ワンチャンスを活かし、堅守でウノゼロ勝利! ホーム新潟戦レビュー

2016年J1リーグ2ndステージ第10節(年間総合第27節) ブリヂストンデーのホーム新潟戦は、1-0のウノゼロで勝利しました!

IMG_5070.jpg
 ※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

この日は午前中に佐賀で仕事だったので、仕事バッグの中にレプユニ、タオマフ、ドリパスの三種の神器を忍ばせての出勤でした。
土曜日の朝は思った以上に涼しくて、新潟の選手たちに「鳥栖の暑さ」というもう一つの見えない敵と戦ってもらう作戦が、もろくも崩れたと思っていました。

佐賀での仕事を少し早めに終えて、意気揚々と佐賀駅よりJRの普通電車に乗って鳥栖駅を目指します!

ベアスタで嫁と待ち合わせて、フレスポへ遅めの昼食を食べに行きました!
食べるのはもちろん試合前のルーティンになっているカツ丼です(^0^)/

ベアスタに戻って、いつものB自由席後押しメンバーと合流して、心静かにビールを飲みながら入場の時を待ちます。

この日、都市広場のベアスタグルメ和菓子屋「だんご庵 季彩」で販売されていた、吉田選手のケツディフェンスを型取ったお菓子「鉄尻23」を嫁が購入して来ました。(画像右側 言わなくてもわかるか!)

IMG_5068.jpg

見た目はホントに吉田選手のお尻そっくりでした(^0^)v
ていうか、吉田選手の本物のお尻は見たことないんですけどね~σ(^_^;)

試合前に知り合いのHさんより、東京経済大学の4年生の学生S君を紹介されました。
何でも「地域活性とサガン鳥栖」というタイトルで卒業論文を書いているらしく、その取材のために縁もゆかりもない鳥栖に東京からやって来てくれたそうです。
しかも、木木選手と同じ東大和市出身ということで、33番のレプユニの高いやつを購入してくれたナイスガイです!!

いつも一緒に後押ししている大学時代からの親友Oは「俺が先生なら卒論のタイトルを聞いただけで合格にするね!」と大喜びでS君にビールをおごっていましたσ(^_^;)  親友Oもナイスガイです!!

もう一つ試合前に知り合いのYさんに挨拶しようとSS席に行くと、思いがけず磐田戦で知り合ったご婦人と再会することができました。
話をすると私のつたないブログをなんと読んでくださっているとのこと。
サガン鳥栖を通した人と人との御縁をありがたく感じた瞬間でしたm(_ _)m

さて、試合の雑感ですが3つあります。

1つ目は、前半は指宿選手と山崎選手、R・シルバ選手のトライアングルが機能しており、どうやって得点を奪えばいいのかイメージがわかないほど押されていたと感じました。
特に、山崎選手のスピードとしつこさ?は正直脅威に感じていました。なので後半、山崎選手が交代してからかなり楽になったと思いました。

2つ目は、増田選手のキックミスとは言え、あのボールをワンタッチパスで前線の豊田選手に出した福田選手の判断力の凄さとここが勝負処と信じて前線に走り込んだ豊田選手のゴールゲッターとしての嗅覚の凄さに痺れました!!
しかも、前節カミンスキー選手に止められたシーンから進化して、交わし&股抜きというダブルの成長!! 
さすがうちの頼れるエース!!

IMG_5072.jpg
 ※画像はサガン鳥栖Facebookより

3つ目は、この試合は時間をうまく使えたのかな~と思いました。単に時間をうまく使うだけでなく、新潟のとりわけブラジル人トリオをかなりイライラさせたことが勝利の遠因になっているのかな~と思いました。

難敵新潟を撃破して、GK木木選手とDFキム・ミンヒョク選手をそれぞれの代表に送り出せたことも本当によかったと思います。

「上位に踏みとどまるための2連戦」磐田戦、新潟戦を1勝1分の勝ち点4で終えたこと上出来だと思います!
そして、次説からは「2ndステージ1番の踏ん張りどころの2連戦」浦和戦、広島戦が待ち構えています!!
サガンファミリー一丸となっていい準備をして戦いに臨みましょう!!

オッと、その前に天皇杯2回戦です! (9月3日19時 ベアスタ)
対戦相手はFC琉球! 相手がどこであろうと鳥栖らしく全力で立ち向かっていきましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト

今日はブリヂストンデー、負けられない! ホーム新潟戦プレビュー

2016年J1リーグ2ndステージ第10節(年間総合第27節)ブリヂストンデーのホーム新潟戦です。


※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

2006年11月「鳥栖スタジアム(当時)を満席にしたい」という小学生の夢から始まったブリヂストンデー!
今年もアルビレックス新潟を迎えて開催されます。

あの当時から続く小学生の夢を叶えるためにも、今日は絶対に負けられません。

公式戦ここ4試合新潟に勝てていないようです。
4試合ともにアウェイで0ー1で惜敗しています。
しかし、ホームの試合は2015年開幕戦2ー1で勝っています(^ ^)v

ホームでの連勝を目指しましょう!!

新潟のようなチームには前からしっかりプレスをかけて攻めさせない!
ガッチリ引かれて守られても、ある時はサイドからまたある時は中央から、ダメなら後ろで組み立て直してじっくり慌てず攻めたいところです。

サガン鳥栖は2点取れば負けない!!

豊田選手、鎌田選手、福田選手頼みますよ〜。

難敵新潟にミステルはどのような作戦を立てて、どのように戦うのか今からすごく楽しみです(^o^)/
そして、最後に勝利をつかもう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


知らぬ間にサガン鳥栖を好きになっていた。

今回は自分自身を振り返るコラムです。



私の生まれは福岡県久留米市である。
高校時代まで久留米市で過ごし、大学は佐賀大学へ行った。
しかし、それがサガン鳥栖を応援し出した理由ではない。

就職をして、南は鹿児島、北は仙台まで日本各地を転々とした。

宮崎に住んでいた頃に、大学時代の親友Oに誘われてサガン鳥栖を知った。

年に数回、宮崎から一人で4時間車を飛ばし、サガン鳥栖の試合を2時間観て、また4時間車を飛ばして宮崎に帰ることを繰り返した。

J2だったので試合は日曜日。宮崎にたどり着いた6時間後には月曜日の仕事が待っていた。

チケット代、高速代、ガソリン代、ご飯代等を考えるとアウェイに行くのと変わらない金額だった。

転勤で福岡に引っ越して来たのが大きな転機だったと思う!
我が家からたった2000円程でサガン鳥栖の試合に行けるのだから…(^ ^)v

初めて覚えた選手は小石選手だった。
初めて買ったコンフィットTシャツは10番島田選手だった!

その頃に知った坂田道孝先生は、佐賀大学時代に体育の授業でサッカーを教わったあの坂田先生と同一人物だった。
だから、私は17番しか背負わない!

当時、鳥栖スタで一緒に後押ししていたみんなは今どうしているのだろう?
どこかでやっぱりサガン鳥栖を応援しているのだろうか?
まさか私がここまでサガン鳥栖にハマっているとは知る由もないだろうな〜σ(^_^;)

2011年11月27日に佐賀市内のJINで観た鳴門決戦後に涙を流していた私たちを見て、嫁は何でみんな泣いているんだろうと思ったらしい。

その嫁が、今ではドリパスホルダーでアウェイにも一緒に行くようになっている。人は変われるものなのだ!

2011年12月3日の出来事は一生忘れないだろう。タイムアップの笛が鳴った時に不覚にもトイレに行っていたことを一生忘れないだろう!

トイレから戻って来た時のあのベアスタの雰囲気と風景が目と心に焼き付いて離れないから、絶対にロアッソ熊本とロアッソサポを裏切ることは私にはできない! 絶対に一生できない!

J1で戦い続けて5年。
多分、6年生に進級もできるだろう!

でも、高速道路を一人で突っ走って、サガン鳥栖の選手の名前もよく知らないのに応援していたあの頃の自分がいる限り、サガン鳥栖を後押しすることをきっと止めないだろう(^ ^)v

誰のためでもなく、間違いなく自分自身のために!

何もないと思いきや、見どころはあった浜松の旅! アウェイ翌日の観光編

8月20日のジュビロ磐田戦でサッカー王国静岡へ初めてアウェイ参戦しました(^0^)/

試合は本当に惜しいドローでしたが、アウェイ参戦翌日のお楽しみ、嫁と二人での静岡西部観光です(^o^)v

宿泊したホテルでの朝食は、リオオリンピックのサッカー「ブラジルvsドイツ」の表彰式を見ながらの贅沢なものでした。

スマホで静岡西部の観光地は何があるのかを調べるのですが・・・、残念ながら「ピンッ」と来るものがありません(>_<)
嫁と相談の上、「浜松市楽器博物館」と「ACTタワーの展望回廊」と「浜名湖遊覧船」を楽しむこととしました。

まずは、磐田駅より浜松駅に向かいますが、電車が3両編成なのでかなりの混雑具合です。
JR東海さん、昨日も思ったけど近郊電車の編成は3両ではなく4両にした方がいいと思いますよ~。

浜松駅の階段で見つけた静岡「超ドS憲章」が非常に面白かったので載せておきます。
静岡県のセンスの高さが伺える秀逸な「超ドS憲章」です!

IMG_5008.jpg

浜松駅から徒歩5分で行ける「浜松市楽器博物館」は、音楽好きでなくとも一度は見学して損はない素晴らしい博物館でした。
しかも、8月21日は県民の日らしく、福岡県民である私たちも入館料無料という太っ腹な博物館でした(^0^)/
本来なら大人一人800円なので、なんと1600円分も静岡県民におごってもらったことになります。
居酒屋での生ビール3杯分に相当します!

IMG_5010.jpg

展示物の中で一番素晴らしかったのは、アジアの楽器コーナーです。

IMG_5009.jpg

もし、来年以降に浜松市に行くことがあればぜひお立ち寄りください。

次に「浜松市楽器博物館」の隣にあるACTタワーという静岡県で一番高い45階建の高層ビルの展望回廊に登りました。
高所恐怖症の私は、窓から見える遠州地域の景色と太平洋に腰砕けになっておりました(>_<)

IMG_5011.jpg

その後、浜松バスセンターより浜名湖の遊覧船乗り場をバスで目指します。
始めて訪れる街のバス停の名前にさえ感動してしまうお調子者の私です。

初めて訪れた浜名湖の水は博多湾並みに汚かったのですが、遊覧船からの景色はテンションを十分に上げてくれるものでした。

IMG_5012.jpg

遊覧を終わるとすぐにバスで浜松駅前にとんぼ返りして、お楽しみの昼食タイムです!
浜松駅の駅ビルの居酒屋風そば屋でシラス丼+冷やしとろろそば、マグロ丼+ざるそばを嫁といただきました!

IMG_5013.jpg

JRで浜松駅より掛川駅に戻り、富士山静岡空港へのシャトルバスを待っている間に、静岡でしか飲めないサッポロの「静岡麦酒」をグイッと飲みました(^0^)/

IMG_5014.jpg

最後は、福岡空港に戻るFDAの窓からチラッと見えた富士山です!
やはり富士は雪を頂いていないとそれっぽくないな~というのが個人的な感想です。

IMG_5015.jpg

次のアウェイ参戦は、9月10日にこれまた初の埼玉スタジアム2002に乗り込みます!!

その前に難敵新潟に絶対に絶対に勝とう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


やはり、追加点だったか~! アウェイ磐田戦レビュー

2016年J1リーグ2ndステージ第9節(年間総合第26節)アウェイのジュビロ磐田戦は、後半ATのPKで追いつかれて悔しいドローという結果でした。

毎回サガン鳥栖の試合を後押ししていたら、年に数回はこんな結末の試合はあるよと顔で強がって、心で泣いています(>_<)

今回の試合は、現地磐田に乗り込んでの後押しでしたが、試合前のルーティンができなかったことから少し嫌な予感がしていました。

福岡空港からFDAで富士山静岡空港へ嫁と飛びました(^o^)/
もちろんシートは17番を座席指定しました!

FullSizeRender.jpg

素晴らしい天気の中のフライトでしたが、私は前日の二日酔いを引きずって爆睡していました。

IMG_4964.jpg

富士山静岡空港からシャトルバスでJR掛川駅前に来ましたが、二宮金次郎の銅像以外何にもなく、試合前のルーティンであるカツ丼が食べられません(ー ー;)

IMG_5036.jpg

「磐田まで行ったらご飯食べるところぐらいきっとあるよ!」とJRで磐田まで移動しましたが、掛川と似たり寄ったり何にもない(>_<)

嫁と二人で30分ぐらい駅周辺を歩きまわりましたが、カツ丼が食べられそうな店どころか普通に食事ができそうな店さえどこにもない!

最後は諦めて、2軒しかないコンビニの1つでカツの入っている弁当を泣く泣く買って、駅前のホテルの部屋で食べました(>_<)

IMG_5035.jpg

断言しよう! 磐田駅前は鳥栖駅前の1/5も店がない!

来年以降、アウェイで磐田戦に行くみなさんは、掛川や磐田でお昼ご飯を食べようと思ってはいけません。
食べるなら浜松まで行かなければ無理だということを声を大にして言いたい!!

そして、この時点で私たちは磐田の罠にはまっていたのだと後から気付かされます(>_<)

ヤマハスタジアムには、駅前からシャトルバスが出ていて便利です!
ヤマハスタジアム近くで降りて、「アウェイ➡︎」の看板に従って歩きます。
しかし、これも磐田の罠だと後から気付かされます(>_<)

結構、長~い距離を歩いてやっとアウェイゴール裏の入り口にたどり着きました。

ヤマハスタジアムの第一印象は、こぢんまりしたスタジアムだな〜ということでした。

IMG_5005.jpg

嫁が食べたいと言う「焼き小籠包」を買うためにホームゴール裏の広場に行きました。

IMG_5004.jpg

IMG_5003.jpg

そして、この小籠包は美味しかった。ビールのお友として最高だと思います。

IMG_5006.jpg

磐田の戦い方は、中盤をスッ飛ばして前線のジェイ選手やアダウイトン選手に徹底して当ててくるために、サガン鳥栖の心臓である中盤3枚がなかなか活きません。

そして、追加点が取れなかったことが、試合結果に直結してしまいました(>_<)
それは、ミステルも選手たちも誰しもが痛いほどわかっていると思いますので、次節に必ず修正してくれるものと信じています!!

試合後、帰るときに嫁が「ゴール裏を通った方が近いよね〜」と言うので、来たときとは反対方向を帰ると「ホントや〜! 来たときより2/3ぐらいの距離や〜! 近い〜!」

アウェイの洗礼でしょうが、無用なサポ同士のトラブルを避けるために遠回りさせたのだと思いますが、磐田サポはいい人たちなので近い方を普通に通ることをお勧めしますσ(^_^;)

そう考えると、後半ATのPKでドローだったこともお昼にカツ丼を食べさせてもらえなかったことも遠い距離を歩かされてアウェイゴール裏に行かされたこともすべて磐田の罠にはまったんじゃないかと思わず疑ってしまいたくなりました(>_<)

次節の新潟戦は、2016年のブリヂストンデーですので、しっかりと後押しをしていい結果がついてくるようにしたいです!!
浦和戦に向けて弾みもつけたいですね!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

そして、今回は初の磐田遠征でしたので、翌日の静岡西部の珍道中を後日アップいたします!
お楽しみに~(^0^)/~~


まずは無失点! そして複数得点を! アウェイ磐田戦プレビュー

2016年J1リーグ2ndステージ第9節(年間総合第26節)アウェイのジュビロ磐田戦です。

アウェイの地でいかに戦うかが求められている試合だと思いますが、最後まで絶対に諦めない鳥栖らしい試合がポイントだと思います!

初めてサッカー王国静岡に乗り込みます(^o^)/



飛行機の座席はもちろん17番です(^o^)/

対戦相手のジュビロ磐田は、2ndステージでは4分4敗と苦しい戦いが続いています。

先輩ブロガーの柳川さんも書いていらっしゃいますが、サガン鳥栖は調子の悪いチームにポロっと勝利をプレゼントしてしまうことがありますので、そうならないように、抜群のアウェイ勝率の良さを誇る嫁と一緒にアウェイ参戦です!

ジェイ選手が出ようが、カミンスキー選手が出ようが、嫁のアウェイ勝率の良さをヤマハスタジアムでも十分に発揮してもらいたいと思います(^ ^)v

今日は豊田選手、福田選手、吉田選手の誰かがゴールを決めてくれると信じています。
そして、無失点での勝利を目指して懸命に後押しして来ます(^o^)/

福岡空港から富士山静岡空港へ飛んで、FDAのシャトルバスで掛川へ行って、掛川からはJRで磐田入りです。

最近の試合前のルーティンであるお昼ご飯にカツ丼を食べることが目下のところ最大のミッションですσ(^_^;)

掛川駅か磐田駅周辺でカツ丼を食べるところを探さなくちゃ!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!




虚仮(こけ)の一念岩をも通した! ホーム川崎戦レビュー

2016年J1リーグ2ndステージ第8節(年間総合第25節)ホーム川崎戦は、1-0で見事に勝利しました(^o^)/


※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

この試合は、プロ野球のソフトバンクホークスとのコラボマッチで「鷹の祭典」と銘打って、チャンピオンブルーの特別ユニが入場者全員に配られると言う太っ腹な企画付きの試合でした!

チャンピオンブルーに染まったベアスタのゴール裏をご覧くださいσ(^_^;)



試合は、鳥栖が90分間プレスをかけ続け、いい位置でボールを奪うとショートカウンターを発動して川崎ゴールを何度も脅かす展開でした。

川崎をよくよく研究していて、川崎の17試合連続無敗を止め、小林選手の8試合連続ゴールを止めるに相応しい試合でした!

中村選手、エドワルド・ネット選手を潰し続け、大久保選手、小林選手にいいボールが入らないようにすることが徹底されていました。

サガン鳥栖の中盤3枚と守備陣は、J1でも上位に入るパフォーマンスを毎試合みせてくれていると思います。

そして後半立ち上がり、いわゆる「鳥栖タイム」にキャプテン金民友選手が右からゴール前にドリブルで切り込んで、ここしかないと言うゴール右隅に先制弾を突き刺します!!

G大阪戦のレビューで「金民友選手がサポの想いをピッチで体現してくれる!」と書きましたが、まさにその通りの展開になりました(^o^)/


※画像は佐賀県鳥栖市HPより

そして、残り15分間。
守りに入ることなく、川崎相手に攻め続けて勝ちを手繰り寄せたことは大きな財産になったと思います。

欲を言えば、豊田選手に2〜3点ゴールが欲しい展開でした。
そして、十分そのチャンスはあったと思います。それだけが残念です(>_<)

試合後の勝利のジェット風船もこの試合では特別価格で販売されていて、いつもよりたくさん飛んでいたのが印象的でした(^o^)/



最後に、川崎サポのみなさん
お盆時期の交通費が高い時にたくさんベアスタにお越しいただきありがとうございます。

ウェーブに付き合っていただきありがとうございます。
試合が終わった後にブーイングもなくチャントを歌い続けた応援のスタイルに敬意を表します!
そして、スタンドのゴミを拾っていただきありがとうございます。
川崎サポの素晴らしい応援スタイルは私の記憶に残りました。
ありがとうございましたm(_ _)m

「上位にどこまで通用するかシリーズ」3連戦は、
鹿島アントラーズ ◯
ガンバ大阪 ✖︎
川崎フロンターレ ◯
2勝1敗の勝ち点6を上積みすることができました!!

上位にもサガン鳥栖のサッカーは通用したと言っていいと思います。

次は、ジュビロ磐田、アルビレックス新潟と続く、上位に踏み止まるには負けられない2連戦になります(^ ^)v

磐田戦は、後押しのためにヤマハスタジアムに嫁と二人で行って来ます(^o^)/
新潟戦は、ホームのブリヂストンデーです!!

勝利を目指し、鳥栖らしく戦いましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


虚仮(こけ)の一念岩をも通す! ホーム川崎戦プレビュー

2016年J1リーグ2ndステージ第8節(年間総合第25節)、ホーム川崎戦です。
この試合はソフトバンクホークスとのコラボマッチ「鷹の祭典」のチャンピオンブルーのユニフォームで戦います!!

対戦カード
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

川崎は確かに強いし、タレントも揃っている。
今シーズンここまで1敗しかしていない。

「川崎に勝つ!」というサガンサポの想いは、他サポから見れば絵空事や戯言に聞こえるかもしれない。

しかし、すべてのサガンサポよ! この言葉を想起しよう!!

「虚仮(こけ)の一念岩をも通す!」

申し訳ありませんが、後学のために意味はググってみてください。

明日は・・・、
勝負トランクスをはきます!
お昼にかつ丼セットを食べます!
親父の納骨堂に参ってきます!
今晩、ペルセウス座流星群に勝利をお祈りします!
その他いろいろ・・・

笑われても構わないから、「サガン鳥栖が勝つ」ために思いつく限りのことをします!

そして、チャンピオンブルーのレプユニでベアスタを超満員にして、熱く青く戦い抜きます!

藤田鎌田
早坂ミンヒョク
高橋吉田
福田豊田
※画像はすべて佐賀新聞HPより

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


ゴールや勝利の値段っていくらぐらい?

2015年度のJ1リーグの経営状況が3月期決算の柏レイソルも含めてすべて開示されました。

その昔、久米宏さんがやっていた「ニュースステーション」という番組でプロ野球選手の年俸からホームランやヒットの値段や1打席の値段などをはじき出すという面白いコーナーがありました。

それを真似して、サッカーのチーム人件費からゴールや勝利の値段を単純に計算してみようと思います。

コストパフォーマンスのいいチームとそうでないチームがあるのかどうかを検証してみたいと思いますσ(^_^;)

まずは、2015年度J1ゴールコスパ!


名古屋、横浜、清水、柏、神戸の順で1ゴール当たりの人件費率が多いチームが並びます。
ここまでが1ゴールが4,000万円台のチームです。

ちなみに、J1平均は3,216万円で、我がサガン鳥栖は10位で2,986万円!
J1平均より少しだけいい数値です(^o^)/

1ゴール当りの人件費の割合が一番いいのが湘南で1,748万円ですσ(^_^;)

続いて、2015年J1勝利コスパ!


清水、神戸、名古屋、柏、新潟の順で勝利に対して人件費率が多いチームということになります(>_<)

チームが苦戦したとはいえ、清水の1勝当り3億円はドリームジャンボ宝くじもビックリの金額ですσ(^_^;)
5位の新潟の1億4000万円もやはり多いな~と感じてしまいますねσ(^_^;)

J1平均は1億1400万円ですが、山形、鳥栖、松本、仙台と苦戦したチームがJ1平均以上のコスパになっています!!

そして、驚くべきは、勝利コスパでも湘南が一番ということです!
湘南はJ1でコスパが一番いいチームと言うことになります(^o^)/
5,377万円で1勝をもぎ取ってくれます(^ ^)v

みなさんのご贔屓チームのコスパはいかがだったでしょうか?

こんな視点のブログもたまには面白いかな〜と思います(^ ^)v
単なる読み物としてご覧ください。

なお、2015年度の人件費データを使用しましたので、2015年度のJ1在籍チームで資料を作成したことをご理解くださいm(_ _)m

負けることで得ることの大きさを知る! アウェイG大阪戦レビュー

2016年J1リーグ2ndステージ第7節(年間総合第24節)のアウェイガンバ大阪戦は、1-2の悔しいAT弾の逆転負けでした。

IMG_4865.jpg
※画像はサガン鳥栖オフィシャルHPより

強豪チームからアウェイで勝ち点を奪うということはやはり難しいことで、まだまだサガン鳥栖には足りないものがあると言うことを気づかせてもらった試合でした。

残留(勝ち点40)のための勝ち点マジックは残り9点のままです(>_<)

プレビューでも書きましたが、今シーズンはこの吹田スタジアムのG大阪戦に行くことが私の憧れでした(^o^)/
この憧れは、来シーズンに・・・、いやまだ天皇杯やCSでチャンスが巡って来るかもしれません。
あきらめずに戦っていきましょう!!

アウェイでも、ましてや現地に行けなくても、試合前のルーティンはきちんと実行しますσ(^_^;)

九州ダービーの時にいつも行っていたうどんの「ウエスト」がアビスパ福岡のスポンサーと知って、今回は「資さんうどん」に行きました。

満席で5分ほど待たされましたが、店員さんに案内された席は、なんと「11」番の席でした。
これは豊田選手の得点の前触れか~!! (結果を知って書いてる点はスル~してください)

IMG_4863.jpg


そして、食べたのはもちろん「かつとじ丼ミニうどんセット」です。

IMG_4862.jpg

いつもならばここからスタジアムに向かうのですが、今日向かった先は町内会の夏祭り会場ですσ(^_^;)
そして、午後8時までひたすらに焼き鳥を焼き続けます!
試合の時は、焼き鳥を焼く時でさえもちろんこの格好です(^o^)/
分かりにくいと思いますが、ビーサンもサガン鳥栖のビーサンです!

IMG_4864.jpg

19時からはスカパーオンデマンドを横目で観ながら、心は吹田スタジアムに飛んでいました。
完璧に近い前半だったので期待していました。
後半早々に先制点も取りました! 予定通り、豊田選手の10点目でした!!

しかし、同点に追いつかれるのが早すぎました(>_<)
勝ち越し点前の大森選手のクロスに誰も寄せにいけなかったことが悔やまれます。
一瞬でも気を抜くとガンバは一気に牙をむきます。
その圧力をうまく跳ね返す力と術をこの試合では私たちは持っていませんでした。
その点は試合を通じて積み重ねていくしかありません。

この悔しさは次節のホーム川崎戦で必ず晴らしましょう!!

そのための1週間をサポーター・ファンも含めて気持ちを高めていきましょう!!
そして、きっとこの漢がみんなの気持ちをベアスタのピッチ上で体現してくれるはず(^o^)/

IMG_4866.jpg
 ※画像はサガン鳥栖Facebookより

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR