FC2ブログ

残念だけど負けた。この借りは来年返そう! ホームG大阪戦レビュー

2017年J1リーグ第24節、ホームG大阪戦は1ー3で敗れました。


※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

G大阪の3連敗したくないという気持ちの強さに鳥栖の勝ちたいと言う気持ちが負けた試合でした。

素直に受け入れるしかありません。
それが出来なければ未来はありません!

しかし、やっぱり悔しいですね。
でも、今シーズンはもう天皇杯含めて対戦がありません(>_<)

ですので、お互い残留して(多分大丈夫だと思うけど)2018年のリーグ戦でリベンジできるように精進するしかありません。

以上です。

リーグ戦で連敗を喫しないために次のアウェイ仙台戦は強い気持ちで準備をしましょう!!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



紙一重の戦いになると予想。最後まで走り切った方に女神は微笑む! ホームG大阪戦プレビュー

2017年J1リーグ第24節、ホームG大阪戦です。

今日はギリギリのプレビューになってしまいました。

G大阪は、サガン鳥栖と順位が1つ上、勝ち点は2差。

まさに喰うか喰われるかの紙一重の勝負になると予想されます。

吹田スタジアムでの5月20日のアウェイ戦は、私の中では今年一番悔しい試合として記憶されています。

ならば借りを返そうじゃないか!!

ホームでのサガン鳥栖の強さが、伊達ではないことをG大阪のサポーターに示そうじゃないか!!

厳しい戦いになることは百も承知!
しかし、G大阪にとってベアスタはなぜか鬼門だということをファミリー一丸となって継続しようじゃないか!!

今日の試合は理論も理屈もいらない。
ただひたすらに勝利に繋がるプレーと選手の後押しを続けるのみです!!!

そして、勝ち点3を我らサガン鳥栖に!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

有言実行の初優勝!! 天晴れ、サガン鳥栖Uー15

サガン鳥栖Uー15のみんなが、有言実行を成し遂げてくれました!!

第32回日本クラブユース(Uー15)サッカー選手権大会で見事に優勝のタイトルをサガン鳥栖にもたらしてくれました(^o^)/


※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

振り返ると、8月5日のホーム清水戦をベアスタで後押しするために鳥栖駅から虹の橋を越えて行くと、そこには全国大会に出場するサガン鳥栖Uー15の選手たちが寄付を募るために記念のタオマフ購入のお願いをしていました。

昨年暮れのサガン鳥栖Uー18の九州プリンスリーグ参入戦2試合を後押ししてから、ユースの頑張りにも気を配るようになっていたので、サガン鳥栖Uー15の記念タオマフも即購入しました!

Uー15「ありがとうございます!」
自分「絶対、勝てよ!」
Uー15「ハイッ! 絶対勝ちます!」

こんな会話を交わし、試合前のピッチでの壮行会では、キャプテンの末次君が、
「絶対、優勝します!」
と力強く宣言をしてくれました(^o^)v

そんな経緯もあって、オフィシャルにアップされる予選リーグの試合結果からノックアウトステージの決勝までの試合はずっと気にしていました。

準決勝の浦和ジュニアユース戦、決勝の柏レイソルUー15戦は、超板にも速報がアップされるほどでした。

そして、決勝では柏レイソルUー15を2ー1で破って、優勝の栄冠を勝ち取ってくれました(^o^)/

壮行会での「絶対、優勝します!」を見事に有言実行してくれたサガン鳥栖Uー15の選手のみなさん、本当におめでとう!!
そして、ありがとう!!

みんな胸をはって鳥栖に帰っておいで!

また、ユースの育成に尽力された田中監督はじめスタッフのみなさん、選手の保護者のみなさん、今までの努力、苦労が報われましたね。
本当にお疲れ様でした。
そして、おめでとうございます。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


とあるブログのブーイングについての考察

私はサガン鳥栖を10年ほど後押ししている。

ブログが縁でひょんなことから大学の後輩の鳥栖サポと知り合った。
その彼は、サッカーに関しては私の大先輩にあたると思っている。

その彼から学んだことがある。

それは、試合中にため息をついたり、落胆の声を絶対にあげないこと。
「惜しい、惜しい! 次は決めようゼ!」と言えばいいだけなんだと・・・。

そもそも私はしないサガン鳥栖の選手に対する試合後のブーイングについても教えられた。
試合後のブーイングは、サガン鳥栖の選手たちのプラスには絶対にならないということを。

その理由について、ほぼ100%の解答となるブログを見つけた(教えてもらった)!!

ブログ主のspeirsさんにも了解をいただいたので紹介をしたいと思う。

「ブーイングでチームは強くならない」

一度じっくりと読んでみて欲しい!

それ故に私はサガン鳥栖の試合に行くことを「参戦」または「後押し」という言葉しか使わないようにしている。
勝ちも負けもすべて選手とともに受け入れることが私のサポーターとしての「矜持」だからだ!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


勝利を目指した「十一の心」が結実して、本当の「志」になった! ホーム大宮戦レビュー

2017年J1リーグ第23節「鷹の祭典」のホーム大宮戦は、3-0の無失点勝利でした!!

20170821194840399.jpg
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

プレビューでも書きましたが、8月19日は地元の小郡市で同窓会だったので、ベアスタには参戦できないと思っていました。
しかし、同窓会の開始が14時と早かったので2次会が終わったのが20時前(^0^)v

車で来ていた同級生に鳥栖駅まで送ってもらって、後半残り15分間だけベアスタで後押しできました(^o^)/

虹の橋をダッシュで渡って、都市広場でユニフォームをもらって、北スロープを昇っているとスタジアムから「ワーッ」という歓声!
そう、3点目の原川選手のゴールに迎えられてメインのB自由席の階段を駆け上がりました!

いつも一緒に応援する仲間たちと合流して、ビールをゆっくり飲みながら試合の最後の締めを見届けました(^0^)v

とにかく勝ってよかったです!!
本当によかったです!!

この第23節の勝利でまた連敗を免れました。
サガン鳥栖は、ここまでリーグ戦で連敗がありません!
連敗がないチームは、2位のセレッソ大阪と3位の川崎フロンターレと9位のサガン鳥栖だけです!!

そう考えると、リーグ戦の順番やホーム&アウェイの組み合わせがうまくプラスに働いているんだと思いますo(^▽^)o

試合に関しては、やはりイバルボ選手の覚醒が一番大きいと感じました!
でも、それを支えたのは、イバルボ選手自身も含めたサガン鳥栖の選手みんなの犠牲心と勝利への執念の結果だと思います。

だからこそ、イバルボ選手の2点目ゴール後の豊田選手への抱きつきだと思いました。

そして、福田選手のゴールを決めた選手への駆け寄りの早さ!!
常にいいポジションにいることを証明しています。

さぁ、次は今季2度目の連勝を目指して、順位が1つ上、勝ち点2差のガンバ大阪とホームで激突です!!

サガン鳥栖が圧倒的な強さのホームで連勝を飾るのか!!
ガンバ大阪が5度目の正直で鬼門ベアスタを打ち破れるのか!!

とにかく目が離せない戦いになることは必至です!!!

夏休み最後の試合をともに熱く熱く戦うために、みなさんベアスタに大集合してサガン鳥栖の後押しをぜひともお願いいたしますm(_ _)m

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


無失点勝利を目指し、熱く強かに戦おう!! ホーム大宮戦プレビュー

2017年J1リーグ第23節、鷹の祭典のホーム大宮戦です。

前回の対戦は6月4日にアウェイNACK5で行われました。
その時に仕事で大宮の近くにいたのですが、試合は結局観れず仕舞いでした(>_<)
しかし、試合を後押しした仲間たちとの反省会にはちゃっかり参加しました(=∀=)

その時は1-1のドローでしたので、今回のホームでぜひ勝利を手繰り寄せたいと思います!!

と意気込みはいつもと同じなのですが、今日は地元の小郡市で同窓会があります。
しかも、世話好きの私は事務局のメンバー・・・なのです。

鳥栖市の隣町にいるのに・・・、
鷹の祭典でベアスタが盛り上がっているのに・・・、
後押しに行けないなんて・・・(泣)
ここは涙を飲んで、旧友たちとの友情を優先させていただきます。

でも、同窓会の最中にこっそりスマホでDAZN観戦はしちゃいますけどね~(´∀`*)

さて、恒例の両チームの攻撃力の比較です。

20170819112610982.jpg

今回はまったく分析できておりませんm(_ _)m
みなさんで思い思いに分析を試みてください。

江坂選手とマテウス選手には要注意です。
ゴール前も含めて、しっかりとカギをかけて、無失点を期待します!!!

そして、豊田選手と田川選手のゴールをお願いいたします。
河野選手の活躍も密かに期待しています!!

17の誇りを胸に
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


ありがとう、リッキー! また、会う日まで!

8月15日に高嵜理貴GKコーチの一時休養と海外研修の発表がオフィシャルでありました。

※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

イタリアから新しいGKコーチが就任したので、その去就がどうなるか気にはしていましたが・・・。

練習中にいつも誰よりも大きな声でGK陣にハッパをかけていた理貴さん。

試合前のGK入場の前に必ずゴール前でボールの弾み方を確認して、その後にB自由席から声を掛ける私たちに必ず立ち止まって頭を下げてくれた理貴さん。

シーズン途中で理貴さんがサガン鳥栖からいなくなってしまうのは、私にとってはあまりにも悲しく辛い出来事です(>_<)

しかし、休みなく走り続けて来たでしょうから、少しだけ休んで、海外研修でより多くのことを学んで、またサガン鳥栖の力になれるように必ず戻って来てください。

大変、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

海外研修。頑張って来てください!
そして、戻ってくる日を待っています!!

ありがとう、リッキー!
ガンバレ、リッキー!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


どうやって点を取るのか最後まで形にできなかった! アウェイ横浜戦レビュー

2017年J1リーグ第22節アウェイ横浜戦は、残念ながら0-1で敗れました。

20170813222451997.jpg
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

悔しいけど、横浜にしてやられたという思いです。

真夏の連戦でしたが、選手たちはよくがんばってくれたと思います。
しかし、ここが勝負だという場面でのパスの精度、ボールコントロール、ボールキープ、味方を助ける走り、クロスの精度、そしてワンチャンスをものにする決定力など、したいサッカーが最後までできなかったように感じました。

横浜の今日の試合の強さは、「試合運びのうまさ」だと実感しました。

ボロ負けしたようには感じませんが、したいサッカーをさせてもらえなかった(>_<)
いや、何をしたかったのかどうやって点を取りに行くのか最後まで分からない試合を鳥栖がしてしまったようにも感じました。

反省点は、ミステルも選手たちもたくさん感じたでしょうから、次のホーム大宮戦まで6日あるのでスパッと切り替えて、心も身体もリフレッシュしていい準備をして欲しいと思います。

解説の秋田さんも言っていましたが、「何のために豊田選手を入れたのか・・・」。
私はFW陣の組み合わせによって攻撃の形は多少変えないといけないと思っています!!
ましてや負けているならば尚更です。

この悔しさを選手たちもサポもファンもミステルも次の勝利のために活かそう!
リーグ戦の連敗は絶対に避けないといけない!!

自らチャンスメイクできる小野選手、河野選手のゴール前での躍動が待たれるところです!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


横浜とは面白い戦いになる予感! そして「F」へのセンチメンタリズム。 アウェイ横浜戦プレビュー

2017年J1リーグ第22節、関東アウェイ2連戦目の横浜Fマリノス戦です。

個人的な昔話ですが、1993年にJリーグが発足した当時にオリジナル10の中でがんばって欲しいチームが2つありました。

一つは、今では自分でも信じられませんが浦和レッドダイヤモンズで、もう一つは、九州をサブホームとした横浜ASフリューゲルスでした(^0^)v

国立競技場
※画像はWikipediaの横浜フリューゲルスのNumberWebより

1999年1月1日に天皇杯優勝と言う輝かしくも悲しい歴史を背負って幕を閉じたそのチームは、現在も合併先だった横浜マリノスに「F」という文字として多くのサッカーファンの記憶に残り続けています。

しかし、サッカーが好きな私としては、フリューゲルスの「F」という文字は、サッカー界の悲しい歴史を想起させるものとして、今も心の中に悲しい影を落とし続けています。

その横浜ASフリューゲルスを想起する横浜Fマリノスとの戦いには、いつもちょっとだけセンチメンタルな気持ちが混じります。
しかも、今回の試合の舞台であるニッパツ三ツ沢球技場は、フリューゲルスのホームスタジアムでした。

しかし、そんなセンチメンタリズムもサガン鳥栖の一端のサポーターとなった現在の私には、サガン鳥栖の勝利が何よりも優先されることは言うまでもありません!!

さて、試合を展望するに当たってやはり両チームの攻撃力を比較してみたいと思います。

新しい画像

5月7日の前回対戦で鳥栖に負けた後に横浜はリーグ戦で11試合負けがありません。
ものすごく手強い相手ですが、攻撃力の数値を比較する限り、圧倒的な差はないように思います。

とりわけ、ゴールの数値から導き出される得点のニオイについては鳥栖の数値が上回っています!!
上手く戦えば、横浜を出し抜くことができる可能性があると言うことです(^0^)/

ここ5試合で4失点2完封の横浜と4失点3完封の鳥栖の1点を争う楽しみな一戦です!

一桁順位を確固たるものにするためにも、
上位をいじめて今シーズンのJ1リーグを面白くするためにも、
一丸となって熱く熱くそしてもっと熱く戦いましょう(^0^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

強固な守備というサガン鳥栖の宝物を魅せてもらった! アウェイ柏戦レビュー

2017年J1リーグ第21節アウェイ柏戦は、0-0のスコアレスドローでした。

柏戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

19時ギリギリに帰宅し、夕ご飯もそこそこにパソコンの前に張り付きDAZNで選手たちの後押しでした(^0^)/

この試合を一言で表現するならば「激闘」です!

両チームとも持ち味を発揮して、見ごたえのある戦いでした。

もちろん勝ち点3が一番いいのですが、相手チームの良さである攻撃力を紙一重で抑えつつ、数少ないチャンスで相手ゴールに迫る。

ゴールを決めきれないクリスティアーノ選手、ディエゴ・オリベイラ選手、伊藤選手の悔しそうな顔を見るたびにほくそ笑んでしまう自分がいました。

サッカーの醍醐味がギューッと詰まったナイスゲームでした!!

そして、三丸選手本当によかったよ~(^0^)v
もっともっと成長した姿をぜひ魅せて欲しいと思います。

惜しむらくは、ちょっと村上主審が目立ってしまったこと・・・。

3位の柏レイソルを相手に耐えに耐えてスコアレスドローで勝ち点1を得た試合から導き出したものを次のアウェイ横浜戦をにつなげていきたいですね!

改めて言うけど、サガン鳥栖は強固な守備のチームであると言うこと。

次の横浜戦でも強固な守備で無失点に抑えて、1点をもぎ取るサッカーを魅せて欲しいですね(^ ^)v

残留へ向けた戦いは一歩抜けたと思います。
一桁順位や上位を目指す戦いは、まさにこれからです!!

選手、ミステル、サポーター、ファン、クラブ一丸となって戦いを継続していきましょう(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR