◯◯らしさを出し切った方に女神は微笑む! アウェイ神戸戦

明日29日は「にくの日」なので美味しい神戸牛でも食べましょうかね〜(^o^)/

なんて、冗談はさておき、明日はJリーグ2ndステージ第9節アウェイ神戸戦です。



神戸と鳥栖の2ndステージの成績です。

神戸 ◯△◯⚫️⚫️⚫️◯⚫️ の3勝1分4敗勝ち点10(年間勝ち点29)
鳥栖 ◯△⚫️△△⚫️◯⚫️ の2勝3分3敗勝ち点9(年間勝ち点29)

どちらも負けが先行していて、今一つピリッとしません。
それだけに明日の試合にかける想いは、選手も監督もサポも並々ならぬものがあるとみました!!

そして、私もその並々ならぬ想いのサポの一人で、嫁と二人で神戸に乗り込みます!!

アウェイの時にも当然、その日に家を出発するときから夫婦でレプユニ着用で出かけます。

昨年のアウェイ甲府戦のときは、静岡経由で甲府に乗り込んだので、JR静岡駅のホームに鳥栖のレプユニを着た夫婦が一組、反対のホームにはアイスタに向かう浦和サポが山ほどいて「なんでこんな所に鳥栖サポがいるんだ?」という奇異の目で見られたこともありました。

明日の新幹線の中で今年のホームレプユニと昨年のアウェイレプユニを着た夫婦がいたら、間違いなく私たちです。

気軽に声をお掛けください(^o^)/

さて、明日の試合についてですが、ピリッとしていないとは言え、レアンドロ選手、森岡選手、小川選手、石津選手など前線のタレントは豊富です。そして気をつけるべき男は、ボランチに入るであろうチョン・ウヨン選手だと思います。
彼に90分間仕事をさせないことが、勝利への近道です!!

そして、前線からのいい距離感の連動した守備でしっかり守り続けること、特に後半の立ち上がりは意識して試合に入ること、しかし、固くなってはいけない!

横浜戦の最後の最後にキャプテンと林選手が魅せてくれた「攻める気持ち」を絶対に忘れないこと!

明日の試合は、そのチームの「らしさ」を出し切った方に勝利の女神は微笑むはずです(^o^)/

鳥栖が「らしさ」を発揮できるようにゴール裏からテレビの前から携帯の掲示板から後押しをしましょう!! オーッ!

残留争いにズルズルと巻き込まれないために明日はぜひ勝ち点3を奪いましょう!! オーッ!

そして「にくの日」なので美味しい神戸牛でみんなで祝杯をあげましょう!! オーッ!

すべては鳥栖のために!!



スポンサーサイト

コラム:最後の最後のワンプレー

今、思い出しても不思議な感じである。

Jリーグ2ndステージ第8節のサガン鳥栖対横浜Fマリノスのそうあの後半アディッショナルタイムの最後のワンプレーのことである。

左サイドの奥でボールを受けた鳥栖の藤田選手は、いつものような柔らかいクロスを選択せずに相手守備陣をドリブルで抜くことを選んだ!

そして、見事に相手を抜き去った。

そして、柔らかいクロス…をまたも選択せず、自らニアにシュートを放った!!

しかし、ボールは横浜のGK飯倉選手に無情にも押さえられてしまった。

ピ〜ッ! その瞬間、試合終了の笛が鳴った。

スタジアムからは「あ〜っ」と言うため息混じりの声が聞こえて来た。

脱力してその場に座り込んでしまった私は、一瞬何も考えることができなくなっていた。

ボールを抱いたままゴール前で動けなくなっている飯倉選手を見つめながら、横浜はよく最後まで守り切ったよな〜とようやく思い当たった。

そして、鳥栖のキャプテンである藤田選手は最後の最後に自分で何とかしようという意志と意地を魅せてくれた。

この攻める気持ちは、きっと次に繋がるはずだと今更ながら思う!
藤田選手が自ら示してくれたあの攻める気持ち!

横浜戦での、あの最後の最後のワンプレーに「日本一諦めの悪いチーム」はまだ死んでいなかったんだと回復してきた頭で考えながら、少しだけ微笑んだような気がした。

優しく流れる「虹の橋の向こうへ」を遠くに聴きながら、ゆっくりとその場に立ち上がり、今度は本当に微笑んだ自分を確認できた。

すべては鳥栖のために!!




後半の甘さとユルさが敗因! ホーム横浜FM戦

Jリーグ2ndステージ第8節のブリヂストンデー2015として開催されたホーム横浜FM戦は、残念ながら1ー2で逆転負けを喫してしまいました。

2006年、当時小学3年生だった子たちが「スタジアムを満員にしたい」という夢プラン21から始まったブリヂストンデーも今年で10年目となりました。



ユニホームスポンサーとしてもずっとご支援いただいているブリヂストン様に改めて感謝いたします。
だからこそ、勝ちたかった!

試合については、プレビューで「まずは守備、何と言っても守備!!」と期待を込めて書いたのですが、後半に相手チームの攻撃に耐え切れず失点してしまう状況は修正されていませんでした。

特に、後半の立ち上がりからのパスミスやボールロストのオンパレードは、観ていて怒りを通り越して、自らのことのように悔しさが込み上げて来ました。

しかも、谷口選手の負傷交代は攻撃のプランを狂わせ、さらに厳しい状況に追い込まれてしまいました。
豊田選手を投入しながらも、いいクロスを上げるのが武器と言うよりも、スピードとドリブルでサイドを切り裂くことが得意な白星東選手と田村選手を投入せざるを得なかったことも結果として厳しかったかなと個人的には思いました。

そして、横浜FMの最後の守備は見事としか言いようがありませんでした。

鳥栖の同点に追いつきたい気持ち+鳥栖の勝ち試合を観たくてスタジアムに足を運んだサポ、ファンの懸命の応援よりも、横浜FMの何としてでも勝ちたいと言う気持ち+横浜サポの願いの方が強かったと言うことなのでしょう。

悔しいですが、試合終了の笛がなった瞬間に脱力感に襲われて、しばらく動けなかった頭でボンヤリとそのことを考えていました。



後ろ向きですが、松本、清水、仙台、新潟、山形、神戸もお付き合いいただいたので、私の中の鳥栖の残留マジックは減ったことになります。

そして、試合は待ってはくれません!

29日はアウェイ神戸戦がすぐにやって来ます。
嫁と2人で、知り合いのOさん、Yさん夫妻も一緒に神戸に乗り込みます!!

神戸で祝杯をあげられることを信じて!!

すべては鳥栖のために!!

まずは守備、何と言っても守備!! ホーム横浜FM戦

今日はJリーグ2ndステージ第8節ホーム横浜FM戦です。しかも、ブリヂストンデー2015です!

前節の山形戦で6試合振りの勝利をつかんだサガン鳥栖ですが、相手の横浜FMは2連勝と勢いを増してベアスタに乗り込んで来ます。

しかし、サッカーはやってみなくちゃわからないスポーツであることはご存知の通りです!!

とは言いつつ、試合当日はいつも「今日は勝てるやろか?」「得点は取れるやろか?」などなど、弱気の虫が頭をもたげます。

私が思う横浜FMとの戦いで留意することを謙虚に書きます。

まずは守備! 何と言っても守備です!!
相手の選手をダブルで挟み込める距離感の守備が一番大事です。必要に応じてトリプルもありだと思います。
ゴール前での横へのドリブルや細かなパス回しにもしっかり付いていき、シュートコースを限定して欲しいです。そして、ぜひ無失点を!!

そして、期待すべき攻撃陣(^o^)/ 先制点は当然の如く、2点目、3点目を奪う攻撃力をホームで魅せてください!!
縦に速いカウンターをチャンスに応じて仕掛けて、しっかり仕留めてください!!

豊田選手の4年連続15得点に水沼選手、谷口選手の得点にも期待です!

今日は仕事が終わってからの参戦です。仕事用のバッグにはレプユニ、タオマフ、ドリパスと後輩のためのブリヂストンデーのチケットが入っています(^ ^)v



4月の山形戦以来のジェット風船を飛ばせるようにみんなで後押しをしましょう!!

すべては鳥栖のために!!


追記
鎌田選手、Uー22のトレーニングキャンプへの招集おめでとうございます。
まだまだスタートラインです。鳥栖の至宝、Jリーグの至宝、日本の至宝へと昇りつめて欲しい!!



勝ちたい気持ちが相手より強かった! アウェイ山形戦

Jリーグ2ndステージ第7節アウェイ山形戦は、3ー1で6試合振りの勝ち点3をGETしました!

鳥栖にとっては、年間総合順位で下にいる山形から勝ち点3を取れなければ、一気に降格争いに巻き込まれることを意味します。
一方の山形も総力戦と銘打って、13戦勝ちなしを返上すべく降格圏脱出のきっかけを掴もうと戦って来ました。

この試合の先発メンバーが発表されると、嬉しいことが2つありました(^o^)/
1つは、林選手がスタメンで戦列に復帰したこと!
もう1つは、豊田選手と丹羽選手がベンチ入りメンバーながらピッチに戻って来たこと!

前半の早い時間帯に鎌田選手の技ありシュートで鳥栖が先制。

しかし、後半の押し込まれている時間帯にCKからアルセウ選手にヘッドを決められ同点に(>_<)

なんか嫌〜な予感がしたのですが、水沼選手と白星東選手がものの見事にゴールを決めてくれて、勝ち点3を手繰り寄せました(^ ^)v






この試合に勝ちたいという想いが、ほんの少しサガン鳥栖の方が強かったのでしょう!

そして、忘れてはいけないのが、勝ちたいという想いを一番ピッチの上で体現してくれたGK林選手です!!

高崎選手のドンピシャヘッドを横っ飛びで弾き出し、ロメロフランク選手のシュートを左手一本で止めてくれました。

まさに鳥栖にとっては「神様、仏様、林様」
しかし、山形にとっては「2点損した〜」という気分だったでしょう。

試合翌日に山形サポの方のブログをいくつか拝見しました。
「鳥栖の見事な決定力。特に勝ち越しを許したゴールは山岸選手の股抜きゴールでした・・・・・」
「しかし、鳥栖は想像以上に進化していました。そこは脱帽です(試合前は、まぁなんとかなるじゃないと思ってましたので)。
攻めも守りも、早いし強いし。もう、手の届かないところに行ってしまったのでしょうか、鳥栖ちゃん(笑)」
「それにしても、鳥栖の攻撃は、
あっという間だ。一気にゴール前に持って行って、シュートまでつながってしまう。3点とも、あっという間のゴールで、なんでこんなに簡単に点が入るのと、思ってしまった。」
嬉しいコメントありがとうございます。

山形もトンネルの出口までほんの少しあと少しのところまで来ているように感じます。
きっかけは必要ですが、サポーターが「最後まで諦めない」気持ちで一緒に闘うことだと思います。
地方のチームとして共にがんばっていきましょう!!

さぁ、週末はブリヂストンデー2015のホーム横浜戦です。
山形戦の勝ちをさらに価値あるものにするためにみんなでベアスタに勝利を掴み取りに行きましょう!

すべては鳥栖のために!!

中盤の戦いに勝つことで勝機は転がり込む!! アウェイ山形戦

Jリーグ2ndステージ第6節が昨晩行われました。
すでに第6節を終えていたサガン鳥栖は高みの見物ならぬ、降格争いチームの勝敗に一喜一憂することに・・・

もちろん、スカパー観戦は川崎対山形の一戦です。
日中には、山形対新潟戦と山形対名古屋戦をメモを取りながら視察して、
攻撃のパターンや守り方、失点シーンの分析などを行いました。

分かっていたことですが、昨日の山形は前線からよくプレスをかけて、よく守っていました。
「これは、日曜日は厳しい戦いになるな~」 試合後の感想はこれでした。

しかし、攻撃のパターンはそう多くなく、
①宮阪選手の無回転気味のミドルに注意
②両高木選手の左右からのクロスをフリーで上げさせない
③中で待つディエゴ選手のマーク
④少し引いたところでこぼれ球を狙うロメロフランク選手のケア
このパターンをしっかり守ることがポイントのようです!!

では、鳥栖はどう戦えばいいのか? 
ヒントはフロンターレサポのブログにありました。
よく拝見させてもらっている「にわかフロンターレファンの試合分析」さんのブログから

以下、文章を一部抜粋します。

個人的な理想論になるが人海戦術を突破する方法を考えてみた。

まず前提に
・ドリブル突破
・サイドからの頭に合わせるクロス
・ワンツーで細かく崩す

これは難しすぎるからやめようとなると・・・

1 アーリークロス
2 セットプレー
3 左右に振ってミドル

そして1番のポイントは 先制点

固めてくるチームは大量点は狙ってこない。
むしろ先取点が入れば本領発揮。
その状況にしない上で逆に点を取って引っ張り出すのが固めてくるチームへの最善の対抗策だろう。

文章抜粋、終わり・・・


「まさに、その通り!!」 
これを鳥栖ができるかどうかは、山形より長い対策時間を使っての
連携の工夫とアイデアの実践練習と勝ちたい気持ちだと思います!!
そして、中盤の戦いに勝つことで勝機は転がり込む!

日曜日の山形戦は「ズバリ! ボランチ勝負になるでしょう!!」

すべては鳥栖のために!!

11824980_863282657083891_5620499589054682702_n.jpg


天皇杯チケット購入とギョーザ5個プレゼント!

9月5日の天皇杯のチケットを買いにTHE SAGANに行って来ました。



お昼には少し早かったのですが、前から行こうと思っていたお隣の「一休軒」でラーメンを食べることにしました。



一休軒は、THE SAGANの購入レシートを見せるとギョーザ5個がプレゼントです。
サガン鳥栖が勝った翌日はギョーザ3個がプレゼントです! 佐賀市の近くにお住いの方はぜひ行ってみてください。

地元のお店ができる方法でサガン鳥栖を盛り上げてくれることに大感謝ですm(_ _)m

味は久留米ラーメンに近いしっかりした豚骨味でした。ギョーザ5個も含めて、ご馳走様でしたm(_ _)m

夜は東アジア杯男子日本対中国をのんびりと観戦しましょう!

早く16日にならないかな〜σ(^_^;)
その前に12日のJリーグ2ndステージ第6節です。残留を争う相手チームの勝敗はかなり気になります!

中断明けの山形(A)、横浜(H)、神戸(A)の3戦を勝ち点6以上でいきたいですね〜!!
そして、その次からの清水、甲府、名古屋のホーム3戦を勝ち点7以上でいければ、残留が見えて来ます(^o^)/

アウェイ参戦は、神戸、広島、松本に行って後押しをしてきます!!

すべては鳥栖のために!!


サッカー観戦ができる幸せ! 70回目の8月6日に寄せて

J1リーグ2ndステージ第6節を早々と終えた我がチームは、16日のアウェイ山形戦まで試合がありません。
日程を少し恨みつつ、今回はちょっと違った話を少しだけ・・・。

本日8月6日は70年前に広島に原子爆弾が落とされた日です。9日には長崎に落とされました。
そして、15日は終戦記念日です。

週末ごとにスタジアムに足を運んで地元のプロサッカーチームをみんなで熱く熱く後押しできることは、世の中が平和であるからなんだな~としみじみと思います。

プロ野球の広島東洋カープは全員があの日の8月6日の広島を風化させないために「86」の背番号でアピールして試合をするそうです。



お隣のV・ファーレン長崎も8月のホームゲームに折鶴をあしらった平和を祈念する特別ユニを着て試合をするそうです。



原爆については「怒りの広島」「祈りの長崎」という言葉がありましたが、両チームともに素晴らしい未来へ向けた取り組みだと思います。

戦争は二度としてはならないものだと私は思っています。ならぬものはならぬのです!

これからも気の置けない仲間たちとサッカー観戦ができる世の中が続くことを願わずにはいられない、あの日から70回目の8月6日です。


真夏のビッグプレゼント! ホーム アトレティコ・マドリード戦

日曜日から用事や仕事でなかなかブログを更新することができずに今日になってしまいました。

今さらながらですが、8月1日のアトレティコ・マドリード戦についてのレビューです。

いつもベアスタで一緒にサガン鳥栖を後押しする仲間8名での観戦でした。

指定席のカテゴリー4だから、ギリギリに行っても大丈夫だなと甘く考えた時点で失敗でした(>_<)
なんだかんだで博多駅で快速に乗ったのが18時22分! 鳥栖着は18時50分過ぎ!

「これは選手入場に間に合わない」と急ぎ足で虹の橋を越えている時に、なんと beat it のメロディーにのせて選手紹介がされているではないか!?

んっ? 今日はいつもと順番が違うのかな〜? などと考えながらベアスタにたどり着くと…
人、ひと、ヒトであふれかえっているではないか! さすがアトレティコ・マドリードのネームバリューとドリームスの頑張り!

これはビールを買うのもトイレに行くのも一苦労になるなと考えながら席に座って周りを見回すと、アトレティコ・マドリードのレプユニを着ている人がかなりの数いるではないか(^o^)/ ありがたいことです。少しでもベアスタとこの試合を楽しんでいってください。

試合はバスの到着が遅れて、全体が15分遅れて進行することになっていたそうです。天は我を見放さなかったということでしょうσ(^_^;)



試合については多くの方がブログなどで書かれていますので、感じたことを3つだけσ(^_^;)

その1 アトレティコ・マドリードの選手たちは当たり前だけど、パスのスピードが早く、トラップが上手い! そして縦に早い攻撃に対して何度も「おぉ〜っ」という歓声がスタジアムに響いた。これだけでも観戦をした甲斐があったというものだ!

その2 サガン鳥栖の選手も随所に身体を張ったいいプレーを観せてくれた。
坂井選手はリーグ戦でもイケる!
田村選手は後半のジョーカーとしてイケる!
藤島選手は大きな自信を得たのではないか!
鎌田選手はこのレベルの選手たちにも対応できそう!

その3 試合後のアトレティコ・マドリードのシメオネ監督や多くの選手たちがコメントでベアスタの応援や声援について評価してくれていること!

スタジアムと観客と選手たちが一体となって試合を作り出します。その意味では8月1日のアトレティコ・マドリード対サガン鳥栖の親善試合は、素晴らしい試合だったということができるでしょう。
結果は1対1の引き分けでしたが、それ以上の感動と思い出を残してもらえた真夏のビッグプレゼントでした。



ありがとう、アトレティコ・マドリード!

リーガエスパニョーラの2015〜2016シーズンでアトレティコ・マドリードが好成績を収めることができるようにお祈り申し上げます。


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR