FC2ブログ

走り続ける 俺の誇りサガン鳥栖 信じて歌う ラララ勝利を目指し! ホーム札幌戦レビュー

2018年J1リーグ第12節、ホーム札幌戦は、1-2の悔しい逆転負けでした(>_<)

札幌戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

リーグ戦第12節が終了して順位はこうなっています。
10位 清水   勝ち点15  4勝3分5敗  得失点+1
11位 浦和   勝ち点15  4勝3分5敗  得失点±0
12位 湘南   勝ち点15  4勝3分5敗  得失点-2
13位 鹿島   勝ち点15  4勝3分5敗  得失点-4
14位 長崎   勝ち点14  4勝2分6敗  得失点-3
15位 G大阪  勝ち点13  4勝1分7敗  得失点-3
16位 横浜   勝ち点12  3勝3分6敗  得失点-4
17位 鳥栖   勝ち点8   2勝2分8敗  得失点-9
18位 名古屋  勝ち点8   2勝2分8敗  得失点-12

今シーズンに関しては団子状態なので、絶望的な数字ではまだまだありません!!

そして、昨日の札幌戦は、これまでの試合とは明らかに違っていることに気付いたはずです。
選手たちのプレーに気持ちがこれまで以上に込められていたことが見て取れました。

結果は伴いませんでしたが、上向きのキッカケになった試合だったと後で語られることになると思います。

ただ、福田選手の負傷退場が重症ではないことだけを今は祈ります。

試合後は、ゴール裏だけでなくメインもバックも多くのみなさんが「イ・ダレオ」を選手たちがロッカールームに消えていくまで歌い続け、手を叩きました!!

そのことについて高橋義希選手はインタビューで次のように応えています。

--試合後、鳥栖のサポーターが長く残ってチームコールを送っていましたが。
「あれを聞いて何も感じない選手はいないと思います。こんなサポーターはほかにいないと思います。サポーターのために頑張りたいです。」

サガン鳥栖の応援スタイルは、他のチームとは明らかに違います。
それは1994年の鳥栖フューチャーズ誕生から今までの歴史の中で培われてきた「鳥栖にしかできない応援スタイル」なのだと思います!!

私はゴール裏ではなくメイン3階B自由席で後押しをするサポーターですが、
コールリーダーの選択した「イ・ダレオ」を全面的に支持します!!

あの「イ・ダレオ」とその後の「カーニバル」は、私たちサポーターはどんなに苦しい時も選手とともに戦い続けることを高らかに宣言したものです!!

鳥栖サポーターとしての想いやプライドをまさに鳥栖サポーターにしかできない手段とやり方で選手に伝えたということです!!

6日のホーム清水戦は、知り合いの小学6年生のお子さんを連れて参戦します。

私たちサガン鳥栖は、きっとどこかのタイミングで反転攻勢を開始します!!
それが、次節の清水戦であることを強く信じて・・・。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


チャレンジャーとして、勝利への執念をみせよう!! ホーム札幌戦プレビュー

2018年J1リーグ第12節、ホーム札幌戦です。

アウェイG大阪戦から中2日の過密日程でもう試合を迎えます。

201805021243540e1.jpeg
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

ホーム札幌戦を前に自らの気持ちを奮い立たせるために2015年にやべっちFCで放送された「クラブヒストリーズ」のサガン鳥栖編を見返しました。

映像の中で自分の娘ぐらいの女の子が「サポーターの力で勝たせてみせます!」と言うシーンがあります。

彼女のセリフに自分のサポーターとしての矜持をもう一度胸に刻んで戦いを継続していこうと思います(^ ^)/


今日の試合は、ホームの地の利を活かして失敗を恐れずチャレンジャーとして札幌に立ち向かって欲しいですね!!

試合中の選手どうしの声かけ、前への組織としての連携と推進力、スペースを埋める走力、あと一歩の寄せ、仲間のための犠牲心、そして勝利への執念!!

誰がピッチに立っても勝利のための後押しを最後まで続けます!!

「味方がミスをしたり、シュートを外しても、あーと言わないで、低くうなるような声でうーと言って僕たちの背中を押して欲しい!」
G大阪の遠藤選手がパナスタ吹田のビジョンでガンバサポに提案していたことです。
今日は私は「うー」をやってみようと思います!

落胆の意思表示の「あー」ではなく、大丈夫、次はもっと行くぞの「うー」で選手を後押ししましょう!!

さぁ、顔をあげて気持ちを強く持ってベアスタに今から馳せ参じます!!

私は「サガン鳥栖が日本一諦めの悪いチーム」であることをすでに知っていますから(^ ^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


修正すべき距離感と連携。私たちには下を向いてる暇はない! アウェイG大阪戦レビュー

2018年J1リーグ第11節、アウェイG大阪戦は0ー3の完敗でした。

辛く長いトンネルを脱することはまだできていない状況です。

ガンバ戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

このパナスタ吹田への参戦で2つの夢を同時に叶えることができました(^ ^)/

一つは、できた時からずっと行きたかったパナスタ吹田のスタジアムに足を踏み入れることが出来たこと!!

パナスタ吹田

そしてもう一つは、ここ数年ブログのコメントでずっと繋がっていたガンバ大阪ブロガーのくにきちさんとの対面を果たすことができたことです(^ ^)v
GAMBAKA blog ~あの焼く音 あの味~

初めて会ったのに、昔からよく知っていたかのように会話が弾んだのは、サッカーという同じフィールドで地元のクラブを本気で支えている者どうしが感じる親しさからでしょうか?

くにきちさん、これからもよろしくお付き合いくださいσ(^_^;)

くにきちさん



さて、この試合では選手たちの気持ちが少し違いました!

練習前にゴール裏に挨拶に来た時にサポーターの前でエンジンを組んで気持ちを表してくれました。

練習前のエンジン

しかし、結果を手繰り寄せることは残念ながらできませんでした。

この試合は、サッカー素人の私が観てもわかるくらいに選手間の距離と連携が取れていないように感じました(>_<)

選手間の距離が遠くガンバの選手の寄せも早いので苦し紛れのパスミスでボールを失ったり、囲まれてボールを奪われるシーンが散見されました。

前線と中盤の間のスペースを遠藤選手に楽々と前を向いて使われていたし、中盤と最終ラインの間も藤本選手がボールを散らすのに十分なスペースがありました。

そのことは、選手間の声かけと少しの勇気で明日からでも修正ができると信じています!!

FWの趙東建選手が脳震とうで後半途中に負傷退場になりました(泣)
しばらく休ませないといけないでしょう!

ゆっくり休ませてあげたいと願う自分と大変な時期だから早く戻って来てと願う自分が心の中でゴチャ混ぜ状態になっています。

悲しいかな私の気持ちの余裕のバロメーターが減って来ているのかもしれません(;д;)

明日にはもう札幌とのリーグ戦がやって来ます。

下を向いたり、文句を言ってる暇などありません!!
サポとして戦いを継続するしかありません!!

みんなが渇望している「勝ち点」や「勝利」や「サガン鳥栖らしさ」をホームで手繰り寄せましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村