FC2ブログ

サガン鳥栖の試合のない週末に今週1週間を振り返ってみる

サガン鳥栖の試合がない週末その1がやって来ました。
水曜日にはルヴァン杯もあったし、今日はJ2の試合もあったけれど、なぜか心が躍りません。
サガン鳥栖欠乏症になっているようです。

サガン鳥栖の試合がないからこそ振り返られることもあります(^0^)/
ということで、今週1週間のサガン鳥栖の出来事を改めて振り返ってみたいと思います。

その1 天皇杯ラウンド16の相手がサンフレッチェ広島に決定!!
今シーズンにリーグ戦でダブルを喰らった広島にリベンジのチャンスが巡って来ました!
1stはアウェイで0-3と完膚なきまでに叩きのめされました。
2ndはホームで3失点を喫し、2点を返しましたが、追いつくことはできませんでした(>_<)
広島と戦う時は、焦れてつり出されてしまうとそのスペースをうまく使われてしまう。90分間、我慢して戦えるかがポイントになります。
一発勝負のトーナメントは何が起きるかわかりません! とにかく一戦一戦全力で戦いましょう!!

img_tournament.jpg
※画像は天皇杯HPより

その2 サガン鳥栖のラッピングバスが運行開始!!
ユニフォームスポンサーであるCygames様の協賛により、サガン鳥栖ラッピングバスが運行を始めました。
初代のサガン鳥栖ラッピングバスは1回だけ乗ったことがあります。
2代目のサガン鳥栖ラッピングバスもいつか乗ってみたいものですd(^o^)b

バス
※画像は佐賀新聞社HPより

その3 天皇杯ラウンド16の試合会場がベアスタに決定!!
サンフレッチェ広島との天皇杯ラウンド16の試合会場が、11月12日(土)の15時からホームベアスタに決定しました!
リベンジのチャンスが巡って来たと書きましたが、ベアスタならば勇気100倍です(^0^)v
サンフレッチェ広島ということに臆せず、サガン鳥栖らしく最後まで絶対にあきらめない戦いをしたいと思います(^0^)/

その4 キム・ミンヒョク選手、W杯アジア最終予選 韓国代表メンバーに追加招集!
追加招集ながらサガン鳥栖から韓国A代表メンバーに招集です!
キム・ミンヒョク選手の不断の努力の賜物だと思います。
出場機会があるかどうかはわかりませんが、対戦相手はイランです!
母国の勝利のために全力を尽くして欲しいものです。 ガンバレ~! キム・ミンヒョク!!

その5 ウィントス君のあいさつ運動が広がる(^0^)v
「いつかサガン鳥栖は、なくてはならない佐賀の宝になる!」とは、我らのサポーターナンバー「17」の由来にもなっている故坂田道孝先生の言葉です。
また、Jリーグが掲げる理念の1つにクラブの地域貢献があります。
その地域貢献の実践の一つが、サガン鳥栖のマスコット「ウィントス君」が、佐賀県内の小学校を訪問して回るというものです。

ウィントス君
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

このような小学校を訪問して回り、サガン鳥栖を地域に根づかせる地域貢献は、これからもドンドンやって欲しいものです。
この小学生のみんなが、将来のサガン鳥栖を支えるサポーターへと成長してくれることを強く願っています!!

さて、明日のルヴァン杯は、唯一の西日本チームであるG大阪を応援しながらサッカー欠乏症を治療したいと思います!

さてさて、22日(土)のアウェイ柏レイソル戦のレビューを書くまでは、いろいろな小ネタをアップしてブログをつなげていきたいと思います。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

10月1日にアクセス解析を設定したら宮城県がダントツだった! ホーム仙台戦番外編

10月1日のホーム仙台戦に合わせて、自分のつたないブログにアクセス解析を設定してみました。

きっかけは、いつも一緒にサガン鳥栖の後押しをする親友Oからの一言でした。
「お前のブログは誰が見に来とるか分かると?」
「いや、FC2をしとる人は管理画面の訪問者リストで分かるけど・・・」

そして、いつも懇意にしてもらっているG大阪サポでブロガーの「ガンバカ・くにきち」さんに「BBさんのブログをPCで見ると画像が画面から切れてしまうので、設定で何とかなりませんか?」とコメントいただいたのもきっかけです!!

お二人のありがた~い意見を素直に参考にして、ネット検索と格闘しながら、自分のブログの画像が自動調整される設定とアクセス解析の設定を行いました(^0^)v

そして、ホーム仙台戦から3日間!! アクセス解析のデータを見て驚きました!!

10月1日(土)
新しい画像1日
10月2日(日)
新しい画像2日
10月3日(月)
新しい画像3日

宮城県からアクセスしてもらっている件数が3日間で45件もありましたm(_ _)m
アクセスしている都道府県がハッキリ分かる件数が147件ですので、なんと30.6%のアクセスが宮城県の方からのアクセスと言うことになります!
約3人に1人が宮城県からのアクセスに大いに感謝いたしますm(_ _)m
また、携帯やスマホからアクセスしている方も多いでしょうから、本当はもっと多くの宮城県の方に見ていただいているのでしょう。
本当にありがとうございますm(_ _)m

私は、ん十年前に仙台市に少しだけ住んだこともあり、ベガサポの知り合いも数名います。

ベガルタ仙台とは、今シーズンはお互いのホームゲームでお互いに苦杯をなめたゲームでした。
しかし、お互いにJ1残留を確定させたということで、来年もバチバチにやり合い、Jリーグを盛り上げていきましょう!!

最後に18歳(高校3年生)でJ1デビューを果たした石川選手。
いきなりのシュートにスタジアムは沸きましたが、本人は「後悔がある」とコメント・・・

「練習だったら決められていたかな。もっと振り抜けば良かったと思うし、ロッカールームでみんなに『決められただろ』って言われて。そう考えると、後悔がある。」

何とも頼もしく、未来につながる石川選手のデビューだったかな~と思います。
もっともっと多くを学んで、高く高く羽ばたくプレーヤーになって欲しいと心から願っています(^0^)/
ガンバレ~、石川啓人君!!


※画像はサガン鳥栖Facebookより

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

チャレンジャー精神で負けたら勝てないよ(>_<) ホーム仙台戦レビュー

2016年J1リーグ2ndステージ第14節(年間総合第31節)ホーム仙台戦は、2ー3の悔しい悔しい敗北を喫しました。

試合終了後、30分ぐらい悔しくて悔しくて言葉を発することができませんでした。
今日はサガン鳥栖の選手たちに拍手を贈ることはできませんでした(>_<)


※画像はサガン鳥栖HPより

まず、ベガルタ仙台とベガルタサポーター、ファンに残留確定おめでとうと言いたいです。

この試合に関しては、我々は戦う前から負けていたのかもしれません??
アピスパ福岡が惨敗して降格が決定したことやベガルタ仙台が5戦勝ちなしでたぶん勝てるだろうと甘い気持ちがあったのではないかと思います。
少なくとも自分の中には、仙台には勝てるだろうという甘い甘い思いがありました。
今となっては猛反省しても悔やんでも取り返しがつきません。

サガン鳥栖というチームが絶対に忘れてはいけないチャレンジ精神が、残留が確定したこともあって今日は弱かったのかな〜とも思います。

つまり、ベガルタ仙台の方が、残留を決めたい気持ち、5戦勝ちなしの悔しさを晴らしたい気持ちが強かったんだと思います。

ベガルタ仙台は先制点を取ると勝率は76.9%で、前半リードして折り返すと勝率は87.5%です。
一番やってはいけない試合運びを我らはしてしまったと思います。

先制点のあとの追加点を同じようなパターンで許してしまい、豊田選手の追撃ヘッドの後の3点目の追加点をまたまた同じパターンで決められてしまいました(>_<)

勝ちが逃げてしまうかのような3失点に高橋選手の2点目も私の中では霞んでしまいました。

広島戦と一緒やん! 3点奪われたら追いつける地力はまだサガン鳥栖にはないよね〜(T_T)
すごく悔しいけど、ないよね〜(>_<)

ありがたいことに、次節の柏戦まで3週間日程が空きます。
この3週間で私たちが知っているサガン鳥栖に本気で戻りましょう!

あと1歩、あと10cmの戦いに負けないメンタルと走力を取り戻して、ラスト3試合を歓喜の中で迎えましょう!!

選手もミステルもスタッフもクラブもサポーターもファンも一丸となって、何より固い砂岩になって2016年の残り試合を戦いましょう!!

今日の敗北を私は重く重く受け止めます。
そして、3週間後には笑えるように一丸となって戦いを継続していきたいと思います。

私はこのまま鳴かず飛ばずでは絶対に終わりたくない!!

今一度、選手たち、ミステル、スタッフ、クラブ、サポーター、ファンが、固くて強い「砂岩」となってチャレンジャーとして戦えるようになりたい!!

リーグ戦に天皇杯、2016年のサガン鳥栖のチャレンジは、まだまだ終わらない。
自分ももう一度何ができるか冷静になって考えたいと思います。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村