キム・ミヌとの別れがこんなにもツライとは正直思わなかった。

2016年J1リーグのホーム最終戦の終了後、セレモニーがベアスタでありました。

今シーズン限りで母国の兵役のために退団する金民友キャプテンの8分間以上にも及ぶサガン鳥栖ファミリーへの感謝の手紙が読み上げられました。

必死に我慢していましたが、途中から涙があふれ出して止まりませんでした。
スタジアムに残ってこのセレモニーに参加していたほとんどの鳥栖サポは、多かれ少なかれ涙を堪えることはできなかったでしょう。

7年間の長きに渡り、サガン鳥栖の10番を背負い続け、その重責を全うしてくれた金民友(キム・ミヌ)選手を自らの心に刻んでおくためにセレモニーの模様をブログに残しておきたいと思います。


※動画はスカパー!Jリーグ【公式】より

金民友選手からの手紙

『こんにちは。
今日もたくさんの方々に来ていただき、本当にありがとうございました。今日は私から皆さんへ手紙を書いてきました。下手な日本語ですが、最後まで聞いてください。


サガン鳥栖を愛する皆様へ。

まだリーグ最終戦と天皇杯が残っていますが、2016シーズン本当にお疲れさまでした。いつも温かい愛情と熱い応援で私たちの力になってくださり、感謝しています。皆さんのお陰でいつも堂々とピッチに立つことができ、皆さん一人一人のその声が私たちを最後まで走らせてくれました。また、皆さんの情熱と歓声が大きなモチベーションになり、いつも幸せな気持ちでピッチに立ち、いいパフォーマンスをお見せすることができたと思いますし、その力でサガン鳥栖も私も成長できたと思っています。そしてこのスタジアムの雰囲気も皆さんがいなければ作ることはできません。ベアスタを埋め尽くし、選手たちと同じ気持ちで戦ってくださった皆さんは本当に美しいです。

私は今シーズンを最後に韓国に戻りますが、サガン鳥栖で過ごしたこの7年の時間は、これから先のサッカー人生と、一人の人間としての人生を過ごしていく上で、とても大きな意味を持つだろうし、いつも私の励みになってくれると思います。私の心はいつもサガン鳥栖と共にあります。7年間このチームでプレーできるチャンスをくださったサガンのお父さん、竹原社長。陰ながらこのチームの成長を応援してくださるスポンサーの皆様。どんなときも信じてくれて勇気をくれたマッシモ監督。いつも後ろから支え、たくさん苦労しているコーチングスタッフの皆さんや、フロントスタッフの皆さん。そして7年の間、本当のお兄さんのようで、いつも面倒なことを頼んでも快く受け入れてくれて、でももうコーチになったから最近あんまりご飯も一緒に食べてくれなかったチョンフンお兄さん(金正訓コーチ)。ここで長い時間を過ごした人も、そうじゃない人たちもいるけれど、国籍も関係なく、一人の人間としていつも暖かく接してくれて、今年は韓国人である私がキャプテンになり、本当に足りないことが多かったと思うけど、いつも尊重してくれて、後ろから支え、背中を押してくれて、しんどいことや苦しいことがあっても一緒になって、誠実に最後まで最善を尽くしてくれたチームメイトのみんなに、この場を借りてお礼を言いたいと思います。みんな、ありがとうございました。

7年間サガン鳥栖のファミリーから受けた大きな愛情とたくさんの思い出をこの手紙ですべて伝えることはできませんが、少しでも私の気持ちを表したくて手紙を書きました。この、何物にも変えることができないくらいのたくさんの愛情をもらえたと思います。もう一度皆さんに7年間の感謝を言いたいと思います。本当に心からありがとうございました。こうして2016年Jリーグのシーズンが終わりますが、サガン鳥栖の今シーズンはまだ終わりません。天皇杯ではありますが、このホームであと一試合できるというのは私にとってこれ以上ない幸せです。(天皇杯サンフレッチェ広島戦の)11月12日も皆さんの力が必要です。天気は寒くなりますが、熱い応援をよろしくお願いします。

少し長くなりましたが、最後に。私はまたいつの日か皆さんの熱い応援を背に、サガン鳥栖のユニフォームを着てここベアスタのピッチに立てる日を夢見ています。 夢は叶う! ありがとうございました。』


今、このブログを書きながらもまた涙が出てしまいます。

ありきたりですが、「さよなら」は言いません!

3年後に、がむしゃらさにプラスして円熟味を身に付けた金民友選手が、サガン鳥栖の10番のユニフォームをまといベアスタのピッチに戻ってくると強く信じています!

本当に本当にありがとう! 
輝くサガン鳥栖の10番 金民友(キム・ミヌ)!!


スポンサーサイト

ホーム最終戦、笑顔でミヌを送り出そう! ホーム横浜戦プレビュー

2016年J1リーグ2ndステージ第16節(年間総合第33節)ホーム最終戦の横浜Fマリノス戦です。


※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

金民友キャプテンの今シーズン限りの退団が発表された直後のホームゲームということで、チームメイトもサポーターもファンもスタジアム一丸となって勝利を目指すことと思います。

「横浜のみなさん、ちゃんと空気を読んでね〜」とは言いませんが、ホーム最終戦は鳥栖らしく一途にそしてひたむきに仲間のために走って走って勝利を掴み取る試合が観たいと思います!
そして、そんな選手たちをスタジアムが一体となって後押ししたいと思います。

そして、このブログを書きかけたまま試合当日の朝になってしまいました。

前日の飲み会にも関わらず、朝の5時に目が覚めたので、意を決してベアスタに向かいました。

7時にベアスタに着きましたが、すでにドリパスの待機列は2列目の後ろの方でした。
さすがホーム最終戦(^ ^) いつもとは違う緊張感といつもと同じ鳥栖らしい親近感が混じり合っています。

さて、試合のプレビューですが、相手の横浜も守備は堅いし、飛び出せるFWと日本屈指のドリブラーがいます。
その二人にボールをうまく出させないように中盤の攻防が一つのポイントになると思います。相手の中盤を自由にさせない高橋選手、金民友選手、福田選手の活躍に大いに期待するところです。

そして、攻撃では柏戦のように豊田選手が競り勝てると思えませんので、競り合った後のセカンドボールを徹底して拾う意識を持つことと鎌田選手の落ち着きとアイデアが存分に発揮されることを期待します(^o^)/

横浜も鎌田選手がキーマンだとわかっていますので、執拗に潰しに来るでしょう。
そこをうまく突いて富山選手、福田選手、金民友選手にボールが渡り、豊田選手につなげて欲しいものです!!

もうすぐ8時。1回目の列整理です。
試合まで徐々に気持ちを高めながら(もう十分高めですが・・・)、心静かに戦いの時を待ちましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


戦う準備が整いました! さぁ、ともに戦おう!!

ホーム最終戦の「友ニタタカウ券」を本日、近所のセブンイレブンで購入しました!

リーグ最終戦の「アウェイ甲府戦」のビジター自由席も近所のセブンイレブンで購入しました!

2017年シーズンのドリパスとレプユニの購入案内も本日届きました!

土曜日の横浜戦後の「お疲れさん会」の予約も済ませました!

戦う準備がすべて整いました! さぁ、ともに戦おう!!

チケット

고맙다. 김민우(ありがとう。金民友!)

7년간 정말로 고맙다. 저는 당신을 결코 잊지 않는다. 위대한 사간 토수의 등번호 10김민우!

7年間本当にありがとう。私はあなたを決して忘れない。
偉大なサガン鳥栖の背番号10 金民友!

(エキサイト翻訳を使用して訳しました。間違いがありましたらご指摘ください。)



3得点でアウェイでの勝ち点3は素直に嬉しいけど、ハンドスルーがね~! アウェイ柏戦レビュー

2016年J1リーグ2ndステージ第15節(年間総合第32節)アウェイ柏レイソル戦は、鎌田選手の2発と富山選手の1発の3-2で勝利しました!!

得点
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

今回は自宅でのスカパー観戦でしたが、まず言いたいことは「日立柏サッカー場」はピッチにも近くていいスタジアムだと知っていますが、あの芝の具合はないわ~(-_-;) 条件は一緒だろうけど、ゴール前が砂場だったよ~(-_-メ)

スタジアムスタッフのみなさんのこれからのがんばりに期待をするしかないですね~。

今回は見やすかったという理由で、柏レイソル公式HPに出ていたスタッツを紹介します。
新しい画像
※画像は柏レイソルオフィシャルHPより

特に得点については、その2~3プレー前からの動きが分かるようになっているところがすごく良くて親切だと思います。

さて、試合のレビューですが今回は3点です。

1点目は、得点に絡むシーンについてです。

この試合のサガン鳥栖の3得点は、すべて豊田選手の「For the Team」の競り合いを起点にしていました。
富山選手も早坂選手も鎌田選手も豊田選手を信じてセカンドボールのポジションを取り、そして相手より先に触る動き出しをしていたように見えました。

鎌田選手の1点目は、蹴った瞬間に思わず「ヨッシャー、いった~!」と叫びました(^0^)v
富山選手の1点目は、相手にダメージを与える効果的なゴールで、思わず「抜けろ~!」と叫びました(^o^)/
そして、鎌田選手の2点目は、嫌なムードを振り払うゴールで、思わず「上手い!」と叫んでしまいましたv(^o^)v

9月17日のホーム広島戦から連続で得点を奪える試合が続いていることはいいことです。
しかも、多くの選手が得点していることがプラス材料になっています(^0^)v

H広島戦 谷口選手、金民友選手
A大宮戦 富山選手
H仙台戦 豊田選手、高橋選手
A柏戦   鎌田選手2、富山選手

なんと、6人の選手が得点をあげているんですね!! 

しかし、失点も止まらないところが気にはなっています。これがレビューの2点目です。

多くは中盤のスペースやサイドのスペースを使われてからの失点のように思います。
しかし、守り方は悪くはないと私は思っています。
相手チームの要注意選手には、2枚で挟む、3枚で囲むという積極的な守備はできています。
しかし、そこを突破されたときに一気にピンチになります。
また、上手くボールを奪っても選手間の距離が近すぎて上手くつなげずに、また相手ボールになってしまいピンチになる光景もよく見かけます。

ボールの取りどころ、味方選手との距離感、その後のリスク管理、サガン鳥栖の守備は決して悪くない!
自信を持って守備からリズムを作って攻撃につなげるサッカーにもっともっと磨きをかけて欲しいと思います。

守備と言えば、吉田選手は今回も素晴らしい守備を披露してくれました。
伊東純也選手にもクリスティアーノ選手にも決して負けない「ケツディフェンス」を魅せてくれました!!

そして、レビュー3点目は西村主審のハンドスルーのジャッジメントについてです。

私はサガン鳥栖のサポーターですので、味方が倒されたプレーに対して「何で今のがファールじゃないんだ!」と思うことや相手のプレーに対して「おいおい、今のはファールやろ~!」と思うことは当然あります。
そこは応援している私の視点より、より近くでプレーを裁いている主審の方が正確だと思うので、ちょっと言ってみただけということが多いのです。

イエロー臭いファールの帳尻合わせもサポーターの視点で観ていると「まぁ~あるよね~」とここまでは許します。

しかし、後半20分のハンドスルーのジャッジメントだけは私には理解できません。
そのシーンは、高橋選手のクリアボールが、正面にいた小林選手の左腕にバチーンと当たって、周りにいた鳥栖の高橋選手、福田選手だけでなく、ハンドをした柏の小林選手までもみんなプレーが止まります。
そのプレーが何を意味するか知っているから鳥栖の選手だけでなく柏の小林選手も動きを止めたのだと観ていてわかりました。

しかし、結果はプレー続行で、田中順也選手がボールを持ち込んでのシュートはゴール前で砂埃を巻き上げながらバウンドしてゴールに吸い込まれてしまいました。(このシーンを観てゴール前が砂場だったと最初に書きました。)

スカパーのハイライトシーンでは、このゴールが決まった後に西村主審がオッケーと言わんばかりにサムアップ(親指を立てている)シーンが流れるので余計に腹が立ちます(-_-メ)

掲示板等を見てみると、柏サポーターも「ハンドがはっきり見えた」「あれはラッキーだった」とあのハンドシーンがスルーされたことに首をひねっている方も多かったようです。

何人かのみなさんが、ハンドスルーについて持論や私見を展開されていますが、やはり持論や私見の範囲なので、ジャッジした西村主審にぜひ解説してもらうことが一番スッキリするんですよね~。

サッカーではビデオ判定もないので(個人的にはビデオ判定はしなくていいと思っている)ぜひ疑惑をもたれるジャッジをした主審のみなさんは、試合後で構わないので「これこれこういう理由でそのシーンは裁きました」とJリーグを通じて後学のために解説をして欲しいと思います。そして、各クラブにはジャッジメントの解説請求権を1試合につき2つまで認める権利を与えた方がよさそうだな~と思います。
まぁ、Jリーグは絶対にしないでしょうけどね・・・(-_-;)

これで残りのリーグ戦は、ホームとアウェイの最終戦の2試合のみとなりました。
今回勝利したことでリーグ戦残り3試合での1試合当たり平均勝ち点をさらに上げることができました。

ラスト3試合成績

1試合当たり平均勝ち点2以上をサガン鳥栖がキープできていることは喜ばしいことです!!

そして、ホーム最終戦の横浜Fマリノス戦とリーグ最終戦のアウェイヴァンフォーレ甲府戦は、ともに嫁と一緒に参戦する予定にしています!
遠いのですが、甲府の中銀スタはこれで3年連続の参戦となります。
なんとなくいつもスケジュールが合うんですよね~(^0^)/

まずは土曜日のホーム最終戦を勝利で飾れるように一生懸命に後押しをしましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


守備の修正はできたはず、今日は無失点勝利を! アウェイ柏戦プレビュー

2016年J1リーグ2ndステージ第15節(年間総合第32節)アウェイの柏レイソル戦です。

試合
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

10月1日のベガルタ仙台戦から3週間。待ち遠しかったですね~!

10月15日にはベアスタでアビスパ福岡とのトレーニングマッチも行われて、サガン鳥栖欠乏症も少し緩和されましたが、やはりリーグ戦に勝る特効薬はないですよね~(^o^)v

8月27日のホーム新潟戦で勝利して以来、残念ながら勝利から遠ざかっています(>_<)

9月10日 アウェイ浦和戦 0-2
9月17日 ホーム広島戦 2-3
9月25日 アウェイ大宮戦 1-1
10月1日 ホーム仙台戦 2-3

この4試合で 得点5点、失点9点、得失点差▲4点
サガン鳥栖の代名詞である「堅守」が微妙に崩れてしまっている状況でした。

この3週間の中断期間は、長めのオフで心と身体をリフレッシュして、その後はきっと守備の修正に力を入れてくれたと思います。
アビスパ福岡とのトレーニングマッチでも守備の修正の片鱗が感じられました。

本日の対戦相手の柏レイソルは、現在リーグ戦6戦負けなしと好調を維持しています。
しかし、12得点のディエゴ・オリヴェイラ選手、DFの中山選手の二人がいない試合になるでしょう。

好調の柏レイソルに臆することなく、素晴らしい守備からリズムを作って、無失点の試合を魅せて欲しいと思います。
そして、攻撃では5年連続15得点の大記録がかかる豊田選手の複数得点を期待します(^0^)/

試合前のルーティンであるお昼の「カツ丼」を食べて、テレビの前でしっかり後押しをしましょう!!
現地に行かれているサガン鳥栖サポ・ファンのみなさんの熱い後押しを福岡から念を送って支えます!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


追記
昨日、サガン鳥栖サポには嬉しいニュースが2つ舞い込みました(^o^)v
一つは、ミステルが来シーズンも監督続投だというニュース!!
しっかりと来季への編成と補強を行って、ミステル第2章を大いに期待しています。

ミステル続投
※画像は西日本新聞より

もう一つは、福田選手がタレントの大戸千絵さんと10月15日に入籍をしたとオフィシャルで発表がありました。
福田選手、おめでとうございますヽ(^。^)ノ
ますますの活躍を期待していま~す!!


リーグ戦残り3試合を鳥栖らしく全力で戦おう!

長かったリーグ戦の中断期間がようやく終わります(^0^)v
今週末は2016年J1リーグ2ndステージ第15節(年間総合第32節)のアウェイ柏レイソル戦です。

試合のプレビューは金曜日に書くとして、今回はリーグ戦残り3試合に力を発揮するチームはどこかを考えてみたいと思います。

サガン鳥栖がJ1に昇格した2012年から昨年までの4年間のデータを調べてみると・・・

残り3試合成績

1試合の平均勝ち点が2点を超えているチームは4つです。

2.00の川崎フロンターレ
2.08の柏レイソルサンフレッチェ広島!!
2.25のサガン鳥栖!!!


実はリーグ戦の残り3試合に関しては、サガン鳥栖は無類の強さを発揮しています!!

そして、サガン鳥栖の今シーズンの残り3試合の相手は・・・
第15節 柏レイソル(アウェイ)
第16節 横浜Fマリノス(ホーム最終戦)
第17節 ヴァンフォーレ甲府(アウェイリーグ最終戦)

いずれも気の抜けない強豪チームばかりです。
特にリーグ最終戦のアウェイ甲府戦は、対戦相手ヴァンフォーレ甲府の「残留」か「降格」かという運命の一戦になる可能性も大いにあります。

昨年までのデータを信じて、一戦一戦を全力で鳥栖らしく戦っていくしかありません!!

アウェイ柏戦には参戦できませんが、ホーム最終戦の横浜戦とリーグ最終戦のアウェイ甲府戦には参戦して、今シーズンのリーグ戦を締めくくりたいと思います(^o^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!



来季を見据えたTMで気持ちを新たに!

「サガン鳥栖欠乏症」のみなさん、土曜日のTMは楽しめましたでしょうか?

両チームとも多くのサポ、ファンが詰めかけたTMでした。



勝敗だけを目的にしたのならば、0ー2で負けたので「アビスパに負けて、悔しい〜(>_<)」となっていることと思います。

しかし、このTMは単純に3週間空いた日程のコンディション調整や試合勘を忘れないための単純なものではないと思っています。

守備よりも攻撃に関して、いろいろな課題がたくさん見つかったTMだったと思います。

そして、残留したサガン鳥栖も残念ながら降格したアビスパ福岡も来季のチーム編成を見据えた「選手たちのチーム内生き残りをかけたサバイバルゲーム」だったと思いながら観戦していました。

サガン鳥栖もアビスパ福岡も監督は、ミステルと井原さんの継続が有力というのが現状の予想です。

その中で、来季のチーム構想に必要な選手、戦力外やむなしの選手の選別テストの意味合いが色濃く反映していたと思います。

特に、後半出て来た選手たちは、両チームともかなりの若手を除いて、まさに生き残りのアピールの場だったでしょう!

初めからその視点でTMを観ていましたので、名前は言いませんが、サガン鳥栖でもアビスパ福岡でも来季は厳しいだろうな〜という選手が何人か頭に浮かんだことは事実です(>_<)

プロのサッカー選手は毎年が勝負!
そして、同じチーム、同じメンバーで来季も戦うことはまず無い!

だからこそ、選手は一戦一戦、一瞬一瞬に全力をかけて戦う!
サポーターは一期一会かもしれない我がチームの選手たちを全力で支える!

今シーズンも残りリーグ戦3試合。
サガン鳥栖に在籍している選手を全力で支えようと気持ちを新たにしたTMでした。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


「サガン鳥栖欠乏症」の特効薬が15日(土)に発売予定です(笑)

10月1日(土)のベガルタ仙台戦から22日(土)の柏レイソル戦まで、練習を観に行く以外には、「サガン鳥栖欠乏症」を治す薬はないと半ばあきらめていました。

そしたら何と何と!! 15日(土)に特効薬が発売されると言うではあ~りませんか(チャーリー浜風)

特効薬の詳細はコチラ↓↓↓

新しい画像
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

知り合いのアビスパサポに「来られますか~?」とLINEをすると、「法事に行かなくてもよければ行きます!」と即返事が来ました。
みんな、後押しすべき我がチームの欠乏症に悩まされているようです。

ちなみにアビスパ福岡のHPでは、トレーニングスケジュールの中にこっそり書いてあるそうです(笑)

自宅に帰って嫁に「土曜、どうする?」と主語も目的語もなく問いかけると「もちろん、行くよ!」との返事!
これだけで会話が成立するということは、嫁もきっと「サガン鳥栖欠乏症」だったのでしょう(^0^)/

自称「サガン鳥栖欠乏症」で当日に都合のつくみなさんは、ぜひベストアメニティスタジアムでお会いしましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


追記
そう言えば15日(土)は、ブログ仲間の「ガンバカ・くにきちさん」にルヴァン杯の決勝でG大阪を応援すると約束したんだった!
ルヴァン杯決勝の試合開始時間は・・・、あっちゃ~、13時05分!! 

サガン鳥栖のトレーニングマッチとモロかぶりやないか~い ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

くにきちさん、私の「サガン鳥栖欠乏症」の治療に専念する時間をどうかくださいm(_ _)m
ルヴァン杯決勝はちょっとだけ時間をずらしてスカパーオンデマンドで必ず観てコメントしますので、どうかお許しくださいm(_ _)m


年間順位予想のここまでをちょっと振り返ってみる!

2016年のJ1リーグ戦も残すところ3試合となりました。

残り3試合をいかに戦い、今シーズンをどう終えるかもすごく大事ですが、それはもう少し後に取っておきます。
今回は31節までの年間総合順位とシーズン前の順位予想がどうなっているか検証したいと思います。

まず、シーズン初めに予想した順位予想とその理由です(^o^)v

シーズン前予想

シーズン初めの理由は、まぁ好き勝手なことを書いてますね~σ(^_^;)
今改めてみるとお恥ずかしい限りです(>_<)

それでは2nd第14節(年間総合第31節)の順位と予想との差異を見てみましょう!

予想との差

差異が黄色くなっているところは、5以上の差異があったところです。
簡単に言うと、私の見る目がなかったということです(>_<)
もちろんプラスに見る目がなかったチームとマイナスの見る目がなかったチームとに分かれます。

差異10 柏レイソル 
メンデス監督じゃダメだろうと思ったら、アッという間に解任して立て直しちゃった!
2ndからのクリスティアーノ選手もバッチリはまった! 個人的には伊東純也選手がNo1かな~!
素直にレイソルサポのみなさん「すいませんでした」m(_ _)m

差異7 名古屋グランパス
小倉ンパスが一番悪い方に転がってしまった。自分の予想と真逆の結果に・・・。
今年のビックリ枠かと思いきやボスコ監督と闘莉王選手でちょっと持ち直したが最後まで目が離せないね。

差異5 大宮アルディージャ
いい意味で予想を一番裏切ってくれたチーム! 残留するとは思っていたがここまでうまくいくとは、お見事!!
家長選手はやっぱりイイ選手だわ~!

差異5 FC東京
城福監督はどうしてうまくいかなかったのか~? 個人的は今でも不思議に思っているんだよね~。
2ndステージ初戦でサガン鳥栖に勢いをつけてくれた、ある意味鳥栖サポにとっては今年一番のありがたいチーム!!

しかし、ピタリ賞が一つもないのは何ともお寒い状況だと我ながら思います(>_<)
残り3試合でピタリ賞が出ることを祈りつつ、サガン鳥栖の順位が1つでも上にいきますように!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR