FC2ブログ

ありがとう2017年、よろしく2018年!!

大晦日の今日で2017年はおしまいです。

一年間、みなさん本当にお疲れ様でしたm(_ _)m

大晦日の今日に、今年のシステム手帳をペラペラとめくって、2017年を改めて振り返りました。

私のシステム手帳には、2017年のリーグ戦、カップ戦(ルヴァン杯、天皇杯)の成績、選手の契約更新日、進めなかったルヴァン杯のNOステージ、POステージ、準決勝、決勝と進めなかった天皇杯のラウンド16、ラウンド8、準決勝、決勝の日程が書き込まれています。

今年、後押しに行ったアウェイの旅程も書き込まれています。
中銀スタ(甲府)、エディオンスタ(広島)、デンカスタ(新潟)、札幌ドーム(札幌)の4回の参戦でした。

2018年は、どんなドラマが私たちを待っているのか今からワクワクです!

2018年のシステム手帳には、1月14日の新体制発表会とリーグ戦の開幕戦と最終戦の日程とルヴァン杯の準決勝までの日程がすでに書き込まれています(^ ^)v

1月27〜28日に読谷村キャンプ視察も書き込みました(^ ^)/

2017年よりさらに明るい未来にするために私たちサガン鳥栖サポーターがいます!!

今思っているよりもっといい2018年に!

サッカーを愛するすべてのみなさん、サガン鳥栖サポ・ファンのみなさん、どうぞよいお年をm(_ _)m

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



サガン鳥栖U-15のみんな、おめでとう! そしてFC東京U-15深川も素晴らしかった!

高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会は、サガン鳥栖U-15の優勝で幕を閉じました!

サガン鳥栖U-15は、夏に行われた第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会に引き続いて2冠の偉業を達成しました!!

高円宮
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

サガン鳥栖U-15の選手のみんな、本当におめでとう(^0^)/

そして、田中監督はじめコーチングスタッフのみなさん、選手の保護者のみなさん、ユースサポーターのみなさん、竹原社長、本当におめでとうございます!!

しかし、試合は手に汗握る激戦を両チームともに繰り広げたと思います。

前半2分この大会無失点だったFC東京U-15深川のゴールマウスを田中禅君のゴールでこじ開けてサガン鳥栖U-15が先制に成功します。

しかし、前半37分にFC東京U-15深川の青木君の見事なループシュートが決まって、試合は振り出しに戻ります。

鳥栖が押し気味に試合を進めていると思っていましたが、試合はそのまま延長戦に突入します。

そして、延長後半の96分にFC東京U-15深川の常磐君が頭で押し込んでゴールを奪われた時には、正直負けを覚悟しました。

しかし、延長後半アディッショナルタイム2分に延長後半から投入された坂口君がFKのこぼれ球を押し込んで起死回生の同点弾を奪い、サガン鳥栖U-15が追いつきます。

西が丘という相手のホームに近い状況で「日本一諦めの悪いチーム」というサガン鳥栖に受け継がれる「魂」をユースのみんなが魅せてくれたことだけで感動モノでした(T_T)

そして、鳥栖はGKを田中君から永田君に替えてPK戦に臨みます。

両チーム5人目までは全員成功。
6人目は両チームともに失敗。
そして、FC東京の7人目を永田君が止め、鳥栖の7人目の坂口君が決めて、激戦を制しました!!

結果は、サガン鳥栖の勝利でしたが、FC東京U-15深川の青木君や熊倉君など将来の日本代表を担う若者にも感動をもらいました。

若い世代の選手たちがもっともっと羽ばたける環境をJFAは整備してあげてください!!

夏にも同じことを言ったけれど、サガン鳥栖U-15のみんな、胸を張って鳥栖に帰っておいで!!

U-15だけでなく、U-18もU-12もサガン鳥栖のユース世代がこれだけ感動を与えてくれることに感謝です(^0^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


ありがとう、リッキー! また会う日まで! 再び

1年間のうちに同じタイトルのブログを2度も書かなければいけないことに深い悲しみとショックが今の私にはあります。

12月27日にオフィシャルより「高嵜理貴GKコーチの契約満了ならびにギラヴァンツ北九州GKコーチ就任のお知らせ」が発表されました。

高嵜理貴コーチ
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

1度目のブログは、8月15日に書いたコレです。

  ありがとう、リッキー! また会う日まで!

このときは一時休養とその後の海外研修が発表されました。

今回はサガン鳥栖との契約満了ですので、夏の発表時より悲しみとショックが大きいです。

練習中に誰よりも大きな声を出してチームを鼓舞してくれたこと。
試合前のゴール前確認後にB自由席からの私たちのかけ声に必ず立ち止まって頭を下げてくれたこと。
2011年のJ1昇格をほぼ手中にした徳島決戦後に男泣きしてくれたこと。
2015年に奥田選手が鳥栖を離れるシーズン報告会で奥田選手のために泣いてくれたこと。
などなど・・・

数えきれないいろいろの思い出が、GKコーチの理貴さんにはあります。
本当に本当にありがとうございました。

理貴さんはサガン鳥栖を離れてしまいますが、サッカーの世界では当たり前にあることです。
新天地のギラヴァンツ北九州での活躍を祈念しています(^0^)/

ミクスタに後押しに行きますので、また大きな声でチームを鼓舞している姿を見せてください。

ありがとう、リッキー! また、会う日まで!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


サガン鳥栖U-15あと1つ、2018年は読谷村キャンプに行けるかも!

サガン鳥栖U-15が参加している「高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会」は、準決勝で昨年3冠の清水エスパルスジュニアユース(東海1位)を1-0で下し、決勝戦にコマを進めました!!

高円宮杯U-15
※画像はJFAのHPより

決勝戦は、2017年の2冠を目指してFC東京U-15深川(関東2位)と戦います(^0^)/
ここまで来たらあと1つ! 思いっきり暴れまわって、今年2つめのタイトルを勝ち取って欲しいと思います!!

また、サガン鳥栖U-12も第41回全日本少年サッカー大会において、本日の1次ラウンドで柏レイソル(千葉県)を1-0で、FCレスター(岐阜県)を7-0で下しています!

この時期にサガン鳥栖ユースの試合で一喜一憂できることは、本当に素晴らしいことだと思います(^0^)v

そして、12月26日に2018年の読谷村トレーニングキャンプのスケジュールが発表されました。

読谷キャンプ情報
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

新体制発表後、すぐに読谷村キャンプに出発するスケジュールになっています。
しかも、2018年のスケジュールならば、読谷村キャンプを観に行けるかもしれない!!

私のJALのマイレージポイントが1万ポイント以上あるから「おともdeマイル」が使えるな~(^0^)v
嫁に相談してオッケーが出れば、急いで航空券と宿泊先とレンタカーをネット予約しなくては・・・

2018年1月後半にいきなりビッグなお楽しみ企画ができそうです(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


サガン鳥栖U-15あと2つ! 久留米ラーメンと美味しい馬肉はいかがですか?

2017年12月24日です。
街はクリスマスイブで賑わっているかもしれませんが、私は年末の日常を淡々と過ごしています( ̄^ ̄)ゞ

今日のテーマは3つです!!

1つ目は、高円宮杯第29回全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会の準々決勝をサガン鳥栖U-15のみんなが勝ち抜けることができるか!

2つ目は、私は福岡県久留米市出身なので12月中に1回は「久留米ラーメン」を食べておかないと禁断症状を起こす!

3つ目は、七面鳥の替わりに安くて美味しい「馬刺し」をクリスマスイブに食べたい!

まず、U-15の全国大会の話です。
結論からお伝えすると、東海地区4位の「FCフェルボール愛知」を5-2で下して、ベスト4(準決勝)へコマを進めました(^0^)/
IMG_8061.jpg
※画像はJFAのHPより

次なる相手は、昨年の3冠東海1位の「清水エスパルスジュニアユース」です。
しかし、ここまで来たらどこのチームも強豪チームです! 
U-15の主力選手は毎年入れ替わっていきますので、名前負けせずにチャレンジャーとして思いっきりぶつかっていって欲しいと思います。
そして、夏の大会に続いて決勝にコマを進めて欲しいと思っています!!

2つ目は、我が郷土の「久留米ラーメン」についてです(^0^)v

とんこつラーメンは、いまや博多ラーメン(長浜ラーメン)が本家のように思われていますが、とんこつラーメン発祥の地は福岡県久留米市です!!

しかも、博多ラーメン(長浜ラーメン)と久留米ラーメンは同じとんこつラーメンでも似て非なるものです!!
(これを語り始めるとかなり長くなりますので今回はコンセプトのみ説明します)

とんこつスープがより濃厚で、スープに絡む中太麺を使用している「久留米ラーメン」が私の絶対的一押しです!!

大栄ラーメン

合わせて言えば、久留米ラーメンには「替え玉」はありません。(今は替え玉を導入している店もありますが、スープのコクを考えれば替え玉はすべきではありません。最初から大盛を頼んでください)
そして、久留米ラーメンはスープに絡む中太麺を使っていますので、「硬め」などという麺の硬さの選択は本来ありえません!!
麺の硬さは、久留米ラーメンのスープと麺の美味しさを一緒に味わうために必ず「普通」にしてください。
(博多ラーメンならば、どうぞ好きな麺の硬さを選んでください。スープに絡まない細麺ですので、麺とスープを別々にお楽しみください)

3つ目は、馬肉の専門店「ミートのがみ」さんについてです。

馬肉と言えば熊本ですが、福岡県うきは市(福岡県久留米市の東隣の自治体)に安くて美味しいという馬肉の専門店があります。

クリスマスイブの夕食に馬刺しと馬肉の肉じゃがというメニューをリクエストして、そのための材料を車で1時間半かけて嫁と一緒に買いに行きました!!

こちらが「ミートのがみ」さんの店構えです。
IMG_8058.jpg

福岡の県道80号線沿いにある一見すると何の変哲もないお店ですが、馬肉に関しての新鮮さと品揃えに関しては、私の記憶では福岡県では右に出るものはいないと思っています!!(あくまで個人の感想です)

本日、購入した馬肉は3種類です!
普通は「馬刺し」という単品でしか注文しかできませんが、ここでは馬刺しは部位で選択・注文ができます!
本日は馬刺しとして「ロース」と「バラ」の部分を肉じゃが用として「切り出し」の上を注文しました(^0^)/

馬肉

「ロース」より「バラ」の方が歯ごたえとしてはあり、「切り出し」は牛肉のようにホロホロとした柔らかい歯ごたえの肉です!
匂いも臭みも全くない無茶苦茶美味しい馬肉でした!!!

IMG_8057.jpg

年末に帰って来る予定の娘と孫たちにもぜひ「ミートのがみ」さんの馬肉を食べさせてあげたいと思いました(^0^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


青木選手ありがとう! そして熊本での活躍を期待します!!

12月21日(木)にオフィシャルで青木選手のロアッソ熊本への完全移籍が発表されました。

事前に熊本日日新聞に掲載されていましたので覚悟はできていましたが、いざ発表されると寂しさが押し寄せますね。

1年半という短い期間でしたが、鳥栖に「勝者のメンタリティ」を植え付けてもらえたと思っています。
そして、後半途中からの5バックの守備は、やはり抜群の安定感でした!!

長いJリーグの歴史の中でJ1通算400試合を達成している選手はまだ18人しかいません!!
そのような偉大な記録をサガン鳥栖の選手として達成してくれたことに感謝いたします。

そして、契約更新を辞退してまで、次なるチャレンジを目指す青木選手を私は応援したいと思います!

近い将来に「あの時の熊本との約束を果たすため」の救世主となってJ1のステージで再会しましょう!!

ありがとう! No.35 DF TAKESHI AOKI!!

青木
※画像はGetty Images for DAZN より

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


来年もサガン鳥栖を夫婦で後押しできる幸せ!

2018年度のドリパスを夫婦揃って更新しました!

ドリパス
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

私は1stレプユニの「17」番と決めているので、ドリパスと同時に申込完了!

嫁は2ndレプユニなのでオフィシャルからの発売案内があるまでちょっと待つことに・・・。
背番号はお悩み中だそうですが、キーパーユニが発売されるなら2ndレプユニは止めてキーパーユニの「33」にするそうです!

来年も夫婦揃ってサガン鳥栖を後押しできることは幸せなことです!!

早く2018年2月24日(土)にならないかな~(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


サガン鳥栖の2016年と2017年の比較から来年の課題を考える!

2017年シーズンは8位でフィニッシュしました。
2016年シーズンは11位フィニッシュだったことを覚えている鳥栖サポのみなさんも多いと思います。

昨年と何がどのくらい違っていたのか、少しだけ振り返ってみたいと思います(^0^)/

まずはざっくりと総合的な比較を・・・
新しい画像

勝ち点の差は、47点(2017年)と46点(2016年)で実は1点しかありません!

勝敗も五分五分の似たり寄ったりの成績だったと思います。

得点が2016年より5点増えていることは喜ばしいことです。
しかし、失点が2016年より7点も増えています(>_<)

たらればで恐縮ですが、失点数を昨年並みに抑えることができていれば、あと2~3勝上積みができていたかもしれません。

では、得点をとった選手と点数についてみてみたいと思います。
得点ランキング

2017年のトップスコアラーは、原川選手の7得点!
それに5得点3人、4得点2人、3得点2人と続きますが、2016年の13点の豊田選手のような絶対的なスコアラーが不在なのがやはり痛かったと思います。

2018年は豊田選手のFWとしての心身ともの復活と新たな2ケタに迫るスコアラーの誕生が課題だと思います!

次にアシストランキングを・・・
アシストランキング

ミステルのサッカーを考えると、飛び抜けたアシストをする選手はたぶん要りません。
アシストに関しては、全員の底上げが一番大切な課題だと思います!!

最後に2017年のサガン鳥栖の節目ごとの1試合平均勝ち点データです。
2017年節目ごとの1試合平均勝ち点表

1〜9節の1.22と27〜34節の1.25をもう少し引き上げられると7位以内の上位が見えて来ます。

やはり目指すは、年間勝ち点51点!!
1試合平均勝ち点1.5を獲得できるように戦うことが2018年の最重要の課題だと思います!!

そのための守備と攻撃の課題は明らかです。
キャンプ含めて突きつめていって欲しいと切に願います。

選手の更新や選手の獲得は、フロントを信じて静かに待つこととしましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


2017年順位予想結果はお恥ずかしい限り・・・。 そして、菊地直哉選手本当にありがとう!

2017年のJ1リーグ戦が終了して、すでに11日が経過しています。

最終戦の札幌に遠征に行った話を3回にわけてブログにアップしたので、毎年恒例の順位予想の答え合わせが遅くなってしまいました。

今シーズンの順位予想の答え合わせは、自戒の念も込めて書きたいと思いますm(_ _)m

まずは、シーズン前の予想と最終戦後の結果との差を見てみます。

新しい画像

ピッタリ当たったのは、2位の鹿島だけという見事な外しっぷりに自分自身が愕然としています。

しかも黄色で色付けしましたが、予想と結果が6以上離れたチームが18チーム中8チームもあった時点で、世が世なら切腹ものの結果でした(>_<)

その1 C大阪、磐田、札幌、横浜のサポのみなさん、ごめんなさい。
それぞれのチームの今年の躍進を見極める力が私になかったことを率直に認め、反省いたします。

その2 大宮、東京、神戸、浦和の関係者のみなさん、どうしちゃったの?
いろいろのチーム事情はあったと思いますが、もっと活躍すると思っていました。
それだからサッカーは怖くもあり、おもしろくもあり、と言うことなのでしょう。

でも、この4チームはすべて途中で監督交代があったチームであったことも結果を表していると思います。
カテゴリーの違いはあれど、捲土重来を期待しています!!

予想と結果の誤差の絶対値が84もあるので、2017年シーズンは惨敗であったと思います。

2018年はもっと移籍情報や監督交代情報を分析して、誤差の絶対値の「50」代を目指したいと思います。

しかし、J1リーグの予想は毎年毎年いつも難しい・・・(=∀=)


最後に12月13日時点での公式発表で原川選手、伊藤選手、高橋祐治選手の3名が完全移籍で鳥栖に加入してくれました。
鳥栖に来てくれれば当然に「サガン鳥栖ファミリー」です!!
全力で後押しさせていただきます!!!

そして、菊地直哉選手これまで本当にありがとうございました!
2013年の鳥栖を救ってくれたのは、あなたと林選手だと私は思っています。
2014年の躍進もあなたがいてくれたからこそと思っています。

「元鳥栖の選手として頑張ります!」というコメントを見て、グッと涙を堪えた自分がいました。
鳥栖との対戦以外での札幌での更なる飛躍を祈念いたします。
本当にありがとう。 No36 MF Naoya Kikuchi!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


旭山動物園は冬にも行くべし、小樽はやっぱり素敵な街! リーグ最終アウェイ札幌戦レビューその3

アウェイ札幌戦のレビューその3です。

遠征旅行記も今回で最終回となります。

12月3日(日)は、嫁のたっての希望で旭川市にある「あの、旭山動物園」へ行って来ました(^ ^)/

JR北海道の入場券付割引切符で行くか、定期観光バスで行くか、5秒ぐらい悩んだ末に安いと言う理由だけで定期観光バスで行くことにしました!

北海道中央バスさんに「冬の旭山動物園日帰りコース」という私たちのために作られたんじゃないかという設定があり、しかも入場券付で一人4900円とリーズナブル(^ ^)v
すぐにネットで予約を入れました!

一つだけ不安があるとすれば、雪のために高速道路が通行止になれば、催行中止または出発しても途中で催行打ち切りになるということだけでした。

事実、12月2日までは岩見沢付近の大雪のために高速道路が通行止で催行も4日連続で中止になっていたということでした。

しかし、12月3日(日)は無事に催行決定でした!

サッカーの女神は微笑まなかったのですが、お天気の神様ははるばる福岡からやって来た私たちに微笑んでくれました\(^-^)/

冬の人気コースというだけあって車内は満席で、お客さんの半数以上が外国の方々でした。

バスが札幌を離れ、高速道路を北上し出すとドンドン雪が深くなっていきます。
どこが道路でどこが田んぼなのか見分けがつかない状態です。
生まれも育ちも九州の私たちには新鮮すぎる風景です!!

岩見沢付近

途中の砂川ハイウェイオアシス館でちょっと長めの休憩です。そこの公園に「かまくら」が作ってあり、人生初めての「かまくら」体験もすることができました(^-^)v

砂川ハイウェイオフィスかまくら

旭山動物園での見学時間は、昼食も入れて約3時間半。
園内はアップダウンも多かったので、私も嫁も腰の引けた歩き方になっていたと思いますσ(^_^;)

旭山動物園

係の方が雪かきをして、見学通路を作ってくれていたので、何とか見学できるすべての動物たちを見ることができました(^ ^)

お昼ごはんは、北海道ならこれを食べておかないといけないと思っていた「豚丼」をいただきましたが、前日に食べた「松尾ジンギスカン」があまりにも美味しすぎて、豚丼の感想は「普通」という評価にとどまりました( ̄▽ ̄)

豚丼

旭山動物園は、見学していて楽しい!という工夫が凝らされた噂に違わない動物園でした!!

旭山動物園オブジェ

帰りのバスの中でのお楽しみは「J1昇格PO」をDAZNで観ることでした。

名古屋対福岡は、レギュレーションの関係もあり非常に固い試合だったかな〜と言うのが正直な感想です。
兎にも角にも名古屋サポのみなさん、J1昇格おめでとうございます。

夕方、札幌に戻って来て、札幌時計台前で定期観光バスを途中下車して、札幌時計台と旧北海道庁を観光しました。

札幌時計台

その後はまたまた昨日のメンバーで集まって「夜の札幌食い倒れツアー」になりました。
この日は、海産物&味噌ラーメンでした!!

珀や夕食

みそラーメン

そして、北海道最後の4日は、午後のフライトまでの時間を小樽観光に当てました(^ ^)

札幌駅から区間快速で小樽駅まで約40分のショートトリップです。

小樽駅前から海の方を望みます。
駅前はガッツリとアイスバーン状態です。

小樽駅前

駅前のスーパー長崎屋で、隠れた小樽名物のかま栄さんの「パンロール」を買って朝ごはん代わりにしました。
「パンロール」とは、魚のすり身(かまぼこの原料)をパンに包んで揚げたものだと思ってください(^0^)
これから小樽に行かれる方は、ぜひ「パンロール」を買って食べてみてください(^ ^)/ 揚げたては絶品です!!

ロールパン2

駅前から小樽運河までのアイスバーンの坂道をそろそろと下って行きます。
小樽運河沿いの遊歩道はアイスバーンを超えて、さながらスケートリンク状態です(-_-;)

ちょっと早いですが、駅前の「三角市場」に行ってお昼ごはんを食べました。
私は750円のしまほっけ定食を嫁は1700円の三色丼を美味しくいただきました(^ ^)v

三角市場

三色丼

13時に小樽駅を発車する快速エアポート号で新千歳空港を目指します。
残念ながらこの電車も通勤型のロングシートで冬の北の大地を楽しめませんでした(>_<)

長かった札幌遠征旅行を締めくくるべく、お土産にじゃがポックルと北菓楼のバームクーヘンを買って、スカイマークで北の大地に別れを告げたのでした。
できれば、来シーズンに借りを返してもらうために、また札幌を訪れたいと考えています!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR