恒例の2018年J1順位予想をしてみました!

各チームのキャンプもおおむねスタートして、移籍情報もほぼ落ち着いたこの時期に、毎年恒例の2018年J1リーグの順位予想を行います。

あくまで個人の勝手な順位予想ですので、異論は受け付けますがクレーム対応はいたしませんσ(^_^;)

それでは考え抜いた今年の順位予想とその理由です!!

01位:川崎フロンターレ 昨年の強さがさらに増している。攻守ともにスキなし。
02位:鹿島アントラーズ 主力はそのまま残り、川崎の一番の対抗馬。
03位:柏レイソル ACLはあるが、ピンポイントで補強ができているので崩れない。
04位:セレッソ大阪 噂の杉本、柿谷、ソウザが残り尹体制2年目も勝負強いだろう。
05位:ジュビロ磐田 堅守は今年も続くだろうが、序盤で波に乗れないとひょっとするかも。
06位:サガン鳥栖 主力はそのまま残り、フィッカデンティ監督3年目のポイントはアウェイでの勝利数。
07位:浦和レッズ 手堅く補強はできたと思うが、今年も勝ち切れない試合が多い気がする。
08位:FC東京 長谷川監督が吉と出ると予想。それでも中位。
09位:コンサドーレ札幌 主力はそのまま残り、何とかなると予想。ただし爆弾はミシャの戦術とジェイの反乱。
10位:ヴィッセル神戸 メンバーと成績がこれほど反比例するチームの根本は未解決。
11位:サンフレッチェ広島 補強はかなりできたけれどCBの補強できずがアキレス腱になる。
12位:ベガルタ仙台 三田の穴は庄司で埋まる。ただし、点取り屋が足りないか。
13位:ガンバ大阪 クルピ監督には期待するも補強が明らかに足りない。中盤の駒が足りない。
14位:横浜Fマリノス 監督交代、両翼をもがれた、補強も厳しい、故にこの位置。
15位:湘南ベルマーレ J2優勝チームの力と曺監督の継続性の力。
16位:名古屋グランパス 守備の手当てができないまま。攻撃も未知数で厳しい。
17位:V・ファーレン長崎 戦力のレベルを組織力で補って欲しいが厳しさは否めない。
18位:清水エスパルス 攻守ともに補強のレベルが足りない。それに尽きる。

この順位予想を見て「なんで鳥栖サポなのに、「ITADAKI」を目指さないんだよ~」というご意見にだけお答えしておきます。

鳥栖サポの美徳の一つは、ズバリ、謙虚さです!!

鳥栖サポは、この謙虚さを絶対に忘れてはいけないなぁ~と私は思っています!!

個人的には、
まずは残留確定を!
次に勝ち点51点達成を!(1試合平均勝ち点1.5点以上)
その次にファミリーみんなで「ITADAKI」を!

私たちは、ひたすらに謙虚に、でも熱く熱く選手とともに戦うのみです(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト

2017年順位予想結果はお恥ずかしい限り・・・。 そして、菊地直哉選手本当にありがとう!

2017年のJ1リーグ戦が終了して、すでに11日が経過しています。

最終戦の札幌に遠征に行った話を3回にわけてブログにアップしたので、毎年恒例の順位予想の答え合わせが遅くなってしまいました。

今シーズンの順位予想の答え合わせは、自戒の念も込めて書きたいと思いますm(_ _)m

まずは、シーズン前の予想と最終戦後の結果との差を見てみます。

新しい画像

ピッタリ当たったのは、2位の鹿島だけという見事な外しっぷりに自分自身が愕然としています。

しかも黄色で色付けしましたが、予想と結果が6以上離れたチームが18チーム中8チームもあった時点で、世が世なら切腹ものの結果でした(>_<)

その1 C大阪、磐田、札幌、横浜のサポのみなさん、ごめんなさい。
それぞれのチームの今年の躍進を見極める力が私になかったことを率直に認め、反省いたします。

その2 大宮、東京、神戸、浦和の関係者のみなさん、どうしちゃったの?
いろいろのチーム事情はあったと思いますが、もっと活躍すると思っていました。
それだからサッカーは怖くもあり、おもしろくもあり、と言うことなのでしょう。

でも、この4チームはすべて途中で監督交代があったチームであったことも結果を表していると思います。
カテゴリーの違いはあれど、捲土重来を期待しています!!

予想と結果の誤差の絶対値が84もあるので、2017年シーズンは惨敗であったと思います。

2018年はもっと移籍情報や監督交代情報を分析して、誤差の絶対値の「50」代を目指したいと思います。

しかし、J1リーグの予想は毎年毎年いつも難しい・・・(=∀=)


最後に12月13日時点での公式発表で原川選手、伊藤選手、高橋祐治選手の3名が完全移籍で鳥栖に加入してくれました。
鳥栖に来てくれれば当然に「サガン鳥栖ファミリー」です!!
全力で後押しさせていただきます!!!

そして、菊地直哉選手これまで本当にありがとうございました!
2013年の鳥栖を救ってくれたのは、あなたと林選手だと私は思っています。
2014年の躍進もあなたがいてくれたからこそと思っています。

「元鳥栖の選手として頑張ります!」というコメントを見て、グッと涙を堪えた自分がいました。
鳥栖との対戦以外での札幌での更なる飛躍を祈念いたします。
本当にありがとう。 No36 MF Naoya Kikuchi!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


FC東京の平川怜という逸材とJ2昇格POについて

FC東京戦の番外編です。

試合の前に、お馴染みの唐揚げ「あげてんかぁ」さんで唐揚げとビールで談笑していたときに購入の列に並んでおられた東京サポのご夫婦に話しかけてみましたσ(^_^;)

自分「今日はどちらから来られたのですか?」
東京サポ「東京からです。」
自分「遠くからありがとうございます。」「最近5試合で勝利がありませんが・・・」
東京サポ「それは言わないで!」
自分「今日は高萩選手がケガで出られないようですが、中盤は大丈夫ですか?」
東京サポ「うちは平川君がいますから!」
自分「あの若い選手ですよね?」
東京サポ「そう! 平川君がやってくれます!」

こんな会話を交わしました。

そして、実際に後半27分から平川選手がピッチに立ちました。

一言で感想を言うなら、
前へ前へゴールに向かうプレーを随所に見せてくれた選手だなということです!
何とかしようという思いがプレーに表れていたように感じました。

17歳と非常に若い選手ですが、将来日本を代表するプレーヤーに成長する選手だと思いました。


話は変わって、J2の昇格プレーオフも4チームがすべて出揃いました!

名古屋、福岡はすでに決まっていましたが、残り2枠には東京Vと千葉が滑り込みました!

特に千葉は怒涛の7連勝でプレーオフ最後の切符を掴んだので、一番勢いがあるチームとして注目したいと思います(^ ^)/

6位のチームとしてプレーオフ2試合ともに勝利しか選択肢がありませんが、逆に割り切って戦えるのではないかと密かに期待しています!

プレーオフ進出チームのリーグ戦残り5試合の戦い振りを確認してみましょう!
J2PO

やはり、全勝で滑り込んだ千葉の勢いが本命ではないかと感じてしまいます!

名古屋、福岡が、引き分けでもJ1に上がれると少しでも思ったら足下をすくわれると思います。
特に福岡の得点力不足は、短期決戦では危険な要素です(>_<)

11月26日(日)に準決勝、12月3日(日)に決勝!
残りし枠は1つのみ! 総力上げて獲りに行く!

2014年のJ1昇格プレーオフ煽りPVの言葉を借りれば、
「渇望するJ1はさらに過酷だ。それでも男たちは上を目指す。」

いちサッカーファンとして楽しませてもらいます(^0^)v

おっと、その前にサガン鳥栖の残り2試合を総力上げて獲りに行く!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

V・ファーレン長崎、「ゼイワン」昇格おめでとう!!

代表ウィークということもあり、3週間サガン鳥栖の試合がありません。

試合がない間にJ2の昇格争いが佳境を迎えています。

11月11日(土)14時からのJ2の試合で福岡が松本と引き分け、名古屋が千葉に敗れたので、19時からの試合で長崎が勝利すればJ1自動昇格が決定します!!

16時過ぎから長崎の超板には応援や励ましのメッセージが続々と寄せられています。
もちろん讃岐が気の毒な役回りになっていますが、讃岐もJ2残留を懸けた大一番なのでいい試合を期待しています。

J1初昇格という言葉を聞くと、サガン鳥栖サポである私は、やはり2011年11月27日の鳴門決戦を思い出します。

徳島まで行けなかった私たちは、佐賀市内のJINというお店でPV後押しでした。
ご存知の通り3-0で徳島を下し、J1昇格をほぼ手中にした瞬間にいろいろな想いが駆け巡り涙が溢れて止まらなかったことを思い出します。

当時、付き合い程度にサガン鳥栖の試合を観戦していた嫁は、なんで大の男たちがこんなに泣いているのだろうと思ったそうです。

その長崎対讃岐の試合は前半を終了して1-0で長崎がリードしています。
最後の笛がなるまで気を抜かず戦って欲しいと思います。


今、長崎対讃岐の試合が終了しました。
3-1で長崎が勝利し、J1自動昇格が決定しました!

新しい画像

J1.jpg
※画像は両方ともにDAZNより

V・ファーレン長崎の選手、監督、スタッフ、クラブ、スポンサー、サポーター・ファンのみなさん、おめでとうございます!!

髙田社長の挨拶も高木監督の挨拶もものすごく素晴らしいものでした。
特に髙田社長の「長崎と言う原爆を投下された都市のチームとして、スポーツで平和を訴えていく」という想いと決意には心を打たれました。
そして、元サガン鳥栖の奥田選手の笑顔もあり、ちょっとだけホッとさせられた気持ちにもなりました。

長崎
※画像はDAZNより

本日は同じ九州のJリーグチームとして心から祝福いたします(^0^)/

しかし、明日からは髙田社長の言葉を借りれば「ゼイワン」のライバルチームです。
今日の戦い方を観る限り、決して侮れません!
2018年はお互い「ゼイワン」でバチバチやり合いましょう!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


残留争いの個人的な考察について・・・

2017年のJ1リーグ戦も残り6試合となりました。
残留争いもかなり佳境に入ってきました。

今回は残留争いをする6チームの個人的な考察を記しておきたいと思います。

34節終了後の順位予想ではありませんのであしからず。

現在のリーグ戦の順位と今後の対戦相手、その対戦相手との前半戦の戦績を表にしてみました。

2017年

残り6試合ですので最大獲得勝ち点は18点です。

前半の対戦成績がすべてではありませんが参考にはなります。
その意味で考えれば・・・
清水は勝ち点3プラス
札幌は勝ち点6プラス
広島は勝ち点1プラス
甲府は勝ち点8プラス
大宮は勝ち点3プラス
新潟は勝ち点3プラス

現在勝ち点12の18位新潟は15位の広島との差が15ありますので最低5勝が必要になります。
これまでの勝ち数が2勝ですので、逆転は限りなく厳しいでしょう。

17位の大宮も15位の広島とは勝ち点5差です。
一発逆転の可能性は否定しませんが、かなり厳しいと言わざるを得ません。

最後の3枠目の争いが注目を浴びていると思います((((;゚Д゚)))))))
そして、私の上から目線かもしれませんが、最大の関心事です。

先に結論を言います。
3枠目の残留争いで一番厳しい状況にあるチームは・・・、個人的には広島ではないかと思っています。

ここに来て調子は上がってきていますが、対戦相手との関係で広島がやはり一番厳しいかなと・・・。
しかし、何が起きるかわからないのもサッカーです。

今シーズンは、最終節までどうなるかわからない残留争いになると思います。

ここで2015年と2016年の残留争いのデータを明らかにしておきます。

2015年

2016年

過去のデータを見ても残留を争うチームは、残り6試合で勝ち点はMAX8点しか稼げていません。

残り6試合で下位チームが急に強くなることは中々ありえないということです。

しかし、シーズン最初の私の予想は、清水、新潟、札幌でしたので大きく外す可能性があると言うことです(T_T)

我らがサガン鳥栖も最終戦で札幌と当たります!
来季の札幌の運命を左右する可能性も十分にあります。

もちろん、私も嫁も札幌ドームで今シーズンの結末をしっかりと見届けたいと思います。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR