FC2ブログ

勝ち点1の価値を私たちは身に染みて知っている! アウェイ川崎戦レビュー

2020年J1リーグ第1節、アウェイ川崎戦は、0-0のスコアレスドローでした。

アウェイ川崎戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィッシャルHPより

この試合は、福岡市今泉にある「BAR HAMA」で20人ほどのサガン鳥栖サポーターが集まってのPVによる後押しでした(^ ^)/

この試合は、耐えて、凌いで、防ぎ切ってのスコアレスドローでした(`_´)ゞ

一方的に攻められたような論調が多いのですが、惜しいチャンスもありました!

①開始直後のヒールパスからの原川選手のシュートはわずかに枠の上。
②小屋松選手突破からのマイナスのクロスに原川選手わずかに間に合わず。本田選手も逆サイドからいい飛び込み!
③DF二人の間を突破しての原川選手のシュートはGK真正面。
④チアゴ選手のカットインから悪魔左足は大宇宙開発。

川崎をスコアレスにできたことは、全員の粘り強い献身的な守備とポジショニング、高丘選手のビッグセーブの賜物だと思います。

個人的には金森選手の全速力のネガティブトランジションには感謝感謝です!

そして、VARによる初の得点取り消し事例となった試合として、人々の記憶にも記録にも残る試合となりましたσ(^_^;)

サッカーの記事では、鳥栖が命拾いをしたとの論調ですが、人間の目で見逃された事象がテクノロジーによって正しく修正されたに過ぎないと私は思っています。

優勝候補の一角の川崎を相手に敵地での勝ち点1は、十分に及第点だと思います(^ ^)v

昨年、一昨年と私たちは嫌というほど「勝ち点1の重み」「得失点差1の重み」を味わっています。
やはり、勝ち点1を積み上げることは大切なことです。

そんな中でJリーグは、2月26日から3月14日までの公式戦を延期することを決定しました。
やむを得ない措置だと思います。

その後のスケジュールがどうなるかまだ分かっていませんが、かなりの過密日程も想定されますので、選手全体の底上げが必要不可欠だと思います。

そして、その間に連携や習熟度を高めていくこと、ケガをしているメンバーが回復することなど鳥栖にとってプラスに作用することを願います。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



サッカーファンの期待を裏切り、サガン鳥栖ファンの期待を裏切らないシーズンの幕開けだ! アウェイ川崎戦プレビュー

2020年J1リーグ第1節、アウェイ川崎戦です。

アウェイ川崎戦告知
※画像はサガン鳥栖オフィッシャルHPより

2月16日のルヴァン杯ホーム札幌戦からどれほど課題が修正されたか楽しみな一戦になります(^0^)v

今シーズンは、川崎も4-3-3のシステムを採用していますので、まさにミラーゲームということになります。

新生サガン鳥栖には、攻守ともに躍動感あふれる自信を持ったプレーを大いに期待したいところです!!

当然に若いが故のミスは発生すると思いますが、そのミスを帳消しにするほどの頑張りと仲間を助ける動きでカバーし合って欲しいと思います。

前回のブログでも書きましたが、今年のサガン鳥栖は両ウィングと両インサイドハーフの活躍が勝利に直結すると思っています。
しかも、若いチームですから、きっかけを掴めば一気に突き進む可能性も持っています(^0^)/

その意味では、初戦の対戦相手が強敵の川崎であることは大きなチャンスだと捉えています!

金監督が送り出した選手たちを信じて、勝利をどん欲に目指してくれることを福岡の地から後押ししたいと思います\(^o^)/

そして今回のアウェイ川崎戦は、福岡市の今泉にあるサガン鳥栖が好きな男のバーである「BAR HAMA」さんに妻と一緒に行って、同じ志を持った仲間でサガン鳥栖を後押ししたいと思います。

もちろん「BAR HAMA」さんに行くときは、届いたばかりのレプユニで行きます!!

2020年レプユニ

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


試合には敗れたが大いなる可能性も見えた新生サガン鳥栖の船出だった! ルヴァン杯ホーム札幌戦レビュー

2020年ルヴァン杯第1節、ホーム札幌戦は0-3の敗戦でした。

ルヴァン杯ホーム札幌戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

今までならば「ちっくしょ〜(ー ー;)」と地団駄を踏んで悔しがっていたと思いますが、昨日の試合では敗戦後の悔しさがほとんどありませんでした!

それは、駅スタで実際に選手たちを後押ししたみなさんならわかると思いますが、新生サガン鳥栖のサッカーが、大いなる可能性を感じさせるワクワク、ドキドキのサッカーだったからです(^ ^)/

もちろん負けてしまった試合がいいはずはありませんので、細かなパスミスや連携ミス、判断ミスは、次の試合までに修正してもらわないといけませんが、それを差し引いても・・・

「可能性を感じさせる何かを選手たちは私たちに与えてくれました!」

特に左サイドの内田選手、本田選手、小屋松選手のスピード感溢れる攻撃は、必ずや今シーズンのサガン鳥栖の武器になります!!

森下選手の思い切りの良いインナーラップからの攻撃参加もサガン鳥栖の武器の一つになるでしょう!

事実、森下選手は惜しいチャンスにどフリーでゴール右にいたシーンもありました。パスが来なかったのでNSM(なぜ、そこに、森下)にはなり損ねましたが、可能性を感じさせるシーンでした(^ ^)v

そして、試合前の選手記念撮影の森下選手(本気、好青年)のビッグスマイルに思わず笑って、もとい、笑みがこぼれてしまいましたσ(^_^;)

202002172302418fd.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖メールマガジンより

今年のサガン鳥栖は、両インサイドハーフと両ウィングの活躍が多く観られるならば、一桁順位もあり得ると思います。
4-3-3の戦いをまだまだ昇華させていきましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


駅スタで新生サガン鳥栖がついにその姿を表します! ルヴァン杯ホーム札幌戦プレビュー

2020年ルヴァン杯第1節、ホームコンサドーレ札幌戦です!

ルヴァン杯ホーム札幌告知
※画像はサガン鳥栖オフィッシャルHPより

待ちに待った今シーズンの開幕です(^0^)/

今年は東京オリンピック期間中の中断期間がありますので、リーグ戦よりも先にルヴァン杯からスタートすると言ういつもと違う日程になっています。

しかも、前半戦は例年以上の過密日程になっていますので、スタートダッシュが非常に大事になります!!

ルヴァン杯とはいえ、ホーム開幕を迎えられることは、サポーターとしては無上の喜びですヽ(≧∀≦)ノ

大きくメンバーが変わり、戦い方も変わった新生サガン鳥栖が、ようやく明日その姿を表します!!
私は楽しみで仕方ありません(^0^)v

特に左サイドの攻撃は、そのスピードもバリエーションも昨年とは大きく違うと確信しています!!
小屋松選手、内田選手、その力をJ1の舞台で思いっきり発揮してくれ~!

たとえ対戦相手がこの間苦杯を舐めている札幌だとしても、これまでとは違う姿を魅せてくれるのではないかという「ワクワク感」と「ドキドキ感」が先行しています♪─O(≧∇≦)O─♪

そして、これまでともにスタジアムで声を枯らし、サガン鳥栖を後押ししてきた仲間たちと再会できることもまた大きな喜びです!

天気は悪いかもしれない、年度末が近く仕事が忙しいかもしれない、新型コロナウィルスが広がっているかもしれない、それでも駅前不動産スタジアムでサガン鳥栖を後押しできる喜びはすべてに優先します。

新生サガン鳥栖の船出を駅スタでみんなで祝おうではありませんか!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


レプユニの第一段の発表がありました!

レプリカユニフォームの発表が2月3日夜にサガン鳥栖オフィッシャルHPでありました。

2020020408511443b.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

ひとまず発表があり、現状がわかったので、次の段階に向けてクラブが動いてくれているならば、自分にできるサポートすることを私は選択するだけです(^ ^)v

胸スポンサーがDHC様から暫定的に佐賀新聞社様に変わりました。新しい胸スポンサーがどこになるのか発表を待ちましょう。
新たに竹下製菓様が鎖骨スポンサーになっていただきました。
ブリヂストン様のパンツスポンサーも継続のようです。

背中スポンサーは交渉継続中ということなので朗報を待つのみです。
腰スポンサーも期待していますが、ないことを非難・否定する気は毛頭ありません。

物事の移り変わりは驚くべきことでなく世の常です。
スポンサーの変更もまた同じこと。
その時期が偶々2020年だったということでしょう。

現状を事実として受け止めることはあっても、嘆き悲しみ邪推することは私にはないでしょう。

2月18日より袖スポンサーが入ったレプユニが22日までに届くアナウンスもありました!
胸スポンサー、背中スポンサーが決まれば、クラブが新しいスポンサーを圧着してくれます!

2020年のレプユニは1年で2度美味しいと言うことです(^0^)/

さぁ、2020年の戦闘モードにシフトアップだ!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


沖縄・読谷村キャンプ見学に行って来ました! その1

今日から2月に入りました(^0^)
「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。」 
昔の人は時の流れをウィットに富んだ表現で言い表したものです。

そして、今年はルヴァン杯から公式戦がスタートします。あと、16日後です!!

そんな2020年新生サガン鳥栖をこの目で観たくて、1月25日と26日に沖縄・読谷村キャンプに行って来ました!

早めに飛行機を予約して準備万端だったのですが、ご存知の通り1月25日はキャンプのオフ日という「あちゃ~」状態でした。

しかし、そのオフ日にいろいろな出会いが待っていたのでした!!

2日間の沖縄観光&出会いと読谷村キャンプ見学を2回に分けてレポートしたいと思います。

まずは、25日の沖縄観光といろいろな出会いについてです。

25日にキャンプがオフ日だと知った時から、読谷村や名護市での観光に予定を切り替えていました(^0^)v

最初に訪れた場所は、ネットで調べた読谷村都屋漁港の「ジンベイザメ見学ツアー」でした。

予約をしていた見学ツアーよりも1時間半ほど早く都屋漁港に到着しましたが、この早い到着に「幸運」が待っていました!
漁港の前をブラブラしていると向こうから見たことのある人が歩いて来ます。

「高橋選手、こんにちは」と声をかけた私たち夫婦に「こんにちは」と気さくに応じてくれたのは、高橋秀人選手でしたヽ(≧∀≦)ノ

「ここの海鮮丼が美味しいと聞いてやって来ました」と話してくれた高橋秀人選手。
オフを満喫しているにも関わらず写真撮影にも快く応じてくれた高橋秀人選手、本当にありがとうございましたm(_ _)m
高秀先生

高橋秀人選手と別れて、読谷漁協が企画している「ジンベイザメ見学ツアー」に参加しました。

読谷漁協で設置している定置網に年に4~5匹ほどジンベイザメがかかるそうです。
そのうちのオス1匹とメス1匹が都屋漁港の沖合いで観光用に飼育されています。
ジンベイザメ

「ジンベイザメ見学ツアー」から戻って来て、お楽しみの海人食堂で昼食です!

食堂のテラスに出ると何と高橋秀人選手がまだ居るではありませんか!?
しかも、もう一人選手が増えている!!

テラスに出て高橋秀人選手に「先ほどはどうも」と挨拶すると・・・
「うちの期待の新人です! 二桁獲るそうです!」と林大地選手を紹介してもらいました。

食後にもう一度、写真撮影をお願いしてお二人とは海人食堂で別れました。
林大地選手

この出会いで妻は今年のレプユニの背番号を「16」にすると決めたようです\(//∇//)\

その後、名護市の先にある古宇利島までのんびりドライブをしました。
エメラルドグリーンの海を眺めながらのドライブは沖縄でしか味合うことのできないに貴重な体験でした!!
古宇利島

25日は明日の朝からのキャンプ見学に備えて、読谷村の「むら咲むら」というホテルに宿泊しました!
琉球時代を思い起こさせるような風情のあるホテルで、泊まった部屋も110号室「山城家」という沖縄由来の苗字になっていました。
次回の沖縄旅行でもぜひ泊まりたい素敵なホテルでした。
むら咲むら

ホテル近くのスーパーに買い出しに行くと梁勇基選手とマネージャーの清藤さんに会いました。

梁勇基選手に「ようこそ、鳥栖へ! 頑張ってください。」と声かけすると「ありがとうございます」と丁寧に応えてくれました。

夕食後、「むら咲むら」の中で行われていたランタンフェスティバルを楽しんで、慌ただしかった沖縄の一日がゆっくりと更けていったのでしたσ(^_^;)
20200201174905b52.jpeg


26日のキャンプ見学とその他は次の更新でまたレポートします。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR