FC2ブログ

中3日の試合は勝利への執念とベンチワークの戦いになる! アウェイ清水戦プレビュー

2018年J1リーグ第19節、ミッドウィークのアウェイ清水戦です!

清水戦告知
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

明日の清水戦は、有難いことに「筑後川流域クロスロード協議会」様が主催となって、久留米シティプラザ六角堂広場でパブリックビューイングが開催されます。

福岡市内でサラリーマンの私は、出身地の久留米市のPVにすごく行きたいのですが・・・、ちょっと厳しいかな~と思っています(;д;)

中3日の鳥栖と中9日の清水との試合ですが、ココは勝ちたいという気持ちの強さとベンチワークの勝負になると思っています。

現地に参戦するサポーターと久留米のPVで後押しするサポーター・ファンとDAZN観戦で後押しするサポーター・ファンみんなで、サガン鳥栖の選手たちの背中を押し、あと一歩の足を踏み出させるように全国津々浦々から鳥栖を勝たせるための声援を送りましょう(^0^)/


話は変わって、久留米市でPVが行われることについてJリーグ規約を少し調べてみました。

まずはホームタウンについて、

第 21 条〔Jクラブのホームタウン(本拠地)〕
(1) Jクラブは、理事会の承認を得て特定の市町村をホームタウンとして定めなければならない。ただし、次の各号の条件を満たし、理事会の承認を得た場合には、複数の市町村または都道府県をホームタウンとすることができる。
① 自治体および都道府県サッカー協会から全面的な支援が得られること
② 支援の中核をなし、市町村の取りまとめ役となる自治体を定めること
③ 活動拠点となる市町村を定めること
(2) Jクラブはホームタウンにおいて、地域社会と一体となったクラブ作り(社会貢献活動を含む)を行い、サッカーをはじめとするスポーツの普及および振興に努めなければならない。
(3) Jクラブは活動区域内でホームゲームを開催するにあたり、活動区域内の協会加盟団体等と他大会の日程およびキックオフ時刻等の調整を行い、多くのサッカーファンがホームゲームを観戦できる環境の整備に努めなければならない。
(4) Jクラブのホームタウンは、原則として変更することができない。
(5) やむを得ない事由により、ホームタウンを変更する必要が生じた場合には、変更の日の1年以上前までに理由を記載した書面により理事会に申請し、その承認を得なければならない。ただし、第 54 条に定める開催期間の途中における申請は原則として認められない。

Jクラブは絶対にホームタウンを定めなければならないとなっています。

ちなみに近くのJクラブのホームタウンはどこなのか?

サガン鳥栖(J1) 鳥栖市
V・ファーレン長崎(J1) 諫早市、長崎市を中心とする全県
アビスパ福岡(J2) 福岡市
ギラヴァンツ北九州(J3) 北九州市

Jリーグでは、ホームタウンを「クラブと地域社会が一体となって実現する、スポーツが生活に溶け込み、人々が心身の健康と生活の楽しみを享受することができる町」と定義しています。

また、Jリーグのホームタウンとは、プロ野球のフランチャイズと違って興行権の意味合いは含まれないとされています。
Jクラブの権益についてもJリーグ規約で定められています。

第 22 条〔Jクラブの権益〕
(1) Jクラブは、原則としてそのホームタウンを含む都道府県を活動区域とする。
(2) Jクラブは、活動区域において主管した公式試合(第 40 条に定める意味を有する)に伴う広告料および公衆送信権料等につき、第 122 条の定めにより分配を受けることができる。
(3) Jクラブは、活動区域におけるサッカースクール、講演その他サッカーに関する諸行事の開催について、優先的にJリーグの公認を受けることができる。

ホームタウンを含む都道府県を活動区域と定めてありますが、あくまで原則としてと書かれています。
しかし、その活動区域で行われた公式試合に伴う広告料や放映権料等の分配を受けることができるとされています。
(サガン鳥栖は原則として佐賀県内で試合を行い、その試合に伴う収益の分け前を得ることができるということ)

また、活動区域内でのサッカーに関する諸行事の開催について優先的にJリーグの公認を受けることができるとされています。
あくまで優先的であり、排他的、絶対的とは規定されていないと読み取れます。

長くなりましたが、久留米市で試合を行う訳ではないし、その試合からの収益を得るものでもない。ましてやJクラブではない「筑後川クロスロード協議会」様が主催となる久留米市での無料PV開催は、Jリーグ規約に照らしてまったく問題がないという結論になります。

明日、久留米シティプラザ六角堂広場の無料PVで後押しするサガン鳥栖サポーター・ファンのみなさん!
心置きなく思う存分久留米市でサガン鳥栖を後押ししてください☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

そして、みんなで勝利を掴み取りましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



無失点の守りとケチャドバまであと少し! ホーム磐田戦レビュー

2018年J1リーグ第18節、後半戦スタートのホーム磐田戦は0ー0のスコアレスドローでした。

磐田戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

4ー4ー2で守備意識に重点を置きながら負けない戦いができたのではないかと思います。

磐田のサイドからの攻撃を数回許しましたが、中央で弾き返すことができていたと思います。
中央で待ち構えるという意味では、川又選手はやはりイヤラシイ存在でした。

思い出してみてください。
昨年のホーム最終戦のことを・・・。

対戦相手は同じジュビロ磐田でした。
我らがサガン鳥栖は、磐田に手も足も出ずに0ー2で敗れました(>_<)

そう考えると、サガン鳥栖のチーム力はあの時よりも大きく変化をしているじゃないですか?

今シーズン7連敗していた頃と比べても昨日の試合は、DFラインと中盤の距離感が違っていたと気づくはずです!

4ー4ー2だから当たり前だと思ってはいけません。
あの頃と中盤の選手の攻撃時の位置取りが違っています!

それはトーレス選手と金崎選手が前線でボールを持ってくれるからに他なりません!!

トーレス&金崎
※画像はサッカーダイジェストWebより

トーレス選手は2試合目、金崎選手は初めての鳥栖での試合にも関わらずこの期待感を楽しみましょう!

そんなに余裕はありませんが、いい連携からのゴールの瞬間はそれほど時間はかからないと私は思っています٩(^‿^)۶

そしてこの試合、福田選手がいい所に顔を出していますね〜(^-^)v
チャンスを作り出す回数を増やすことが大切なことです!

そして、チャンスを作り出すプレーに福田選手、原川選手が絡むことがもっと大切なことです!!

中盤の2人がチャンスに顔を出すことで更にチャンスが広がります(^ ^)v
このようなプレーを増やすことが、私が求めている「中盤の強度を上げる」ことの一つに繋がっていきます(^ ^)v

竹原社長はまだ補強があることを示唆していました。

外国人選手1名に日本人1名が私の希望です!
しかも、中盤1名、CBか右SBを1名が理想です!!

次節のアウェイ清水戦に向けてテンションを上げていきましょう(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


I have a dream. It is a dream deeply rooted in the future of Sagan Tosu! ホーム磐田戦プレビュー

2018年のJ1リーグは、第17節を終えていよいよ後半戦に突入します。

磐田戦告知
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

7月26日には第25節以降の日程と試合開始時間が発表されました。

我らがサガン鳥栖は、3勝5分9敗の勝ち点14で自動降格圏に今は沈んでいます。

6月7日に豊田選手が蔚山現代から戻って来てくれました。
7月6日には乾選手が長崎から来てくれました。
7月10日にはF・トーレス選手がアトレチコ・マドリーから来てくれました。
7月24日には金崎選手が鹿島から来てくれました。

きっと補強は、まだまだ続きます!

しかし、7月4日に水野選手、7月24日に鄭昇炫選手が鳥栖を去ったことも忘れてはいけません。
鳥栖戦以外での活躍をサポとして期待しています(^0^)/

先日、やべっちFCで以前放送されたサガン鳥栖のクラブヒストリーズを見直しました。

なかなか勝てずに気持ちが落ち込んでいる時にあの映像を見ると気持ちと想いが奮い立ちます!

坂田先生を筆頭に多くの先輩たちや多くの他チームサポーターが残してくれた「佐賀の宝」をもっともっと「自分たち」が盛り上げていかなければいけないとヒシヒシと感じました。

実は昨日、1963年8月28日にリンカーン記念堂前でキング牧師が行った有名な演説を読み返す機会がありました。
あの「I have a dream」(私には夢がある)で有名な演説です!

キング牧師

あの演説の一説にこんな件(くだり)があります。

Let us not wallow in the valley of despair, I say to you today, my friends – so even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the American dream.

今の私に言わせるならばこうなります。

Let us not wallow in the valley of despair, I say to you today, my friends – so even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream. It is a dream deeply rooted in the future of Sagan Tosu.

絶望の谷間でもがくことはやめよう。私は今日、あなたたちにそう訴えたい。私たちが今日も明日も困難に見舞われたとしても、それでも私には夢がある。それは、サガン鳥栖の未来に深く深く根ざした夢なのです。


2018年7月28日のJ1リーグ第18節、ホームの磐田戦は、
サガン鳥栖と私たちサポーターの未来を変える一戦になると思っています!!

サガン鳥栖の未来に自分が深く深く根ざす夢を持ち続けながら、ともに戦い続け、明日の勝利を掴み取りたいと思います!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


悔しさは次の勝利のためのモチベーションに! ホーム仙台戦レビュー

2018年J1リーグ第17節、前半戦最後のホームゲーム仙台戦は0-1の完敗でした。

仙台戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

あえて惜敗ではなく、私の中では完敗だったと思いました。

先制するチャンスは何度もありました。 しかし、決めきれない(>_<) 

そして、リスク管理をしておかなければならない時間帯に中盤をあけてしまい、カウンター気味の速攻で沈められる。
偶然ではなく、仙台はあの形をしっかり何度も狙っていました。

相手のやろうとしている形に対応できない戦いをしてしまったのでやはり完敗なのです。

だから私は試合終了の笛と同時に脱力して椅子にへたり込んでしまいました(>_<)
しかも追い討ちをかけられるように鳥栖駅から博多駅までダイヤの乱れで1時間40分近くかかったJR快速の中では悔しくて悔しくてたまりませんでした(>_<)

しかし、前半戦を折り返して、3勝5分9敗の勝ち点14の自動降格圏の17位という成績は受け入れなければなりません。

「厳しいことは間違いないけど、かならず反転攻勢はできる!」 そう信じている自分も一方ではいます!


ここ3年間の17節終了時点の下5チームと34節終了時の降格3チーム含む下5つのチーム成績を参考までに見てみましょう。
過去の順位表

あくまでもデータ上ですが、過去3年間で前半終了時に勝ち点が14以下だったチームが残留した例は、2017年の広島(勝ち点10)と2015年の新潟(勝ち点14)の2つだけです。

逆に前半終了時に勝ち点が17あったチームが降格した例は、2016年の名古屋(勝ち点17)だけなのです。
その意味でも昨日の試合は、勝って勝ち点を17に乗せておきたかった試合でした。

しかし、タラレバを言っても始まりません!
次節から反転攻勢できるように信じてチームを後押しをするだけです!!

そして今年の前半終了時の成績を確認しておきましょう!
今年の成績

15位の長崎までは勝ち点3差です。 14位の柏までは勝ち点6差です。
まだまだ悲観する数値ではありません!! 諦める数値でもありません!!

後半戦残り17試合の一つ一つがまさにサバイバルゲームになります( ̄^ ̄)ゞ

1試合ごとに一喜一憂してしまうのはサポとして仕方がないことですが、最終的にはJ1リーグ18チームの中で15位以上でフィニッシュすることを絶対目標に戦っていきましょう!!

そのためにサガン鳥栖と言うチームに求めたいことが1つだけあります!

それは「中盤の強度のアップ」です!!

攻守の切り替えスピード、ボールを奪う力、パスのスピード、パスの精度、判断のスピード、ドリブル力、ポジショニング、カバーリング、走力、アイデア、犠牲心、向上心、俊敏性、身体の使い方、支配力、連携力、負けん気・・・

挙げたらキリがありません。

得点力は、F・トーレス選手、豊田選手の加入、田川選手の変化、イバルボ選手・ドンゴン選手の復帰、池田選手の献身性など心配は一切していません。
追記:イバルボ選手の登録抹消が23日に発表されました。非常に残念ですが、これで割り切って中盤の補強ができる可能性が出てきました。

得点を生み出す「中盤の強度をアップする」ことです! 
できれば早急に!!

補強でも構わない。
今いる選手の意識改革でも構わない。

できれば中盤の強度を活かせるように3-3-2-2またはアトレチコ型4-4-2で戦って欲しいですね(^ ^)v

大胆なシステム変更は今更できないと思うのであくまで個人の願望ですが、「中盤の強度のアップ」は絶対に実行して欲しと思います。

土曜日のホーム磐田戦は、大事な大事な変化のための戦いになりそうです!!
5日間心と身体をリフレッシュして、ハードワークに磨きをかけて、ファミリーで勝利を掴みにいきましょう!!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


自動降格圏を脱するための攻撃力に注目! ホーム仙台戦プレビュー

2018年J1リーグ第17節、前半戦折り返しのホーム仙台戦です!

この試合は「鷹の祭典」と銘打って、福岡ソフトバンクホークスとのコラボ試合となっています。
入場者全員にコラボユニが配布されるというプレミア感たっぷりの試合になります(^0^)/

仙台戦告知
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

この仙台戦からF・トーレス選手、豊田選手、乾選手の登録が完了して試合に出場することができます!!

前半戦最後の仙台戦に望むことは、得点力のアップです!

中盤の戦いで負けない。(原川選手、福田選手、高秀先生)
サイドからの攻撃を活性化する。(吉田選手、小林選手、小野選手)
ゴール前に遅れず飛び込む。(豊田選手、田川選手、F・トーレス選手)

2点以上の得点を奪う攻撃のイメージが頭に浮かぶのは、あながち私の妄想でもないと思うのです(=゚ω゚)ノ

第16節までの両チーム成績
鳥栖 △△○●○●●●●●●●○△△△ 3勝5分8敗 勝ち点14 (4戦負けなし)
仙台 ○○△△○●○△●●△●○●○● 6勝4分6敗 勝ち点22

仙台との勝ち点差を5点に縮める戦いを今節のホームで成し遂げたいですね!!

そして、上手くいけばG大阪、長崎との勝ち点差を一気に詰めて、
自動降格圏からの脱出を成し遂げたいですね!!

そのためにはものすごく暑いかもしれませんが、スタジアムでのファン、サポーターの大声援と後押ししかありません(^0^)v

サガン鳥栖ファミリーのみなさん、明日22日はベアスタで一緒に後押しをしましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


チャンスは作れている。追いついての勝ち点1は大きい! アウェイ湘南戦レビュー

2018年J1リーグ第16節、アウェイ湘南戦は終盤に追いついての1-1のドローでした(^0^)v

鳥栖対湘南戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

選手も監督もスタッフも現地サポーターのみなさんも酷暑の中お疲れ様でした。

この日は仕事の後に懇親会があり、居酒屋でこっそりDAZNを観ながらの後押しでした。

後半立ち上がりすぐに相手に見事な足技でゴールを決められましたが、そこからチャンスを作って終盤にオウンゴールで追いつきました!!

オウンゴールもしっかり攻めこんで、吉田選手が絶妙のクロスを上げたからこそ生まれたものです!
棚ボタのオウンゴールなどは余程のことがない限り生まれないのですから・・・。

そういう意味では、先制されても追加点を許さずに終盤に同点に追いつくサッカーができて、アウェイで勝ち点1を持ち帰れたことはそれなりの収穫だと思います(^0^)/

湘南にしてみれば、順位が下のチームにホームで先制しながら、終盤に同点に追いつかれてしまったのですから、悔しい思いの方が大きいでしょう!!

その意味でもうちの勝ち点1は大きいと言うものですヽ(´∀`)ノ

そして、福田選手の調子が上がって来たような予感がします!!
次も頼んだぞ! 福田晃斗!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


しっかり守って無失点勝利を! 反転攻勢の始まりだ!! アウェイ湘南戦プレビュー

2018年J1リーグ第16節、ここから反転攻勢のアウェイ湘南戦です!

両チームの中断前のJ1公式戦5試合の成績を観てみましょう。

まずはサガン鳥栖
鳥栖最近5試合
※画像はSportsnaviより

2勝3分 勝ち点9点 得点6点 失点3点 得失点差+3点

次に湘南ベルマーレ
湘南最近5試合
※画像はSportsnaviより

3勝2敗 勝ち点9点 得点9点 失点7点 得失点差+2点

中断前の両チームはそれなりの成績を収めているようです。

私の期待は、映像では観ていませんが、天皇杯でのサガン鳥栖の選手たちのパスワーク、ボール運び、前線からのプレスとボール奪取がかなり良かったと実況の文字を追いかけていて思ったことです!!

天皇杯の徳島戦で選手たちが魅せたサッカーができれば、必ず勝機は転がり込んで来るはずです(^0^)/

しっかりと守って守って、ある意味ボールを湘南に持たせる戦術もありかと・・・

そして、1試合の中で何度か訪れるゴール前のチャンスでは、力まずにシュートを枠内に打つことを心がけてもらいたいと思っています(^0^)v

F・トーレス選手も豊田選手もまだ出場できませんが、必ず嬉しい結果をもたらしてくれると信じています!!

さぁ~、サガン鳥栖の反転攻勢の始まりだ!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


おめでとう、フランス! ありがとう、クロアチア! W杯決勝フランス対クロアチア戦

2018年ロシアW杯の最後の試合、つまり決勝戦が7月15日24時から行われました。

フランスとクロアチアで戦われた決勝戦は、4-2でフランスの20年振りの優勝で幕を閉じました。

W杯決勝フランス対クロアチア戦
※画像はSportsnaviより

やはり、若きフランスは早くてうまくてそして強かった!

クロアチアも毎試合粘り強く戦い、ポゼッションしながらサイドから崩す、中央のスペースから突破する、そんなクロアチアの戦い方が私は好きでした。

それ故に私は「クロアチアの初優勝を密かに願っていた」サッカー好きの一人でした。

クロアチアのルカ・モドリッチ選手が大会最優秀選手に選ばれたことがせめてもの救いでした。
しかし、笑顔なきゴールデンボール受賞が彼の悔しさを痛いほど表しているようでした。

大会MVP モドリッチ選手
※画像はFOOTBALL CHANNEL(Getty Images)より

クロアチアの初優勝は、残念ながら4年後以降に持ち越しです!!

おめでとう、フランス! ありがとう、クロアチア!!

4年に一度のサッカーのお祭りは終わりました。
次回はカタールなのかそれとも別の国なのか?

2022年に訪れる次のお祭りを首を長~くして待つこととしましょう!


ベルギーのカウンターは世界一美しく、そして怖ろしかった! W杯3位決定戦ベルギー対イングランド戦

W杯3位決定戦ベルギー対イングランド戦は、2ー0でベルギーの勝利でした!

W杯ベルギー対イングランド戦結果
※画像はSportsnaviより

この試合は、近所の馴染みの「居座家屋しんちゃん」で大将と私と嫁と大将のお孫さんともう一組のお客さん二人組とで観戦しました。

この戦いの感想を一言で言うならば、

「ベルギーのカウンターは世界一美しく、そして怖ろしい! イングランドはゴール前のセットプレイで活路を見出そうとしたがネットを揺らすことは最後までなかった。」
「これを言い訳にしてはいけないのだろうけど、中2日と中3日の休息の差はあまりにもイングランドに厳しく働いたように思う。」

やはりサッカーの試合は90分間観るに限ります(^ ^)v
ダイジェストでは絶対に伝わらない心を震わせるプレーがそこにはあります。

この試合では、ベルギーのデブライネ選手から始まる、または、経由するカウンターに、ものすごいスピードでゴール前に向かって3〜4人の選手が走っていく姿にある種の様式美のような美しさを感じました。

そして、もう一つ特記しておかなければならないシーンは、後半25分のイングランドのダイアー選手のGKとの1対1からループ気味のシュートを「G線上のクリア」で防いだベルギーのアルデルバイレルト選手のプレーです。
あのプレーがベルギーを救い、W杯3位に導いたと言っても過言ではないと思います!!

3位に輝いたベルギーも、惜しくも4位だったイングランドも、サッカーで私たちを十分に感動させてくれました(^0^)/
両国代表チームの選手、監督、スタッフ、関係者、サポーターにお礼を申し上げます。

泣いても笑ってもW杯最後の1試合、決勝戦は今夜24時からです!!

クロアチアを心情的に応援しながらも、世界最高峰の戦いをまたまた「居座家屋しんちゃん」で大将と私と嫁で観戦したいと思います(^0^)v


天皇杯は4回戦へ! W杯はいよいよ大詰め、サッカー好きなら観ないと損するよ!

まずは昨日の天皇杯3回戦、サガン鳥栖対徳島ヴォルティスについてです。

サガン鳥栖超板で実況をしていただいた「こ( ・ω・)ノ」さん、「UCC」さんのお二人、本当にありがとうございましたm(_ _)m
落ち着いた試合運びができたのではないかと思って掲示板の文字を追っかけていました(^0^)/

結果は、3-1でサガン鳥栖が8月22日(水)の4回戦に駒を進めました!!

天皇杯徳島対鳥栖結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

しかし、今回のブログで私が伝えたいことは、大詰めを迎えているW杯についてです(^o^)/

7月10日(火)、11日(水)の27時から決勝進出を懸けた準決勝の戦いがありました!

7月10日27時のフランス対ベルギー戦。
W杯フランス対ベルギー戦
※画像はSportsnaviより

1-0でフランスの勝利!!
フランスの早さ、上手さ、若さに感動した試合でした。

7月11日27時のクロアチア対イングランド戦。
W杯クロアチア対イングランド戦
※画像はSportsnaviより

延長戦までもつれ込みましたが、2-1でクロアチアの勝利!
クロアチアの粘り強さは今に始まったことではありませんが、とにかく粘り強く戦い勝利を手繰り寄せる!!
延長後半のゴール前の競り合いからのマンジュキッチ選手の抜け出しによる決勝ゴールは、午前5時を過ぎていましたが思わず「イッタ~!!」と声が出てしまいました!

両試合ともがんばって早起きしてテレビ観戦した甲斐があったというものですヽ(≧∀≦)ノ

やはりW杯はベスト8からが最高に面白い!!

7月14日(土)23時からのベルギー対イングランドの3位決定戦!!

7月15日(日)24時からのフランス対クロアチアの決勝戦!!

フランスの方が上手いし、早いし、若さと勢いがあるので下馬評はフランス有利でしょうが、私の予想は2-1で攻守に渡って粘りの戦いを貫くクロアチアの初優勝だと思っていますヽ(≧∀≦)ノ

うまい具合に3連休ですので、心置きなくライブで観戦したいと思います\(^o^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村