FC2ブログ

2019年 サガン鳥栖新体制発表会に行って来ました!!

1月14日(月)に鳥栖スタジアムで行われた「2019年 サガン鳥栖新体制発表会」に嫁と一緒に行って来ました!!
IMG_0245.jpg

鳥栖スタジアムを開放しての発表会に約4000人のファン・サポーターのみなさんが参加しました。

メインスタンド2階席だけでは足りず、急遽3階席も開放する程の大盛況の発表会でした(^0^)/

発表会のプログラムは・・・
・橋本鳥栖市長の挨拶
・カレーラス新監督への花束贈呈
・カレーラス監督の挨拶
・選手、コーチ、スタッフの挨拶
・2019ユニフォームのお披露目
・2019年スローガン発表
・竹原社長の挨拶
・三丸選手のラップ&マイノリティの大合唱

1時間ちょっとの中に盛りだくさんな内容が盛り込まれていた「非常に楽しめて、元気になった」発表会でした!!

今回のブログでは、発表会で印象に残った3つのことをお伝えします。

その1 2019年スローガンについて

2019年スローガンは『砂岩魂』です!!
サガン鳥栖の原点回帰を匂わせつつ、変化していく未来の大きさを決めていく情熱という新しいテーマも含んでいます!!

『砂岩魂』のプロモーションビデオをご覧ください(^0^)v



その2 サガン鳥栖×DOTAMAのコラボ

DOTAMA.jpg
画像はサガン鳥栖公式Twitterより

55歳のおじさんは知らなかったラッパーのDOTAMAさんが、今年1年ラップでサガン鳥栖を盛り上げてくれます♪(/・ω・)/ ♪

どこのクラブも今までやったことがない試みを一番最初にやるところに今年への意気込みと挑戦を感じます!!

発表会の中でも紹介されたコラボPVをご覧ください(^0^)v


DOTAMAさんの特徴もよく出ている自虐ネタも入ったPVです。
初めて聞きましたが、もう虜になっている55歳のおじさんがいます\(//∇//)\

その3 コラボカレー開発決定!

竹原社長の挨拶の中で紹介されましたが、ダジャレ企画です!!
カレーラス監督を文字っての「CoCo壱番屋」さんとのコラボカレーの共同開発です!

コラボカレー開発

どのようなカレーが出来上がるか今から楽しみです。

スタグルだけでなく、全国のCoCo壱番屋さんの店舗で食べることができるコラボカレーが完成することを密かに夢見ています!!

発表会の帰りには、なんとコラボカレー開発決定を宣伝するチラシとCoCo壱のポークカレーのお土産を無料配布という太っ腹な企画までありました。

竹原社長のサッカーだけでなく、地域やスポンサーやファン・サポーターを巻き込んでの盛り上げを画策する営業力・企画力にさすがに脱帽です♪───O(≧∇≦)O────♪

2019年シーズンへの勇気と力とポークカレーをもらった新体制発表会でした(^0^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


スポンサーサイト

その発言に文章に、愛はあるのかい?

シーズンオフから各チームのキャンプが始まるまでのいわゆるストーブリーグ期間中、私は毎朝目が覚めるとサッカー情報掲示板である「さっかりん」の注目記事欄を確認することが習慣になりましたσ(^_^;)

サガン鳥栖の新体制発表会当日の今朝も御多分に洩れず「さっかりん」をのぞくと・・・
10個の注目記事の中に何と3つも「田川選手、FC東京へ完全移籍!」の文字が並んでいます。

噂にはなっていましたが、どのようになるのかオフィシャルの発表を静かに待つだけです。

昨日には、吉田選手が名古屋に完全移籍しました。

サッカーには移籍は当たり前であることを理解しなければなりません。

そして、移籍に関する人事権も決裁権もサポーターである私には一切ありません。

生え抜きの選手であろうが、主力選手であろうが、レジェンドであろうが、本人とクラブの諸条件が揃えば、移籍していくことがサッカーの常識であり、悲哀であります。

泣いても笑っても、鳥栖との契約を更新してくれた選手たち、新しく鳥栖に加入してくれた選手たちで2019年は戦うしかないのです!!

だからこそ豊田選手の更新時のコメントが想起されます。

『一緒に戦った功労選手に敬意を。
これから共に戦う選手に歓声を。』

この豊田選手の更新コメントを見るたびに思い出すたびに、こう問いかけられているような気がします。

『サポーターとしてのその発言に、サポーターとしてのその文章に、愛はあるのかい?』と・・・

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


2019年のスタート間近、各チームのホーム&アウェイの勝率は?

いよいよ明日に新体制発表会を控えて、多くの選手が契約を更新して、6名の選手が新しくチームに合流して、数名の選手が惜しまれつつチームを離れ、まだ4名の選手の発表が行われていません。

明日の新体制発表会でサプライズ発表があるかもしれませんし、もしかすると、まだ数名の選手の加入があるかもしれません!!

これが1月13日20時40分現在の2019年シーズンの陣容です。

監督   ルイス・カレーラス
コーチ  金明輝(キム・ミョンヒ)、金熙虎(キム・ヒホ)、マルク・ヴェラスコ・ボレイ、マリオ・イバニェス・マンセボ(フィジカルコーチ)
スタッフ 京須崇夫(トレーナー)、吉﨑健(トレーナー)、藤田健(通訳)、金宏栄(通訳)、前田知洋(通訳)
GK  大久保択生、高丘陽平、金珉浩(キム・ミノ)
DF    三丸拡、高橋祐治、藤田優人、小林祐三、安在和樹、ニノ・ガロヴィッチ
MF 原川力、福田晃斗、高橋義希、島屋八徳、安庸佑(アン・ヨンウ)、伊藤遼哉、石川啓人、谷口博之、高橋秀人
FW  フェルナンド・トーレス、豊田陽平、趙東建(チョ・ドンゴン)、ビクトル・イバルボ、小野裕二

2019年シーズンのサガン鳥栖をワクワクした気持ちでまた後押ししたいと思います。

2019年いかに戦うかを2018年のホームとアウェイの勝利数と勝率、敗戦数と負率を検討してみたいと思います。

まずは勝利数と勝率です。
勝利割合

ホームで11勝、アウェイでも10勝の川崎がやはりナンバー1です!
ホームでの勝率64.7%、アウェイでの勝率58.8%は羨ましいくらいの数値です。

ホームで一番勝てなかったチームは長崎です。勝利数は4つ、ホーム勝率は23.5%です。
アウェイで一番勝てなかったチームは鳥栖です。勝利数は2つ、アウェイ勝率は11.8%です。

鳥栖はホームでは8勝しています! リーグ6位タイです!
つまり、アウェイでの勝利数をリーグ平均の6~7勝まで伸ばせれば、上位を窺う位置に付けることが可能になります。

2019年シーズンは、アウェイでの勝ちにこだわることが目標になると思います(^0^)/

次に敗戦数と負率です。
敗北割合

ホームで一番負けなかったチームは、鹿島とG大阪です。
僅かに3敗しかしていません。負率は17.6%です。

ホームで一番負けてしまったチームは、柏です。
ホームで10敗を喫しています。負率は58.8%です。ホームで2試合に1回は負けてしまうのは辛いものがありますね~(>_<)

ホームで負けなかったG大阪も実はアウェイでは長崎と同じく11敗を喫しています。
負率は64.7%にもなります。アウェイ3試合で2試合負けてしまう計算にまります。これもキツイですね!

鳥栖はホームでは6敗、アウェイで7敗でした。
やはりアウェイでの戦い方が、大きな課題になりそうです。

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


今年もベアスタ詣でに行って来ました!!

1月3日に遅ればせながら初詣に行って来ました!

私は毎年、福岡市の自宅から久留米市北野町の「北野天満宮」とベストアメニティスタジアム(敢えてまだ呼ばせてもらいます)に初詣に行くことに決めています(^0^)/

1月3日のサガン鳥栖の超板や5chの掲示板、サッカーブログ村を見ると思ったよりも多くのサポーターのみなさんが、ベアスタ詣でに行かれていることがわかりました(^0^)

みなさん、考えることは一緒なんだなぁと・・・感じましたヽ(´∀`)ノ

まずは自宅から西鉄バスで天神に向かいます。
次に福岡天神から西鉄電車に乗って、福岡天神→宮の陣→北野と乗り継ぎます。
北野駅からゆっくり歩いて3~4分で『北野天満宮』に到着します。

北野天満宮

菅原道真公を祀る静謐な北野天満宮です。
太宰府天満宮は人が多すぎて私は苦手なので、北野天満宮がちょうどいいのです!

本殿前の「金のうそ」と「銀のうそ」が天満宮らしさを醸し出しています。
ちなみに「うそ」とは、スズメ目アトリ科ウソ属の鳥の種類です。

普段は社務所も空いていないので、ここぞとばかりに御朱印を頂きました。

御朱印

北野天満宮を後に西鉄電車で久留米に行きました。

目的は「太郎めん」を食べるためです(^0^)/

高校時代まで久留米市近郊で過ごした私は、西鉄久留米駅の味のタウンにある「甘太郎」という店の「太郎めん」が大好きです!
「太郎めん」とはあんかけラーメンのようなものです(^0^)

太郎めん

お腹が満たされた後は、西鉄久留米駅からのんびり散歩しながらJR久留米駅に向かい、JRで鳥栖駅を目指します!!

鳥栖駅のみどりの窓口の中にウィントス君のチョーク絵が描かれています。
お近くの方はぜひ一度ご覧ください。

ウィントスin鳥栖駅

鳥栖駅からは勝手知ったる虹の橋を渡り、ベストアメニティスタジアムで今年1年の戦いの祈願を行いました。
『今シーズンもサガン鳥栖の勝利を見守ってください。よろしくお願いいたします。』と毎年同じことを願います。

新しく生まれ変わろうとしているスタジアムは、サガンブルーとサガンピンクに塗られて、まさにサガン鳥栖のホームスタジアムと言うにふさわしい雰囲気です!!

ベアスタ1

ベアスタ3

ベアスタ2

お世話になったベストアメニティスタジアムから新しいネーミングライツの募集で何スタジアムになるのか今からすごく楽しみです!!

また今年もこのスタジアムが、多くのサガン鳥栖ファミリーの大歓声と笑顔にたくさん包まれますように\(^o^)/

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


2019シーズンへ向けて、もう一度2018シーズンを振り返る!

サガン鳥栖ファミリーのみなさん、Jリーグを愛するみなさん、新年明けましておめでとうございます。
1日遅れましたが、新年のご挨拶を申し上げますm(_ _)m

2019年がスタートしましたが、順位予想をするにはもう少し各チームの陣容が明らかになってからにしたいと思います。

しかしここ数年、前の年の後半の成績が、シーズン前半の成績に影響しています。

そこで、順位予想をする前に参考までに前年(2018年)の後半の成績と前半と後半の成績の差を分析してみたいと思います。

まずは2018年後半(18~34節)の成績です。
後半
※画像はFootball ZONE webより

後半も川崎はやっぱり強かったんですね~!!
勝ち点36、勝利数11、敗戦数3、得失点差18はいずれも一番です。

2位に9連勝をしたG大阪、3位に7連勝した名古屋がランクイン。

4位から6位の鹿島、浦和、札幌は安定した強さでした。
しかし、この順位で札幌の得失点差マイナス2点はちょっと気がかりです。

7位の鳥栖は、後半最小失点(11点)だったんですね! 権田選手と守備陣のおかげでしょう(^0^)/

一方、前半好調だった広島と東京が16位、17位と大きく順位を落としています。
東京は得点数が12点と最下位なのも心配ですね。

もっと分かりやすい前半と後半の差の表です。
前後半差
※画像はFootball ZONE webより

前半の16位、17位、18位だったG大阪、鳥栖、名古屋が1位、2位、3位に入っています!!
後半の巻き返しの凄さを如実に物語っているデータです。

名古屋とG大阪は得点を量産して巻き返しを図り、鳥栖は失点数を格段に減らして巻き返したことがわかります。

一方、前半と後半の差の16位、17位、18位は、神戸、東京、広島です。
東京は得点が15点も減り、広島は失点が19点も増えたことが失速の原因です。

しかし、イニエスタ選手も加入して、ポドルスキ選手もいる神戸が失速しているとは不思議に思います。
チームバランスの難しさを痛感します。

今年サガン鳥栖でカレーラス監督が目指すコンビネーションサッカーもキャンプ中にしっかりと攻守のバランスの形を作って開幕戦に望んでもらいたいと思います。

できれば、香港の招待試合以外にあと3~4試合TMをして、連携を高めていって欲しいと思います!!

17の誇りを胸に!
すべては鳥栖のために!!
さぁ、ともに戦おう!!!


プロフィール

前向きなBB

Author:前向きなBB
サガン鳥栖を前向きに応援するブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村 サガン鳥栖
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR