FC2ブログ

悔しいが勝ちを掴み取るだけの試合ができなかった! 天皇杯ラウンド8

第99回天皇杯ラウンド8、ホーム清水戦は0-1で敗北しました。

20191023234053d93.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

異論は受け付けますが、私は今日は勝つ気満々でした。

しかし、全体的なプレーの質、選手の動きをメインスタンドの3階から俯瞰して観ていると、大雨の中でしたが得点が奪えないことの理由が何となくわかるぐらいミスが多い試合だったと感じました(>_<)

試合終了までは「一人少なくても同点に追いついて、延長に持ち込もう」と声を張り上げましたが、試合終了の笛と同時に心に去来したものは「あぁ〜ぁ」という短くも今日の試合を端的に言い表した言葉でした(T_T)

決して清水が良かったとは思いませんでしたが、それ以上に鳥栖が勝利に届かないプレーをしてしまったなというのが本音のところです。

できれば後半開始15分までの圧倒的に押し込んでいた時間帯にゴールネットを揺らして同点にしておきたかった。

しかし、そこに至らなかったのは、鳥栖の攻撃に足りないピースがあったからとしか言いようがありません(>_<)

最後のパワープレーも放り込むボールの質が悪くてチャンスにさえ繋がりませんでした(>_<)

「一つ良かったことを言え」と言われれば「原選手がすごく良かった!」と即答します!!

今日で今年の天皇杯のタイトルの夢は潰えましたので、これからはリーグ戦の残留を勝ち獲るためだけに全勢力を傾ける以外に手はありません!!

しかし、やっぱり悔しいなぁ〜(-_-)

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



今年、唯一残るタイトル、簡単には諦めませんよ!! 天皇杯ラウンド8ホーム清水戦プレビュー

第99回天皇杯ラウンド8、ホーム清水戦です!

20191023172050dc1.jpeg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

リーグ戦第29節から中3日での天皇杯ラウンド8です!

本日、日本国内でサッカーの公式戦(天皇杯)を戦えるチームは、わずか8チームだけです(^ ^)v

その誇りと喜びを胸にサッカーを楽しみましょう⚽️

試合日程は、鳥栖も清水も同じですが、違うことがいくつかあります。

なんと言っても鳥栖のホームで戦えることが一番大きいですね(^ ^)/

抽選の巡り合わせですが、ホーム駅スタで戦えることは大きなアドバンテージです。移動距離が少ないことも鳥栖にプラスに作用すると信じています(^ ^)/

そして、気の毒ですが清水は怪我人が鳥栖より多かったり、雷雨で前日練習が出来なかったりしています。

しかし、そのことは試合の結果を決定づける条件ではありませんので、清水のウィークポイントをしつこく狙い続けて得点を清水より多く奪う戦いを遂行するだけです!

では、清水のウィークポイントとは何か?

ズバリ、高さです!!

立田選手は先発出場するかもしれませんが、磐田戦で豊田選手を後半途中で温存したことが、この天皇杯清水戦で必ずや活きてくると信じています٩(^‿^)۶

豊田選手に早めに放り込んで、セカンドボールをしつこく拾い、攻撃をシュートで終わらせる!
サイドから高さと速さ勝負のクロスを繰り返し上げて、得点機会を増やす!

今年、唯一残っているタイトル!
簡単には諦めません!!

平日の夜、しかも雨の中の試合かもせれませんが、熱く熱くファミリー一丸となって12月21日のラウンド4を目指しましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


悔しいドローも降格圏を脱出! 残り試合も前へ、前へ! アウェイ磐田戦レビュー

2019年J1リーグ第29節、アウェイ磐田戦は2-2のドローでした。

磐田戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

勝ち切れなくて悔しいという想いと逆転されなくて良かったという想いの両方が入り混じっているというのが試合後の率直な感想です。

試合当日は福岡の自宅から妻と二人で、バス→地下鉄→飛行機→バス→電車→バスを乗り継いで、雨のヤマハスタジアムまでやって来ました(^ ^)v

FDA.jpg

JR磐田駅に着いてお昼ご飯を食べることにしましたが、ここ2試合はルーチンであるカツ丼を食べずに勝ち点を積み上げていたので、どうしようか迷いましたが、結局カツ丼を食べてしまいましたσ(^_^;)

カツ丼

磐田に追いつかれての引き分けは「もしかしてこのカツ丼のせい?」とも思ってしまう程の悔しさではありました( ̄^ ̄)

前半早い時間にクエンカ選手の落ち着いたループシュートで先制するも、前半終了間際に大南選手のクロスからルキアン選手のヘッドで追いつかれます。

時間帯だけでなく、大南選手への寄せも甘かったし、ルキアン選手への対応の仕方もあったのではと思うもったいない失点だったなというのが本音のところです。

後半も金崎選手のこれでもかという個人技で勝ち越したのですが、甘いクリアをアダイウトン選手にオーバーヘッドで決められて再び追いつかれてしまいます(>_<)

その後はかなりオープンな展開となりますが、鳥栖の勝ち越しを信じて声を出し続けます!!

磐田の攻撃はしっかりとシュートで終わるのですが、鳥栖の攻撃はパスミスや連携ミスでシュートまでいけずにまた磐田の攻撃になることが多く、最後は完全に足が止まってしまっていました(>_<)

しかも、ヤマハスタジアムは磐田サポーターの大声援で、鳥栖の選手たちはスタジアムの雰囲気に飲み込まれているようにも感じました。

「魔境、駅スタ」や「鳥栖タイム」と言われますが、そのまったく逆を味わっている怖い気分でした(-.-;)y-~~~

そのスタジアムの雰囲気が、逆転されなくて良かったという気持ちに繋がっていたと思います。

ヤマハスタジアム

ヤマハスタジアムでの勝利は次回以降にお預けとなりましたが、勝ち点1を得たことで、5ヶ月振りに降格圏を抜け出して残留圏の15位に浮上しました!!

順位表
※画像はSportsnaviより

そこはポジティブに捉えましょう(^ ^)/

自動降格圏の17位松本と3差とネガティブに考えるより、9位G大阪と3差とポジティブに考えましょう!!

とにかく残り5試合、前へ、前へ!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


ヤマハスタジアムでの初勝利を全力で掴み取りにいこう! アウェイ磐田戦プレビュー

2019年J1リーグ第29節、またまた負けられないアウェイ磐田戦です!!

磐田戦告知
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

いくつかのネットニュースでは、ヤマハスタジアムでの磐田対鳥栖の戦績が、ホームの磐田の3勝2分で相性がいいということが報じられていますが、私に言わせれば「そんなの関係ねぇ~」です(♯`∧´)

対戦成績は過去の事実ではありますが、未来を決定する要因ではまったくないことはちょっと考えればすぐに分かることです!

過去の対戦成績で試合に勝てるなら、そんな楽なことはありませんよね~(´Д`*)

そうではない現状であることは磐田サポは痛いくらいに理解していると思っています。
そして、その対戦成績を押し戻すために私たち鳥栖サポはヤマハスタジアムのアウェイゴール裏をサガンブルーに染めるべく馳せ参じて、自らの未来と残留のために一丸となって勝利を目指すだけだということを声を大にして訴えたいと思います!!!

私と妻も土曜日の朝の飛行機とバスとJRを乗り継いでヤマハスタジアムまでともに戦うために後押しに行ってきます(^0^)/

ヤマハスタジアムでの磐田対鳥栖の対戦成績の歴史を塗り替える生き証人になろうと思っています!!


さて残留を目指す鳥栖にとって残り6試合は、他チームの成績も含めて山あり谷ありの道のりだと思います。
もちろん6連勝すれば100%残留決定なのですが、そんなにうまくは行かないでしょう。

鳥栖を含めて残留を争うのは、9位の神戸から18位の磐田までの10チームでしょう。
その10チームの最近5試合の状況をおさらいしておきましょう!
直近5試合結果

勝ち点を積み上げているベスト3は、
1位 神戸 9点(3勝2敗)、2位 松本 8点(2勝2分1敗)、3位 清水・G大阪・鳥栖 7点(2勝1分2敗)

勝ち点を積み上げていないワースト3は、
1位 名古屋・湘南 2点(2分3敗)、 2位 磐田 3点(1勝4敗)、3位 浦和・仙台 5点(1勝2分2敗)

とは言いつつ、下剋上が起きやすいJリーグです。
1試合1試合を全力で最終節まで戦い続けて残留を自力で掴み取るしかありません(^0^)v

残り試合

個人的な予測としては、あと3勝が必要だと考えます!!
まずはアウェイ磐田戦から(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


絶対に諦めないスタジアムの気持ちが逆転勝利を呼んだ! ホーム東京戦レビュー

2019年J1リーグ第28節、絶対に負けられなかったホーム東京戦は、2-1の劇的逆転勝利でした\(^o^)/

東京戦結果
※画像はサガン鳥栖HPより

どうしても勝利が欲しいこの一戦に私たち夫婦は1つの願掛けを実行しました!

それは今シーズンの初勝利をあげたホーム磐田戦と同じように、博多から鳥栖までリゾート特急「ゆふいんの森」で向かうことでした(^0^)v 詳しくは、その時のブログをお読みください。

『全員で勝ち取った勝利だと思う! ホーム磐田戦レビュー』

しかも、今回は更なる願掛けに4号車の11Cと11Dの席を選んで座席指定をしました(^0^)/
そう! 豊田選手の背番号と同じ座席にゴールの願いを込めたのです♪───O(≧∇≦)O────♪

ゆふいんの森

試合の内容は、どうぞネットのニュースや詳しい人のブログをお読みください。

私が感じたこの試合の感想はただ1つです!

今のサガン鳥栖は、たとえリードされていても、選手、スタッフ、クラブ、サポーター・ファンが一丸となって終盤にそれをひっくり返す勢いと力を持っているということです!!

誰が言い出したのか知りませんが、相手チームにとってはまさに「魔境、駅スタ!」なのです!!

もちろん、複数得点の先行逃げ切りが一番いいのですが、試合終盤の驚異的な粘り「鳥栖タイム」の発動は、スタジアムで後押しする私たちにとっては言葉に言い表しにくい狂喜乱舞の瞬間なのでありますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

ただし、毎試合毎試合「鳥栖タイム」では困ります。
試合展開によっては、きちんと勝ち切ることも残り6試合では必要になります!!

最後に、この勝利で九州のJチームとしては初となる「J1通算100勝」を達成しました(^0^)/
祝J1 100勝 弾幕

偉業ではありますが、ココがゴールではなく、あくまでも通過点の一つに過ぎません!!

150勝! 200勝! それ以上を目指して、歩みを止めることなくみんなで進み続けていきましょう!!

さぁ、あと3勝以上だ!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


目の前の一戦に全力集中して勝ち点3を! ホーム東京戦プレビュー

2019年J1リーグ第28節、絶対に勝ち点3が欲しいホーム東京戦です(^ ^)/

東京戦告知
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

ホームに首位チームを迎える踏ん張りどころの大一番です!!

残りが7試合となり、ホーム4試合、アウェイ3試合です。
対戦相手は、
ホーム東京 参戦
アウェイ磐田 参戦
ホーム横浜 参戦
ホーム松本 参戦
アウェイ名古屋 DAZN
ホーム札幌 参戦
アウェイ清水 参戦

J1残留が最大にして絶対の目標になりますが、とにかくまずは勝ち点32、31グループに追いつかなくてはなりませんᕦ(ò_óˇ)ᕤ

相手もあることですが、小心者の私はホーム最終戦の札幌までに残留を確定させて、リーグ最終節のアウェイ清水戦は不安なく後押しできるようになりたいですσ(^_^;)

そのためには今日の東京戦です!!

堅い守備からリズムを作って、先制点を奪うこと!
リードしている時間帯も守備からリズムを作って慌てないこと!!
スタジアム全体で鳥栖の選手の背中を試合終了まで押し続けること!!!

とにかく勝ち点3を目指して、それぞれができることを精一杯にやっていくことだと思います(^ ^)/

さぁ、駅スタへテンション上げて向かいましょう٩(^‿^)۶

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR