2017第2回JFAレフェリーブリーフィングでの磐田vs鳥栖戦について

4月28日に、日本サッカー協会(JFA)審判委員会は、3月18日から4月23日までのJリーグ、及び天皇杯1回戦のレフェリング振り返りとして、『2017 第 2 回 JFA レフェリーブリーフィング』を開催しました。

その中で、4月16日の悔しい逆転負けを喫したアウェイ磐田戦のムサエフ選手の逆転弾は、オフサイドだったことが確認されました。

私が最近よく読む「石井紘人のFootball Referee Journal」の無料記事によると以下のようにコメントされています。

『ジュビロ磐田×サガン鳥栖戦(参考記事:ムサエルのシュート時のジュビロ磐田選手はオフサイド)のオフサイドの見極め。FBRJ内で「真横の映像がないためオフサイドかどうか分からない」と記したが、審判委員会は真横からの映像を用意し、ジュビロ磐田5番の選手がオフサイドポジションにいることを示した。これは副審も見極めていたようだが、『GKにインパクトを与えていたか』はシュートを打った瞬間の位置関係から『与えていない』と主審は判断した。だが、「シュートを打たれた後に5番の選手はGKから離れず、GKとシュートコースに近付いてしまっている」(上川徹JFA審判委員会副委員長)ため、オフサイドとすべきだった。』と・・・

判定は覆らないし、勝ち点も戻って来ないのですが、ほんの少しだけ溜飲が下がった気がします。

試合中の主審及び審判団の判定は、間違いなく尊重されなければ試合は成り立ちません。

しかし、審判団も人間で間違いは起こします。

起こした間違いに対してジャッジが下されたら、その当事者は間違いを認め、謝罪すべきはして、次に進んでもらうしかないでしょう。

高山啓義主審、次は頑張りましょう!


スポンサーサイト

天皇杯ベスト4は、サッカーらしさが満載だった!

12月29日(木)は13時からと15時からの天皇杯ベスト4の2試合をNHKで観戦しました。

鹿島のサッカーは、チャンスになった時に「縦に早いなぁ~!」という羨ましさも含めた感想です。
横浜は、中村選手が入った直後に金井選手の同点ゴールかと思いましたが惜しくもオフサイド(>_<)
その直後の鹿島の追加点が決定的でした。

大宮対川崎は、正直に大宮が勝つのではないかという試合展開でしたが、結果は後半40分に川崎の谷口選手がゴール前のボールを押し込んで先制してそのまま逃げ切って、初の天皇杯決勝進出でした。

天皇杯
※画像はJリーグ公式HPより

大宮が先制するチャンスはいくつかあったのですが決めきれず、決めきれないとこうなってしまうという典型的な試合になってしまいました。
しかし、大宮は試合に集中していたと私は感じました。
特に守備は素晴らしかったと思うに値する試合だったと思いました。
惜しむらくは、川崎に先制点が入った1つ前のプレー(>_<)  
CKのルーズボールに川崎のエドゥアルド選手がヘディングにいきますが、周りに十分な大宮の選手がいたにも関わらず、みんなボールウォッチャーになってしまい誰一人競り合うことをしませんでした。
それが唯一、集中していた守備の中での残念なプレーでした。

これで、元日の決勝は、鹿島vs川崎に決定しました。
と同時に、プレーオフからですがガンバ大阪のACL参戦が決定しました!!
ぜひ、バンコクUとのプレーオフを勝ち抜いて本戦に進んで欲しいと思っています(^0^)v

来年度からはCWCに開催国枠での日本の出場はありませんので(他国開催)、ACLを勝ち抜く以外には日本のJリーグチームがCWCに出場する方法はありません!

日本のJリーグを楽しみにしている者として、鹿島、川崎、浦和、G大阪の4チームにはACLでがんばってもらいたいと強く強く思います(^0^)/


2016年MVP おめでとう! 中村憲剛選手(36)

12月20日に横浜アリーナで2016年Jリーグアウォーズが開催されました。

今年度のMVPには、川崎フロンターレの中村憲剛選手が選出されました(^0^)/
私個人は大納得です!!  おめでとう、中村憲剛選手!!

中村憲剛
※画像はゲキサカHPより

なんでも36歳での受賞は歴代最年長受賞記録を更新だそうです!
ちなみに今までの最年長記録ホルダーは、35歳で受賞の横浜Fマリノスの中村俊輔選手でした。

それ以外に個人的に注目だったのは・・・

サガン鳥栖が、賞金対象(34ポイント以下)のフェアプレー賞を受賞したことです。
調べてみると、フェアプレー賞(J1)には500万円が与えられるそうです。

これで、2012年のJ1昇格以来すべての年度で賞金を獲得できていることを誇りに思います。

もう一つは、最優秀ゴール賞を受賞した名古屋グランパスエイトの田口泰士選手です。
ギュイ~ンと右に曲がりながらゴール左隅に突き刺さったゴールは圧巻でした!!



ぜひ、2017年はサガン鳥栖に完全移籍して、鳥栖の久々の背番号「7」を背負ってもらいたいと思っていますm(_ _)m

さて、今週末は天皇杯ラウンド8ですが、サガン鳥栖U-18の九州プリンスリーグ参入戦もあります。
U-18の室GKコーチから「ぜひ、応援に来て欲しい」とお願いされているとの情報があり、福岡フットボールセンターに後押しに行って来ようと思います(^0^)/

ガンバレ~! サガン鳥栖U-18!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!

鹿島は凄かった、よくやった、本気で応援した!

12月18日にCWCの決勝戦が日産スタジアムで行われました!
対戦カードは、言わずと知れたレアル・マドリードvs鹿島アントラーズでした!


※画像はJFAのHPより

試合後の感想を一言で言うと・・・
「鹿島のサッカーは凄かった! レアル相手によくやった! 試合途中から本気になって鹿島の勝利のために応援した!」です(^o^)/

いろいろ説明する必要はないくらいの激闘を魅せてくれた鹿島イレブンに感謝したいと思います。

日本のJリーグの強さを全世界に発信してくれた鹿島イレブンに本当に感謝したいと思います(^ ^)v

2得点した柴崎選手もですが、昌子選手、植田選手、曽ヶ端選手の3人は、私たちJリーグのサポの心を震わせる獅子奮迅の大活躍だったと思います。

特に、後半ラストプレーの遠藤選手のシュートには、私も含めてJリーグを愛するすべてのサポーターとファンがチーム愛を超えて「イケ〜、決めろ〜!」と叫んだり祈ったりしたと思います!!

結果は、2ー4でしたが、十分に勇気をもらった120分間の激闘でした!

そして、いつの日か我らサガン鳥栖もあの夢舞台に立ちたいと強く思いました(^o^)/


遅ればせながら、2016年J1順位予想の振り返りです!

11月3日にJ1リーグ2ndステージが終わって1ヶ月以上経ちましたが、順位予想の振り返りを遅ればせながらやりたいと思います。

CSの結果、今シーズンのJ1チャンピオンは鹿島アントラーズですが、リーグ戦終了時の年間総合順位で振り返りを行います。

新しい画像

予想をする時に書いたチームのコメントがこちら・・・
01位 ガンバ大阪 攻撃力アップと中盤の安定はスゴ過ぎる
02位 鹿島アントラーズ  若手とベテランの融合+補強+歴史
03位 浦和レッズ やはりミシャでは優勝はできないと思う
04位 サンフレッチェ広島 新しい戦力が必ず出てくるチーム力
05位 FC東京  未知数が大きく一歩間違えば中位へ
06位 川崎フロンターレ  攻撃力頼みだがまだ勝ちを拾うだろう
07位 横浜Fマリノス 高齢化と言われるが守備の安定感はある
08位 名古屋グランパス 小倉ンパスがいい方に転がるとみた
09位 サガン鳥栖 原点回帰の監督で大崩れはしないだろう
10位 ヴィッセル神戸 なぜか組織のまとまりに欠けるチーム
11位 大宮アルディージャ  J2チャンプの維持と勢いかな~
12位 ジュビロ磐田 攻撃力-守備力>0でなんとかセーフ
13位 湘南ベルマーレ 組織のサッカーなので踏みとどまる
14位 ベガルタ仙台 昨年からの課題が今一つ改善されてないかな~
15位 柏レイソル 攻撃の核と守備の核を欠いて未知数の新監督
16位 アルビレックス新潟  昨年の15位からの上積みが見えない
17位 アビスパ福岡 井原サッカーでしぶとく勝ち点を拾う
18位 ヴァンフォーレ甲府 昨年のスタメンの半分以上が流失は厳しい

トータルで誤差が58ですのであまりいい成績とは言えません(>_<)

予想との差が5以上のチームが3チームもあります。
ピタリ賞が1つもないこともガッカリでした(>_<)

5位 大宮アルディージャ
  守備の堅さは素晴らしかった。勝つことでまた自信を得てまた勝つというところが今年の大宮でした!

8位 柏レイソル
  開幕当初はこれはヤバいかなと思ったが、監督の解任が早かった! 何だかんだで持ち直す力はさすがでした(^0^)

16位 名古屋グランパスエイト
  まさかの降格(@_@) 沖縄のNYCから危ない気はしていましたが、小倉監督の解任時期が遅すぎましたね(T_T)

毎年予想しますが、やはり順位予想は難しい・・・。
来シーズンは、何とか40代の誤差でいきたいものです!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR