FC2ブログ

沖縄キャンプに行って来ました! その2 連携を高める練習に期待大と沖縄料理!

沖縄キャンプに行って来ました! その1 からの続きです(^o^)/

読谷村の「座喜味城跡」からレンタカーで5分ぐらいで読谷村陸上競技場に着きました。

陸上競技場のすぐ横に車をとめて、観覧スタンドに向かいます。

読谷陸上競技場

画像では、観覧に来ている鳥栖サポが少なそうに見えますが、本当に少なかったです(泣)

すでにフィールドプレーヤーは集団でランニングをしていました。
ゴールキーパー陣はゴール前で練習の準備をしていました。

1月27日(土) 午後の練習メニューの一覧です!
①ランニング
②リフティングとドリブル
③いろいろなダッシュの繰り返し
④ワンタッチパスの練習
⑤選手を入れ替えながらの攻撃練習
⑥10対10の鳥かご
⑦ハーフコートでの試合形式練習(木谷コーチ、チョンフンコーチも参加)
⑧キーパーは別のトレーニング(⑤と⑦にはキーパーも一緒に参加)

⑤の攻撃練習では、水野選手の好調さと技術の確かさ、田川選手と福田選手の元気さと明るさが私の目を引きました。
あと伊藤選手には密かに期待をしています!!

⑦の2チームに分かれての試合形式の練習には、木谷コーチとチョンフンコーチも参加しての練習でした。
ハーフコートなのでみんなが入り混じっての練習ですが、吉田選手と水野選手だけは坊主頭ですぐに分かりますね~(^0^)v

練習風景

ところで、1月27日の午後の練習に参加していない選手もいました。
別メニューで調整中の選手もいました。
しかし、オフィシャルHPでは赤星選手以外の情報は明らかにしていませんので、私もブログでそのことを書くことはしないこととします。
それがクラブが求めているサポへのスタンスだと思っていますから・・・

16時30分過ぎに1月27日の午後の練習もケガなく無事に終了しました!
練習終了の全体での挨拶風景です\(^o^)/

練習打ち上げ

練習が終わって、バスに乗り込む選手たちを出待ちするサポーターとサポーターに笑顔で対応している選手たちのサービス精神に改めてサガン鳥栖ファミリーの素晴らしさを実感させられました。

バス待ち1
バス待ち2
バス待ち3
バス待ち4

U-18の藤松君(びわこ成蹊スポーツ大進学決定)が出て来たときに、知ってか知らずか「サインお願いします!」と声がかかり、「僕、高校生ですけど・・・」と申し訳なさそうに言う藤松君の謙遜した態度に思わず笑みがこぼれました(^0^)

選手たちがバスでホテルに帰った後に、読谷村キャンプ限定販売のピンクのタオマフが1つだけ残っていました。
買おうかどうしようか迷っていると、私たちより少しご年配のご夫婦サポさんより「これが最後の1枚らしいですよ! もう(残波岬ロイヤル)ホテルには売っていませんでしたよ!」とアドバイスをいただいたので、限定タオマフの最後の1枚をゲットしました(^0^)/

読谷キャンプ限定タオマフ

夕暮れの読谷村陸上競技場を後にして、宿泊先の那覇ビーチサイドホテルへと戻ります。
その名の通り、部屋の窓からオーシャンビューのホテルでした!

夜になって久茂地(くもじ)辺りの沖縄料理が食べられる居酒屋に向かいました。
観光客がほとんど行かないような、通りを1~2本奥に入った隠れ家的な「まんたん」というお店に飛び込みで入りました。

居酒屋まんたん

嫁と二人でラフテー、ポークと玉子、ジーマミ豆腐、ソーミンチャンプルーを肴にオリオン生ビールをグビグビっと飲んで目的の二番目を無事に達成できました(^0^)/
オリオン生ビールの画像を撮り忘れたのが、この旅行での私の最大のチョンボです(;д;)

らふて~
ポークと卵

ホテルに戻る前に県庁前のファミリーマートに立ち寄ると・・・
沖縄だけではまだ販売されている松山容子さんが描かれた「ボンカレー」を見つけて、大はしゃぎの私たちでした(^0^)

松山容子のボンカレー

そして、沖縄の夜は更けていくのでした・・・。

1月28日(日)の首里城跡周辺ののんびり観光は、「沖縄キャンプに行って来ました! その3」に続きます。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



沖縄キャンプに行って来ました! その1 お昼ごはんと座喜味城跡観光

1月27~28日の土日に嫁と二人で沖縄に行って来ましたo(^0^)o

沖縄旅行の目的は、
①読谷村で行われているサガン鳥栖キャンプを視察すること。
②オリオン生ビール片手に沖縄料理を楽しむこと。
③世界遺産の座喜味城跡と首里城跡等をのんびり観光すること。
の3つでした。

今回のブログは、福岡出発から戻って来るまでを数回に分けて、画像多めでアップしていこうと思います。

福岡空港から那覇空港までは、日本トランスオーシャン航空でひとっ飛びです(^0^)/

福岡出発

JTAの飛行機の両翼には、社員の方がデザインしたイリオモテヤマネコのキャラクターが描かれており、空の上で私たちの目を楽しませてくれました!

イリオモテヤマネコ

那覇空港に到着後、すぐにレンタカーを借りて読谷村を目指します。
15時から始まる練習の前にお昼ごはんと読谷村にある世界遺産の「座喜味城跡」を観光するために豊見城・名嘉地ICから沖縄南ICまで高速道路を使いました!

沖縄道は特別割引が適用されていて、豊見城・名嘉地ICから沖縄南ICまで30kmぐらい距離があったのですが、なんと料金は370円しかかかりませんでした!!

沖縄道

アメリカ軍の嘉手納基地の横をず~っと走って読谷村に入り、2年前に来た時もお昼ごはんを食べた「活味さん」で「とり天ぷら半そばセット」750円也をITADAKIました。

活味さん

とり天ぷら半そばセット750円

ちなみに嫁は「ごーやーちゃんぷるー定食」600円也! 
両メニューともにかなりのボリュームでした(^o^)v

昼食後、2年前に来た時は暴風雨で観光を断念した世界遺産「座喜味城跡」を念願の観光です!!

座喜味城址公園

世界遺産なのに観光客はまばらです。
しかし、その分静かに落ち着いて約600年前から今に続くこの城の歴史に想いを馳せることができました。
くもり空でなく晴れていればどんなに素晴らしい景色を体験することができたでしょう・・・。
それは次回のお楽しみに残しておきましょう!!

座喜味城1

座喜味城3

座喜味城2

「座喜味城跡」は、サガン鳥栖の読谷村キャンプに行かれる方には、合わせて絶対におすすめしたい隠れた観光スポットです!
しかもこの時期には、座喜味城跡公園の駐車場の横に緋寒桜(ヒカンザクラ)が見事に咲いています(^0^)/

緋寒桜

静かにたたずむ「座喜味城跡」の観光を終えて、いよいよこの旅の一番の目的であるサガン鳥栖キャンプの視察に向かいます!

午後の練習開始の15時ちょうどに読谷村陸上競技場に着きましたが・・・
文章が長くなってきたので、この続きは「沖縄キャンプに行って来ました! その2」へと続きますσ(^_^;)

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


ついに、ここまで来たのか~!! アヤックスとのパートナーシップ!

1月25日の夜、私にとってはビッグニュースが舞い込んで来ました!

あのオランダの名門『アヤックス』とサガン鳥栖がパートナーシップを結んだというものです\(^o^)/

アヤックスと提携
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

サガン鳥栖オフィシャルHPにはこのように書いてありました。

サガン鳥栖とアヤックスは、3年間のパートナーシップを結びました。
サガン鳥栖はアヤックス及びアヤックス・コーチングアカデミー(ACA)のサポートのもと育成アカデミーのシステム、指導者、選手のレベルアップを行います。本パートナーシップでは、日本にアヤックス・コーチングアカデミーのスタッフが、年間数回に渡りサガン鳥栖を実際に訪問してサポートします。

しかも調印式の画像に、竹原社長とアヤックスのファン・デル・サールCEOの姿が・・・
私ぐらいの年代にとっては懐かしさの方が大きいかもしれませんね(^-^)/

しかし、見事なまでの身長差がかえって清々しいです(´∀`*)

ちなみに私は当時のアヤックスではクライファートが大好きでした\(//∇//)\

さて、明日からの沖縄読谷村へのキャンプ視察の準備を始めましょうかね(^0^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


今シーズンの日程発表! 今年はどこに行けるかなσ(^_^;)

1月24日17時に2018年シーズンの日程が発表になりました(^0^)/

事前に嫁と二人で今年行きたいスタジアムはどこ? という相談をしていました。
結果は・・・
1位 吹田スタジアム(2年越しの夢)
2位 IAIスタジアム(晴れた日のデーゲーム希望)
3位 金鳥スタジアム(アクセスの良さはベアスタ並)
4位 鹿島スタジアム(一度は行ってみたい)
5位 トランスコスモススタジアム(実は一番近いアウェイ)

この中のいくつに行けるかなぁ~(^0^)/
他のスタジアムにも行きたいなぁ~(^0^)v

ということで、まずは、今シーズンのサガン鳥栖の日程表です!

リーグ戦
ルヴァン杯

アウェイで水曜日と日曜日の開催が決定している試合が、現段階ですでに7試合(>_<)
日程が決定していない7試合のうち数試合は日曜日開催がありそうですね~。

単純に考えてアウェイの試合の半分が参戦が難しい水曜日と日曜日開催は、アウェイにもたくさん参戦したいと思っている私にとっては「何だよ、も~っ!!」てな感じです(>_<)

これから参戦できるアウェイをじっくり考えていきたいと思います。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


キャンプレポートに誘われて、沖縄県読谷村へ!

サガン鳥栖オフィシャルサイトで毎日「2018読谷村キャンプレポート」がアップされています(^0^)v

毎日の午前の練習、午後の練習、練習後と1日3回もアップされています!
毎回すごくすごく楽しみにしていますが、どうしてもどうしても実際のキャンプ風景を観たくて・・・

1月27~28日に沖縄県読谷村のサガン鳥栖キャンプ地へ嫁と二人で行くことにしました!!

読谷村

2年前に沖縄県読谷村のサガン鳥栖キャンプに行ったときは、ものスゴイ雨と風でキャンプをまともに観ることができず仕舞いでしたので、今回はぜひしっかりキャンプを視察したいと思っています。

Yahooの天気予報によれば、1月27日の沖縄県読谷村はくもりで気温は最高21度、最低15度とのこと!
1泊2日の強行軍ですが、しっかり選手たちの状況を観て来たいと思います(^0^)/

キャンプレポートと沖縄プチ漫遊記も必ずアップしたいと思いますので、お楽しみに!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


恒例の2018年J1順位予想をしてみました!

各チームのキャンプもおおむねスタートして、移籍情報もほぼ落ち着いたこの時期に、毎年恒例の2018年J1リーグの順位予想を行います。

あくまで個人の勝手な順位予想ですので、異論は受け付けますがクレーム対応はいたしませんσ(^_^;)

それでは考え抜いた今年の順位予想とその理由です!!

01位:川崎フロンターレ 昨年の強さがさらに増している。攻守ともにスキなし。
02位:鹿島アントラーズ 主力はそのまま残り、川崎の一番の対抗馬。
03位:柏レイソル ACLはあるが、ピンポイントで補強ができているので崩れない。
04位:セレッソ大阪 噂の杉本、柿谷、ソウザが残り尹体制2年目も勝負強いだろう。
05位:ジュビロ磐田 堅守は今年も続くだろうが、序盤で波に乗れないとひょっとするかも。
06位:サガン鳥栖 主力はそのまま残り、フィッカデンティ監督3年目のポイントはアウェイでの勝利数。
07位:浦和レッズ 手堅く補強はできたと思うが、今年も勝ち切れない試合が多い気がする。
08位:FC東京 長谷川監督が吉と出ると予想。それでも中位。
09位:コンサドーレ札幌 主力はそのまま残り、何とかなると予想。ただし爆弾はミシャの戦術とジェイの反乱。
10位:ヴィッセル神戸 メンバーと成績がこれほど反比例するチームの根本は未解決。
11位:サンフレッチェ広島 補強はかなりできたけれどCBの補強できずがアキレス腱になる。
12位:ベガルタ仙台 三田の穴は庄司で埋まる。ただし、点取り屋が足りないか。
13位:ガンバ大阪 クルピ監督には期待するも補強が明らかに足りない。中盤の駒が足りない。
14位:横浜Fマリノス 監督交代、両翼をもがれた、補強も厳しい、故にこの位置。
15位:湘南ベルマーレ J2優勝チームの力と曺監督の継続性の力。
16位:名古屋グランパス 守備の手当てができないまま。攻撃も未知数で厳しい。
17位:V・ファーレン長崎 戦力のレベルを組織力で補って欲しいが厳しさは否めない。
18位:清水エスパルス 攻守ともに補強のレベルが足りない。それに尽きる。

この順位予想を見て「なんで鳥栖サポなのに、「ITADAKI」を目指さないんだよ~」というご意見にだけお答えしておきます。

鳥栖サポの美徳の一つは、ズバリ、謙虚さです!!

鳥栖サポは、この謙虚さを絶対に忘れてはいけないなぁ~と私は思っています!!

個人的には、
まずは残留確定を!
次に勝ち点51点達成を!(1試合平均勝ち点1.5点以上)
その次にファミリーみんなで「ITADAKI」を!

私たちは、ひたすらに謙虚に、でも熱く熱く選手とともに戦うのみです(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


「ITADAKI」 新体制発表会に行って来ました!

2018年1月14日(日)、鳥栖市民文化会館で新体制発表会がありました(^o^)/

Jリーグのサポーターにとっては、ここが第1の新年です!
そして、第2の新年は「開幕戦」になります!!

サポ仲間は、昨年のホーム最終戦、シーズン最終戦以降、年が明けて初めて顔を合わせます。
そのために「おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします」という会話が新体制発表会の会場のあちこちで聞かれます。

13時過ぎに会場に入場した後に、すぐにぜんざいと豚汁の振る舞いコーナーに向かいました。

振る舞いコーナーには、サガン鳥栖の選手がいて、ぜんざいと豚汁を渡してくれました。

最初にぜんざいコーナーに並びましたが、高橋(祐)選手、安在選手、原川選手の3人が並んでいます。
嫁はイケメンであるというその1点で、高橋(祐)選手の列に並びました。

私は「ぜんざい」は「あんざい」からもらわなきゃという使命感に燃えて、安在選手の列に並びました(^0^)

安在選手

ちなみに、嫁が並んだ高橋(祐)選手です。
今までの鳥栖にはいなかった超がつくほどの「イケメン」です!

高橋選手

頂いた「ぜんざい」と「豚汁」です。
スポンサーの花やしき様が提供してくれました。感謝、感謝ですm(_ _)m

ぜんざい
豚汁

ぜんざいを振る舞う選手が、途中で高橋(祐)選手から三丸選手に変わりました。
イケメンの高橋(祐)選手を目当てで並んでいた女性陣から交代時に「え~っ」という声があがったことは内緒ですσ(^_^;)

いよいよ新体制発表会が始まりました。

まずは、昨年末の高円宮杯で優勝したサガン鳥栖U-15のセレモニーがありました。
改めて、おめでとう! サガン鳥栖U-15のみんな!!

U-15セレモニー

次はお楽しみの新ユニフォームの発表です!!

いきなりせり上がりで登場するとは思わなかったので、その演出に度肝を抜かれました!

新ユニお披露目

モデルは、吉田選手(1st)、高橋(義)選手(2nd)、赤星選手(1st)、権田選手(2nd)、辻選手(3rd)です。

そして選手発表は、例年のように背番号順に会場の後方から選手が順番に登場します。

30番のファンティーニ燦選手が紹介されたときに、次の登場者としてなんとスーツ姿のイバルボ選手が登場!
契約更新がまだ発表されていないイバルボ選手のサプライズ登場に会場はヤンヤヤンヤの大喝采です!!

選手とスタッフが一堂に壇上にあがると橋本市長の挨拶にミステルの挨拶と続きます。

監督挨拶

そのミステルの挨拶で、吉田キャプテン、高橋(義)副キャプテン、原川副キャプテンが発表され、新加入の選手がまだ交渉中であることが報告されました。
しかし、私がミステルの挨拶で一番注目したのは、蔚山現代に1年間の武者修行に行った豊田選手に言及したときでした。

豊田選手へのリスペクトと成長して来年鳥栖に帰って来て欲しい想いがヒシヒシと伝わってきました。
豊田選手は、この1年間の武者修行でもう一段階スケールアップして、来年の新体制発表会には登場してくれる確信めいたものを私は感じました(^0^)v

そして、その後は選手を3つのグループに分けて、トークセッションです!

第1セッション
第1セッション
高橋(祐)、原川、福田、河野、安在、伊藤、石川、水野、三丸の各選手

第2セッション
第2セッション
ミンヒョク、ドンゴン、スンヒョン、ヨンウ、ファンティーニ、イバルボ、小野、権田、三丸の各選手

第3セッション
第3セッション
赤星、池田、藤田、辻、高橋(義)、吉田、谷口、小林、三丸の各選手

ちなみに、三丸選手はピッチ内外で昨年の自分を越えるためにすべてのセクションで登場し、フラメンコのステップも披露してくれました(^0^)/

最後に、選手が再度整列して、吉田キャプテンの挨拶で新体制発表会は終了となりました。
キャプテン挨拶

選手もスタッフもクラブもサポーターもファンも2018年は「ITADAKI」目指してともに戦いましょう!!

頂

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


サガン鳥栖在る限り、17の誇りを胸に!

1月7日は、サガン鳥栖に関わる人たちにとって特別な日です。

佐賀県にプロサッカーチームを誕生させるために奔走された坂田道孝先生の命日です。

坂田先生が旅立たれた日から18年の歳月が流れ、今やサガン鳥栖はJ1で戦い続けるチームへと成長しました。

毎年この日に思いますが、空の上からきっと坂田先生は、サガン鳥栖の成長とそれに大なり小なり関わっている私たちを目を細めて見ていてくれているだろうと・・・

2018年も私たちにサガン鳥栖という宝物を残してくれたことに感謝し、坂田先生の意思を引き継いでいくことを心に誓います。

サガン鳥栖 在る限り、17の誇りを胸に!
17

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


豊田選手の武者修行を支持するし、後押しする!!

1月4日の朝、布団の中で携帯を操作して「さっかりん」をチェックすると

サガン鳥栖豊田選手が蔚山現代にレンタル移籍の文字・・・

西日本新聞
※画像は1月4日付西日本新聞より

「さっかりん」は西日本新聞のスポーツ記事を伝えていました。

鳥栖豊田 韓国移籍へ
蔚山に1年間の期限付き
勇気がいることだけど、立ち止まりたくない。
長男にはある程度いい姿を見せられているが下の子には見せられていない。
「鳥栖にタイトル」思い変わらぬ
竹原社長:残り1年の契約を見直して新たな複数年契約を結んだ上で送り出す。

これだけで私はすべてを受け入れることができました!

そして、サガン鳥栖公式のコメントもゆっくりと噛みしめるように読みました。

クラブ、ファン、サポーターの皆様の存在が私にとって特別なものだったからです。
サガン鳥栖と決別するという意味合いはもちません。
努力を惜しまず豊田陽平らしく最善を尽くしつづけることを約束します。

このコメントを読んだ時の正直な想いは、豊田陽平と言う人間の誠実さとサガン鳥栖愛の深さ。
その豊田陽平の想いに応え続けようと思うサガン鳥栖サポとしての自分の覚悟でした。

また、竹原社長のサガン鳥栖をどこに導こうとしているかのビジョンもヒシヒシと受け入れることができます。

これだから「サガン鳥栖はやめられない!」

豊田選手を後押しするために、何十年振りにパスポートを申請しよう!
韓国、蔚山に1度は行ってみよう!!

サポーターである私は、サガン鳥栖の今と未来を信じます。
サガン鳥栖の今と未来を信じ続けることができるのは私たちサガン鳥栖サポーターしかいない!!

そして、サガン鳥栖の歴史は脈々と綴られて、未来へ続いていく!!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


今年こそ「堅忍不抜」の1年に! 新年の想いを強く、深く!

サッカーを愛するみなさん、とりわけサガン鳥栖を愛するみなさん、明けましておめでとうございます!!

1月1日の天皇杯第97回全日本サッカー選手権大会は、セレッソ大阪の優勝で幕を下ろし、新たな2018年のJリーグの歴史がスタートしました(^0^)/

毎年、天皇杯決勝を自宅で観戦していますが、「来年こそはサガン鳥栖がこの舞台に立ち、元日に選手たちとともにあの場所で戦いたい」という想いが強くなっていきます!!

天皇杯の決勝とは、Jリーグと自ら後押しするクラブを愛するものとして「羨望と屈辱」を同時に味わう数少ない機会だと思います!!

そして、私にとっての「一年の計」は、久留米市北野町の「北野天満宮への初詣」と佐賀県鳥栖市の「ベストアメニティスタジアム詣」にあります(^0^)v

それを1月2日の今日、行って来ました!!

「北野天満宮」へは、私と嫁、娘たち、孫たちの6名で行って来ました。

北野天満宮1

出店もたった3軒しか出ていないこじんまりした天満宮ですが、「北野」の名の通り、太宰府よりも先に菅原道真公を祀った由緒ある天満宮です。

北野天満宮2

一家で初詣を済ませ、みんなは北野駅から西鉄電車で福岡に帰りますが、私は途中から別行動です。

「俺は、ちょっと鳥栖に寄ってから帰るけん!」という一言に・・・、「どうせ、ベアスタやろ?」という嫁の何でもお見通しの一言!

嫁は、新春の三箇日に私が毎年ベストアメニティスタジアムに今年一年の活躍祈願をしに行っていることを知っています。

西鉄電車で西鉄久留米駅まで行き、西鉄バスに乗ってJR久留米駅へ、そこからJR九州の電車で鳥栖駅へ!

鳥栖駅からは、虹の橋を渡って、ベアスタをゆっくりとグルッと一周回ります(^0^)/

ベアスタ1

ベアスタ3

ベアスタ2

「今年はもっともっとサガン鳥栖が活躍しますように!!」を1周回る間に3回言いました!!
リーグ戦とルヴァン杯と天皇杯の分ですσ(^_^;)

「J1にずっと居続けて欲しい」というのが一番の願いですが、リーグ戦で5位以内か、カップ戦のどちらかを獲るということをささやかですが、青白き炎のような想いとして今年1年持ち続けていたいと思います。

ロアッソ熊本サポから贈られたあの言葉をもう一度胸に刻み、「堅忍不抜」の努力で2018年をともに戦い抜こう!!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村