今年もありがとうございました。来年もJリーグを盛り上げていきましょう!

早いもので今年も大晦日になってしまいました。

今年もサガン鳥栖に限らず、サッカーを通していろいろな人と出会い、つながり、お世話になった1年だったと思います。
そして、来年も多くの人たちとサッカーを通じて知り合っていくことができればいいなぁ~と考えています。

今年最後のブログでは、2016年の重大(十大)ニュースで締めくくります。

1、フィッカデンティ監督で2016年はスタート!
2、初の読谷キャンプは暴風雨の中での見学だった。
3、開幕戦でアビスパ福岡に勝利!
4、残留争い真っ只中も、なぜか「何とかなる」と思っていた。
5、ベアスタでロアッソ熊本のホームゲームを2試合開催。
6、2ndステージのホームFC東京戦でATの劇的逆転勝利!
7、アウェイ福岡戦でレベスタをサガンブルーに染めての勝利!
8、今年のアウェイは7試合参戦(仙台○、福岡(菓子杯)△、神戸△、福岡○、磐田△、浦和●、甲府○)
9、金民友キャプテンの心に残ったホーム最終戦のあいさつ(手紙)。
10、サガン鳥栖サポ仲間で3回の懇親会を開催できた(佐賀→鳥栖→福岡)

2017年も「全力に悔いなし」のイクヲイズムをベースに「最後まで絶対にあきらめないサガン鳥栖」を貫いて欲しいと思います。

そして、私はサガン鳥栖サポーター歴14~15年目に突入するも(ここから私はサガン鳥栖サポーターですってならないからアバウトな期間です)2017年もしっかりと支えていきたいと思います。

最後に、私の拙いブログを今年も読んでいただいたみなさん、今年から読んでいただいたみなさん、今回たまたま読んでいただいたみなさんも、本当にありがとうございました。
来年も「最高の週末が過ごせるように」Jリーグを盛り上げていきましょう!!

内田

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト

天皇杯ベスト4は、サッカーらしさが満載だった!

12月29日(木)は13時からと15時からの天皇杯ベスト4の2試合をNHKで観戦しました。

鹿島のサッカーは、チャンスになった時に「縦に早いなぁ~!」という羨ましさも含めた感想です。
横浜は、中村選手が入った直後に金井選手の同点ゴールかと思いましたが惜しくもオフサイド(>_<)
その直後の鹿島の追加点が決定的でした。

大宮対川崎は、正直に大宮が勝つのではないかという試合展開でしたが、結果は後半40分に川崎の谷口選手がゴール前のボールを押し込んで先制してそのまま逃げ切って、初の天皇杯決勝進出でした。

天皇杯
※画像はJリーグ公式HPより

大宮が先制するチャンスはいくつかあったのですが決めきれず、決めきれないとこうなってしまうという典型的な試合になってしまいました。
しかし、大宮は試合に集中していたと私は感じました。
特に守備は素晴らしかったと思うに値する試合だったと思いました。
惜しむらくは、川崎に先制点が入った1つ前のプレー(>_<)  
CKのルーズボールに川崎のエドゥアルド選手がヘディングにいきますが、周りに十分な大宮の選手がいたにも関わらず、みんなボールウォッチャーになってしまい誰一人競り合うことをしませんでした。
それが唯一、集中していた守備の中での残念なプレーでした。

これで、元日の決勝は、鹿島vs川崎に決定しました。
と同時に、プレーオフからですがガンバ大阪のACL参戦が決定しました!!
ぜひ、バンコクUとのプレーオフを勝ち抜いて本戦に進んで欲しいと思っています(^0^)v

来年度からはCWCに開催国枠での日本の出場はありませんので(他国開催)、ACLを勝ち抜く以外には日本のJリーグチームがCWCに出場する方法はありません!

日本のJリーグを楽しみにしている者として、鹿島、川崎、浦和、G大阪の4チームにはACLでがんばってもらいたいと強く強く思います(^0^)/


来シーズンにぜひ参戦したいアウェイスタジアムの個人的なベスト5!

来シーズンのJ1リーグを戦う18チームが決定してからしばらく時間が経ってしまいました。。
順位予想は、もう少し各チームの陣容が整わないと何とも考えようがありませんが、今からでも考えられることが2つあります。

それは・・・、
1、来シーズン行ってみたいアウェイのスタジアムランキングを決めること!
2、仕事との関係で実際にアウェイに行けそうなスケジュールを考えること!
の2つです(^ ^)v

そこで今回は、行ってみたいアウェイのスタジアムランキングを決めたいと思います。

とりあえず、来シーズンのアウェイスタジアムは次の17スタジアムです。
最後の数字はそのスタジアムに行ったことのある回数です。

札幌  札幌ドーム  0
仙台  ユアテックスタジアム  2
鹿島  カシマサッカースタジアム  0
柏   日立柏サッカー場  0
大宮  NACK5スタジアム  0
浦和  埼玉スタジアム2002  1
東京  味の素スタジアム  0
横浜  日産スタジアム  1
川崎  等々力陸上競技場  0
新潟  デンカビッグスワンスタジアム  0
甲府  中銀スタジアム  3
清水  IAIスタジアム  0
磐田  ヤマハスタジアム  1
G大阪 吹田サッカースタジアム  0
C大阪 キンチョウスタジアム  0
神戸  ノエビアスタジアム  1
広島  エディオンスタジアム  1

甲府の中銀スタジアムは縁があるのかここ3年連続で参戦しています!
ベストアメニティスタジアムと自宅のある福岡市内のレベルファイブスタジアムを除くと一番行っているスタジアムです(^0^)/

では、個人的に今年行ってみたいアウェイスタジアムのベスト5です!!

第5位 ユアテックスタジアム
ユアスタ
※画像はwikipediaより
「東のユアスタ、西のベアスタ」と言われるほど素敵なサッカースタジアムです。
過去2戦2勝と相性がいいこともまた行きたくなる理由ですねσ(^_^;)

第4位 IAIスタジアム
IAI
※画像はwikipediaより
サッカー王国のスタジアムに1度は坂を昇って行ってみたい。
それと、あのサンバのリズムの応援の一番すごいヤツを味わってみたい。

第3位 デンカビッグスワンスタジアム
デンカ
※画像はwikipediaより
とにかく相性が悪いこのスタジアムで嫁のアウェイ勝率の力を借りて勝利の雄たけびを上げてみたい!
あと単純に行ったことがない新潟の街に行ってみたいσ(^_^;)

第2位 札幌ドーム
札幌
※画像は札幌ドームHPより
南に住んでいる人間の永遠なる北へのあこがれと菊地選手に敵として会ってみたい。
札幌で美味しいものを食べてみたい。

第1位 吹田サッカースタジアム
吹田
※画像はwikipediaより
日本で一番新しいサッカー専用スタジアムを体感してみたい。
交流のあるガンバサポのブログ仲間と実際にお会いして飲みながらサッカー談義がしてみたい!

この行ってみたいアウェイスタジアムベスト5が実現できるかどうかは、仕事上のスケジュールとJ1の日程がバッチリ合わないとダメなんですよね~σ(^_^;)
毎年4~5試合の嫁と行くアウェイ参戦を2017シーズンもぜひ実現したいと思います!!

そのためには、次のブログで書く予定の「仕事との関係で実際にアウェイに行けそうなスケジュールを考えること!」の日程と実際に1月末に発表される2017年度のJ1リーグの日程にかかっています!

頼んだよ~(^0^)/ 日程君!!


来期のプリンスリーグ九州参入おめでとう! プリンスリーグ九州参入戦福岡ラウンド決定戦

12月24日(土)は昨日に引き続いてサガン鳥栖U-18のプリンスリーグ九州参入戦福岡ラウンドの決定戦でした。

この日の福岡フットボールセンターは、時折薄日が差して暖かいコンディションとなりました。
昨日とは打って変わって後押しするにはいいコンディションでした。

参入戦福岡ラウンド

改めてモデルは、前から17番のFW田川君、1番のGK安田君、10番のMF森山君です(^ ^)v

今日の試合は、勝てば来季のプリンスリーグ九州に参入できる非常に大切な試合です。
対戦相手は強豪の東福岡セカンドですが、リスペクトしつつも勝ちにこだわって戦っていきましょう!!

試合前の練習の時から、シュートが決まるとサポーターから「ナイスシュート!」の声が飛びます!

練習風景

今日も100名近くのサガン鳥栖サポーターが後押しに来ていました。

試合は、開始早々に東福岡セカンドの8番にゴールを決められて先制を許します。

前半15分過ぎからようやく落ち着いてゲームを運ぶことができるようになります。
それだけに試合の入り方がちょっと悔やまれます。

しかし、27分に左からの突破で田川君がゴールを決めて同点に追いつきます!!

さらに45分には右からのクロスにファーにいた田川君がヘッドで決めて2-1!!
いい時間帯に逆転に成功して、前半を折り返します。

後半3分にペナルティエリアで東福岡セカンドの選手が倒れますがPKはなし!
この判定に東福岡セカンドは、監督、スタッフ、控えの選手、応援団まで大ブーイングに野次・・・
しかも口汚い野次までも東福岡セカンドのベンチから飛び出します。

明らかに対戦相手を罵倒する「こんな奴らに負けるなよ!」という野次。
仲間に激を飛ばすというよりも、対戦相手を卑下するために発せられたその言葉に、サガン鳥栖U-18の応援に集まった人々からは「残念だ」「高校サッカーでも人間性の教育は必要だね」の声・声・声・・・

後半は攻守の入れ替わりが激しい試合がずっと続きます。

激しい接戦の試合が繰り広げられているので、応援に来ている人たちも熱くなっていきます。
東福岡セカンドの17番が目の前でハンドをしたように見えたので、応援に来ていた人たちから「ハンド!」の声が上がります。
その声に対して東福岡セカンドの17番の選手は、応援する保護者を睨み付けるように「うっせー」と私たちに聞こえるように一言。
サガン鳥栖U-18の保護者や応援に駆け付けたサガン鳥栖サポーターは一同唖然でした(>_<)

後半35分にゴール前の田川君が決定機を外すもののその後に左からの攻撃で決定的な3点目をサガン鳥栖U-18が奪います!!
誰のゴールだったかよく見えませんでした(>o<)
(オフィシャルによると、得点者は大坪君でした)

そして、そのままタイムアップ!!

試合後のあいさつ

3-1でサガン鳥栖U-18が勝利して、来季のプリンスリーグ九州への参入を決定させました!!
おめでとう! サガン鳥栖U-18!

試合結果

応援をしてくれた保護者やサガン鳥栖サポーターに挨拶にくる嬉しそうなサガン鳥栖U-18のメンバー。

サポに挨拶にくるサガン鳥栖U-18イレブン

そして、挨拶からの~

挨拶からの~

でんぐり返し

でんぐり返し

「強いチームと戦うことで、さらに強くなるチャンスが得られると思います」

来期からのプリンスリーグ九州に臆することなく戦って欲しいと思います(^0^)/

最後に東福岡セカンドの監督、スタッフ、選手たちに一言。

未来の日本サッカーをさらに良くしていくのは、高校サッカーの選手やU-18に所属している選手たちだと思います。
言わば、今日試合をしていた選手たちは、これからの日本のサッカー界の宝です!!

サッカーの上手さだけでなく、人としての当たり前の礼節や対戦相手に対するリスペクトなども日本のサッカーを発展させていくためには必ず必要なことです。

サッカーを通しての人間形成や人としての成長をサガン鳥栖U-18の選手たちのみならず、東福岡セカンドの選手のみなさんにも大いに期待しています。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


まずは勝利おめでとう! プリンスリーグ九州参入戦福岡ラウンド1回戦

12月23日(金)12時から福岡県の春日公園球技場でプリンスリーグ九州参入戦の福岡ラウンド1回戦が行われたので、後押しに行って来ました。

プリンスリーグ九州

春日公園球技場には100名近いサガン鳥栖サポのみなさんが集まっていました。
そして、偶然にも試合前に豊田選手に春日公園内で会って、声かけをさせてもらいました(^ ^)v

しかし、スタジアムは寒いし、風は強いし、時折雨もパラつくしと3拍子揃ったサッカーの後押しには最悪のコンディションでした(>_<)

さて、試合はというと・・・
開始後にいきなりビッグチャンスが訪れましたが田川君決めきれず(>_<)

前半20分ぐらいに石川君のCKからたぶん平瀬君がヘッドで決めて先制に成功(^0^)/

その後、惜しいチャンスはいくつかあるも、宮崎日大も4-5の守備ブロックを敷いて、最後の最後を守り切ってゴールを許さず、1-0のサガン鳥栖U-18リードで前半を終了!

前半終了

後半開始前にベンチ前でエンジンを組む選手たち。
後半開始での選手交代は両チームともにありません。

後半前にベンチでエンジン

後半に入ると一転、宮崎日大がパスでつないでビルドアップして来る攻撃に切り替えてきたように感じました。
前半より明らかに押し込まれるシーンが増え、ボール奪取もクリアも前半とは違う状況になってきます。

そんなときに、縦パス1本で抜け出した石川君が、相手GKとの1対1を冷静に決めて2-0とリードを広げます。

後半に途中交代で入った三好君が交代させられるという厳しい采配もあったり、終了間際には宮崎日大に攻め込まれるシーンもあったりしましたが、なんとか凌ぎ切ってゲームセット!!
2-0で宮崎日大に勝利しました!!

試合後のあいさつ

試合終了

さて、これでプリンスリーグ九州参入戦の福岡ラウンドはあと1試合となりました。
泣いても笑っても、明日12月24日(土)11時からの試合で東福岡セカンドに勝利して、来年はプリンスリーグ九州に戦いの場をぜひとも移して欲しいと思っています。

明日もできる限り後押しに福岡フットボールセンターへ行って来たいと思っています(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


2016年MVP おめでとう! 中村憲剛選手(36)

12月20日に横浜アリーナで2016年Jリーグアウォーズが開催されました。

今年度のMVPには、川崎フロンターレの中村憲剛選手が選出されました(^0^)/
私個人は大納得です!!  おめでとう、中村憲剛選手!!

中村憲剛
※画像はゲキサカHPより

なんでも36歳での受賞は歴代最年長受賞記録を更新だそうです!
ちなみに今までの最年長記録ホルダーは、35歳で受賞の横浜Fマリノスの中村俊輔選手でした。

それ以外に個人的に注目だったのは・・・

サガン鳥栖が、賞金対象(34ポイント以下)のフェアプレー賞を受賞したことです。
調べてみると、フェアプレー賞(J1)には500万円が与えられるそうです。

これで、2012年のJ1昇格以来すべての年度で賞金を獲得できていることを誇りに思います。

もう一つは、最優秀ゴール賞を受賞した名古屋グランパスエイトの田口泰士選手です。
ギュイ~ンと右に曲がりながらゴール左隅に突き刺さったゴールは圧巻でした!!



ぜひ、2017年はサガン鳥栖に完全移籍して、鳥栖の久々の背番号「7」を背負ってもらいたいと思っていますm(_ _)m

さて、今週末は天皇杯ラウンド8ですが、サガン鳥栖U-18の九州プリンスリーグ参入戦もあります。
U-18の室GKコーチから「ぜひ、応援に来て欲しい」とお願いされているとの情報があり、福岡フットボールセンターに後押しに行って来ようと思います(^0^)/

ガンバレ~! サガン鳥栖U-18!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

鹿島は凄かった、よくやった、本気で応援した!

12月18日にCWCの決勝戦が日産スタジアムで行われました!
対戦カードは、言わずと知れたレアル・マドリードvs鹿島アントラーズでした!


※画像はJFAのHPより

試合後の感想を一言で言うと・・・
「鹿島のサッカーは凄かった! レアル相手によくやった! 試合途中から本気になって鹿島の勝利のために応援した!」です(^o^)/

いろいろ説明する必要はないくらいの激闘を魅せてくれた鹿島イレブンに感謝したいと思います。

日本のJリーグの強さを全世界に発信してくれた鹿島イレブンに本当に感謝したいと思います(^ ^)v

2得点した柴崎選手もですが、昌子選手、植田選手、曽ヶ端選手の3人は、私たちJリーグのサポの心を震わせる獅子奮迅の大活躍だったと思います。

特に、後半ラストプレーの遠藤選手のシュートには、私も含めてJリーグを愛するすべてのサポーターとファンがチーム愛を超えて「イケ〜、決めろ〜!」と叫んだり祈ったりしたと思います!!

結果は、2ー4でしたが、十分に勇気をもらった120分間の激闘でした!

そして、いつの日か我らサガン鳥栖もあの夢舞台に立ちたいと強く思いました(^o^)/


遅ればせながら、2016年J1順位予想の振り返りです!

11月3日にJ1リーグ2ndステージが終わって1ヶ月以上経ちましたが、順位予想の振り返りを遅ればせながらやりたいと思います。

CSの結果、今シーズンのJ1チャンピオンは鹿島アントラーズですが、リーグ戦終了時の年間総合順位で振り返りを行います。

新しい画像

予想をする時に書いたチームのコメントがこちら・・・
01位 ガンバ大阪 攻撃力アップと中盤の安定はスゴ過ぎる
02位 鹿島アントラーズ  若手とベテランの融合+補強+歴史
03位 浦和レッズ やはりミシャでは優勝はできないと思う
04位 サンフレッチェ広島 新しい戦力が必ず出てくるチーム力
05位 FC東京  未知数が大きく一歩間違えば中位へ
06位 川崎フロンターレ  攻撃力頼みだがまだ勝ちを拾うだろう
07位 横浜Fマリノス 高齢化と言われるが守備の安定感はある
08位 名古屋グランパス 小倉ンパスがいい方に転がるとみた
09位 サガン鳥栖 原点回帰の監督で大崩れはしないだろう
10位 ヴィッセル神戸 なぜか組織のまとまりに欠けるチーム
11位 大宮アルディージャ  J2チャンプの維持と勢いかな~
12位 ジュビロ磐田 攻撃力-守備力>0でなんとかセーフ
13位 湘南ベルマーレ 組織のサッカーなので踏みとどまる
14位 ベガルタ仙台 昨年からの課題が今一つ改善されてないかな~
15位 柏レイソル 攻撃の核と守備の核を欠いて未知数の新監督
16位 アルビレックス新潟  昨年の15位からの上積みが見えない
17位 アビスパ福岡 井原サッカーでしぶとく勝ち点を拾う
18位 ヴァンフォーレ甲府 昨年のスタメンの半分以上が流失は厳しい

トータルで誤差が58ですのであまりいい成績とは言えません(>_<)

予想との差が5以上のチームが3チームもあります。
ピタリ賞が1つもないこともガッカリでした(>_<)

5位 大宮アルディージャ
  守備の堅さは素晴らしかった。勝つことでまた自信を得てまた勝つというところが今年の大宮でした!

8位 柏レイソル
  開幕当初はこれはヤバいかなと思ったが、監督の解任が早かった! 何だかんだで持ち直す力はさすがでした(^0^)

16位 名古屋グランパスエイト
  まさかの降格(@_@) 沖縄のNYCから危ない気はしていましたが、小倉監督の解任時期が遅すぎましたね(T_T)

毎年予想しますが、やはり順位予想は難しい・・・。
来シーズンは、何とか40代の誤差でいきたいものです!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


ミヌと林がいなくなることは、更なるステップアップの契機と考えよう!

12月11日にベアスタで開催された2016年シーズン報告会は、3000名のサポーター・ファンが集まって大盛況でした!

報告会の内容については、他のブロガーのみなさんにお任せするとして、2017年に向けて感じたことを書きます。

報告会の時点で、来シーズンもサガン鳥栖のユニフォームに袖を通すことが決まっている選手は、
豊田選手(FW)
豊田

キム・ミンヒョク選手(DF)
ミンヒョク

吉田選手(DF)
吉田

福田選手(MF)
福田

石川選手(MF)、田川選手(FW)
石川、田川

の6名です。

反対にサガン鳥栖のユニフォームを脱ぐことになった選手は、
金民友選手(MF) 水原三星
ミヌ

林選手(GK) FC東京(報道によると・・・)
林

崔誠根選手(MF) 水原三星
ソングン

平選手(FW) 未定
平

磯崎選手(DF) 現役引退
磯崎

小林選手(DF) 現役引退
小林

の6名です。

特に金民友選手と林選手のスタメン組2名が抜けることはかなり大変なことのように思えますが、私はサガン鳥栖が更にステップアップするために必要なことではないかとかなり確信的に思っております!!

ミステル

※画像はすべてサガン鳥栖Facebookより

2年目のミステルの手腕を遺憾なく発揮するための必要なメンバーである、豊田選手、キム・ミンヒョク選手、吉田選手、福田選手というスタメン組が早々と契約更新してくれたこと、まだこれから契約更新してくれる選手たちに、新しくサガン鳥栖を選んでくれる選手たちを足し合わせれば、新たな化学反応をプラスに起こしてくれる予感しかありません(^ ^)v

1月中旬の「2017年新体制発表会」が今から待ち遠しいです(^o^)/

サガン鳥栖に関わる選手の契約更新と移籍加入の発表をワクワクして待ちながら、CWCと天皇杯でサッカー欠乏症をちょいちょい治療していきたいと思います。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


2016年最後の紅白戦、ありがとう磯さん、コバテル!

12月10日は、サガン鳥栖の紅白戦が北部グラウンド東で行われました。

サガン鳥栖欠乏症の私たち夫婦は、喜び勇んで紅白戦の観戦に行きました(^o^)/

12時から開始の紅白戦に福岡市内の自宅を10時20分に出ましたが、最寄りの弥生が丘駅に着いたのが12時17分(>_<)

そんなに時間がかかるとは予想外でした。
北部グラウンドまで歩いて行って、観戦は12時30分過ぎだな〜σ(^_^;)

今回の紅白戦は、ファン感謝デーの意味合いもあるので、何とピッチのすぐ横で観戦することができました。

しかし、紅白戦後に夫婦で忘年会に参加する予定だったので、いつもよりおめかししてブーツを履いた嫁を気遣って、ピッチには入らずにクラブハウスの横での観戦でした。



観戦者が多かったこととちょっと遠目だったことで、紅白戦のガッツリ観戦としては65点でしたσ(^_^;)

しかし、この場所取りは、クラブハウスに引き上げて来る選手たちを見るには最高のポジションなのです!!

今シーズン限りで現役引退をする「磯崎選手」と「小林選手」をリスペクトして、二人のユニフォームを着ていた金民友キャプテンです。



そして、鳥栖でのキャリアを最後にユニフォームを脱ぐ「磯崎選手」と「小林選手」の二人にお疲れ様の声かけと握手をすることができて大満足です!!



さらに、ムス選手と木木選手がユニフォームやシューズをプレゼントするために私たちのところへ来てくれました。

横にいる子どもたちを差し置いて手を出すわけにはいかないので、ムス選手のユニも木木選手のシューズも子どもたちに譲りました(^ ^)v

ブログに載せるからと断って、画像だけ撮らせてもらいました(^o^)/



きっと彼らは、素敵なサガンティーノになってくれることでしょう!!

これで2016年のサガン鳥栖メンバーでの試合も練習もすべて終わりました。
ハラハラ、ドキドキも含めて今シーズンもたくさんの感動と勇気をサガン鳥栖というチームから与えてもらいました。

私自身もサガン鳥栖に微々たるものですが、力を与えられるサポーターになるべく、日々精進したいと思います。

最後に、鳥栖駅に新しく登場したサガン鳥栖選手の応援看板です。



17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR