勝利に勝る良薬なし! アウェイ仙台戦 速報版

2016年J1リーグ1stステージ第9節 アウェイ仙台戦は、2ー0で開幕戦以来の勝利でした!

今回は速報版として、ブログをアップいたします。

福岡空港から茨城空港→水戸→小山→宇都宮→仙台と安い交通手段を駆使して2日かけて、どうしても後押ししたくてユアテックスタジアムにやって来ました(^o^)/

宇都宮駅から仙台駅まで新幹線やまびこ号に乗りましたが、げん担ぎの勝ち点3号車に乗りました!



そして、たどり着いたユアテックスタジアム!
やはり、ユアテックスタジアムはいいスタジアムです。二度目の参戦ですが本当にそう思います(^ ^)v



試合結果は、みなさんご存知の通りです。
やはり、勝つと気分がイイですね〜(^o^)/



しかし、勝って兜の緒を締めよ! です。

私たちは、絶対にチャレンジャー精神を忘れてはいけません!!
それがチームスピリットの欠かすことのできないパーツの1つだからです。

詳しい試合のレビューとドタバタ珍道中は後日アップいたしますσ(^_^;)

みなさん、今夜は美味しいお酒を召し上がってください(^o^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト

取り戻そう「チャレンジャー精神」を! アウェイ仙台戦

24日のホーム磐田戦の翌日から熊本にずっと支援に行っていたので、磐田戦のレビューのアップができないままアウェイ仙台戦の前日になってしまいました。

今回は磐田戦のレビューとピンクユニの宣伝と仙台戦のプレビューの豪華3本立てでブログをアップしたいと思います。

「我慢だ!」でも「やっぱり悔しい!」ホーム磐田戦

2016年J1リーグ1stステージ第8節、ホーム磐田戦は0ー1で敗れてしまいました。



試合終了後、しばらく呆然としてイスから立ち上がることができませんでした。

試合の内容も正直に言うと、J2の中位から上位チーム同士の試合を観ているような気分でした。
お互いが雑なプレーでチャンスをなかなか活かせない、そんな試合展開に見えました。実際にそんな試合でした。

試合前の練習でほとんどのサガン鳥栖の選手がインサイドキックでシュートを打つ練習をしていたので、磐田戦は得点のチャンスをかなり期待していました。
しかし、試合中にインサイドキックでゴールを狙うシーンはなかなかありませんでした。

あと少し我慢しなくてはという想いとやっぱり悔しいという想いのぶつかり合いです。

その悔しい想いを試合後にサポ仲間で焼き鳥屋に行き、酒の力と前向きなサガン鳥栖の会話で切り替えられたことが、せめてもの救いでした。




ホーム磐田戦の前に300名の女性限定「ピンクユニ宣伝隊」が結成されました。
うちの嫁とサポ仲間のYちゃんが「ピンクユニ宣伝隊」になり、ピンクユニをまとっての応援でした。



このブログを読まれたサガン鳥栖のサポーター、ファン、そしてユニフォームが欲しいサッカー好きのみなさん、5月4日の13時にベアスタにぜひお越しいただき、サガン鳥栖を盛り上げてください!
よろしくお願いいたしますm(_ _)m


取り戻そう「チャレンジャー精神」を! アウェイ仙台戦

2016年J1リーグ1stステージ第9節、アウェイ仙台戦です。

前節の磐田戦から、今節の仙台戦、そして次節の湘南戦を3連勝して、一気に反転攻勢を! と私は甘く考えていました。

結果、磐田戦は後半44分に耐え切れず失点して敗北という、誰かシナリオライターがいて筋書きを作っているんじゃないかと疑いたくなるような同じパターンの試合結果になってしまいました。

多くのサポーターやファンは「昇格組の磐田には勝てるやろ〜!」「今日はジェイ選手もいないし!」と思っていたのではないでしょうか? 私はそう思っていました。

いつもは「今日は勝てるだろうか?」「負けたら◯位まで順位が下がるな〜」と考えてしまうのに、磐田には「勝つ!」ではなく、「勝てるやろ〜」という甘い考えがありました。(磐田サポのみなさん、ごめんなさいm(_ _)m)

明日の仙台戦も、次節の湘南戦も、その考えではいけないと思い直しました。

今、サガン鳥栖に必要なことは「チャレンジャー精神」を取り戻して、勝利を目指して「ひたむきに戦う」ことではないかと考えます。

試合終了とともにピッチに選手たちが倒れ込むシーンがあるのかも知れないけど、減ってしまったようにも感じています。

私は「サガン鳥栖の最大の魅力は、日本一諦めが悪いチームであるところ」だと信じて疑いません。

スポンサーの大昌園様で選手たちの決起集会もあったようです!

ならば、あとは「日本一諦めの悪いチームのスピリット」と「チャレンジャー精神」を取り戻して、ぶっ倒れるまで戦う選手たちをひたすら支え続けるのみ!!

明日の仙台戦に参戦するために、とりあえず茨城県水戸市まで来ましたσ(^_^;)



明日は水戸から小山、宇都宮を通って仙台に乗り込みます!



17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

みんなが役割を全うして今度こそ無失点試合を! ホーム磐田戦

2016年J1リーグ1stステージ第8節ホームジュビロ磐田戦です。

サガン鳥栖が、来年度もJ1で戦い続けるためには、つまり残留を勝ち取るためには、昇格組から勝ち点を奪うことはかなり重要なことです。
そして昇格組の磐田には、ましてやホームベアスタでは負ける訳にはいかないのです!

今シーズンの磐田の成績について振り返ってみましょう。
ここまでリーグ戦7試合を終えて、2勝3分2敗の勝ち点9で暫定10位につけています。
得点は10点(6位タイ)、特に、現時点の得点王のジェイ選手の存在が大きいようです。
失点は13点(15位タイ)、守備にはかなり苦労をしているようです。
守備のほころびをジェイ選手の得点力で何とかカバーしている状況だと分析することができます。

ちなみに鳥栖は、得点5点(17位)、失点7点(4位)です。
得点力の低さが大きなウィークポイントになっています。毎試合失点と言う不名誉な状況にも関わらず、複数失点は横浜戦の1試合のみ(失点2)ということが、まだ今後に希望を抱かせる基になっています。

さて、明日の試合ですが私が考えるポイントが3つあります!

1つは、トップ下の鎌田選手が負傷で欠場で、トップ下には白星東選手が入る予想です。
タイプが全く違うので、必要に応じてサイドに開きながらドリブル突破で深い位置からのマイナスのクロスをお願いしたい!
(サイドからの攻撃に変化をもたらせて欲しい)

2つは、前線からのプレスを強く意識して、サイドに追い込む組織的な守備と選手間の距離を一定にコントロールしながら相手の自由なスペースを消し続けていくことで、今試合こそ無失点を実現させて欲しいものです! 

3つは、決定力・得点力不足に泣かされていますが、シュートの瞬間に明らかに力が入り過ぎです!
素人の私が言うのもおこがましいですが、観ていて強くそう感じます。
シュートもやはり突き詰めれば理論なのではないかと思います。

豊田選手、富山選手、岡田選手、金民友選手、白星東選手、崔誠根選手、高橋選手、力いっぱいシュートを蹴るのではなく、「相手ゴールに強めのパスを出す」要領で蹴ってもいいのではないでしょうか? 
もちろん時と場合でしょうが、インサイドキックで枠内のコースを正確に狙うのもありでしょう!

磐田の失点13点(15位タイ)の守備のもろさをアイデアと意志を持って突くことが決定的に必要です!

FC東京サポからシーズン前に言われた「10試合は我慢の試合」のついに10試合目がやってきました。
もちろん、どうなるかはサッカーの神様のみぞ知るでしょうが、私たちはサポとしてここからの反転攻勢に期待しています(^ ^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!

IMG_4340.jpg

その歯がゆさを感じて練習あるのみ! ナビスコ杯アウェイ横浜戦

ナビスコ杯第4節アウェイ横浜Fマリノス戦は、何とも歯がゆい0ー1の悔しい敗戦でした。

試合後に、豊田選手は「歯がゆい」とコメントを残し、金民友キャプテンは「練習あるのみ」とコメントしました。

クロスの精度やシュートを決め切る力は、選手たちみんなが、自ら意思を持って変える努力をしてもらうしかありません。だから、キャプテンの「練習あるのみ!」は非常に頼もしく思いました。

あと、鎌田選手はどうやら脱臼とのこと。骨に異常が無くてよかったです。

以前のブログでも書きましたが、ゴールを狙う選手はシュートを打つときに力が入り過ぎのように見受けられます。
「ゴールに強めのパスを出す!」ぐらいの気持ちでいいと思います。

とにかく、選手もサポ・ファンも切り替えて前に進むしかありません。

次のホーム磐田戦は公式戦いよいよ10試合目です。
何かが変わり始めることを期待して、ベアスタで後押しをがんばりましょう!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!




鳥栖も福岡も九州を元気にするために勝利を! ナビスコ杯アウェイ横浜戦

記事のアップが遅くなり、あと30分程でキックオフとなるナビスコ杯第4節のアウェイ横浜Fマリノス戦です。

14日夜、16日未明と連続して最大震度7の地震で被災した熊本、その余震とみられる地震で被災した大分。

今日の試合は、被災した熊本・大分のみなさんを励まし、九州を元気にするためにも、サガン鳥栖もアビスパ福岡も石に齧りついてでも勝利を手繰り寄せなければいけない!

そのためにサガン鳥栖は、ほぼベストメンバー! そして、全員が喪章を巻いて戦います!
アビスパ福岡は、ウエリントン選手がいないけど、平井選手、邦本選手、ベガルタ仙台相手にやってやれ!

明日の新聞のスポーツ欄が、サガン鳥栖とアビスパ福岡の勝利の記事で、熊本・大分、そして九州を元気にすることを強く願います!!

がんばろう、熊本!
がんばろう、大分!
九州は一つ! 九州を元気に!

画像は、九州Jリーグホームタウン連携会議より



地震の一日も早い終息と熊本の早期復興を! がんばろう! 熊本!

本来ならば今頃はベアスタでヴィッセル神戸と戦っているはずでした。
私もベアスタに参戦して、熱く熱く選手たちの後押しをしているはずでした。

しかし、本日深夜1時30分頃に発生したマグニチュード7.3、震度6強の熊本地方を襲った熊本地震の本震により、甚大な被害を受けたことで本日の試合は中止(後日に延期)になりました。

Jリーグと各クラブの賢明な判断に心より感謝をいたします。

福岡市早良区に住んでいる私も昨晩は3回の緊急地震速報に起こされて、明け方4時過ぎまでまともに寝ることができませんでした。
九州に住んでいるみなさんの多くが同じような状況だったと思います。

2日間に及ぶ大きな地震とその余震により多くの方の命が奪われ、今この瞬間にも避難を強いられている大多数の方がいらっしゃいます。
亡くなられたみなさんのご冥福をお祈りするとともに被災されたみなさんの一日も早い復興を願わずにはいられません。

そして、本日より5月4日までのJリーグの試合では、熊本地震災害に対する義援金募金が行われます。
本日も多くの試合で選手たちやサポーターが義援金募金に取り組んでくれました。本当にありがとうございます。

サガン鳥栖の監督、コーチ、スタッフ、選手たちも鳥栖市内の「鳥栖プレミアムアウトレット」にて義援金募金を行い、総額388,291円のご協力をいただいたそうです。お疲れ様でした、そして、ありがとうございます。

地震の一日も早い終息と熊本の早期復興を心からお祈りいたします。
九州を元気に!!  がんばろう! 熊本!

写真は鳥栖オフィシャルページの「鳥栖プレミアムアウトレット」での募金活動実施風景です。
福田

選手たち

地震に対するお見舞いメッセージに感謝いたします。

昨晩21時26分、熊本県熊本地方を震源に非常に大きな地震がありました。

家族でテレビを見ているときにビービーと音が鳴り出し、「あれ? 何の音だ〜」と思っていたら、すかさず「地震です! 地震です!」と電子的な女性の声。
一応、テーブルの下にみんなで入り、地震の揺れの大きさをわりと冷静に考えて、その次の大きな揺れが来ないことを祈っていました。

幸い、福岡市早良区は大した揺れではなかったのですが、スマホやテレビで確認すると熊本で局地的に震度7の表示が・・・。

今回の地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々の1日も早い復興と元の生活に戻れることを願って止みません。

そして、今回の熊本での大きな地震を受けて私が感じたことを記します。

地震発生直後から、ロアッソ熊本の超掲示板だけでなく、サガン鳥栖板にもギラヴァンツ北九州板にもV・ファーレン長崎板にも大分トリニータ板にも鹿児島ユナイテッド板にもアビスパ福岡板にも、
応援するチーム、住んでる地域、年齢性別を問わず、全国の多くのサポーター・ファンのみなさんが、励ましや心配や無事を祈るメッセージをたくさん書き込んでいることに感謝と感動をしています。

相手チームやサポをリスペクトする心やサッカーが好きだ!という熱い想いで私たちはつながっていることを実感できたエピソードでした。

被害に遭われたみなさんに何ができるかわかりませんが、サッカーを愛するみんなで何か力になれたらいいなと思った4月15日の朝でした。

さぁ、この一戦に強い気持ちを込めよう! ホーム神戸戦

2016年J1リーグ1stステージ第7節ホーム神戸戦まであと2日です(^o^)/

前節の川崎戦を「前向きな敗戦」と捉えた私にとって、今節の神戸戦はある意味1stステージの試金石となる試合になる予感がしています。

何度も同じことを書きますが、FC東京サポからは「10試合は我慢しないといけない!」と言われた9試合目に当たります。

川崎戦で魅せたオーガナイズされた守備は本物になっているのか?

ここは決め切らないといけない場面での落ち着きと集中力とアクセント(ちょっとした工夫)はどの辺まで改善されているのか?

局面、局面での勝ち切るタフさはどこまで戻って来ているのか?

それをしっかりと見極めつつ、ハートは熱く熱く選手たちを後押ししたいと思います。

特に決定力について、心にストンと落ちる言葉を2chで見つけましたので紹介します!
ゴール前で力一杯シュートを蹴る必要はない!

「ゴールにパスをすればいい!」

この言葉は選手たちにゴール前の落ち着きやアイデアを引き出してくれる魔法の言葉じゃないかと勝手に思っています。

神戸戦は、早めにベアスタに行って気分を高めていこうと思っています。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!




ようやく新生サガン鳥栖のサッカーに近づいてきた! アウェイ川崎戦

2016年J1リーグ1stステージ第6節アウェイ川崎戦は0ー1の惜敗でした。

まずは大久保選手、J1通算得点の記録更新おめでとうございます。

いろいろなサッカーの記事は、「アディッショナルタイムの劇的大久保弾」や「ラストプレーの一撃で川崎首位返り咲き」などの文字が躍っています。

川崎サポにとってはまさに大喜びの試合だったでしょう。

私はこの試合を自宅のパソコンのスカパーオンデマンドで共に戦いながら観ていましたが、1つものすごく重要なことに気がつきましたので記しておきます。

この試合を観ていて、川崎は調子が悪いな〜と思って観ていました。あのポンポンとパスが回る川崎ではまったくなかったからです。
でも、調子が悪いんじゃなくて、鳥栖が川崎相手に実践したサッカーが、あの川崎を調子悪く感じさせるほど機能していたんだということに気がつきました。

試合結果は残念だったのですが、明るい希望を感じずにはいられない試合だったと思います。

攻撃陣に中盤の3人に守備陣が、組織的に川崎の中盤の自由を奪い続けてサイドに追い込み蓋をする。ゴール前の川崎のチャンスも身体をはって防ぎ続ける。

ミステルや選手たちが目指す新しい鳥栖のサッカーの一端をついに魅せてもらった気がしました。

FC東京サポから10試合はかかると言われたミステルのサッカー。
ナビスコ杯も含めて8試合目でその一端を見ることができました。

さぁ、次節の神戸戦はホームゲームです!
今度は決め切る力もぜひ魅せてもらいましょう!!

サガン鳥栖の反転攻勢が始まるのももうすぐです(^o^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!



明日は開き直って戦うことも必要だ! アウェイ川崎戦

2016年J1リーグ1stステージ第6節は、浦和に首位を譲ったとはいえ、今シーズン好調な川崎フロンターレと等々力で激突です。

世の中の大方の予想は川崎の勝利でしょうが、必ずしもその通りにならないのがサッカーです!

しかも、川崎戦は高橋選手のJ1通算150試合出場の記念すべき試合です。
川崎の攻撃の芽を潰し続けるプレーを大いに期待します!

気持ちは当然に勝ち点3ですが、好調の川崎、しかもアウェイですので、何とか勝ち点1を持って帰ってきてくれればOKと祈るような気持ちです。

そのためのポイントは、ズバリ「開き直り」と思うのです。
メンタルの部分で「やってやろうじゃないか」という開き直りの気持ち+組織化された守備の両方があってこそです。

こんな時のサガン鳥栖は、負けないことが多いことを私たちは知っています。

残念ながら等々力に行くことはできませんが、現地で選手たちを後押しして声を枯らすサガン鳥栖サポ・ファンのみなさんとパソコンのスカパーオンデマンドの前で共に戦います!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!

ホームゲームでもらえる缶バッジも4つに増えました!
FullSizeRender.jpg

プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR