どうやって浦和は入場禁止を担保するのだろう? スポーツと暴力は絶対に相容れない!

サッカーを愛する多くの人にとって非常に残念な事件が、ベアスタで起こってしまいました。

6月25日(日)Jリーグ第16節のサガン鳥栖対浦和レッズ戦のアウェイ浦和側でチケットを確認するボランティアスタッフに、浦和サポーターもどきの人(このような行為を働いた時点でサポーターでは決してないですね!)が、暴力行為を働いたというものです。

浦和サポ処分

※画像は浦和レッズ公式HPより

浦和は今年だけで7人目のサポーターの処分になりますが、率直に思っていることを書きます!

「今年の残り27試合の入場を禁止する」となっていますが、

どうやって入場禁止を担保するんでしょうかね〜?

この人来年は堂々とスタジアムに行けちゃうんでしょ?
ともに今年J1に残留すれば、また来年ベアスタにこの人が来る可能性があるんでしょ?


ゴミ放置問題でも言いましたが、浦和のクラブ関係者のみなさんに本気の改革をお願いしたいと思います。

最後に、暴力を振るわれたボランティアスタッフの方にお見舞い申し上げます。
サガンドリームスは、被害を受けられたボランティアスタッフの方のケアをぜひお願いいたします。

サッカーと暴力は絶対に相容れないものだと私は思います。


スポンサーサイト

大地また会おう! さよなら、鳥栖のファンタジスタ! ホーム浦和戦レビュー2

2017年J1リーグ第16節のホーム浦和戦は、ご存知の通り2ー1でサガン鳥栖が勝利しました(^o^)/

浦和戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

選手もサポも気持ちを前面に押し出して一つになって戦った本当にいい試合でした!!

スタメンに豊田選手の名前がない!
サブにも名前がない!

「どうしたんだろう?」
「豊田選手抜きで浦和相手に大丈夫か?」

そんな心配が、まったく杞憂に終わってしまう程のベストゲームだったと思います(^ ^)v
もちろん豊田選手の疲れが癒えて戻って来たときもサガン鳥栖らしいベストゲームを期待しています!

その中でも私の心に強く刻まれたのは、

イバルボ選手の本気!
田川選手の強さ&スピード!
ケガ明けの小野選手の男気ゴール!
池田選手の魂のチェイシング!
福田選手の縦横無尽&ゴール!
そして、鎌田選手の無双!

攻撃に関わる選手ばかりで申し訳ないですが、システムを色々と変えながらも浦和の攻撃を防ぎ続けた守備があったからこその勝利だと知っています!

福田ゴール
※画像はサガン鳥栖Facebookより

90分の福田選手の大地への餞の2点目のゴールで勝利を確信しました!!

試合後のセレモニーの言葉でもグッと来るものがありました。
詳しくはYou Tubeでセレモニーをぜひ見てください!!

その中でもこの言葉に大地の鳥栖愛を感じました。

「僕が活躍することでサガン鳥栖の名を世界に広めたい」

浦和に勝って大地をフランクフルトに送り出すことができて、本当に本当に良かった!!

サガンプレス番外編

ドイツでの活躍にとどまらず、世界を相手に活躍して欲しい!

大地また会おう! 
さよなら、鳥栖のファンタジスタ!!

背番号7 DAICHI KAMADA


世界へ羽ばたけ

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


負けた腹いせにゴミを大量に放置して帰る浦和サポの愚行は、サッカーを愛する者として到底受け入れられない!  ホーム浦和戦レビュー1

2017年J1リーグ第16節、大地のラストゲームとなったホーム浦和戦は、2ー1で勝利しました(^o^)/

大事な試合で、しかも強豪の浦和に、選手もサポも気持ちを前面に押し出して、勝利したにも関わらず、タイトルにも書きましたが、どうしても許せなくてこの問題からブログを始めることをお許しください。

ゴミ放置

確かに3連敗を喫して、試合後の浦和サポは大ブーイングを選手に浴びせていました。

それでも怒りが収まらない浦和サポはたくさんいたのでしょう。

しかし、その感情と自分たちが今まで座っていた席に大量のゴミを放置して帰ることは全く関係ない(怒)

話は昨年のホーム浦和戦まで遡ります。
忘れもしない昨年5月29日(日)。

14時の一般入場の開始時刻と同時に一番乗りだった20人ぐらいの浦和サポ全員が、指笛を鳴らしながら挑発するようにアウェイ2階席に入って来たのを覚えています。

同時に当時すごく強かった浦和というチームなのにサポーターは「なんて、品がないんだろう!」と思っていました。

だから、嫁と二人で「今年もまた指笛を鳴らしながら入って来るかな〜?」と話していました。

しかし、昨日の17時にその思いはいい方に裏切られました。

今年、一番乗りで入って来た浦和のサポーター10数人は、まっすぐアウェイ席の最前列まで降りて来ると横一列に整列して、私にはそう聞こえましたが、「よろしくお願いします。」と言って、鳥栖サポーターに向けて一礼をしたのでした。

これには、スタジアムにいた鳥栖サポーターのほとんどが驚き、すぐに賞賛の大きな拍手が贈られたことは言うまでもありません!

だからこそ、試合終了後のゴミを大量に放置して帰るという、一部の浦和サポーターの品がないを通り越した愚行に怒りを覚えました。
そして、その怒りはしだいに哀れみに変わりました。

ゴミを放置していった一部の浦和サポーターのみなさんは、大人が通常持ち合わせている感情のコントロール機能が未熟か未発達、もしくは、他の何かに怒りをぶつけることでしか怒りを鎮められないレベルとしか考えられません。

あの愚行が、クラブやチームや他の浦和サポーターにどれほど迷惑をかける行為か、怒りが全てに優先していて残念ながら考えることができないのでしょう(T_T)

ホームの鳥栖にも迷惑をかけることになることにも考えが及ばないのでしょう。

だから、人として哀れみを感じざるを得ないのです。

そして、鳥栖に負けた試合後のゴミ放置は、今回が初めてではありません!

一部の浦和サポーターは、2014年だったか2013年にもゴミ放置問題をベアスタで起こしています。
ここまで来ると、このような愚行は、浦和サポーターの脈々と続いている体質・気質かと疑いたくなります。

浦和のクラブ関係者も昨日のベアスタにはたくさんいたことでしょう!
きっと、この負けたアウェイ試合でのゴミ放置問題は、ベアスタだけの問題ではないと推測されます。

それだけに改善が難しく、根深い体質問題だと察しますが、浦和のクラブ関係者と何とかしたい良心的な浦和サポーターが、このゴミ放置問題等を一致団結して、どのように解決していくかを非常に期待しておきます!!!

結局できませんでしたでは、済まされませんよ!

浦和の自浄能力に期待しています。

最後に、放置されていたゴミを鳥栖のアシストクラブの人と赤いユニを着ていない人が、大きなビニールで拾っていたことを付け加えておきます。

浦和戦の試合のことは、レビュー2でアップします。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


大地のラストゲーム勝って送り出そう! ホーム浦和戦プレビュー

2017年J1リーグ第16節ホーム浦和戦です!

普段のプレビューならば、相手チームの攻撃力や時間帯別得失点や戦い方などのデータを使って試合の展望を書くのですが、今回は違います!!

明日は独1部リーグのACフランクフルトへ完全移籍する大地のサガン鳥栖ラストゲーム!!

鎌田大地ラストマッチ
※サガン鳥栖公式LINEより

ならば、サポーターの想いはたった1つ!

絶対に浦和に勝って、大地を送り出そう!!

明日はほぼ満員に近いスタジアムになりそうです!
サガン鳥栖を応援する人は持っているクラップバナーをすべて持ってスタジアムに集まろう!!
そして、周りのクラップバナーを持っていない人に貸してあげよう!

クラップバナーの応援は、浦和の応援を凌駕する武器となる(^0^)v

明日は理屈じゃない、鳥栖ファミリー全員の力で勝利しよう!
絶対に浦和に勝って大地を送り出そう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


勝利は手繰り寄せたけど、天皇杯初戦はやはり難しかった! 天皇杯ホーム松江シティFC戦レビュー

第97回天皇杯2回戦のホーム松江シティFC戦は、3-0の勝利でした!!

松江シティFC戦
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

しかし、毎年毎年思いますが、下のカテゴリーと当たる天皇杯の初戦は難しいゲームになってしまいますね~(>_<)
しかも、負ければ終わりの一発トーナメントがさらに試合運びを難しくしているのだと思います。

この天皇杯2回戦でも下のカテゴリーにジャイキリを喰らったチームが5チームありました。

J1のFC東京、仙台、甲府、札幌、J2の京都です。

そして、ジャイキリを達成したチームは、

AC長野パルセイロ(長野県代表)、
筑波大(茨城県代表)、
ヴァンラーレ八戸(青森県代表)、
いわきFC(岩手県代表)、
アスルクラロ沼津(静岡県代表)


選手、監督、クラブ、サポーター・ファンのみなさん、おめでとうございました(^0^)/

我らのサガン鳥栖も試合序盤から一気呵成にゴールに迫りますが、ゴールネットを揺らすまでには至りません。
そこで得点が取れれば、試合の流れは一気に傾いたと思いますが、それはなくちょっとモヤモヤした気持ちで前半を0-0で折り返します。

ターニングポイントは、後半10分に投入された田川選手でした(^0^)v
強さとスピードの両方を活かして、3得点すべてに関わったことは、難しい天皇杯2回戦の戦いを勝利に導いた最高の殊勲者だと思います。

そして、天皇杯2回戦の試合終了後のお約束、相手サポーターへの挨拶とエールの交換は、スポーツの持つ爽やかさと素晴らしさを実感することができます。

そのスポーツマンシップは、今年も健在でした。
豊田キャプテンが選手たちを促しての松江シティFCサポへの挨拶に続いての松江シティFCサポからの「サガン鳥栖コール!」
サガン鳥栖コールを受けてのサガン鳥栖サポからの「松江シティコール!」

挨拶

松江シティFC選手たちのサガン鳥栖サポへの挨拶は遠慮がち・・・
「もっとこっちに来いよ~」というジェスチャーにしずしずと前に進む松江シティFCの選手たち!
挨拶の後の「松江シティFCコール」と拍手!
あちこちから「Jリーグに上がって来いよ~」の声も!

天皇杯ならではのすがすがしいシーンに思わずホッコリしました(^ ^)v

さて、次の3回戦は、今年からのレギュレーションで対戦相手のJ2松本山雅のホーム「アルウィン」での試合となります。

7月12日(水)の19時からの試合の予定です!
7月12日(水)の夕方までは出張で東京にいるのですが、さすがに松本に寄ることは難しそうです(>_<)

遠いアウェイの地ですが、3回戦も突破してくれると信じています。
松本山雅のサポーター・ファンに「さすがサガン鳥栖!」と言われる試合にしましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


相手に合わせることなく、サガン鳥栖の戦い方を! 天皇杯ホーム松江シティFC戦プレビュー

あっという間に第97回天皇杯のトーナメントの季節になりました!


※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

今年の天皇杯2回戦は、ベアスタで島根県代表の松江シティFCとの戦いです。

松江シティFCってどんなチームか少し調べてみました。

現在、中国サッカーリーグで戦っていますが、JFLそして2020年までにJリーグ参入を目指しています。

中国サッカーリーグでは現在2位につけており、注目すべきはその得点力にあります。


※画像は松江シティFCオフィシャルHPより

8試合で37得点!
1試合平均4.6得点とスゴイ得点力です。

この得点を生み出す攻撃は、要注意どころか非常に警戒して戦わなくてはなりません!

松江シティFCのホームページを見ると・・・
ジャイキリを起こそうと戦いを挑んで来る気満々ですので、我らがサガン鳥栖は決して相手に合わせることなく、サガン鳥栖の戦い方を貫いて、勝利を目指して欲しいと思います(^ ^)v


※画像は松江シティFCオフィシャルHPより

水野選手、小川選手、石川選手、大田選手、田川選手、三丸選手、藤田選手、フランコ選手がスタメンを脅かすほどの活躍を期待します(^o^)/

そして、いい流れで週末のホーム浦和戦につなげて行きましょう!!

仕事帰りにベアスタに参戦予定ですが、試合開始に間に合わない可能性もあります。
それでも気持ちは19時までにベアスタですσ(^_^;)

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


今シーズンはまだまだ続く、見据えるはもっと先だ! ホーム仙台戦レビュー

2017年J1リーグ第15節、ホーム仙台戦は1ー1のドローでした。

仙台戦結果
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

試合については、「いや〜、惜しかった。本当にもうあと少しだった!」です。

たくさんのチャンスを作れていることは間違いないですね(^o^)/
あとは、2点目のゴールだけ!

選手たちもミステルもみんなわかっていることでしょうから、私たちはホームでもアウェイでも信じて後押しするだけです(^o^)/

それと、仙台のGKのシュミット・ダニエル選手が、鳥栖戦では大当たりでしたね。
敵ながら天晴れだったと思います。

私が勝手に名付けた札幌戦から始まる甲府戦までの「天王山5連戦」は、これで1勝2分の勝ち点5になりました。

1試合平均勝ち点は1.66点です。

これを続くホーム浦和戦、アウェイ甲府戦の2試合でもっと増やしていけるように後押しあるのみです(^ ^)v

そして、ホーム浦和戦はもちろん参戦ですが、アウェイ甲府戦も今年初のアウェイ参戦をします!!

アウェイ甲府戦は何と4年連続の参戦という、なぜか参戦するチャンスに恵まれている土地です。
今年も甲府駅前の居酒屋「いけだ」で美味しいお酒と焼き鳥をいただきたいと思います(^ ^)

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


サポとファンの後押しでホーム6連勝を! ホーム仙台戦プレビュー

2017年J1リーグ第15節、ホーム仙台戦です。

仙台戦
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

新潟、甲府に連勝しているベガルタ仙台をホームに迎えます。

仙台は現在6勝2分6敗の勝ち点20で10位です。
わずかに勝ち点1差の5勝4分5敗でサガン鳥栖は12位です。

ホーム6連勝&無失点を達成できるようにひたすら後押しするのみです(^o^)/

この間忙しくてプレビューをまともに書いていなかったので、久々の攻撃力と得失点の分析です。

まずは両チームの攻撃力をご覧ください。
鳥栖仙台攻撃力

実は仙台の攻撃力はなかなかのものです。
とくにクロスの供給数はリーグ1位です(リーグ戦第14節現在)

クリスラン選手が累積で出られませんが、ワントップが予想される石原選手、2シャドーの奥埜選手、西村選手は要注意です。
サイドからのクロス供給を抑える守備を期待したいところです。

一方の鳥栖は、シュートがゴールに結びつく率が仙台より1%以上も高いところがポイントです。
ゴール前でのシュート意識を高く持って戦って欲しいと思います!
そして、シュートは常に「ゴールに強めのパスを出す」気持ちでお願いします!!

次に鳥栖の得点時間帯と仙台の失点時間帯です。
鳥栖得点仙台失点時間帯

鳥栖は何といっても前半に総得点の62.6%の10得点をあげています!
先制点を奪う確率が高いことはこの数値で表されています。

一方の仙台は、前半に総得点の41.7%の10失点、そして後半立ち上がりの15分間で29.2%の7失点を喫しています。
鳥栖の狙いはズバリここです!!

前半に先制点を奪い!!
後半15分までに2点目を奪う!!


最後に鳥栖の失点時間帯と仙台の得点時間帯です。
鳥栖失点仙台得点時間帯

仙台は後半での得点が総得点の88.3%の15得点を挙げています。
これは要注意のデータです!

鳥栖は後半に総失点の64.7%の11失点をしていますが、リーグ戦のホームゲームでは開幕の柏戦での3失点以外、相手チームに得点を許していないという心強いデータも同時にあります(^0^)v

ホームでは、サポーターとファンの大声援が選手たちにプラスαの力を与えていることを物語っています!
今日も、サポーター、ファンの後押しで勝利を呼び込みましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


試合のない週末に佐賀の恵比寿巡りで幸せを充電!

今週末は「代表ウィーク」でJ1の試合はありません。
寂しい週末になっています(>_<)

そこで、いつかは行ってみようと思っていた佐賀市内の恵比寿さん巡りとTheSaganでの天皇杯チケットの購入のために嫁と二人で佐賀まで出かけました(^ ^)v

ここで雑学ですが、
その1、佐賀市は800体以上の恵比寿さんが街中に点在していて、平成23年に恵比寿さんの数が日本一であることが認定されています。
その2、恵比寿さんは七福神のなかで唯一の日本生まれの神様です。
その3、古事記では恵比寿さんは、イザナギノミコトとイザナミノミコトの第3子と言われており、ある事情があって海に流されて漂着したのが、現在の恵比寿神の総本山がある「西宮」だと言われています。
ある事情を知りたいものです・・・。
その4、恵比寿さんは、半跏恵比寿(一番ポピュラー)、安座恵比寿、特殊恵比寿、文字恵比寿の4つに分類されます。

今日の恵比寿巡りは、昼食も入れて3時間ほどでしたが27体の恵比寿さんに会うことができました。
全部紹介すると大変ですので、特殊恵比寿と言われるものだけを紹介します。

大福帳恵比寿-鯛ではなく大福帳を抱えている恵比寿さん(商売繁盛)
170611大福帳恵比寿

三味線恵比寿-鯛ではなく三味線を抱えている恵比寿さん、ビッグスマイル!(商売繁盛、文化芸術)
170611三味線恵比寿

そろばん恵比寿-鯛ではなくそろばんを抱えている恵比寿さん(商売繁盛)
170611柳町そろばん恵比寿

なかよし恵比寿-妻が夫にそっと手を添えている恵比寿さん(夫婦円満、恋愛成就)
170611なかよし恵比寿

文字鯛恵比寿-文字だけで表現されている恵比寿さん(文化芸術、健康長寿)
170611文字鯛恵比寿

いろんな恵比寿さんが全国にはいるのだと実感しました!

みなさんも佐賀市に行った際には、ぜひ「恵比寿さん巡り」をやってみてください!!!

最後に、本来の目的である「天皇杯」のチケットをアップして今日は終わります(^0^)/

天皇杯松江FCチケット

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


久々のヤフオク!ドームと今年の鷹の祭典は大宮戦!

6月2日から6日までの4泊5日のつくば→(大宮)→松山の出張を終えて福岡に帰って来たその足で、1年10ケ月振りにヤフオク!ドームにソフトバンク対ヤクルトのプロ野球交流戦の試合を観戦に行きました。

4月後半に町内会の集まりで、6月6日の試合の「タダ券」を3枚もらったので、家族で行ってみようということになっていました。

ちなみにソフトバンクファンは娘だけで、私はプロ野球は子どもの頃からずっと阪神ファンだし、嫁はたぶんプロ野球にはあまり興味がなさそうという、ある意味場違いなプロ野球観戦というシチュエーションでした。

松山からの飛行機の関係で、私がヤフオク!ドームに着くのは18時半ぐらいなので、試合は始まっているけど3人一緒に入ろうかね~という話をしていました。

しかし、しかし、ふたを開けるとなんと6月6日のこの試合が、サガン鳥栖と福岡ソフトバンクホークスのスポーツキッズデーの試合になっているではありませんか!

普段は虹の橋にある選手の幟も今日はヤフオク!ドームの入り口階段付近に設置してあります。

IMG_6759.jpg

そのために私が到着するまで球場の外で待っているという話は、一瞬にして消し飛んで「球場に着いたら電話して、チケット持ってゲートにいくから!」ということになってしましました。

もちろん私も「ブログのために誰が始球式に来たか画像を撮っておいて」と快く承諾したことは言うまでもありません(^0^)v

そして、始球式に登場した選手は、原川選手でした!
サガンティーナもウィントス君も5回、7回のイニング途中にグラウンドに登場して、ハニーズやハリーホーク達と大いに球場を盛り上げてくれました。

原川選手、サガンティーナ、ウィントス君、本当にお疲れ様でした。
IMG_6761.jpg

バックスクリーンに映し出される選手画像の下には、常にサガン鳥栖と福岡ソフトバンクホークスのスポーツキッズプロジェクトのマークが表示されていました!

IMG_6760.jpg

しかも、イニングが変わる時には、8月19日か20日の「鷹の祭典のコラボレーションイベント」の告知が表示されていました!

IMG_6762.jpg

最後に試合の結果ですが、延長10回裏に推定飛距離15mの柳田選手のぼてぼてタイムリーヒットで福岡ソフトバンクホークスが勝利しました!!

8月19日か20日の鷹の祭典コラボ試合のホーム大宮戦も勝利して、九州のプロスポーツをそしてスポーツを頑張る子どもたちを盛り上げていきましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR