FC2ブログ

12月20日に「J.LEAGUE PUB REPORT 2018」が発表されました!

本日、12月20日に「J.LEAGUE PUB REPORT 2018」が発表されました!

PUB
※画像はJリーグ.jp(日本プロサッカーリーグ)より

Jリーグに関わる全ての人が、
参加して(Participate)
理解して(Understand)
共につくる(Build)
リーグを目指すということからその名がつけられています!!

このようなレポートが毎年発表されていたとは実は知りませんでした。
まずはPUBレポートをクリックまたはタップしてご覧ください。

 『PUB REPORT 2018』

92ページにも及ぶかなりの読み応えのレポートですが、Jリーグが将来に向けて目指そうとしていることもしっかり書かれている素晴らしいレポートです。

24ページには、トーレス選手とイニエスタ選手が加入してからの入場者数の変化についてレポートしてあります(^ ^)
ベアスタではトーレス選手加入後、入場者数が38.7%もアップしていることが具体的な数値でレポートしてあります!!

また、84ページに書いてあるファンとサポーターの力を借りてJリーグの理念の実現を加速させることについてはこのようなタイトルがつけられています。

お客様としてのファン・サポーター
伝道師としてのファン・サポーター


新しい画像
※画像はJリーグ「PUB REPORT 2018」より

Jリーグ54チームのファン・サポーターをJリーグの伝道師と位置づけていることに共感しました。

「サガン鳥栖のために」はもちろんですが、「Jリーグ全体の発展のために自分に何ができるか」を考えて行動しようと思いました٩(^‿^)۶

年末年始の休みにもう少しじっくりと「PUB REPORT 2018」を読んでみようと思います(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト



2018年の順位予想の結果発表・・・、やはり当てるのは難しい(>_<)

12月1日で2018年のJ1リーグが幕を閉じました。

そうなるとシーズン前に予想した順位と実際の順位をおさらいすることが毎年の恒例となっています(^o^)v

2018年の順位予想と実際の順位
順位予想結果
※誤差の数値は2018年予想順位と結果順位の誤差の絶対値です。

順位をピタリと当てたのは、1位の川崎と10位の神戸だけという残念な結果でした(>_<)

柏、磐田、清水、広島、そして鳥栖が、予想を大きく外したチームのワースト5です。
柏は、予想3位が実際は17位。(自動降格)
磐田は、予想5位が実際は16位。(J1昇格PO)
清水は、予想18位が実際は8位。
広島は、予想は11位が実際は2位。(ACL)
鳥栖は、予想は6位が実際は14位。

降格予想をした清水のみなさん、申し訳ありませんでしたm(_ _)m
2017年の成績とチーム力から厳しいと思いましたが、若い選手の成長が予想以上に素晴らしかったということでした。

それ以外のチームは予想から大きく外すことはありませんでしたが、ピタリと当てることはできませんでした。

やはり、J1リーグは実力が拮抗していて、順位を当てるのが難しいリーグの1つだと思います!!

2019年に向けてのチーム編成はどのチームもこれからですが、来年の1月末にはまた性懲りもなく順位予想にチャレンジしたいと思います。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


おめでとう、フランス! ありがとう、クロアチア! W杯決勝フランス対クロアチア戦

2018年ロシアW杯の最後の試合、つまり決勝戦が7月15日24時から行われました。

フランスとクロアチアで戦われた決勝戦は、4-2でフランスの20年振りの優勝で幕を閉じました。

W杯決勝フランス対クロアチア戦
※画像はSportsnaviより

やはり、若きフランスは早くてうまくてそして強かった!

クロアチアも毎試合粘り強く戦い、ポゼッションしながらサイドから崩す、中央のスペースから突破する、そんなクロアチアの戦い方が私は好きでした。

それ故に私は「クロアチアの初優勝を密かに願っていた」サッカー好きの一人でした。

クロアチアのルカ・モドリッチ選手が大会最優秀選手に選ばれたことがせめてもの救いでした。
しかし、笑顔なきゴールデンボール受賞が彼の悔しさを痛いほど表しているようでした。

大会MVP モドリッチ選手
※画像はFOOTBALL CHANNEL(Getty Images)より

クロアチアの初優勝は、残念ながら4年後以降に持ち越しです!!

おめでとう、フランス! ありがとう、クロアチア!!

4年に一度のサッカーのお祭りは終わりました。
次回はカタールなのかそれとも別の国なのか?

2022年に訪れる次のお祭りを首を長~くして待つこととしましょう!


ベルギーのカウンターは世界一美しく、そして怖ろしかった! W杯3位決定戦ベルギー対イングランド戦

W杯3位決定戦ベルギー対イングランド戦は、2ー0でベルギーの勝利でした!

W杯ベルギー対イングランド戦結果
※画像はSportsnaviより

この試合は、近所の馴染みの「居座家屋しんちゃん」で大将と私と嫁と大将のお孫さんともう一組のお客さん二人組とで観戦しました。

この戦いの感想を一言で言うならば、

「ベルギーのカウンターは世界一美しく、そして怖ろしい! イングランドはゴール前のセットプレイで活路を見出そうとしたがネットを揺らすことは最後までなかった。」
「これを言い訳にしてはいけないのだろうけど、中2日と中3日の休息の差はあまりにもイングランドに厳しく働いたように思う。」

やはりサッカーの試合は90分間観るに限ります(^ ^)v
ダイジェストでは絶対に伝わらない心を震わせるプレーがそこにはあります。

この試合では、ベルギーのデブライネ選手から始まる、または、経由するカウンターに、ものすごいスピードでゴール前に向かって3〜4人の選手が走っていく姿にある種の様式美のような美しさを感じました。

そして、もう一つ特記しておかなければならないシーンは、後半25分のイングランドのダイアー選手のGKとの1対1からループ気味のシュートを「G線上のクリア」で防いだベルギーのアルデルバイレルト選手のプレーです。
あのプレーがベルギーを救い、W杯3位に導いたと言っても過言ではないと思います!!

3位に輝いたベルギーも、惜しくも4位だったイングランドも、サッカーで私たちを十分に感動させてくれました(^0^)/
両国代表チームの選手、監督、スタッフ、関係者、サポーターにお礼を申し上げます。

泣いても笑ってもW杯最後の1試合、決勝戦は今夜24時からです!!

クロアチアを心情的に応援しながらも、世界最高峰の戦いをまたまた「居座家屋しんちゃん」で大将と私と嫁で観戦したいと思います(^0^)v


若きフランスの快進撃は続く! W杯準々決勝ウルグアイ対フランス戦

W杯準々決勝のウルグアイ対フランス戦をTVで観戦しました。

さすがに準々決勝の戦いになると、両チームともワールドクラスのトップチームですので、かなり見応えのある試合になりました(^0^)/

結果は、2-0でフランスの勝利でしたが、若きフランスの勢いと上手さに感服した試合でした。
私の目には「残念ながらウルグアイは完敗だった」と映りました。

ウルグアイ対フランス結果
※画像はSportsnaviより

予選リーグでは「大丈夫かな~」と思っていたフランスでしたが、決勝トーナメントに入り完全に勢いを取り戻したと思います。
アルゼンチン戦で魅せた、エムバペ選手(19歳)はウルグアイ戦でもそのスピードを活かした光るプレーがありました。

右SBのパバール選手(22歳)、左SBのエルナンデス選手(22歳)のビルドアップからのチャンスメイクもよかったし、ボランチのポグバ選手(25歳)、カンテ選手(27歳)の攻守に渡る働きは安定感をもたらしていました。

何と言ってもグリーズマン選手(27歳)の1G1Aの活躍は、フランスの司令塔として申し分ないものに映りました。

グリーズマン選手は、2015年8月にあった親善試合でベアスタのピッチに立ったアトレチコ・マドリードのメンバーだったんですよね~(^0^)/

ウルグアイにとって残念だったのは、カバーニ選手がケガで出場できなかったことです。
カバーニ選手がいなかったことでスアレス選手一人を徹底マークしておけば、決定的なチャンスを作られる確率がかなり低くなります。

しかし、それ以上にフランスの攻守の切り替えと守備の安定感が素晴らしかった!!

フランスの準決勝の相手は、ブラジルを破った強豪ベルギーです!

準決勝の勝ち負けはひとまず置いておくとして、7月11日午前3時からのフランス対ベルギーの熱戦を楽しみたいと思います(^0^)v


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
いつも心は前向きに! 〜サガン鳥栖応援日記〜 - にほんブログ村