FC2ブログ

最後まで走り切り、試合を絶対に諦めないサガン鳥栖について(2016年編)

私が考えるサガン鳥栖の魅力の一つである「最後まで走り切り、試合を絶対に諦めない」を考えるブログのその5です。

後半35分(試合残り時間10分)以降の得点について振り返るシリーズの2016年版になります。

まったく個人的な想いで恐縮ですが、2016年のJ1リーグには「アビスパ福岡」が昇格して来ました。
お互いカテゴリーが違っていたので、2010年以来の戦いに期待と不安が交錯したシーズンでした。

私の気持ちの中では、2016年で「アビスパ福岡」との積年の想いにケリをつけるシーズンになったと思っています。

では、2016年の後半35分以降の得点一覧をご覧ください。

2016年後半35分以降の得点

2012年にJ1に昇格してから後半35分以降の得点が一番少ない3試合にとどまりましたが、それはそれで記憶に残るシーズンになりました(^0^)/

心に残る年一の試合は、7月2日の2ndステージ第1節、ベアスタの東京戦です!!

アディッショナルタイム3分まで、1-2で敗色濃厚でした。

早坂選手から池田選手のゴールで追いついた時には、スタジアムは歓喜に包まれましたが、その1分後に高橋義希選手から豊田選手の逆転ゴールが決まった時には、スタジアムは狂喜乱舞のお祭り騒ぎでした٩(^‿^)۶

ホームスタジアムでの後押しや雰囲気、相手チームにやりにくいと言われる何かがベアスタにはあるのでしょう!!
それが何かは私にもわかりませんが、科学的な理屈を超えた何かが私たちの愛するサガン鳥栖のホームスタジアムのベアスタにはあるのだと思います(^0^)v

そして、最初に書いたように「アビスパ福岡」との戦いに一定のケジメをつけたシーズンだったと思っています。

リーグ戦1st第1節 2月27日 ベアスタ 2-1 サガン鳥栖勝利!
リーグ戦2nd第5節 7月23日 レベスタ 3-2 サガン鳥栖勝利!!

「アビスパ福岡」にリーグ戦でダブルを喰らわせ、レベスタのアウェイ側半分を完全にサガンブルーに染めあげたことで、
①現状の勝負はついた!
②過去のわだかまりも決着がついた!
③現時点での力関係を自分の中でしっかりと確認できた!
そう結論付けた2016年の戦いでした!!

そして、駅スタでの試合前の相手チームの選手紹介の時に、アビスパ福岡に所属していた選手へのブーイングはもうやめましょう!!

差別や暴力排除を謳ったJリーグの宣言にも反し、選手個人へのリスペクトも大きく欠いた、理解不能な見苦しい行為だと私は思います。

ブーイングするその力は、試合が始まってからサガン鳥栖の選手への声援やチャントのために使いましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



再開したら頼むぞ、妻のイチオシ「林 大地」選手!

本日(5月26日)、頼んでいた妻の2ndレプユニが届きました(^0^)/

林大地レプユニ

サガンドリームからのメッセージカードも長い「おうち時間」を過ごした身としては、心が温かくなりました!

今年の1月の沖縄キャンプのオフの日にたまたま訪れた読谷村の食堂で隣どうしで食事をして、記念写真まで付き合ってくれた高秀先生と大地君。

沖縄:高秀先生、林大地

それがキッカケで妻は今年のレプユニの背番号を「16」にしました!!

「2桁獲りますと宣言した林大地選手!!」

私たち夫婦はその言葉を信じています(^0^)v そして、全面的に後押しします!!
だからこそ、我武者羅に突っ走れ! 大地!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


最後まで走り切り、試合を絶対に諦めないサガン鳥栖について(2015年編)

久々のブログ更新になります!!
福岡県の緊急事態宣言は解除になりましたが、まだまだ「おうち時間」は継続しています。

継続はしていますが、我が家で飼っているメダカの世話に多くの時間を使い、ブログの更新が少しお留守になってしまいました(>_<)

さて、気を取り直して、私が考えるサガン鳥栖の魅力の一つである「最後まで走り切り、試合を絶対に諦めない」を考えるブログのその4です。

後半35分(試合残り時間10分)以降の得点について振り返るシリーズの2015年版になります。

2015年は、新たに森下監督を迎えて戦った1年間でした! そして、鎌田選手が衝撃デビューをした年でした(=゚ω゚)ノ

それでは2015年の後半35分以降の得点一覧をご覧ください。

2015年後半35分以降の得点

2015年の後半35分以降の得点をあげた試合は全部で8試合でした。
J1に昇格した2012年以降では一番少なくなりましたが、印象に残っている試合の数では負けていません!!

5月10日の1stステージ第11節、ベアスタの松本戦は、若干18歳鎌田選手の衝撃J1デビュー戦でした(^0^)/
後半22分に交代でピッチに入った鎌田選手が、後半45分に松本ゴール前でクリアされたボールをダイレクトボレー!
敵も味方もほとんど動けない中をボールは転がって松本ゴールの左隅に吸い込まれていきました!!

実はその後、アディッショナルタイムに菊地選手のヘッドが松本ゴールを脅かしますが、惜しくも決まらず引き分けで試合が終了します。しかし、敗色濃厚の試合をドローに持ち込んだ価値ある鎌田選手の第1号ゴールでした!!

5月16日の1stステージ第12節、アウェイの名古屋戦は、豊田スタジアムに夫婦で後押しに行った試合でした。
後半49分に鎌田選手のスルーパスに反応した豊田選手が、名古屋のGK楢崎選手より僅かに早くボールに触り、無人の名古屋ゴールの左隅にスローモーションのように吸い込まれていったことを昨日のことのように覚えています!!
そして、この試合はGK赤星選手がゴールマウスを懸命に死守して勝ち取った勝ち点3だったと記憶している試合でした!

6月27日の1stステージ第17節、ベアスタの広島戦は、後半51分のラストワンプレーのCKに豊田選手がこの日2点目の得点をヘッドで決めて、引き分けに持ち込んだ試合でした!!
試合後に当時の広島の森保監督が、アディッショナルタイムが長すぎると審判団に執拗に抗議していたことを思い出します。

2015年の後半35分以降の得点をあげた試合は8試合でした(*≧∪≦)
リーグ戦34試合で23.5%(約4試合に1試合)という数値でした。

そしてこの年のシーズン終了後、藤田直選手、水沼選手という鳥栖の中心メンバーがチームを去っていくと言うサポーターにとっては何ともやりきれないシーズン終了だったと思っています。

それでもチームは続いていく、サポーターも前を向いて進んでいくしかないという気持ちでした。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


これまでに行ったアウェイの街でよかった街は・・・

これまでに行ったことのあるアウェイの街で一番よかった街について書きます。

私たち夫婦は、サガン鳥栖のアウェイの試合に毎年4~7試合ほど後押しに出かけます(^0^)v
サガン鳥栖の後押しだけでなく、訪れた街での飲食やその周辺を観光することも大きな楽しみです!!

これまでに夫婦で訪れたアウェイの街は、
札幌
仙台
鹿島
さいたま
東京
川崎
横浜
新潟
甲府
松本
清水
磐田
名古屋
京都
大阪(吹田)
大阪(長居)
神戸
広島
徳島
長崎(諫早)
熊本
大分
ザックリと22都市です。(福岡は地元なのでアウェイの街に含めません)

その中でアウェイチームのサポーターに優しくフレンドリーな街は、

ズバリ、甲府と松本です!! (あくまで個人の感想です)

どちらも甲乙つけがたいほどに、アウェイのサポーターへのおもてなしの心が市民の中にも浸透していると感じましたヽ(≧∀≦)ノ

まず、甲府について書きます。

これまでに甲府には4回訪れています。
2014年9月、2015年4月、2016年11月、2017年7月の4回です。

2014年9月は、試合後に甲府市内に戻って来てどこの店に行けばいいのか迷っている私たちに甲府サポの方たちに声をかけてもらい一緒にお店探しを手伝ってもらったことがありました。

2016年11月は、甲府の残留がかかったリーグ最終戦でしたが、鳥栖のレプユニ姿の私たち夫婦は街のあちこちで甲府市民に声をかけられました。

そのことを書いた当時のブログはコチラです。
リーグ最終戦を勝利で締めくくる! 甲府J1残留おめでとう! アウェイ甲府戦レビュー

アウェイチームのレプユニ姿でJR甲府駅に着くと甲府市民の方から「こんにちは、ようこそ甲府へ」「遠くからお疲れ様です」と本当に声がかかります!!

甲府市民の中に「ヴァンフォーレ甲府」が根付いていることを本当に肌で感じることができる街だと思います(^0^)/


次に松本について書きます。

これまでに松本には2回訪れています。
2015年10月、2016年11月の2回です。

2015年10月は残留を決めた2ndステージ第15節でしたが、2016年はリーグ最終節の甲府戦の後に観光のために訪れた時になります。

松本の素晴らしさは、老若男女の松本山雅サポーターのみならず、多くの市民に松本山雅FCとサッカー文化が根付いていることです。
甲府でも同じことを感じましたが、松本はそれ以上だと感じました!!

2015年10月にアウェイ松本戦に行ったときのブログはコチラです。
祝、残留とアルウィンで学んだこと! アウェイ松本戦
松本遠征のその後、飲み会と観光! アウェイ松本戦2

2016年11月の甲府戦の後にJRで松本駅に着いた時もこんなエピソードがありました。

当時のブログの一節より
「リーグ最終戦のヴァンフォーレ甲府戦の後押しを中銀スタジアムで終えた後、急いで甲府駅に戻って、これからの観光のために特急あずさ号で信州松本を目指します(^ ^)v

サガン鳥栖のレプユニ姿のまま妻と二人で松本駅構内の下りエスカレーターに乗っていると「おっ、サガン鳥栖やん!」の声がすれ違いざまに聞こえますσ(^_^;)  上りエスカレーターの男子高校生二人組の声です!

レプユニを見ただけでチーム名が分かるとは、さすがサッカー文化が浸透している松本だな〜と感心しました!」

サガン鳥栖という固有名詞が、カテゴリーが違っていてもすぐに出てくることは、今考えてもスゴイことだと思います!!

こうやって訪れるアウェイの街について考えると、試合のために、はるばる佐賀県鳥栖市まで来ていただけるアウェイサポーターのみなさんに「鳥栖のアウェイサポーターへのおもてなしの心は素晴らし!」と言ってもらえるように、自分にできることをしっかりやっていきたいと強く思います。

個人の勝手な感想ですが、また甲府と松本の街にサガン鳥栖サポーターとして訪れたいと思います!
そして、甲府、松本とできればJ1というカテゴリーで戦い合いたいと思います!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


最後まで走り切り、試合を絶対に諦めないサガン鳥栖について(2014年編)

私が考えるサガン鳥栖の魅力の一つである「最後まで走り切り、試合を絶対に諦めない」を考えるブログのその3です。

後半35分(試合残り時間10分)以降の得点について振り返るシリーズの2014年版になります。

2014年と言えば、個人的にはACLに一番近づいた年ではなかったかと思っています!

第33節終了時に3位だった2012年の方がACLに近かっただろ!というツッコミは・・・、甘んじて受けますヽ( ̄д ̄;)ノ

それでは2014年の後半35分以降の得点一覧をご覧ください。

2014年後半35分以降の得点

2012年に9試合、2013年に10試合、そして2014年には13試合にまで後半35分以降の得点をあげた試合は増えて来ました(^0^)/

サガン鳥栖の魅力が年々増えていくことは、後押しをしているサポーターの自分としては何よりも嬉しいことです(^0^)v

4月26日の第9節、アウェイの名古屋戦は、獲っては獲られのシーソーゲームでしたが、決着をつけたのは新加入谷口選手の終了間際のヘッドでした!!

11月2日の第31節、ベアスタの神戸戦は、当時、神戸だった石津選手(現福岡)に後半31分に決められて厳しい戦いでしたが、後半42分の豊田選手の芸術ヘッドと後半49分のファーサイドからのまたしても豊田選手の劇的ゴールで勝ちを手繰り寄せました!!

そして、何と言っても2014年の年一の試合はこれでしょう!!
11月29日の第33節、ベアスタの浦和戦です!
菊地選手がレッドカードでPKを与えて1点を奪われて、さらに数的不利に陥ります。
しかし、絶対に試合を諦めなサガン鳥栖の真骨頂が最後の最後に結実します!

CKのチャンスにGK林選手も上がって来ます!
藤田選手が蹴ったボールは、途中出場の小林選手のヘッドから浦和ゴール右隅に突き刺さります!!
狂喜乱舞する鳥栖ゴール裏に対して、シ~ンと静まり返った浦和ゴール裏。
勝利した試合ではありませんが、浦和を首位から引きずり下ろした試合として私の記憶に深く刻まれている試合です(^0^)/

この頃からサガン鳥栖は、「西の悪魔」「ドリームクラッシャー」と呼ばれるようになりました!!

2014年の後半35分以降の得点をあげた試合は、13試合に増えました(*≧∪≦)
リーグ戦34試合で38.2%(3試合に1試合以上)というかなり高い率を誇っています!

そして、ホームゲームではなんと17試合で9試合もあるのです! 
率にして驚異の52.9%(2試合に1試合以上)が後半35分以降に得点をあげているのです!!
この年はサガン鳥栖の歴史の中で1、2位を争うシーズンだったのではないかと思っています(^0^)v

年間で19勝をあげる戦いを魅せた2014年のサガン鳥栖!!

私の中の2014年を超えるシーズンが、次にいつ来るのかを心待ちにしています\(//∇//)\

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


最後まで走り切り、試合を絶対に諦めないサガン鳥栖について(2013年編)

私が考えるサガン鳥栖の魅力の一つである「最後まで走り切り、試合を絶対に諦めない」を考えるブログのその2です。

後半35分(試合残り時間10分)以降の得点について振り返るシリーズの2013年版になります。

それでは2013年の後半35分以降の得点一覧をご覧ください。

2013年後半35分以降の得点

14節、15節と2試合連続での終了間際の同点劇と勝ち越し劇は痺れましたね~(^0^)/

7月6日の第14節、アウェイの大宮戦は、足をつりながらも同点ゴールを叩き込んだ池田選手が記憶に残っています。
7月10日の第15節、ベアスタでの甲府戦は、トンネルしてゴールを許してしまった失意の赤星選手を豊田選手が劇的勝ち越しゴールで救った試合でした!

8月28日の第23節、国立のアウェイ東京戦は、2-0とリードしながら後半36分、39分のゴールで同点に追いつかれた直後に水沼選手のクロスに豊田選手が泥臭く飛び込んであの権田選手から勝ち越しゴールを奪った個人的にその年の一番の試合だと思っています。

11月23日の第32節、アウェイの鹿島戦は、金民友祭りだったと覚えています(^0^)v
その日は町内会のバスハイクに妻と参加していましたが、そのバスの中で町内の親睦そっちのけでこの試合をスカパーで観ていて、金民友選手の決勝ゴールの時に妻とハイタッチしたことを覚えています\(//∇//)\

2013年の後半35分以降の得点をあげた試合は、2012年から更に1試合増えて10試合になりました(*≧∪≦)
リーグ戦34試合で29.4%(10試合に約3試合)で私たちは終了間際の感動と歓喜をもらっているのです。

さらに2012年よりもアウェイでの終了間際のゴール数が増えているということは、それだけ地力がついてきたのだと思います!

ホームゲームでやれることをアウェイゲームでもやれる!!

このことは簡単に見えて、実はかなり難易度の高いことだと思っています。

2013年は前半は残留争い、後半は林選手と菊地選手がサガン鳥栖に加わって躍進を果たしたシーズンでした!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


最後まで走り切り、試合を絶対に諦めないサガン鳥栖について(2012年編)

昨日(5月2日)、Twitterにてサガン鳥栖のみならず、鳥栖市や佐賀県に対しても明らかに侮辱と受け取れる発言をツイートしたある女性がいました(♯`∧´)

今、思い出すだけでも腹が立ちますが、そのツイートに対して多くのサガン鳥栖サポーターが鳥栖の素晴らしさを語り、多くのJリーグサポーターがサガン鳥栖を励まし、守り、仲間であることを発信してくれています!!

サガン鳥栖サポーターやJリーグの他チームサポーターのみなさんの団結力と仲間意識を思いがけず確認することができました。

その侮辱ツイートを受けて、私自身が思うサガン鳥栖の一番の魅力は何だろうと考えました。

そしてたどり着いた一つの答えは、
「最後まで走り切り、試合を絶対に諦めない精神がチームに浸透していること」です。

そのことを確認するためには、駅前不動産スタジアム(前ベストアメニティスタジアム)で実際に試合を観るしかないのですが、その中でも目に見えて分かりやすい後半35分(試合残り時間10分)以降の得点について、J1昇格を果たした2012年から考察していきたいと思います。

もちろん、得点は入らなくとも、GKも含めたピッチ上の11人全員が勝利を目指し、得点を目指し、相手の攻撃を防ぐべく、走り切る姿は多くの人の心を動かします!!

では、2012年の後半35分以降の得点一覧をご覧ください。

2012年後半35分以降の得点

2012年は全部で9試合あります。

やはり一番記憶に残っているのは、2012年5月25日の第13節のアウェイG大阪戦でしょう(^0^)/
0-2の劣勢から後半23分の豊田選手のヘッドで1点を返して、後半41分、後半49分の藤田直選手の2得点で大逆転した試合です!!

4月21日の第7節、雨の佐賀陸での新潟戦と7月14日の第18節、ベアスタでの東京戦では、トジン選手が試合終了間際に決勝ゴールをあげて勝利に貢献しています!!

勝ち試合だけでなく、5月12日の第11節、ベアスタの大宮戦では、アディッショナルタイムの後半46分にオウンゴールながら引き分けに持ち込み、勝ち点1をもぎとっています。

9月29日の第27節、アウェイの広島戦、10月20日の第29節、つなひき決戦で負けた佐賀陸の名古屋戦は、負けた試合ですが何とか一矢報いようとした試合として記憶に残っています。

リーグ戦は34試合ですが、後半35分以降の得点が2012年は9試合もあります!
なんと26.4%(4試合に1試合以上)あることになります!!

しかも、ホームゲームで7試合ですので、実に41.1%(5試合に2試合以上)もあることになります!!

他のチームと数値的な比較をしていませんので、あまり声高に言えませんが、試合終了間際のワクワク、ドキドキは鳥栖サポーター冥利に尽きると言うものです。

今年のGWはおうちで過ごそう週間ですので、2013年以降も後半35分以降の得点データと振り返りをしていきたいと思います。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


マイノリティ

今日、地域のソフトバレーチームのメンバーとオンライン飲み会終わって、いい気持ちでシャワーを浴びてる時、つい口から出てきた歌は「マイノリティ」でした!

オーレオレーオレ サガン鳥栖
オーレオレーオレ サガン鳥栖
オーレオレーオレ サガン鳥栖
さぁ 立てよ 共に行こう
今日の 勝利を 掴もうぜ
さぁ 立てよ 共に歌おう
オレオレ オレオレ

オーレオレーオレ サガン鳥栖
オーレオレーオレ サガン鳥栖
オーレオレーオレ サガン鳥栖
オーレオレーオレ サガン鳥栖
さぁ 立てよ 共に行こう
今日の 勝利を 掴もうぜ
さぁ 立てよ 共に歌おう
オレオレ オレオレ

オーレオレーオレ サガン鳥栖
オーレオレーオレ サガン鳥栖
オーレオレーオレ サガン鳥栖
オーレオレーオレ サガン鳥栖

この歌を駅スタでまたみんなと歌える日が
一日も早く来ることを本気で祈っています!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村