サガン鳥栖ファミリーは「全力に悔いなし!」で!!

「全力に悔いなし!」

この言葉は、サガン鳥栖サポーターならばみんな知っているであろうサガン鳥栖を具体的に表現する言葉です。

松本育夫さんが、サガン鳥栖に深く深く植え付けた精神です。
「松本イズム」とも言います。

魂のハードワーク、チームのための犠牲心、そして、最後まで絶対に諦めない心。

これらをすべての選手たちがピッチ上で体現してくれることが、私がサガン鳥栖を大好きになった絶対的な理由です!
そして、どんな試合でも練習でもそれを選手たちは貫いてくれようとしてくれます。

その気持ちやプレーに応えたくて、サポーターは、試合で声を出し、手を叩き、飛び跳ねる!
練習場に足を運び、選手を後押しする!

ピッチ上でプレーをしてくれている選手は、鳥栖サポーターの気持ちや想いをプレーで代弁してくれている存在に思えて仕方がないのです。

だから、たとえ負けた試合後であってもブーイングではなく、拍手が自然と沸き起こるのだと思います。
「全力に悔いなし!」という鳥栖サポーターの絶対的な想いをプレーで形にしてくれる選手たちにただただ感謝の気持ちがあふれ出るのだと思います。

権田選手が感じた「正直ブーイングされてもおかしくない」ものと違う何かをサポーター・ファンはホーム柏戦に見出したのだと思います。

サガン鳥栖サポーター・ファンは、たぶん他のJリーグチームのサポーター・ファンとは何かが違うと感じます。

具体的に説明しろと言われても困りますが、やはりチームや選手やスタッフに対する想いやサポーター・ファン同士の想いが何か心地よい温かさに包まれているように感じます。
しかし、ただ心地よい温かいだけじゃなく、脈々と受け継がれる一本筋が通った強さも兼ね備えています。

そのことがサガン鳥栖ファミリーと呼ばれる所以なのでしょう(^ ^)v

鳥栖は鳥栖らしく「全力に悔いなし!」を絶対に忘れずにこのまま進んで行けばいいと思います。
今シーズンも「全力に悔いなし!」で戦い続ければ、自ずと結果はついて来るでしょう!!

さぁ、次のアウェイ川崎戦から巻き返しです!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト

現状の課題は明らか! 切り替えとアジャスト以外選択肢はない! ホーム柏戦レビュー

2017年J1リーグ第1節のホーム柏戦は、悔しい1-3の敗戦でした。

ホーム柏戦
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

仕事のために1秒たりとも試合の映像を観ていませんが、観ていないからこそ言えるレビューもあるかな~という思いで書きます。

まず、池内明彦主審の判定に負けたと思ったら、これ以上は強くはなれない!
審判団はJリーグが派遣してくるので、残念ながらピンからキリまでいることは事実です。
そこも含めて戦わないといけないことを、もう一度肝に銘じるべきだと思います。

PKを2回も取られるプレーがあった守備の修正が絶対に必要です!
中盤3枚とDF4枚の連動した組織的な堅守がサガン鳥栖の生命線だと私は思っています。
その意味では、昨日の柏戦はそのレベルに達していなかったのだと思います。

そして、修正は十分に可能ですし、しっかりと修正してもらわないと困ります!!

権田選手がコメントで言っていた内容がすべてだと私は感じました。

権田選手の試合後のコメントの一部抜粋
「僕らが判定のことをどうこう言ってもそこは仕方ないですし、レフェリーだって人間だし、ミスすることもある。分からないですよ、あれ(PKの判定)がどうだったかは。でも、皆さんが上から見ていてどう感じたか分からないですけど、ああいう形で2点目を取られて、納得いかない選手もいたり、イエローをもらう選手がいたり、すごく難しいんですけど、あそこでちょっとトーンダウンしちゃったかなというか。「なにくそ」って思って戦うっていうよりは、現にそれでバタバタして3点目を取られてしまっている。僕も含めてですけど、そこでもう1つ、リバウンドメンタリティーじゃないですけど、逆に強い気持ちを持って立ち向かうくらいのことができないと勝つのは難しいかなというのは正直、思いました。

1点差で耐えていれば何が起きるかわからない。
納得いかない判定があったとしても、身体はどんなに熱くなってもいいけれど、頭は冷めきったぐらいにクールでなければいけない。
なかなか難しいことですが、それができてこそのプロだと思います。

残念なのは、最後の豊田選手がペナルティエリアで小池選手に倒されたプレーは、1つ目、2つ目のPKのジャッジから考えれば、PKの判定でもよかったのではないかと言うことです。
しかし、審判も人間、ミスも犯す。
ましてや池内明彦氏ならば更にミスを犯す。

ここは思い切って選手もミステルも、そして、サポーター・ファンも切り替えて、次節の川崎戦で仕切り直しといきましょう!!

開幕戦は大事だとプレビューで書きましたが、結果負けてしまったならば、切り替える・修正することこそが一番大事なことだと思います。

川崎戦は、勝利を奪い取れるように映像を観ながら後押ししたいと思います。
これしきのことでくじけて、気持ちの部分を弱くしてもサガン鳥栖にとって何のプラスにもなりません!!

戦う気持ちを見せようぜ、勝利のために!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


開幕戦は1/34ではない、総力を挙げて勝ちを奪いにいこう! ホーム柏戦プレビュー

いよいよ明日(2月25日)に2017年のJ1リーグが開幕します(^0^)/

開幕戦
※画像はJリーグHPより

本当に待ち遠しかった!!
また、「最高の週末」を味わえるシーズンが戻ってきました(^o^)v

明日のホーム開幕戦に仕事で行けないことは、すでに私の記憶からは抹消されている状況です。

記憶から抹消しても行けないことには変わりはないのですが・・・(T_T)

せめて、開幕戦勝利のためのゲン担ぎで本日の夕食は「トンカツ」にしました!

トンカツ 
※明日の開幕戦のゲン担ぎでトンカツです!

さて、開幕戦とは単にリーグ戦34試合のうちの1試合ではありません。
今年のサガン鳥栖を占う非常に重要な1戦だと思った方がいいでしょう!

なので、相手は強豪の柏レイソルですが、
総力を挙げて勝ち点3を奪いにいくことが求められる試合です!!

今シーズンの柏レイソルは、4トップと呼ばれるほど前線の4人は強力です。
しかし、前に4人もいるということは、うまい位置でボール奪取ができれば中盤からゴール前まで一気に縦に速い攻撃が仕掛けやすくなることを意味します。

しかも、ただでさえ薄いのではと考えられるボランチの今井選手がケガ?という情報もあります。

伊東選手とマッチアップする吉田選手、クリスティアーノ選手とマッチアップする藤田選手の両サイドをしっかりと守り切ること、CBは中に入ってくるボールを弾き返し続けること、そして、最後の最後は権田選手がゴールマウスにカギをかけてくれます!

攻撃は豊田選手の高さ、富山選手の裏への動き、鎌田選手のボールキープ力をうまくミックスしながら相手を翻弄して、終盤には小野選手が入って積極的に仕掛けていって欲しいところです!

そして、豊田選手の開幕戦ゴールを5年連続に伸ばしましょう!!

何だかんだ言っても、開幕戦に必ず勝利して、勢いに乗っていきたいと思います(^0^)/

ベストアメニティスタジアムで後押しをされるファミリーのみなさん!
DAZN観戦で後押しするファミリーのみなさん!
私の魂預けますので、よろしくお願いいしますm(_ _)m

明日の今頃は、美味しいお酒が飲めていますように!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


たとえ参戦できなくても、開幕戦勝利のためにイメージトレーニングを! 

2017年J1リーグ開幕戦があと3日と迫って来ました(^o^)v

開幕戦
※画像はサガン鳥栖Facebookより

ご存知の通り、サガン鳥栖はJ1に昇格してからすべてホーム開幕です。

過去5年間の対戦相手と成績はこのようになっています!
開幕戦データ

3勝2分の負けなし&勝率6割という成績は、十分に誇っていい成績だと思います!!

そして、今年の開幕戦の相手は柏レイソル!
強力な攻撃陣を擁する強いチームですが、なぜか勝つような予感しかありません(^0^)/

そのためには、権田選手を中心とした更にパワーアップした堅い守りで、強力なレイソル攻撃陣を90分間抑え続けることが必須になってきます。今のサガン鳥栖の守備陣ならば十分にやってくれるでしょう!!

予想(願望)では、富山選手、豊田選手、鎌田選手のゴール揃い踏みで3-1の勝利を収めるはずです。
観客数も14,000名を超えてくれると思っています(^0^)/

そして、豊田選手の5年連続開幕戦ゴール&飛行機ポーズからの「K」ポーズに大いに期待しています!

倖田來未さんのファンのみなさん! ベアスタでお待ちしておりますよ~!!

そして、私たちサポーターも「プラスワン運動」に協力して、選手たちが気持ちよく戦えるベアスタの雰囲気をぜひ作りましょう!!

開幕戦のムードを盛り上げるためと自分の中の開幕戦イメージトレーニングのために、2月22日付けの日刊スポーツの別刷りと佐賀新聞の別刷りを購入して来ました!

開幕特集新聞

これを読んで、しっかりと開幕戦に備えたいと思います(^0^)/~

と言いながらも、開幕戦は仕事でどうしてもベアスタに行くことができません(T_T)
私のブログを読んでいただいているすべてのサガン鳥栖サポーター・ファンのみなさんに私の「開幕魂」を預けます!!
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

当日は職場から念を鳥栖に送り続けます!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


試すべき実践から、開幕戦の勝利へ!

今日は今年初めてサガン鳥栖の試合をベアスタに後押しに行きます(^o^)/

前日は12時過ぎに布団に入った割には、午前4時前に目が覚めてしまい、1時間半ぐらい寝付けないという子どもの頃の修学旅行前夜のような感覚になっていましたo(^-^)o

久々にレプユニに袖を通して、福岡市内の自宅から鳥栖を目指します!

あっ、言い忘れていましたが、今日の試合はサガン鳥栖vs水原三星ブルーウィングスの国際親善試合です。



鳥栖駅に到着するとこんなポスターがありました!



鳥栖駅のJR職員のみなさん、いい仕事してますね〜(^ ^)v
「金選手」とは、もちろん昨年までサガン鳥栖のキャプテンを務めていた金民友選手のことです。
崔誠根選手もおかえりなさい(^0^)

11時前にベストアメニティスタジアムに着きましたが、人出はまだこれからという感じですσ(^_^;)



開幕戦は残念ながら仕事で来れないので、開幕戦のワクワクした気持ちは今日味わっておきましょう(^ ^)v

さぁ、試合が始まりました!

ざっくり言うと、鎌田選手、ミンヒョク選手、フランコ選手、富山選手、権田選手が良いように感じました。

昨年よりもパスのスピードが速くなっているようです。
止める、蹴る、止めるのプレーの基本がアップしているように感じました。

また、縦への速い攻撃も見られました。
確実にサガン鳥栖のレベルが上がっていると納得した国際親善試合でした。

そして試合は、豊田選手と鎌田選手のゴールで2ー1でサガン鳥栖が競り勝ちました!!
開幕戦への期待が否が応でも高まります(^ ^)v



開幕まであと7日!
柏の攻撃をしっかり抑えて、弱点と思われる中盤をうまく突いて先手を取りたいね~(^-^)v

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


もう天皇杯の組み合わせ発表か~! 今年は早いね~!

仕事帰りに地下鉄の中で「さっかりん」を眺めていると、もう第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の3回戦までの組み合わせが発表されていました。

これまでは9月ぐらいから天皇杯だな~と思っていたので、余りにも早すぎて実感が湧きません(>_<)

とは言うものの、6月21日(水)の2回戦からサガン鳥栖が登場します(^0^)/
具体的な組み合わせはこのようになっています。

天皇杯2~3回戦

2回戦 6月21日(水)19時~ ベアスタ  サガン鳥栖vs熊本県代表と島根県代表の勝者
3回戦 7月12日(水)時間未定 会場未定 サガン鳥栖vs松本山雅FCか徳島県代表か長崎県代表のいずれか
4回戦 9月20日(水)時間未定 会場未定 4回戦以降は再度組み合わせ抽選が行われる。
準々決勝 10月25日(水)時間未定 会場未定
準決勝 12月23日(土)時間未定 会場未定
決勝  1月1日(月)時間未定 埼玉スタジアム

2回戦は、当然にJ1として勝ち上がる気でいます!
3回戦も、松本山雅FCとベアスタで戦いたいと個人的には思っています!

松本山雅FCには岡本選手、藤嶋選手、そして呂成海(ヨ ソンヘ)選手がいます。
ベアスタで彼らを温かく迎えてあげたいと思います。

しかし、試合は別物! 勝ち上がるのは我らサガン鳥栖!!

私個人の今年の天皇杯の目標は、ベスト4以上!
組み合わせ抽選にも恵まれて、サガン鳥栖の快進撃をみせてやろうじゃないの!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


権田選手の加入は、辻選手の成長を促進させるはず!

2月14日(火)、世の中がバレンタインデーで賑わっていたそのときに、久々の仕事休みを利用して、嫁と一緒に今年初の北部グラウンドに練習見学に行ってきました。

その日の練習は14時30分からだったので、その前に久留米市の「梅林寺」で梅を眺めてから北部グラウンドに向かいました。

「梅林寺」の梅はまだ3分咲きでしたが、花の蜜を吸いに来た「メジロ」や「ジョウビタキ」や「ツグミ」といった野鳥も見ることができました。

キレイに咲いている梅をアップで撮りました!
梅

梅の蜜を吸うメジロです!
メジロ

梅林寺の境内を奥へ奥へ進んでいくと派手さはないものの心惹かれる枯山水もありました。
枯山水


そして、いよいよ本来の目的である北部グラウンドへ(^0^)/

別メニューの選手や練習時のフォーメーション等は、相手チームに対策を立てられる恐れがありますので、申し訳ありませんが私のブログでは書かないこととします。

練習1

本日の練習見学の一番の目的は、GK陣とりわけ権田選手の仕上がり具合を確かめることでした。

その点を一言で表現するならば、「権田選手の加入はサガン鳥栖にとって更なるプラスをもたらす!」です。

GK陣の練習の中で、権田選手にはできて、辻選手にはできないものがありました。
その時に権田選手は、辻選手のステップや移動するコースなどを一つ一つ自分でやってみせながら丁寧にレクチャーをしていました。

まるで自分が持っている技術や能力を惜しげもなく辻選手に与えるかのような練習風景に見えました。

このことは昨年までにはあまり見られない練習風景だったので、GK陣の底上げにものすごい力を権田選手の加入はもたらすのではないかと直感した次第です!!
高嵜GKコーチと権田選手の二人で辻選手を鍛え上げているように感じました!!

そのことで辻選手は、今年1年権田選手からより多くのレクチャーを受けて、とてつもなく成長するのではないかと大いに期待するところです(^0^)v

今年1年間は、試合での権田選手の活躍はもちろん期待しますが、GK陣の練習に多大な影響を与えるであろう点にも大いに期待してもいいかな~と感じた2月14日(火)の練習見学でした(^o^)/

開幕まであと10日!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

嫁が参加した佐賀市激励会と5つのミッション! +ちょっと塚田農場へ

2月12日(日)に佐賀市で開催された「サガン鳥栖 佐賀市激励会」に嫁がサポ仲間数人と参加して来ました。
そこで嫁が見聞きしたことを少しだけですがお伝えいたします。

佐賀市激励会

なお、当の本人は仕事で日曜出勤だったので泣く泣く不参加でした(T_T)

佐賀市激励会の司会は「週刊サガン鳥栖」でお馴染みの諸岡彩さんだったそうです。

その諸岡さんが「まだ選手も知らない情報をマッシモ監督から発表してもらいます」的な前振りがあって、『キャプテン豊田、副キャプテン義希、圭、吉田』が発表されたそうです。

いよいよ選手との交流タイムになるのですが、急遽どうしても参加できなくなったサポ仲間から重要なミッションを嫁は託されていたようで、そのミッションクリアのために奮闘したようです!

そのミッションとは・・・
①権田選手のゲーフラにサインをもらって、チョコを渡してくること!
②鎌田選手のゲーフラにサインをもらって、チョコを渡してくること!
③吉田選手のゲーフラにサインをもらって、チョコを渡してくること!
④豊田選手のゲーフラにサインをもらって、カステラとチョコを渡してくること!
⑤マッシモ監督にチョコを渡してくること!
の5つだったようです。

その5つのミッションは、すべてクリアされたようです。
証拠はこれです!!

①のミッション
権田

②のミッション
次のファンがいっぱい押し寄せて来たために画像なし。ミッションはクリア!

③のミッション
吉田

④のミッション
次のファンがいっぱい押し寄せて来たために画像なし。ミッションはクリア!

⑤のミッション
ミステル

ミッションを終えた後、なぜか寂しそうにしていたミンヒョク選手に嫁は話しかけたそうです。
嫁 「寂しくなりましたね。ミヌ選手がいなくなって・・・」
ミン 「いや、先輩が来てくれたから大丈夫!」
ミンヒョク

そして、その先輩のチェ・ドンゴン選手です!
ドンゴン

最後に、嫁は石川選手に激励の声掛けをして会は無事に終了したそうです。


激励会を終えて福岡に戻って来た嫁と仕事帰りに天神で待ち合わせて「塚田農場」という居酒屋へ行ってきました。

1杯目のビールを持って来たバイトの女の子が、スーツ姿だった私を見て「お仕事帰りですか?」と尋ねてきたので、「そう! 仕事帰り。今が稼ぎ時だからね!」と答えると、2杯目のビールでこんな粋な計らいをしてくれました。
ニコちゃんビール

しかも、頼んだおつまみにもこんなメッセージが・・・
日曜出勤

このSNS全盛の時代ならではのサービス(^0^)/
食べ物の画像がアップされることも考えられたサービス&アピール!
思わず、「うまいね~!」と納得してしまいました。

ビールから焼酎に変えた時に、バイトの女の子に「飫肥杉のロック! 愛情多めで!」と頼むとこんなグラスが来ました。
愛情たくさん

心憎いばかりのちょっとした演出に、50過ぎの仕事帰りのおじさんも思わず「塚田農場」のバイトの女の子たちのファンになってしまいました(^o^)v

次回もまた「塚田農場」に足を運びたくなるな~と感じた。日曜日の夕暮れ時でした。

開幕まであと12日!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

選手名鑑とファン感謝イベント参加券は購入、あとはドリパスとレプユニか!

来週の土曜日に開催される「ファン感謝イベント参加券」をセブンイレブンで購入して来ました。

どこで観るか嫁といろいろ相談していましたが、いつも一緒にサガン鳥栖を後押しする仲間の「メインを購入するつもりです!」の一言であっさりメインに決定しました(^o^)/

水原三星

昨日、発売されたサカダイの選手名鑑も早々と購入しました!!
寝る前の読書タイムに最適な1冊です。

これから購入する人もいると思いますので、内容はヒ・ミ・ツです・・・(^0^)

選手名鑑

サガン鳥栖の顔は、やはり豊田選手です。
あくまで個人的な感想ですが、清水の鄭大世選手のおでこの日焼けは、画像処理をしてあげた方がいいのではないかと思ってしまいます。

明日12日(日)は、私は仕事なのですが、お休みの嫁はサポ仲間と佐賀市内で開催される「ある会合」に参加して来るそうです。
その「ある会合」の話は、後日アップできればアップします。

そして、残すはドリパスとレプユニが届くのを待つばかりです!!

開幕まであと14日!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


サッカー文化を育てるとは対戦相手へのリスペクトである!

「育てる」を考えるシリーズの第3弾です。

今回は、「地域や日本にサッカー文化を根付かせるということ」について考えます。

これまでの「育てる」を考えるテーマの最終回ですが、一番難しく、私一人の力ではどうにもならないテーマでもあります。

私の子どもの頃(昭和40年代)は、プロ野球で巨人がV9を達成して、まさにON全盛時代でした。
カルビーのプロ野球スナックは1袋20円で、友達と競うようにカード集めにおこづかいをつぎ込んでいました(>_<)
福岡県民なのに阪神ファンでした(^0^)/
今はなき平和台球場の外野席にたまに行っては「ホームランうどん」を食べていました(^o^)v

サッカーに触れることは、体育の授業か年末のトヨタ杯の映像を観るぐらいしかなかった時代でした。
元日の天皇杯も子どもの頃はほとんど記憶にありません(>_<)

一つの大きな転機はやはり「Jリーグ」の誕生でしょう!!
メディアにサッカー情報やサッカー選手がたくさん登場するようになりました。

そして、もう一つの大きな転機は、W杯への日本の初出場でしょう!!
フランス大会への道のり、最後のジョホールバルでの中田選手のシュートのこぼれ球をゴールに押し込んだ岡野選手が叫びながらベンチに向かって走ってくる姿は今でも記憶に残っています。

しかし、今日の日本における「サッカー日本代表戦」だけの異様な盛り上がりには、個人的には違和感を持っています。

もちろん「日本代表戦」が盛り上がることは悪いことではありませんが、テレビもニュースもスポーツ紙も一部のサポーターも「お祭り騒ぎ」を無理矢理に「電通」に演出させられているように思えてしまうのです。

サッカービジネスは成立させなければ継続していかないので仕方がない面はあります。
しかし、うまく言葉にできないモヤモヤ感を拭いきれないのが私の本音のところです。

そんな私のこのモヤモヤ感を代弁してくれる素晴らしいCMが昨年放映されました。
堺雅人さんが大臣に扮して答弁するスカパーのCMです。


※動画はスカパーTVCMより

セリフだけを書き抜けばこうなります!

堺雅人「なぜ日本のテレビは、スカパー!入りなのか、わかりますか? 例えば、Jリーグ。J1はもちろん、J2まで全試合放送するんです!」

(誰が見るんですか。)

堺雅人「あなたはわかっていない! 地元のクラブを愛する喜びを、わかっていない! サポーターは毎週末、選手とともに戦っているんです!
そもそも、代表戦だけ盛り上がる様では日本のサッカーの成長なんてありえない!」

(ご託並べんな。)

堺雅人「ご託だと。私は日本のサッカーとテレビの未来の話をしているんだ! 未来の話を!」

実は私はここ4~5年、日本代表戦をそれほど力を入れて観ていませんでした。
むしろ、勝ち切れないことやFIFAランキングが下のチームに善戦されることを「やっぱりね!」と思っていました。

日本代表の中に無理やりにアイドルを作り出し、そのアイドルメンバーを中心に日本代表のサッカーが回っているように放送され、論評されることに嫌気がさしていたからでした。

さて、話を一番最初のテーマに戻します。
「地域や日本にサッカー文化を根付かせるということ」についてです。

2015年の統計によると子どもがなりたい職業男の子第1位は「サッカー選手」です。
私の子ども時代では考えられないことです!

もしかしたら40~50年という長いスパーンで考えたら、広く深くサッカー文化が日本にも根付き出しているのではないかと考えることができます。

当然に行きつ戻りつはあるでしょう!
いや、まだ文化と呼べるほどにはなってないという意見もあるでしょう!

しかし、今や日本にあるJリーグチームはJ1からJ3まで合わせると53チーム!
毎週末ごとに選手とともに戦い! 勝敗に一喜一憂して、負けが続いたら怒るけれど週末には愛するクラブ(チーム)の勝利を信じてまたスタジアムに通ってしまうのです!
スタジアムには、老若男女すべての人たちがいて、ピッチで繰り広げられる地元のクラブ(チーム)とともに戦っています!

そして何よりもJリーグには、「対戦相手のチームとサポーターをリスペクトする文化」が根付いています。
私たちのホームである「ベストアメニティスタジアム」では、毎試合対戦相手のサポーターにリスペクトの意味も込めてスタンディングオベーションをすることが恒例となっています!

「地域や日本にサッカー文化を根付かせること」とは、単に勝ちだけにこだわるのではなく、スタジアムで地元愛をみんなで表現することだったり、対戦相手に対して最大限のリスペクトを払うことであったりが、世の中で当たり前になることではないかと考えます。

サッカー選手になりたいと思う今の子どもたちが大人になる頃には、きっとそのようなサッカー文化が地域に日本に根付いていることと思います(^0^)/

そのためには今を生きている私も含めたすべてのJリーグサポーターが、次の世代にJリーグの良さ・素晴らしさを伝えていく努力を不断に積み上げていくことではないかと思っています。

開幕まであと19日!
今年も安全なスタジアムで熱き戦いが繰り広げられることを願って・・・

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR