだ!!』

7月4日(土)の昭和電工ドームのアウェイ大分戦から始まって、12月19日(土)の駅スタのホーム大分戦まで熱い熱い戦いは続きます!!

2月22日(土)のアウェイ川崎戦から数えること133日振りのリーグ戦再開にワクワクが止まりません(^-^)/

そして、再開後のリーグ戦のすごく分かりやすい日程表がTwitterにアップされていました!
作成してくれた「emillyさん」に快く許可をもらいましたのでこのブログでもアップします(^0^)v
2020年リーグ戦
「emillyさん」本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m

当面は無観客試合なのでDAZNで後押しするしかありませんが、Jリーグは政府の緩和方針に従う形で7月10日(金)から段階的に観客を受け入れての開催へ移行する計画を発表しています。

第1段階は7月10日(金)からの「超厳戒態勢」として、入場者は5000人までとしています。

8月1日(土)から次の「厳戒態勢」のステップに入り、観客の上限をスタジアム収容人数の50%までに拡大して、アウェイ席の販売も行なってビジター客の受け入れも予定されています。

コロナウイルスの第2波が抑えられれば、8月からは夫婦で楽しみにしているアウェイ参戦も現実のものとなりそうです!!

その時まではコロナウイルスの感染予防に努めながら、できる範囲での後押しをして楽しみたいと思いますヽ(≧∀≦)ノ

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


最後まで走り切り、試合を絶対に諦めないサガン鳥栖について(2017年編)

私が考えるサガン鳥栖の魅力の一つである「最後まで走り切り、試合を絶対に諦めない」を考えるブログのその6です。

後半35分(試合残り時間10分)以降の得点について振り返るシリーズの2017年版になります。

では、2017年の後半35分以降の得点一覧をご覧ください。

2017年後半35分以降の得点

2016年の後半35分以降の得点があった試合が3試合しかなかったことを考えると、2017年は9試合に増えて「鳥栖らしさ」が少し戻ってきたのかなと胸をなで下ろしています。

4月1日の第5節、味スタの東京戦は、敗色濃厚の試合をわずか3分間でドローに持ち込んだ圧巻の試合でした!

後半43分に鎌田選手のゴールで1点差に追いつき、その2分後に趙東建選手の芸術的な右まわし蹴りヒールシュートで同点に追いつきました(^0^)/



ゴールが決まった後の趙東建選手の走りながらのジャンピングガッツポーズに痺れました!!

4月16日の第7節、ヤマハの磐田戦は、天国から地獄に突き落とされた試合として記憶に残っています(>_<)

後半43分にCKから豊田選手のヘッドで先制点を奪い、98%勝利を確信していました。
しかしその後、アダイウトン選手、ムサエフ選手に得点を許し、1-2で敗北した苦い苦い試合でした(;д;)

9月16日の第26節、ベアスタの甲府戦は誰がゴールを決めるか予想する企画試合でした。

試合開始早々に甲府に先制される展開でしたが、後半20分に鄭昇玄選手のゴールで同点として、後半50分にイバルボ選手の突破からのクロスがゴール前の金敏爀選手に渡りワントラップからの右足一閃!

甲府の選手二人に当たりながらピンボールのように勝ち越しゴールが決まり、勝ち点3を得ることができた歓喜の試合でした!!

両CBが得点者というゴールゲッターを当てるのが非常に難しい試合でしたσ(^_^;)

2017年は、13勝8分13敗勝ち点47の8位でフィニッシュしたシーズンでした(^ ^)

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村