FC2ブログ

W杯で3試合で終わるのと4試合目を戦うのは雲泥の差である! W杯日本対ポーランド戦レビュー

W杯グループHの第3戦、日本対ポーランド戦は0-1の敗戦でした。

W杯日本対ポーランド
※画像はSportsnaviより

0-1の敗戦と言うよりも、その後半残り10分の日本代表の戦い方についていろいろの意見が日本国内のみならず海外でも飛び交っています。

初めに言っておきます。
今回のポーランド戦の日本の戦い方について否定的な考えをお持ちの方は、このブログを読むことをおすすめしません!

さて、ここから本題です。
W杯が始まった後にいくつかアップしたブログでも書きましたが、私はサッカー日本代表には興味はありませんでした。

電通がプロモートするサッカー日本代表のこれでもかと言う興行(サッカービジネスとも言う)に嫌気がさしていることが原因でした。

しかし、この日本対ポーランド戦に関しての私の評価は、「日本代表、よくやった!!」です。

どうして私がそう思ったか3つ理由があります。

まず1つ目、先発メンバーをセネガル戦から6人入れ替えてポーランド戦に臨んだことです!

これまで先発ではなかったメンバーへのW杯の思い出作りではないことは瞬時に理解できると思います。
ではなぜか? 考えられることは唯一つ!!

「西野監督は、4戦目(決勝トーナメント初戦)の戦いを見据えた布陣を引いた」としか考えられません。

その時点で「何としてでも予選リーグを突破するぞ!」という西野監督の意志を私は感じました。


そして2つ目、ポーランドに先制点を許したことです!

サッカーは、先制点を奪うことと奪われることには100倍ぐらい違う戦い方の変更が求められます。
この時点で日本は、1点を取り返さないと決勝トーナメントに進めないことになりました。

失点後すぐに宇佐美選手に替えて乾選手を入れたことは追撃するぞ!という意志の表れだったと思います。

そして3つ目、後半残り10分でセネガルが負けていることにすべての勝負をかけたことです!

後半残り8分で西野監督の意志を引き継いで長谷部選手がピッチに入り、全体に指示を出します。
このまま0-1で試合を終わらせるという「大博打」に日本は打って出ます。

全力で戦わなかったと言う人がいますが、それは大きな間違いです!!
後半残り10分間の日本代表は、ピッチに立つメンバーもベンチで見守るメンバーも2つの試合を同時に戦っているに等しいのです。

ボール回しに終始したと言いますが、山口選手は常にグロシツキ選手とレバンドフスキ選手の距離を気にしながらボール回しの連結役に徹していました。
柴崎選手はクルザワ選手とジエリンスキ選手を警戒しながらのポジショニングを常にとっていました。

サッカーとは10分間後ろでボールを回している間、中盤や前線の選手がのんびり突っ立っていられるスポーツではないことは誰でもが知っているでしょう!

そして、もう一つの試合でセネガルがコロンビアから得点を奪えば、袋叩きになることを承知で伸るか反るかの一発勝負に西野監督は挑みました。

仮にセネガルが同点に追いついたならば、日本代表監督の首が飛ぶことは覚悟の上でしょう(;゜0゜)
予選敗退バッシングでは済まない当たり前を超えた「勝負の綾」をしかけたところが私の琴線に触れました!!

西野監督はなぜそのような勝負をあのポーランド戦で挑んだのでしょう?

すべては、日本代表をベスト16に導くためだと考えれば辻褄が合います!!

そのための勝負を仕掛け、結果、その勝負に勝った!
称賛されても何を非難されることがあるのでしょう?

それを含めてワールドカップの戦いであり、サッカーなのです。

世界中のサッカー選手はW杯のピッチに立つことを夢見ています。
そのほんの一握りの選手だけがW杯のピッチに立つことができます。

予選リーグはどのW杯出場チームも3試合戦うことができます。
しかし、決勝トーナメントに進めるチームはわずか16チームのみ、世界中のサッカー選手の中でわずか368人しか味わえないステージに日本代表の23人はたどり着いたのです。

これはとてつもなくスゴイことだと理解している私は、ここからは日本代表を本気で応援します!!

決勝トーナメントは一発勝負の戦いです。
白黒がはっきりつくまで試合が行われます! 当然に引き分けなんてありません!!

ポーランド戦で休養を取った選手たちを中心に初戦のベルギー戦で臆せず戦ってくれることを遠く日本の地で祈っています!!

今更ながらですが、「ガンバレ、日本!!」


スポンサーサイト



過小評価はしないが、過大評価は最大の敵となる! W杯日本対ポーランド戦プレビュー

いよいよ今夜(28日)23時からW杯グループHの日本対ポーランド戦です。

グループリーグのここまでを大方の予想に反して1勝1分の勝ち点4の首位に立っていることで、日本代表に勢いや運がついてきたことは疑いないことです。

しかし、そのことでポーランド戦の引き分け以上やグループリーグ突破が約束されている訳ではないことは周知の事実です。

どうひっくり返ってもポーランドの方が格上であることを忘れてはいけません!
しかも、ポーランドは失うものが何もない「手負いのチーム」であることを認識しておかなければなりません!!

過小評価はしませんが、これまでの成績で過大評価してしまうことが最大の敵である「慢心」や「油断」につながっては絶対にいけません。

その上で日本にチャンスがあるとすれば、今の日本代表の上向きな「組織力+団結力」がプレーに発揮されたときになるだろうと思っています(^o^)/

「組織力+団結力」に関しては、日本がポーランドに劣っていない決定的な条件です!

しかし、またぞろ「自分たちのサッカー」ということを言い出している金髪の選手がいるようですが、今の日本代表がW杯の戦いの中で培って備えてきた「組織力+団結力」をぶち壊さないでくれと言いたい!!!

ベンチにいる控えの選手もコーチングスタッフも日本代表の「組織力+団結力」を形作るためのなくてはならないメンバーなのです。
もちろん、遠くロシアのボルゴグラードまで行かれているサポーターのみなさんの後押しもなくてはならないものです!

今夜の試合は、ピッチ上のプレーだけでなく、日本代表の「組織力+団結力」を形作るすべての人たちの戦いも重要なポイントとして観戦したいと思います(^0^)v

ただひた向きに日本の勝利のために最後まで戦おう!!


あと保険を掛ける訳ではありませんが、
「頼む!! セネガル、勝ってくれ!!」


オフサイドトラップが見事に決まった!!

W杯グループHの日本対セネガル戦のことでもう一つ。

ネット上でも海外を中心に話題になっているようですが、そう「オフサイドトラップ」のことです!!

前半44分のセネガルのFKの際に日本のDF陣が仕掛けて、見事に決まったプレーです!

口で説明することは難しいので、とりあえず動画をご覧くださいσ(^_^;)



何気なく見えますが、DF陣が意志統一して一人も乱れることなくプレーしないと成功しない非常にリスキーなプレーです。

それをW杯の大舞台で成功させてしまうのですから、海外でも話題になって当然なのでしょう(^ ^)/

予選突破が掛かる、28日(木)23時からのポーランド戦を楽しみに待ちたいと思いますヽ(´∀`)ノ


試合を経るごとに私の評価が変わっていく! W杯日本対セネガル戦

6月24日24時からW杯グループHの日本対セネガル戦を観戦しました。

このW杯が始まる前の私の日本代表の勝敗予想は、1分2敗で予選敗退というものでした。

怒られるかもしれませんが、昔から日本代表の試合は、プロモートする電通がいかに盛り上げていかに儲けるかという「サッカーというよりも興行色の強いショーという感覚に辟易していました。」

今回のW杯も「代表選考から相変わらずの興行やな〜」という嫌悪感と虚無感が私の心を支配しておりました。

なのでサッカー好きの私は、W杯の開催は心待ちにしていましたが、日本代表には何も期待していませんでした。

ところが、蓋を開けてみると・・・

初戦のコロンビア戦の勝利はかなりの驚きでしたが、2戦目のセネガル戦はそれを上回る衝撃にも似た感覚でした!!

コロンビア戦は多くのラッキーが降り注いだ試合でしたが、セネガル戦は紛れもなく互角に戦って掴み取ったドローでした!!

2018062522554204c.jpeg

※画像はSportsnaviより

柴崎選手がすごく良かった点はみなさんと同じ評価だと思いますが、コロンビア戦ではダメ評価だった香川選手のセネガル戦での頑張りとボランチの所まで降りてきてスペースを埋め続けた動きは評価に値すると私は思っています!

セネガルに2度リードを許すも2度追いつくということは、実力と運と勢いが試合を重ねるごとにうまく備わってきている気がしています(^ ^)v

これは短期決戦にはいい傾向です!!

しかし、まだグループHの予選突破を決めた訳ではありません。

ここまで来たら、実力と運と勢いを更に加速させるような戦いを期待せずにはいられませんσ(^_^;)

ただし、欲を掻かずにひた向きにチームの勝利のためのサッカーを日本代表にはお願いしたいm(_ _)m

試合を経るごとに私の日本代表への評価が、いい方向に変わって行くことを信じてやみません!!


日本勝利の立役者は、大迫、原口、ペケルマン監督だ! W杯コロンビア対日本戦

私の予想を大きく覆して、2ー1で日本がコロンビアを下しました。

20180620080721e68.jpeg


テレビで試合観戦をしましたが、かなりラッキーな試合だったと思います。

その中で、大迫選手と原口選手の走力と役割以上を果たす献身性が、日本の勝利に大きく貢献したと個人的には思います。

しかし、コロンビアが酷過ぎた!

開始早々のカルロス・サンチェス選手のハンド&レッドカードでプランが狂ったのはわかりますが、一人プレーヤーが少ない中でボールを前に運んでいたクアドラード選手とキンテーロ選手を引っ込めてくれたこと。
テレビの実況は、ハメス・ロドリゲス選手を交代時にはかなり持ち上げていましたが、走れない、守れない、運べないの三拍子揃ったハメス・ロドリゲス選手を投入したこと。

ハメス・ロドリゲス選手は私が観ても酷過ぎました(>_<)

コロンビアのペケルマン監督の交代策が、昨日はすべて裏目に出てしまい、皮肉にも日本の勝利に貢献する形になってしまいました。

この勝利で日本代表の興行が、4年後のカタールまで安泰であることが確定したと感じました(>_<)

最後に「エスコバルの悲劇」が再び起こらないことを祈ります。


ミヌ、敗けたのは君のせいじゃない! W杯スウェーデン対韓国戦

W杯のピッチを駆け抜け巡るキム・ミヌ選手を観れたことが、鳥栖サポの私たちにとっては歓喜に等しいのです!!

結果は0-1で韓国は敗れてしまいましたが、パク・チュホ選手のアクシデントの後にいきなり入ったキム・ミヌ選手はリズムに乗り遅れることなく、チャンスメイクもサイドを駆け上がることもできていたと思います。

スウェーデン対韓国結果
※画像はSportsnaviより

PKを与えてしまったあのシーンもタラレバですが、それまで完璧なプレーを魅せていたGKのチョ・ヒョヌ選手のパンチングが弱くクリアが不十分だったことが遠因となってしまいました。

あのシーンは、DFならばペナルティエリアからボールを掻き出そうとするプレーは当たり前のプレーだと私は思います!

もう一つ言うならば、得点を奪った後のスウェーデンの強固な守備を褒めるしかないのでしょう。
私にとっては、フィジカルが武器になるということを改めて思い知らされた試合でもありました。

結果的には両チーム合わせての唯一の得点につながるPKをVARによって与えてしまったことにはなりますが、
ミヌ、決して下を向く必要はないよ!!

すごくすごく悔しい気持ちは、鳥栖サポーターなら痛いほどに分かるよ。 鳥栖サポーターならばね!

韓国vsスウェーデン戦試合後
※画像はFOOTBALLCHANNELより

次節メキシコ戦にチーム一丸となって挑む以外に選択肢は残されていないよ!!

パク・チュホ選手のグループリーグでの出場が危ぶまれているならば、ミヌ、やるしかないよ!

自分より20歳以上も年下だけど、努力すれば「夢は叶う!」と教えてくれたキム・ミヌ!!
下を向いてる暇はないよ!!

鳥栖サポーターは、君の雄姿と笑顔をロシアW杯の舞台で待ち望んでいるよ!!
ガンバレ! 「輝く 鳥栖の10番!」

ロシアW杯の舞台で君が輝くことを心待ちにしている一ファンより(^0^)/


アイスランドチームに天晴れ! W杯アルゼンチン対アイスランド戦

W杯初出場のアイスランドが大仕事をやってのけました!

W杯グループDのアルゼンチン🇦🇷対アイスランド🇮🇸の試合のことです。

20180617201604ce8.jpeg
※画像はSportsnaviより

この試合は日本時間の16日(土)22時からだったので眠気なく観ることができました(^ ^)v

この試合の感想を二言で言うと・・・
アイスランドの組織化された守備は超素晴らしかった! そして、アルゼンチンはメッシ選手経由の攻撃にこだわり過ぎてしまった!
と言うことになります。

プレスが早く、高さもあり、アルゼンチンのボールに対して一の矢、二の矢、三の矢が次々に放たれる献身的な身体を張った守備は「天晴れ!」と言う以外の言葉が思いつきませんでした。

アイスランドの守備は、素早いプレスで数的優位を作り出すものでした。特にメッシ選手には必ず2〜3枚で潰しにかかると言うことが最後まで徹底されていました。

一方、アルゼンチンの攻撃は必ずメッシ選手を経由するように最後までなっていたので、アイスランドとしては、潰しどころがずっと同じだったのでやりやすかったのではないでしょうか?
(あくまで個人の感想です。)

それ以外の攻撃のアイデアをアルゼンチンが魅せたのなら違った展開に持っていけたかもしれないと思ってしまいましたσ(^_^;)
(これもあくまで個人の感想です。)

初出場のアイスランドには、歴史的なW杯での勝ち点1が記録されました!!

国の総人口がわずか33.7万人しかいないアイスランドがW杯で旋風を巻き起こすことを密かに期待しています(^ ^)/

あと余談ですが、アイスランドの代表チームの23人中22人の名前が○○ソンとなっていました。
旧ユーゴスラビアの○○ッチを思い出してちょっと笑ってしまった自分がいます。

唯一の例外選手は、控えのGKのフレデリク スクラム選手です。

次回、アイスランドの試合を観るときはその点も注意して観ると楽しさ倍増です!


スゴイ試合を魅せてもらった! W杯ポルトガル対スペイン戦

スゴイ試合を魅せてもらった気分です!!

W杯グループBのポルトガル🇵🇹対スペイン🇪🇸の試合のことです。

20180616053504734.jpeg
※画像はSportsnaviより

眠気なんて吹っ飛ぶほどのお互いの良さを出し切った、これぞW杯と言える試合でした!

スペインがテクニックの正確さ人の連動で魅せてくれれば、ポルトガルは怠らないプレスとここ一番のカウンターのスピードで魅せてくれました(^ ^)v

ポルトガルが2対1とリードして前半を折り返しましたが、後半15分までにスペインが追いつけばまだ分からないぞと思っていました。

しかし、スペインは後半15分までに2点を奪って試合をひっくり返します!

特にスペインの3点目のナチョ選手の右足ボレーシュートは、思わず「スゲーッ!」と声が出てしまうほどの素晴らしいものでした(^ ^)/

正直、「勝負あったかな〜」と思いましたが、後半残りわずかのところで得たゴール前のFKをC・ロナウド選手が見事に決めて、ポルトガルが土壇場で追いつき3対3のドローでした!!

サッカーを愛するみなさんは、この試合はハイライトではなく、ぜひ90分のフルタイムで観て欲しい試合です!!

こんな試合を魅せられたら、7月15日まで寝不足の日々が続いてしまいますσ(^_^;)

しかし、スゴイ試合だった!!


開始1分の河野選手のゴールが効いた! 天皇杯ホーム多度津フットボールクラブ戦レビュー

第98回天皇杯2回戦、ホーム多度津フットボールクラブとの対戦は7ー0の快勝で3回戦に駒を進めました!!

多度津戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

天皇杯の初戦は、相手チームに合わせてしまいぎこちない戦いをしてしまう印象が強かったのですが、河野選手が開始1分にゴールネットを揺らして、固さや緊張などと言うものを一気に吹き飛ばしてくれました(^ ^)v

結果的には、あの河野選手の開始1分ゴールが鳥栖の持ち味をスムーズに引き出すためには欠かせないゴールだったのだと思います!

前半10分までに2点を奪い「今日は何点取るのだろう!?」とワクワクしていたその後は・・・、
何本かつなげて押し上げたパスの最後の方がうまくつながらずにシュートまで持っていけない時間帯が続いてしまいます。

それを試合中に選手間でしっかりと修正して、後半のゴールラッシュにつなげたところに明るい未来を垣間見たような気持ちになりました!!

多度津フットボールクラブの10番FW三原選手はいい選手でしたね~!!
見せ場は少なかったですが、スピードも強さもあるところを私たちに魅せてくれました(^0^)/

試合終了後には、天皇杯恒例の相手サポーターへの挨拶がありました。
この清々しさが天皇杯ならではです!!

画像は、鳥栖のゴール裏に挨拶をする多度津フットボールクラブの選手たちです。

多度津挨拶

多度津フットボールクラブの選手たちに大きな声援と拍手が贈られました!
点差はつきましたが「ナイスファイト」だったと思います。


話はガラッと変わりますが、あの漢が鳥栖に帰って来ました!!

そう、豊田陽平選手が半年早く蔚山現代FCより鳥栖に帰って来てくれました。

豊田選手のコメントのこの部分にサポとして思わず涙しました。

「鳥栖のユニフォームを着る以上、勝利を手繰り寄せるために相手よりも激しく戦い、走り、諦めずに最後までプレーすることをお約束します。

サガン鳥栖ファミリーとの再会、楽しみにしております。

豊田は鳥栖のために。
鳥栖は皆様のために。」

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


試合の入りからしっかりとペースを掴むこと! 天皇杯ホーム多度津フットボールクラブ戦プレビュー

第98回全日本サッカー選手権大会、いわゆる天皇杯の2回戦が本日行われます。

J1のサガン鳥栖は本日からの登場です!

天皇杯チケット

W杯の中断期間でサガン鳥栖の試合欠乏症である私には恵の雨ならず恵の試合です\(^o^)/

対戦相手は香川県代表「多度津フットボールクラブ」です。

天皇杯初戦はいつも難しい試合になる印象です(>_<)
相手チームに合せてしまうような受けてしまうサッカーを鳥栖がしてしまうからでしょうか?

天皇杯はトーナメント方式の負ければ終わりの一発勝負です!

サッカーは番狂わせ、いわゆるジャイキリが起きやすいスポーツです。
試合の入りからしっかりとペースを掴み、相手の勢いをうまくいなすような試合をしたいですね!

仕事をしっかりと終わらせて、ベアスタに馳せ参じて後押ししたいと思います(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村