FC2ブログ

勝利の喜びは格別だった! 義希と福田の走りに感謝! ホームC大阪戦レビュー

2018年J1リーグ第20節、ホームC大阪戦は1ー0のウノゼロで7試合振りの勝利です!!

しかし、仕事や飲み会が立て込んでいてレビューのアップが木曜日になってしまいました(>_<)

C大阪戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

試合終了の長い笛と同時にベアスタ中に歓喜の雄叫びが響き渡りました\(^-^)/
もちろん私も両腕を突き上げて「よっしゃ〜!」と叫んだのは言うまでもありませんσ(^_^;)

そして、吉田キャプテンのこの姿がすべてを体現していました!!
吉田キャプテン
※画像はDAZNより

8月1日のアウェイ清水戦からどのくらい修正できたかを楽しみにしていた私としては、勝利の喜びにプラスして、高橋義希選手と福田選手の攻守の頑張りにホッと胸を撫で下ろしたものでした。

特に高橋義希選手の走力には驚かされました!
攻撃時には4ー3ー1ー2のトップ下からスペースに飛び出してチャンスを広げる役割を担い!
守備時にはボランチの位置まで下りてきて4ー4ー2の陣形を組む!

そして、高橋義希選手がトップ下に上がっている時に福田選手が攻守に渡り、いいポジショニングでスペースを埋めていたことも素晴らしいプレーでした!

そして、最後の最後に山岡主審がよくエリア内でのハンドをジャッジしてくれました!
前節のアウェイ清水戦で飯田主審の意味が分からないジャッジで嫌な思いを味わったので尚更名ジャッジに感じましたσ(^_^;)

やはり、守備からリズムを作って、攻撃は縦を意識しながら仲間を信じてスペースに走ることができるようになってきました!

11日の浦和戦は、超満員のベアスタでサガン鳥栖の後押しができます(^ ^)v

先輩ブロガーの栁川さんはあと「6つ」と仰っていましたが、小心者で欲張りの私はあと「7つ」獲りたいと思っています!

しかし、基本は一戦必勝 ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

ベアスタだけでなく、日本中にいるサガン鳥栖のサポーター・ファンの熱い後押しで、土曜日は最後まで絶対に諦めないサガン鳥栖らしい戦いを浦和に仕掛けようではありませんか(^ ^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


金崎、トーレス+高秀と福田が絡んだ攻撃で複数得点を! ホームC大阪戦プレビュー

2018年J1リーグ第20節、ホームのセレッソ大阪戦です!

反転攻勢の8月の2戦目です(^ ^)v

ここで8月は◯勝◯分◯敗と星勘定を始めるとあまり良いことがなさそうなので、一戦一戦をトーナメントのように戦い抜くしかないと思っています。

しかし、得点力不足がなかなか改善せずに気をもんでいる戦いが続いています(>_<)

前節のアウェイ清水戦は、私の中では今季のワースト3の中に入ってしまうくらい厳しく難しい戦いだったと思っています。

そこから中3日ですが、どこまで修正が進んだか楽しみでもある今日のセレッソ大阪戦です。

佐賀新聞による先発予想はこうなっています(^ ^)v

20180805143259ce6.jpeg

※画像は佐賀新聞8月5日朝刊より

前線の金崎選手とトーレス選手に高秀先生と福田選手が絡む攻撃にかなり期待しています!!

左サイドからのクロスばかりでなく、アタッキングサードでのワンツー突破やスペースを作る動きやパス&ゴーでチャンスメイクするプレーが観られると嬉しいな〜と思っています(^ ^)

もちろん、しっかりした守備からリズムを作って、早い時間帯での先制点に期待しています(^-^)/

名古屋対G大阪の試合も気になりますが、まずは目の前の勝利をみんなで手繰り寄せることが一番大事です!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


飯田淳平氏のレフリィングにJリーグはどう向き合うのか!

Jリーグの審判団の判定のヒドさもサッカーの一部だと思うように自分に言い聞かせてきましたが、やはり飯田淳平氏は飯田淳平氏でしかなかったということが、清水対鳥栖のジャッジングで明らかになりました!!

2018080200421827c.jpeg
※画像はサッカーダイジェストWEBより

そのジャッジングのせいでサガン鳥栖が負けたとは言いませんが、サッカーのレフリィングを任せるには余りにもお粗末であり、ペナルティ又は罰則を科してもいいジャッジングだったと思います。

飯田淳平氏のこのレフリィングで主審という仕事に対して何もおとがめがないのならば、サガン鳥栖の選手や監督やスタッフやサポーターやファンは完全なるやられ損ですね!

逆に清水の選手や監督やスタッフやサポーターやファンは飯田淳平氏に優遇されたよね〜いう逆の意味での批判を受けてしまいますね!

飯田淳平氏への主審としての今回のレフリィングの検証がJリーグとして正当に行われることをJリーグサポーターとして切に切に願います!!

一般的には社会的、金銭的な制裁があることが普通だと思いますが、Jリーグの対応はどうなるか注視したいと思います。

飯田淳平氏には、間違いは間違いと認めて世間一般に謝罪してもらい、次回からはそのようなミスが起きないように切磋琢磨してもらいたいと願います。

それを飯田淳平氏とJリーグができるかどうかが大きな見どころです!!


足りないパーツは明らかに中盤と点の取り方! 他力本願を祈るサポになってしまった(>_<) アウェイ清水戦レビュー

2018年J1リーグ第19節、アウェイ清水戦は0ー1で敗れました(>_<)

20180801225855604.jpeg
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

攻め方も守り方もDAZNでしっかりと観たつもりですが、「う〜ん、厳しいな〜」という言葉しか試合後に出てきませんでした(T ^ T)

試合中にビールを2リットルも呑みましたが、まったく酔うことさえままなりませんでした( ̄∇ ̄)

それがきっと自分の中の悔しさの表れなのでしょう( ̄^ ̄)ゞ

トーレス選手、金崎選手、豊田選手と前線には超豪華なメンバーか揃いましたが、その選手を支え、活かすための中盤の強度が足りていません(>_<)

前線の強力な選手が求めているプレーに中盤の選手がどうやって答えていくのかの解(答え)が試合の中で見えないことがサポーター・ファンの不安を更に大きくしているのだと思います。

それは、今までは口が裂けても言いませんでしたが、やはり監督とクラブ経営者の責任なのだと思います。

このままのサガン鳥栖と心中したくないサポーター・ファンがほとんどだと思います。

しかし、生き残るための変化を未だ見出せないクラブの形に自分は今日の試合後、申し訳ありませんがJ2降格の覚悟を半分決めました。

本当は他力本願なんてしなくて済むことが一番いいんですが、今は他力本願を毎試合祈る「卑しいサポーター」に成り下がってしまった自分がいます(>_<)

今日も「G大阪は引き分けか〜」
「横浜、長崎、柏は負けたか。よしよし」「何〜、名古屋は勝っただと〜( ̄∇ ̄)」
残り15試合をズッとこんな調子で過ごすことになるのでしょう。情けないことですけど、そうならざるを得ない現状なのです(>_<)

鳥栖サポの矜持として情けなくもあり、ココから何とか抜け出したいという希望もありの複雑な心境です。

たとえJ2に落ちるにしても、もっと今いる選手たちの活き活きしたプレーを観て、鳥栖らしく笑って落ちていきたい!!

このまま、もがくこともあがくことも中途半端でJ2に落ちたくはない!

戦う気持ちを魅せようぜ!!
勝利のために!!
迷わずにゴールを狙え!
ラララララララァ〜!!

日曜日までには今日折れた心と翼をもう一度大きく広げられるように準備しておきますm(_ _)m

今日だけは、前向きなブログでないことをお許しくださいm(_ _)m

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村