FC2ブログ

2019年から2020年へ

2019年、サガン鳥栖は大いに戦った!
選手もファン・サポーターも最終戦までずっとずっと戦い続けた!

10試合で勝点たったの4から、それでも僕らはJ1で戦い続け、残留した!!

サガン鳥栖に対して好きなことを書いていい掲示板をやっぱり見てしまうけど、事実に基づかない書き込みと他者批判にはホトホト閉口してしまうね(>_<)

まだ起こっていない未来を悲観するペシミストより、まだ起こっていない未来に希望をもつオプティミストでありたいと私は常に願います!!

戦うべき相手を絶対に間違ってはならない!!

「不甲斐ないときにはブーイングを」と言った権田選手を翻意させた私たちサガン鳥栖サポーターの力はJ1の中では特異なNo1の存在なのです!!

来たるべき未来を明るくするための戦いを2020年も私はサガン鳥栖サポーターとして継続し続けます!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



サガン鳥栖とは池田圭である! 引退に寄せて

12月28日にサガン鳥栖オフィシャルHPにて池田圭選手の現役引退が発表されました。

圭引退
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

10年間に渡り、J2からJ1のサガン鳥栖を支え続けた功労者の現役引退は、私の心に寂寥感が押し寄せます。

J1で150試合16得点、J2で74試合9得点。
記録は目立ったものではありませんが、数字以上に私たちの心にそのプレーが刻まれているのは、サガン鳥栖を体現したその献身性と自己犠牲心によるものだと思います。

だからこそ池田圭選手は、サポーターにこう呼ばれるのだと思います。

「サガン鳥栖とは池田圭である。」

池田圭選手のゴールで強烈に印象に残っているシーンは、やはり2016年ホームFC東京戦のATの同点ゴールでしょう!!


※動画はJリーグ公式より

オフィッシャルHPでのコメントも心にグッと響くものでした。
池田圭引退

特に、私たちサポーターに向けたこの言葉は、最高の贈り物です!

『最後に。どんな時も僕を信じ熱い声援をくれたサポーターの皆さん。
ピッチから見渡すホームスタジアムの景色は生涯色褪せることのない僕の宝物です。
いくつもの眩い瞬間をサガン鳥栖と共に歩んだプロサッカー人生は、僕にとっての誇りです。』

新たな夢を池田圭らしく、追いかけ走り続ける姿を私たちに見せてください!!

さらば、サガン鳥栖の体現者!!
背番号22 FW ケイ イ~ケ~ダァ~!!


また逢いましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


新生サガン鳥栖の姿が少しづつ見えて来ました!

あの残留を決めたアウェイ清水戦からまだ3週間も経っていないのに、随分と昔のことのように感じる今日この頃です。

そのアウェイ清水戦の後に谷口選手の現役引退が発表されました。
新しい画像
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

谷口選手、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

そして、私も妻もドリパスの継続更新を24日までに無事に終えました(^ ^)/

2020年度もJ1の舞台で戦える喜びを改めて実感しています。

そして、その2020年度の新生サガン鳥栖に向けて、契約更新や新しい選手の加入が始まっています!!

本日(12/27)までに、
契約更新 原選手、高橋義希選手、
昇格 板橋選手、本田選手、大畑選手、
新加入 林選手、森下選手、
移籍 小屋松選手、湯澤選手、宮選手、内田選手

若い力がたくさんサガン鳥栖に加入しています!
私の中では、ワクワクの期待感が大きく膨らんでいます(^ ^)/

そこにこれから移籍してくるメンバーや契約更新してくれる中堅メンバーやベテラン勢が加わって、新たな化学反応を必ず魅せてくれるでしょう!!

ウィントス君の契約更新まで楽しみは続きます(^ ^)v

残ってくれた選手に感謝を
来てくれた選手に期待を
そして、去った選手には労いを

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


恒例の順位予想の答え合わせをしました(>_<)

14日には、J1参入プレーオフがすべて終了し、湘南がドローでJ1に残留を決めました!

湘南サポーターのみなさん、来年もお互いによい戦いをしましょう(^0^)v

そして15日には、サガン鳥栖U-18がトスタイムで同点、そして延長前半すぐに逆転して来季のプレミアリーグ昇格を決めました!!

201912171929230f3.jpeg
※画像はサカダイWebより

選手のみなさん、田中監督、スタッフのみなさん、保護者のみなさん、本当におめでとうございます!!

21日、22日に九州プリンスリーグの入替戦がありますが、私にとっての山あり谷ありの2019年シーズンがほぼ終了しました(^ ^)

毎年シーズンが終わると開幕前に考え抜いた順位予想の答え合わせをするのが恒例になっていますσ(^_^;)

これが今年1月後半に予想した順位とその結果です!!

2019121719193074d.jpeg


まず、あまりのハズレっぷりに先に誤っておきます。
「ごめんね、ごめんね〜 ƪ(˘⌣˘)ʃ 」

しかし、一つも順位が当たってないのは久しぶりの出来事ですo(`ω´ )o

優勝した横浜を14位予想という大失態に14位の浦和を2位予想という大盤振る舞いでした(T_T)

予想と実際の誤差の絶対値が94もあると言う、ハッキリ言って大惨敗の順位予想結果でした( ̄^ ̄)

単純計算で1チーム当たり5.2も順位を外していることになりますから、「目も当てられない」とはまさにこのためにあるような言葉です(//∇//)

2020年シーズンはもっとまともな順位予想ができるように今から精進します(^ ^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


試合には敗れたが、残留の女神は鳥栖に微笑んだ!! アウェイ清水戦レビュー

2019年J1リーグ第34節、アウェイ清水戦は0-1で敗れてしまいました。

アウェイ清水戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

最後は自力残留のためにどうしても勝ちたかったのですが、想いは叶わずでした。

勝利の女神にはソッポを向かれましたが、長かった2019年シーズンの残留の女神には最後の最後に我らサガン鳥栖に微笑んでもらいました!

しかし、残留できた喜びよりも最終戦に勝てなかった無念さの方が試合終了直後の私には強かったように思います。

本当に気持ちの持って行き場がない複雑な感情でした(´・_・`)

そして、試合後のゴール裏に突然現れた谷口選手からの「引退します発言」とピッチに戻ってからの胴上げ。

谷口選手胴上げ

谷口選手、16年間、本当にお疲れ様でした。
ゆっくり休んで、また何らかの形でJリーグに関わってください。

そして、谷口選手の即席の引退セレモニーに暖かい拍手を贈ってくれた清水サポーターや清水オレンジウェーブのみなさん、ありがとうございました。

日本平からシャトルバスで清水駅前に戻って、今年1年間一緒にサガン鳥栖を支えたK君とYちゃんと妻と私の4人でささやかなお疲れ様会を行ないました(^-^)v

K君、Yちゃん、来年の関東アウェイは任せたよ!!

そして本日、福岡の我が家に今シーズン最後の佐賀新聞が送られて来ました。
2019年シーズンが本当にすべて終わったんだな~という思いです。

運も味方につけて、2020年シーズンもJ1で戦えることをやっぱり嬉しく思います(^0^)/
来季はサガン鳥栖の新たな船出です! サポーターとしても気持ちを新たに臨みたいと思います!!

サガン鳥栖の選手、監督、スタッフ、クラブ、スポンサー、サポーター、ファンのみなさん、1年間、本当にお疲れ様でした。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


さぁ立てよ、ともに行こう、今日の勝利を掴もうゼ! アウェイ清水戦プレビュー

2019年J1リーグ第34節、アウェイ清水戦です(^ ^)/

201912070858213aa.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

昨年に続いて最終戦に残留をかけるというヒリヒリした展開になりました。

POへ回る可能性は5チームにありますが、実質は鳥栖、清水、湘南の3チームに絞られています。

それぞれのチームに残留の可能性が残されていますが、条件を見ると我らが鳥栖が一番有利なポジションにいることがわかります!!

しかし、可能性がどうだとか、もし負けても湘南が引き分けならどうだとか、あれこれ考えることを私はしないことにしました!

清水に行って、スタジアムで勝つための後押しをするのみです!!

来年もJ1で戦うために、信じてともに戦うだけです!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


残留が決まるまでにできることは、前向きに後押しをすることだけです!!

12月に入りました。そして、今週土曜日は、いよいよJ1リーグ最終戦です。

我らがサガン鳥栖は、アウェイで清水エスパルスと戦います(^0^)/

昨年と同様に最終戦にJ1残留を懸けて戦うことになります。

昨年は妻と二人で鹿島スタジアムに馳せ参じましたが、今年もIAIスタジアムに妻と二人で残留の後押しのために馳せ参じることにしました(^0^)v

ホーム最終戦の札幌戦では残留を決められなかったことでちょっと落ち込みましたが、今シーズンの前半の成績を思い返せば、やっとあと1つのところまでたどり着いたんだと感慨に浸ってもいい話です!!

鳥栖と清水と湘南の今シーズンの勝ち点グラフを見るとこうなっています。

勝ち点の推移

清水とは前半戦は抜きつ抜かれつでしたが、後半戦から差がつき出し、21、22、27節で最大勝ち点7差をつけられていたのを追いついています!
湘南とは10節で最大勝ち点10差をつけられていましたが、28節で追いつき、29節で追い抜いて今に至ります!!

34節では、鳥栖の選手たちがサッカーをノビノビと楽しんでくれることを切に願います(^0^)v

アウェイゲームですが、そんな雰囲気でサッカーができるように私たちサポーター・ファンが最高の後押しをしたいと思います!!

IAIスタジアムに集うみなさんも、各地のPVで後押しするみなさんも、DAZNや掲示板で応援するみなさんも、力を合わせてサガン鳥栖を勝たせましょう!!

残留が確定するまで私たちができることはそれだけですから!!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


悔しいが下を向いてはいられない。最終戦にすべてを込めて戦おう!! ホーム札幌戦レビュー

2019年J1リーグ第33節、ホーム最終の札幌戦は0-2で悔しい敗戦でした(>_<)

ホーム札幌戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

勝てば残留確定ということで選手たちにプレッシャーがかかってしまったかのような試合でした。
90分間の戦い方が、ホームでのサガン鳥栖らしくなかったと感じました。

それとも札幌が気持ちも含めて上回っていたのかな〜(´・_・`)

試合が終わって眠りにつくまでは、精神の安定が保てませんでした(;゜0゜)
それほど試合結果が、自分が思い描いていた未来と乖離があったのでしょう(>_<)

しかし、泣こうが喚こうが勝ち点は絶対に変わりません!

ならば、リーグ最終の清水戦に勝ち点3を自力で掴み取って、残留を確定させるしか我々サガン鳥栖ファミリーに残された選択肢はありません!!

札幌戦で残留を確定出来なかったら悔しさは、自宅近くの居酒屋にすべて置いてきました( ̄^ ̄)ゞ

こうなったら、最終節の清水戦に妻と一緒に馳せ参じます!!
そして、ゴール裏から必ずJ1残留を勝ち取る後押しをすることを誓います(^ ^)/

選手のみなさんもスパッと切り替えて、残留を勝ち取るための戦いをサガン鳥栖ファミリー一丸となって実行しましょう!!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村